人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZと女城主

ここを見る度に土の大切さを思う。
BRZと女城主_f0076731_20135230.jpg
工房と展示場の境目にある、
緑地帯の環境改善に一区切りついた。

BRZと女城主_f0076731_20141050.jpg
みんなで土に触ると爽快な気持ちになる。

爽快な気持ちになれる「土壌」作る喜びもある。

こうした土壌から色々なアイディアも生まれる。

締め切りを与えられないと、
なかなか書けないものだ。
BRZと女城主_f0076731_20235974.jpg
ラリーが終わり、
かわら版も一区切りついたので、
モーターショーの所感を忌憚なく書き下ろした。
9日頃の発売を楽しみにして欲しい。

それは何かって。
もう少しだけ我慢だ。
直ぐわかるだろう。

名古屋から金田さんがDEにいらっしゃった。
念願のBLEを入手され、
BRZと女城主_f0076731_20212072.jpg
クラッチミートを主体にしたアドバイスを希望された。
今頃スムーズドライブを楽しんでおられるだろう。

DEがレディスラリー参戦の糸口になった。

女性でもスムースドライブの基礎から見直せば、
ラリーを十分楽しめるのでは・・・と思った。

無事完走し証明できた。

何かのきっかけが無いと、
なかなか運転スキルの見直しなどしない。

一週間が早いのはラリーが目前に控えていたからだ。

先週の土曜日は、
オレンジのインプレッサで白いインプレッサを引っ張りながら、
ライントレースの練習を繰り返した。


こうした工夫も、
良い仕事を生むための土壌づくりに役立つ。

丁度その日の前後から急激に寒くなった。

雨がしとしと降る中を、
走り続けて腹が減り、
美味しい蕎麦が喰いたくなった。

中津川に美味しい蕎麦屋は多いが、
特にあお木とくるまやが群を抜いている。
BRZと女城主_f0076731_19534531.jpg
くるまやの蕎麦は独特のヌメリ感があり、
若干えぐみのある独特の風味が魅力だ。

それ以上にかえしの質が良いので汁が旨い。

正直な所を言うと、
ザルやモリだけならあお木が好きだが、
温冷のコンビネーションで考えるとくるまやが断トツだ。
BRZと女城主_f0076731_19571620.jpg
暖かい蕎麦にざるを組み合わせると絶妙な美味しさになる。

普通のざるそばを1人前頼み、
大好物の玉子とじを注文した。
BRZと女城主_f0076731_19573322.jpg
絶妙な甘さが食欲を誘う。

妻は花巻そばを注文した。
BRZと女城主_f0076731_19574877.jpg
海苔の香りがとても素敵だ。

娘は鳥南蛮を注文した。
BRZと女城主_f0076731_19580658.jpg
大きなねぎのシャキッとした歯ごたえが堪らない。

これを取り替えながら、
様々な味を楽しむ。

その合間に冷たい蕎麦をすすり込む。

中津川で楽しむ最高の昼食だ。

美味しい「かえし」を作れる土壌がくるまやにはある。

それに中津川自体に、
蕎麦の美味しい土壌が出来ていて、
どの店のレベルも高くなった。

その日、
練習で疲れたという意見が大半を占めたので、
みんなで夕食を食べに居酒屋へ行った。

中津川で古くから栄える居酒屋と言ったら、
誰もがこの店を上げるはずだ。
BRZと女城主_f0076731_19590311.jpg
「いちふみ」の定番料理だ。
これも海苔の風味が効いている。

創作料理の一つで、
「タコのかくれんぼ」という定番サラダだ。
この店に行くと必ず注文する。
BRZと女城主_f0076731_19595700.jpg
この日秀逸だったのがエビマヨだ。
芸術的に見ても美しい料理だった。
安くて美味しいんで、
いつ行っても満席だ。

いちふみには良い土壌があるので、
美味しい料理がいつもたくさん生まれている。

さて、
一週間前ならすぐ思い出せるが、
一年前の丁度同じ日に何をしていたのだろうか。

急に気になったのでフォルダーを開くと、
F430の画像が出てきた。
BRZと女城主_f0076731_20031299.jpg
そうなんだ。
もう一年経つんだ。
チャールサイトイエローのBRZが届き、
その黄色の美しさに惚れ惚れした。
その日偶然本屋でモデルカーを見て、
イメージがフェラーリに似ていると気が付いた。

その時からますますチャールサイトイエローが好きになった。

それで大展示場の舗装を思い切って進めることにした。

土壌を大切にしたいので、
アスファルトとコンクリートの使用を控えてきたが、
BRZのように車体の低いスポーツカーにとって、
荒れた駐車場がリスクが大きい。

それに10年間経って土のままにすることの無駄を感じるようになった。

不陸が酷く雨が降ると泥が滲み出す。
そこで思い切って透水舗装を施工した。
BRZと女城主_f0076731_20033330.jpg
一年経ってその効果が良く解った。
タイヤや足マットがすぐ汚れたのに、
今では何の不都合もなく乗り降りができる。

BRZと女城主_f0076731_20034888.jpg
丈夫いけど10年経つとほころびも多い。
BRZと女城主_f0076731_20040497.jpg
何とも見苦しい事になっていたが、
舗装したおかげで使い勝手も良くなった。
BRZと女城主_f0076731_20042078.jpg
複雑な形の開口部だった。

そこには花壇も作り芝桜も植えていたが、
出入りするには具合が悪かった。

BRZと女城主_f0076731_20043730.jpg
そこをまっすぐに削り、
スポーツカーでも車体下部を接触させないよう、
勾配も修正した。


BRZと女城主_f0076731_20045620.jpg
一番ひどかった集水桝周辺は、
最も舗装の効果が大きかったところだ。
BRZと女城主_f0076731_20052434.jpg
スロープの泥水が溜まり、
もうどうしようもない状態だった。
BRZと女城主_f0076731_20054187.jpg
真っ平らにして少し盛り上げ、
均一に雨水を染み込ませるよう不陸調整すると、


BRZと女城主_f0076731_20055811.jpg
見違えるような素敵な空間に生まれ変わった。
こうして一年過ぎて石畳を延長することになった。

これは先月の丁度同じ日だ。

BRZと女城主_f0076731_20062220.jpg
石畳が順調に出来上がっている。
完成した後、
先週続いた冷たい雨に洗われた。
BRZと女城主_f0076731_20064853.jpg
ゆっくり観察する時間が無かったけれど、
一週間過ぎたら落ち着きが生まれた。

BRZと女城主_f0076731_20073610.jpg
雨に洗われると、
穏やかで変化に富んだ表情を見せる。
BRZと女城主_f0076731_20080067.jpg
雨が降ると地が固まると言うが、
本当にその通りだ。
BRZと女城主_f0076731_20082879.jpg


BRZと女城主_f0076731_20090913.jpg
舗装部分との接合部も石を敷き直し、
BRZと女城主_f0076731_20092877.jpg
雨に洗われた結果、
BRZと女城主_f0076731_20094374.jpg
今日になって、
ステキな小道が出来上がっていた。

モノを大切にして魂を注ぎ、
同時に周囲の環境を整え続けることで文化が生まれる。

まだ始まったばかりだが、
女性だけのラリーをこの後も燻蒸させたい。
BRZと女城主_f0076731_20100991.jpg
表彰式の前にケースに入った酒瓶を見た。

面白いキャップが付いていた。
見た事の無い赤い封印の蓋が、
酒瓶に装着されていた。

勝者の雄叫びと共にポンポン威勢よく栓が飛んだ。

これは面白いじゃないか。
作り手は当然地元を代表する「女城主」の岩村醸造だと思った。

ふと「買って帰ろう」と思いついた。
コ・ドラを務め妻を完走に導いたマリオに、
ぜひ呑ませたくなったからだ。

お店に行くと、
主の度會さんは中津スバルを覚えていた。

理由を話すと快くその場で詰めてくれた。

夕方で観光客もごった返していたが、
とても親切で嬉しかった。

記事を書きながら、
急にあの酒が飲みたくなった。
BRZと女城主_f0076731_20102417.jpg
そこで電話してお願いすると、
まだタンクの中に残っていると嬉しい返事がもらえた。
黄色いBRZは古い街並みに良く似合う。

それ以上に、
造り酒屋の前に来るとぴったりと息が合う。
BRZと女城主_f0076731_20104056.jpg
水平対向エンジンを醸成し続けたスバルが生んだ、
歴史に残る傑作だからに違いない。

こうしてみると、
「醸造されたクルマに間違は無い」と納得できるから不思議だ。
SUBARUはまだ100年だが、
岩村醸造は今年で130年を迎えた。

いつも行くたびに店内が綺麗に整っていく。
BRZと女城主_f0076731_20105604.jpg
古きよきものを大切に磨く姿が素晴らしい。
BRZと女城主_f0076731_20111299.jpg
「L1酒」のベースは、
この純米吟醸の生原酒だ。

それをタンクに入れ炭酸ガスで加圧する。
BRZと女城主_f0076731_20112775.jpg
こうして作ると味の変化も少なく、
とても飲みやすいお酒になる。
BRZと女城主_f0076731_20114338.jpg
純米無濾過の発泡酒とは一味違う面白い酒だ。
度會さんの作る酒は、
普通酒も美味いので熱燗党には特におすすめだ。
BRZと女城主_f0076731_20120057.jpg
12年前まで枕木もあったそうだが、
けつまずく人が増えたので泣く泣く石を敷いたそうだ。

BRZと女城主_f0076731_20121549.jpg
このトロッコで奥へ米を運び、
出来た酒を表に出していた。

実に味がある
BRZと女城主_f0076731_20123112.jpg
他にも美味しい酒が沢山あった。
紹介したいが今日はこの辺で時間が来た。

いよいよ12月に突入だ。
無事今夜ダイレクトメールも発送した。

土曜日には届くだろう。
今度の土日、
是非中津スバルへ。

良い土壌を作って、
心から皆様のご来店をお待ちしている。

Commented by 三太郎 at 2017-12-01 10:53 x
昨晩、新城ラリー支援委員会の慰労会が行われました。愛知県設楽町関谷醸造の社長と同席しました。関谷醸造は新城ラリー表彰式で使用するシャンパンファイト(日本酒ファイト?)のお酒を製造提供しております。製造方法は岩村醸造さんと同じように炭酸を加圧する方法でした。「そういえばL1ラリーでも同じようなお酒出してたね」というと「パクられた」と笑っておりました。聞くと岩村醸造の社長さんとは大学時代の同期との事。いやいやラリーでつながるご縁です。
Commented by b-faction at 2017-12-01 16:03
三太郎さん、関谷醸造のお酒も飲んでみたいですね。おいしそうな響きがします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-11-30 22:43 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction