L1ラリーの余韻と恵那市長の来訪

先日ドライブエクスペリエから戻ると、
机の上に紙袋があった。
f0076731_17213402.jpg
お土産を届けて下さったのに、
お目に掛かれず申し訳ありませんでした。

岩村町で繰り広げられたウイメンズラリーの観戦時に、
インプレッサを応援してくれた石川さんと名乗られる男性だった。

又聞きのお名前なので、
もし間違いがあったらお許しいただきたい。
f0076731_20231662.jpg
乾パンは2号車のドライバーに渡して欲しいと言われたそうだ。

なんでも「疲れたー」を連発していたらしい。
娘が言うには「SS毎に言ってたから口癖よ」と言う事らしいが、
それを気遣って届けて戴いたようだ。

嫁に今日会ったので渡しました。
クルマの中に非常食として完備させます。
f0076731_20235639.jpg
炭水化物が大好きなので、
間違いなく喜ぶだろう。
f0076731_20364724.jpg
ありがとうございました。

ところで、
鶴の恩返しなら知っているが、
ウサギも恩を返すんだ。

そう言えば今年山陰地方を訪れて、
「因幡の白兎」を久しぶりに思い出した。
f0076731_17335253.jpg
なかなか奥深い神話だが、
本当のところ何が言いたい神話なのかよく知らない。
f0076731_17370195.jpg
兎にも色々居る。

この眼を見ると、
かなり「したたか」な奴だな。
ちゃんと恩を返したのだろうか。

お土産の封を切った。
f0076731_20371739.jpg
可愛らしいお饅頭だ。
この兎の眼は純朴だ。

石でできた兎の顔より礼儀正しそうに見える。
f0076731_20373296.jpg
味も礼儀正しい。
美味しくいただきました。

そんな訳で、
開催からほぼ半月経った今もウイメンズラリーの余韻は続いている。

恵那市役所の秘書課から連絡があり、
市長が来訪されると聞いたので、
首を長くしてお待ちしていた。

是非一度ゆっくりお目に掛かりたいと願っていた。
f0076731_20200077.jpg
恵那市にはケーブルテレビが敷設され、
岩村の景観条例や明智の大正村など、
地方ならではの面白い戦略が次々と進む。

なかなかお見事だと思っていた。
生粋の恵那人である小坂市長の郷土愛も素晴らしいものがある。

ラリー会場でお話しする機会があったが、
ゆっくり話す時間など採れる訳も無い。
f0076731_20202921.jpg
市長の小坂さんと、
街づくり企画部長の服部さんが中津スバルを初めて見学された。

恵那市民は幸せだね。
クルマ好きの市長を担げるとは羨ましい。

自動車文化は大きな価値が十分あり、
日本把支えている基幹産業なのに、
なぜか日本人は真正面から文化を意識しない。

そこが解る人は懐が深いので、
恵那市民は幸せだと思うわけだ。
f0076731_20205946.jpg
訪問して戴けて実に嬉しかった。
来年もまたやりましょうと誘ったが、
それだけは確約が出来ないそうだ。

そりゃあ当たり前だ。

まず地域住民、
そして警察など統括する行政、
またバローの様な大きなスポンサーがまた支えてくれるか、
今の時点では全く分からない。

しかし女性を切り口にしたラリーを育て続け、
次に世界的な文化として認められているWRCを中部地方に招致したい。
f0076731_20212938.jpg
このサンバーはまさにアンバサダーだった。
岩村町の古い街並みを形成する一軒のお宅から託されたクルマだ。

カビだらけで腐りかけていたが、
おじいさんの捨てきれなかった遺物を丁寧に蘇らせ、
望桜荘の主として余生を送っている。
f0076731_20224695.jpg
中津スバルにはそのようなご神体が沢山ある。
小坂市長と服部部長の眼には、
どのご神体も新鮮に映ったようだ。

クルマには魂がある。
それを知る数少ない首長だろう。

ご来訪有難うございました。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28858367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 三太郎 at 2017-12-14 21:57 x
新城ラリーにL1ラリーPRのためお見えになっていました。なんでもモータースポーツ経験者だとか・・・。市長自ら旗を掲げて行われたラリーは受け入れられると思います。色々制約もあるかと思いますがL1ラリーを根付かせて頂きたいです。
Commented by b-faction at 2017-12-15 10:12
三太郎さん、素敵なガレージライフもお過ごしの様です。ガレージが好きな人には、いつも共感を覚えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-12-14 20:33 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー