人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちこり村と中山道広重美術館

ご苦労様。
サービスカーとして活躍したサンバーだ。
ほんとうにご苦労だった。
ラリーを前に手作りされたヘッドマークがおしゃれだ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16324569.jpg
ステキな動画が届いた。
https://mobile.twitter.com/haruken1991/status/934681449944330240/video/1
ラリーがスタートした時の様子が良く解る。
有難うございました。

ガルパンKV3が向いている方向に中山道が横たわっている。
まっすぐ行くと西は京都、
東は高崎を経由して江戸へ繋がる。

高速道路を使って当社に来られたことのある人なら、
きっと覚えていると思うが、
中津川インターチェンジを降りる時に、
正面にでっかい施設がある。

その建物には「ちこり村」と大きく看板が出ている。
今日はそこに招かれた。
10年ぶりにリニューアルしたので紹介したい。

よくある事だが、
インターチェンジに隣接するとアクセスが複雑になる。

だから行く方法をビジュアルに説明しよう。

クルマを使わず歩いていくのが一番簡単だ。
会社の横にある地下道をくぐり、
国道の南側に並行している高速道路に沿って歩けばよい。

側道が続くので歩けば到着する。

クルマで行こうとすると、
ちょっと説明が厄介だ。
中山道が途中で喪失している。
理由はインターチェンジを建設したからだ。
中津スバルから超簡単にアクセスするには、
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16325963.jpg
まず中津スバルを出て、
国道19号線の旭交差点を長野方面に向かう。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16335296.jpg
インターチェンジを通り過ぎると、
その先に下呂方面へ向かう国道257号線が左方向に分かれていく。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16344537.jpg
歩道橋の先を左折する。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16353112.jpg
そこのほんの僅か先に解りにくいが右へ行く道がある。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16354702.jpg
行き過ぎるとバイパスに戻ってしまうので注意してほしい。
真ん中あたりを狙う。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16360584.jpg
すると坂になっていて国道19号線の真下を反対側に抜け出せる。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16373082.jpg
ここから要注意。
いくら注意しても足りない事はない。

けっこうな勢いで向かってくる車がある。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16394215.jpg
このトンネルを抜けたら左折だ。

ここも要注意だ。

なぜかあえてここを抜けたがるクルマが多い。
左方向から侵入してくるので気を付けて欲しい。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16453492.jpg
正面にちこり村の案内看板が見える。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16454865.jpg
左折したすぐ先に案内看板があり右折するよう指示が出ている。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16463835.jpg
そこを右方向に曲がる。
ここまで2分程度だ。
曲がったら道なりに進む。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16474913.jpg
少しするとチコリの栽培プラントが見えてくる。
ここで100%栽培され各地へ出荷される。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16491669.jpg
そのまま進むと高速道路にぶつかる。
そこも右折するだけだ。

そこを曲がると、
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16501127.jpg
ようやく道が広くなる。
左側のフェンスの奥が中央自動車道だ。
道なりに走ると、
その先に見える看板がちこり村への進入合図だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16522464.jpg
村長さんが待っている。
サラダコスモ株式会社
代表取締役の中田智洋さんだ。

ここまで3分もかからない。

中にはバーバーズダイニングと言う素敵なレストランがあり、
いつもお客様でいっぱいだ。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16534357.jpg
ここに来ると何でも味わえる。

プレートを持って好きな料理を選ぶだけ。

リニューアルされ料理もずいぶん増えた。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16545204.jpg
ごった返していたので、
全てを紹介しきれないが、
軽く選んだ料理を見て欲しい。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16552821.jpg
プレートとサラダボールに料理を入れた。
他にもカレーや炊き込みご飯など物凄く健康的な料理ばかりが並ぶ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16560510.jpg
手前のちらしずしが美味しかった。
懐かしいおふくろの味を基本とした料理が並ぶ。

「婆婆台所」をもじってバーバーズキッチン。
念のために言うが床屋とは関係ないのであしからず。

サラダコスモの得意技はスプラウトなので、
サラダにも面白いスプラウトが入っていた。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_16584178.jpg
緑色の野菜は玉ねぎのスプラウトだ。
面白い。
玉ねぎの味がしてピリピリした。
オレンジのドレッシングが良く合う。

デザートも豊富だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17000764.jpg
ぜんざいや洋菓子など様々だが、
どれも健康に留意した手作り品だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17010462.jpg
中津川の有名なお菓子に「からすみ」がある。

この素朴な味は一度食べたら病みつきだ。

ぜひ味わってほしい。

ちこりの芋をリユースした焼酎も作っている。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17021210.jpg
試飲もできるので、
ハンドルキーパーを連れて訪問すると良い。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17023651.jpg
今日は村長さんからお誘いがあり、
久し振りにお目に掛かれた。

サラダコスモが岐阜県養老町に新たな橋頭保を築く。

年商は121億円と「もやし」業界でトップクラスに位置し、
関東と関西にも製造拠点を構えている。

その優良企業が生誕の地中津川で新たな生産拠点を構築し、
本社機能もそこへ全面移転すると発表された。

移転先は当社の会長も個人的に少し関わりを持った。
中田さんには教えていただく事も多く、
この移転は感慨深い。

もう一つの発表は、
ちこり村の10年目のリニューアルを記念し、
中山道広重美術館の入館無料スポンサー企業となられたことだ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_20553117.jpg
恵那市はすぐ隣町で一部の行政機能も共有している。
いわゆる双子の都市だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_20554328.jpg
恵那市大井町にあり、
駅に近く便利な所だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17144495.jpg
中山道広重美術館は、
浮世絵を主体としたコレクションが豊富だ。

「木曽海道六十九次」がコンプリートし、
その中には特に希少な「雨の中津川」が含まれている。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_20561169.jpg
それを所蔵し、
世界でも数少ない貴重な作品として定期公開しているのが、
中山道広重美術館だ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17151589.jpg
その広重の作品群は、
田中さんから生前贈与された個人で集めたコレクションだった。

執念で「雨の中津川」を追い続け、
イギリスで発見して競り落としたと聞いている。

白隠慧鶴のコレクターでもあった。

実は中山道広重美術館に入場したのは今回が初めてだ。

入ってみると想像とかなりかけ離れていた。

常設展示が無いようだ。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_20555595.jpg
美術館経営の難しさを噛み締めた。

今開かれているのは「猫」がメイン。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17154648.jpg
こうした美術館専用の移動イベントのプロがいるのだろう。
展示内容は「猫」をテーマにした浮世絵だった。

いつでも雨の中津川を見る事ができるわけでは無かった。

年間のスケジュールがしっかり組まれていた。

駐車場は隣にあり、
入館者には1時間半の無料駐車券が配布される。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17161771.jpg
金曜日の無料入館を是非活用してほしい。
実際に浮世絵を体験するコーナーもあるので、
一度チャレンジしてはどうか。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17181514.jpg
中田社長の采配で学芸員によるセミナーも開かれた。

ちょっとドキドキしながら、
どんな女性が現れるか楽しみにしたが、
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17184501.jpg
妙齢の女性が現れたので少々がっかりした(笑)

と言うのは、
浮世絵を語らせるには若い。

最近は何かと「うっとうしい」連中が多いので、
たとえ彼女が気にしないと言えども、
うかつに卑猥な冗談も言えない。

ああ、、
とても堅苦しい世の中になった。

広重の浮世絵と言えば「春画」が特に素晴らしい。

江戸時代の朗らかな文化を、
一番表現しているのは春画に他ならない。


風景や役者の絵より、
「江戸時代のファンタジー」が素晴らしい。

あれは世界に誇る日本の芸術だ。

残念だが、
「そこ」を語れる立場ではなさそうだった。
こう説明すれば理解できるはずだ。

なので、
そっと静かに会場を後にした。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17191597.jpg
見切って会社に戻った。
よかった。
着くと同時にバローホールディングの増井さんが来訪された。

レディスラリーで我々を見かけ、
沢山写真を撮影してくれたそうで、
メディアにギュッと詰めてご持参いただいた。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_17194540.jpg
ラリーの冠スポンサーを続け、
来年も開催していただけるよう切にお願いしたい。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_18260378.jpg
当社も今年と同じように参戦するつもりだ。
期待してほしい。

これぞ「最高の浮世絵」だな。
ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_18301051.jpg
増井さん、ありがとう。

ちこり村と中山道広重美術館_f0076731_18305773.jpg
この笑顔を再び!

Commented at 2017-12-01 19:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-12-01 21:42
斎藤さん、タイヤ用意してお待ちしてますね。
Commented by イチゴ味 at 2017-12-01 23:24 x
初代のインプレッサがかっこいいですね。安全性能や需要などを考えるとなかなか難しいでしょうが、あのような5ナンバーサイズでかっこいいセダンが今でもあればと思います。
Commented by b-faction at 2017-12-02 07:23
> イチゴ味さん
クルマもイチゴ味さん、クルマも文化財の領域に達してます。GC8に惹かれるのは作れない魅力があるからです。完全にリメイクしないと味は出ませんが、出るとすごく官能的です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-12-01 17:41 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction