「うたかた」:それは7人乗りの変遷

真っ青な空が広がっていた。
f0076731_17534924.jpg
その下に懐かしい姿が静かに佇んでいた。
日曜日という名のコミカルなワゴン。
f0076731_17550889.jpg
更にこの上の機種、
GS-Sには回転シートまで付いていた。
f0076731_17552227.jpg
複雑な手順で助手席と運転席までシートが回転する。
運転中に助手席を後ろに向けないための仕掛けがあり、
操作は決して簡単では無かった。

でもリッターカーの新ジャンルと言う事で注目を浴びた。

外板をほぼ軽自動車のパネルで覆い、
前後を張りぼてで膨らませた、
尻尾が丸見えの姑息なクルマだった。

けれども軽自動車自体のレベルが高く、
トルクに余裕が出た分を遮音性の向上に割り振って、
操縦性や快適性も決して悪くなかった。

輸出しているサンバーの知見が活かされたのだろう。

一番苦しかった時代を、
このカンフル剤でドーピングした(笑)

だが侮れない。
他の軽自動車メーカーまでコピーしたほどだから。

このクルマでリッターカー市場に復帰して、
次のジャスティの登板に備えた。

この時に正社員になる決心をした。

タマが増えれば仕事も増える。

でもネガばかり気になる、
スバルのリッターカーコンビだった。

その後リッターカーは消えたが、
七人乗りは途絶えながらも、
トラヴィックの誕生に繋がった。

良いクルマだった。
だが既にあるクルマをアライアンスで手に入れ、
急場しのぎで出した車だった。

けっこう細部までスバルがアレンジし、
国内に合うサイズだった。

それでも「純粋なクルマ」と受け止められず、
成功したとは言い切れぬまま、
様々な理由が絡んで消滅した。

アメリカではトライベッカが生まれた。
スバルとしては大きいクルマだけれど、
海の向こうでは凡庸な大きさだった。

それでこれもいつの間にか消滅した。

スバルにとって7人乗りは、
現れては消え、
消えては現れる「うたかた」のような存在だ。

そのせいだろう。

漸くエクシーガを計画したが、
当初のモデルは経営的に破たんを危惧するほど前衛的だった。

途中で大きく方向が変わり、
国内専用モデルとなった。

うたかたは儚いものだ。
苦難の末、
4代目レガシィをベースにエクシーガが誕生した。

エクシーガには当初からフルモデルチェンジの計画が無く、
ビッグマイナーチェンジを避けて、
クロスオーバー7に生まれ変わった。

その判断は正しかった。
結果的に9年間もの間、
スバリストから愛されるロングセラー商品になった。

エクシーガクロスオーバー7のオーナーからお土産を戴いた。
f0076731_18071594.jpg
中田さんが豊田市からいらっしゃった。

「オイル交換を兼ねてL1ラリーの話を聞きに行く!」
f0076731_18165366.jpg
そんなメッセージが届いていたので、
朝から楽しみにお待ちしていた。
先月東京で飲んで以来だが、
その直後にシンガポールへ向かわれた。

ケーブルテレビ局の制作した番組の見本市があり、
しばらくの間シンガポールに滞在されたそうだ。

黄色い袋の中に、
珍しい紅茶が入っていた。
f0076731_18152385.jpg
ありがとうございます。
SVXの走行テストがあり、
最後までお見送りできず失礼しました。
またゆっくりお出かけください。

クロスオーバー7も間も無く販売終了を迎えるので、
多人数乗りを検討されている人は急いだほうが良い。

いまなら「ファイナルパッケージ」という恩恵がある。
75,600円相当のバンパーパネルパッケージと、
29,430円相当のドラレコをセットでプレゼントできるので、
このチャンスを生かして欲しい。

アウトバックの色を塗ったモデルを特におすすめしたい。

渋くて飽きの来ない良いクルマだ。
恐らく次の土日あたりが注文締切日ではなかろうか。

当面日本では多人数乗りの展開が無いので、
是非一人でも多くの方に購入して戴き、
生息数を増やしていただきたい。

そうなると中古車で購入できるチャンスも広がる。

現在クロスオーバー7は、
中古車市場にほとんど出回らず、
たまに発見しても驚くほど高い。
f0076731_18222570.jpg
昨日のブログ更新を我慢し、
有効に時間を使った。

「待つ時間」がかなりあったので、
その間にあれこれ考える余裕が生まれた。

今日はスマフォを使って、
昨日のブログにも肉付けを与えた。

斎場から出社したら、
大きな封筒が届いていた。

9日頃発行とは聞いていたが、
いともあっさり発売され、
手元に見本誌が送られてきた。

三澤さんに頼まれ記事を書いたので、
是非興味のある方は書店に急いでほしい。
f0076731_18262454.jpg
熟読して行間を読んでもらえば、
「スバルに何を望んでいる」のか分かるはずだ。

さて最新号に面白い特集がある。
米国でも7人乗りは「うたかた」だが、
このクルマはアレンジされた派生車ではない。

久し振りにトライベッカの後継モデルが生まれた。

人口も多くて、
まだ成長が期待される米国の現状を、
SUBARUはしっかりリサーチしている。

その上でSIAの生産性と、
日本を除く第三国への輸出も視野に置いた、
かなりの野心作になっている。

巻頭にアセントの特集記事が載っている。
よく読むと面白い。

これなら中国でも成功するはずだ。

日本を切り捨てたのは正解だと思う。

急激に人口が減り、
高齢化が進む日本では、
スバルにとって全く不向きなクルマだ。

日本市場を考えた挙句、
それが足を引っ張ると、
まさに冒頭のドミンゴのようなクルマになっただろう。

実は量産車のスタイルを見て、
期待はスーっと冷めてしまった。

アセントを欲しいとは全く思わない。

羊羹を切ったようなフォルムに、
最近のスバルから感じる色気は全く無い。

だが、
ヤンキー魂むき出しのアメリカ人は、
日本人好みの色気より、
小柄でマッシブ所にセクシーさを見出すだろう。

アセントは日本人には巨大でも、
米国的にとってさほど大柄なクルマでは無い。

そのボディとエンジンで、
2トン以上のトレーラーを引っ張れる。

あちらから見たら、
アセントはまさに日本女性の魅力にあふれるだろう。

でもこちらから見るとブスだ。

このブス顔を見て、
何となく「特徴が似てるな」と思った。

ダウンサイジングターボに共通する鼻の孔だと思ったら、
やっぱり熊谷さんが開発したんだ。

ダウンサイジングターボエンジンと、
芸術的なまでのスペース創出能力は、
熊谷さんのお家芸だ。

アセントは全く日本に向かないし、
スタイルも良いとは思えない。
だから、
国内で売らないのは正解だ。

その上でアセントを凝視すると、
国内向けのレヴォーグ開発で得た知見が活かされているように感じる。
f0076731_18364288.jpg
新型の水平対向エンジンは、
アメリカでマッシブな扱い方をされるはずだ。

その結果、
新型エンジンは国内より過酷な状況で使われるだろう。

その意味で新型エンジンは、
国内投入に向けより過酷な先行試験を施される。

アセント以降のSGPと新型パワーユニットのコンビが、
国内向けにアレンジされる結果に期待したい。

一番面白さを求めるなら、
次のレヴォーグに搭載する方法だろう。

今は2リットルと1.6リットルの二つを持つが、
次からは一つで十分だ。

税制を考えたら2リットル以下が良い。
1.6では目新しくないので、
2リットルをダウンサイジング化したと明確に示さねば、
スバリストのハートに響かない。

聞いた事の無い排気量だと、凄くパンチがあってよい。
1.6より排気量を少し増やして、
2リットル以下に絞り込むとすると、
1.7リットルくらいが面白いはずだ。

そしてパワーと燃費を格段に向上させる。

その秘密がアセントの中にあると読んだ。

さあ書店に急ごう。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28838754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さとたく at 2017-12-09 20:21 x
いち、エクシーガオーナーとして、この度の生産中止は悲しいのは事実であります。このクルマから、貴社を知り、現在に至ることを考えると、手離せくなります。また、お世話になることを夢見て(?)おります。
Commented by 齋藤 at 2017-12-09 21:42 x
本日は長時間お付き合いいただきありがとうございました。
満タン給油で5リッター残し往復できました。
550キロは走りましたね。

ハンドル操作は交差点等、すこーし慣れてきました。
帰りの高速では背中腰とシートに意識したところ、
自然とステアリングが動きスムーズに曲がれた気がします。
正しいか次回また教えていただきたくよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2017-12-09 21:47
さとたくさん、今晩は。エクシーガは良いクルマですよ。価格も安いし。アセントもその知見を活かし上手く作られていますね。いつでもお出かけください。お待ちしています。
Commented by b-faction at 2017-12-09 21:48
齋藤さん、今晩は。中津川の街並みも楽しんでいただけましたか。またお目に掛かれる日を楽しみにしています。
Commented by なかた at 2017-12-10 00:18 x
昨日はありがとうございました。
L-1ラリーの発展が楽しみです。“女性の”というところはぜひとも維持してもらって、モータースポーツの認知拡大につなげたいものですね。

エクシーガは最初自分には全く刺さらないクルマでしたが、乗ってみるに実に良いクルマです。サイズとパワーのバランスが良く、思い通りに走ってくれるのでストレスを感じることがありません。休日には家族で買い物に出たり、子供のテニス部の送迎などにファミリーカーとして使い倒してます。

GF8インプレッサは現在車検切れ冬眠中ですが、またぞろクルマ遊びがしたくなってきたので、いずれ復活させたいと思います。
Commented at 2017-12-10 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-12-10 03:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-12-10 03:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しん at 2017-12-10 08:58 x
以前にBP9のGTのMTに乗っていて、レヴォーグのMTが出ないかをここで聞いた者です。
その後、フォレスターのMTを検討していましたが、子どもが出来て五人家族になったので、クロスオーバー7を購入しました。

その際、社長のブログを何度も読み返し、勉強させてもらいました。

クロスオーバー7は、本当にいい車で、早く週末に運転したいと思わせてくれます。パパが運転手にならなくていいミニバン(SUV?)です。おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に七人でも乗りましたが快適でした。購入してよかったです。
生産終了は、残念ですが、子どもが大きくなるまで大事に乗り、その後は、いつかMT車に戻りたいと思っています。
Commented by b-faction at 2017-12-10 11:37
なかたさん、お土産を楽しんでます。センスいいですね。さすがです。L1ラリーに参戦出来るよう計画的に仕上げましょう。あのラリーは女性なら誰でも溶け込めますね。
Commented by b-faction at 2017-12-10 11:40
齋藤さん、苗木城址を好きになって戴けて嬉しいです。あそこで栗おはぎをつまむのも乙ですよね。運転には体幹トレーニングが欠かせません。そこからスムーズな動作が生まれます。
Commented by b-faction at 2017-12-10 11:59
伊藤さん、初めまして。コメントありがとうございます。乗り換えをお勧めします。現在のお車が紺色の外装にパノラマルーフの組み合わせなので渋くて良いセンスですね。タンがお好きなら外装色に白、赤のどちらかを選ぶ。もちろんファブリックではなくレザーです。タンではなくダークブラウン内装も良いのでタングステンメタリックと組み合わせたモダンスタイルをお勧めします。商談前提のお問合せであれば部下の大宮からより深い内容で進めさせますのでよろしくお願いします。下取りも可能ですので何なりとご相談ください。
Commented by b-faction at 2017-12-10 12:01
伊藤さん、大丈夫ですよ。次にどうするのかコメントをお願いします。
Commented by b-faction at 2017-12-10 12:06
しんさん、こんにちは。エクシーガって多人数で使ってる姿が本当に良く似合うんですよね。僕はベネチアンレッドが好きなので、たまに見かけるとドキッとします。ステーションワゴンからSUVに衣替えしたおかげで良い意味でのロングセラーになりました。本当はもっとSUVチックでラギット感が出たデザインを、アイサイトと整合させるため落ち着かせています。そのおかげで価格も安くなりました。僕も一台買って置こうと思っています。
Commented by のぶさん at 2017-12-10 15:30 x
久々にコメントさせていただきます。
ついにこの日が来たという感じですが、私のCO7自体はすこぶる好調で今後も長く乗り続けたいと思います。(やはりアセントは日本では使いづらく思います。)再来年長男が高校受験なので今シーズンはタイヤを履き替え最後のスキーにでも行こうと思っております。
Commented by b-faction at 2017-12-10 17:07
のぶさん、今晩は。スキーへ行く相棒として最高ですね。CO7も良いのですが、昔乗ってたFWDのエクシーガも忘れられない良い味でした。軽さを体で覚えています。良車は健康に良いですね。
Commented at 2017-12-10 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-12-11 07:14
伊藤さん、おはようございます。はい、喜んで購入をお手伝いします。それに同時に我々しかできない事もあります。関西から中津川は近距離です(笑)。運転には正しいコツがあり、それを知らずに歳を重ね軸の狂った運転になる人が多いです。そのため、最近暴走が多いと思う次第です。いつでもご連絡ください。最適な組み合わせをご紹介します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-12-09 18:41 | Trackback | Comments(18)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー