人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一冊の本

一冊の本_f0076731_14520848.jpg
これは美味しそうだ。
見た瞬間にゴクリと喉が鳴った。
一冊の本_f0076731_14532161.jpg
いつも見る美麗水と何か違う。
吉村主任に頂いた同じ酒も美味かった。
丁度昨夜飲み切ったので、
このタイミングはまさに絶妙。
一冊の本_f0076731_14535140.jpg
限定品のラベルが貼られている。
飲めばすぐ違いが分かるだろう。

一冊の本_f0076731_14542172.jpg
蔵元に直接行かないと買えない酒で、
丁度タイミングよく手に入ったとおっしゃった。

西尾酒造の作る酒も定評がある。

外垣さん、
いつもありがとうございます。
一冊の本_f0076731_14545619.jpg
今夜早速楽しませていただきます。
小さな酒蔵で手作りする日本酒は旨い。

女将の作る手書き風のチラシが良く送られてくる。
なかなか味がある。

会社は売り上げ規模が大きければ、
大きいほど良いとは限らない。
一冊の本_f0076731_14561934.jpg
好きな言葉ばかり書いてあるキャンディをもらった。

船井総研の創業者、
船井幸雄が残した言葉だ。

全て当てはまると初めて見た時に感じた。
もう20年以上前だった。

その会社に島田君という優秀なコンサルタントが居る。

以前当社を見学に来た時、
面白いから読んでくださいと本をもらった。

その時初めてスノーピークという会社を知った。

昨年の終わりにリトルランプや携帯コンロを買って、
それ以来スノーピークの会員になった。

が、
それ以降は欲しいモノは無く、
しばらく縁が遠のいていた。

ところが驚いたことに、
実に立派なカタログが届いた。
一冊の本_f0076731_17105862.jpg
中身を見てびっくりした。
モンベルもこのような活動を続けているが、
スノーピークはまた匂いが違う。
一冊の本_f0076731_17111213.jpg
カタログの様でカタログではない。

島田君には申し訳ないが、
戴いた冊子はざっと目を通してから処分した。
手元に残すほどの内容では無かった。

自伝とまではいかないが、
いわゆる本屋が書き起こした作品に見えて、
斜めに読んでも、
さほど興味がわかなかった。
一冊の本_f0076731_17112565.jpg
何故この本を無料で配る事になったのか解らないが、
本屋でお金を払う本より魅力的だ。

作者が良いのだろう。

随分昔の事だが、
自社の紹介をするために本を作ろうと思った時がある。

中津スバルはメーカーではないので、
自社製品が沢山あるわけでは無いが、
売るものはたくさんあるしコンセプトも紹介したい。

とは言うものの、
本を作るのは結構大きな予算が必要だ。

ある意味で中古車の商品化は、
まるで水の流れのようだ。

常に一物一価で、
その情報が目まぐるしく入れ替わる。

この部分が大量生産される商品と異なるので、
当社の活動を本にするのは無謀だと結論付けた。
一冊の本_f0076731_17121961.jpg
あれこれ思案した結果、
最もふさわしいのが「かわら版」だと行きついた。
だから「かわら版」を年々進歩させ、
最近はパウチするとまるでメニューのように見える。
この方が鮮度は短いくても、
内容がタイムリーになる。
きれいな写真もたくさん撮るようになり、
最近はカレンダーまで作れるようになった。

その流れが自然に出来上がり、
とても面白い仕事になったのでここまで続けられた。

SUBARUとしての本年の目玉は何か。

それは迷うことなくXVだったが、
カーオブザイヤーの辞退は残念だった。

何度も撮影したが撮り甲斐のあるクルマだ。

3つの異なる色をかわら版で取り上げた。

これにM/Tがあればと、
本当につくづく思う。

でも無いものは仕方がない。
スバルにはまだいくらでもマニュアルがある。
一冊の本_f0076731_17114252.jpg
と言う事で、
新車に拘らず面白くて速いM/Tの中古車に乗り換えた。
それもちょっとレアなクルマだ。

軽いので、
クルマ好きには面白い。

チャールサイトイエローのBRZは、
大切に工房奥のギャラリーへ納めた。

月初からGH8を冬の脚に決め、
東京を往復したら、
以前黒鰤に乗っていた頃を思い出した。

素直な排気系だが、
全く面白味に欠ける。
一冊の本_f0076731_17133376.jpg
ちょっと出足で「ぐずつく」所も、
入って来た時の黒鰤に良く似ている。

そう言えば黒鰤にはSTIゲノムのスポーツマフラーが付いていた。
そこでムラムラと心が騒ぎ、
排気系を取り換えることにした。

こういう仕事を紹介するのに、
ブログの存在は非常に役立つ。

本ともかわら版とも違って、
速報性があり動画も見せられる。

だから仕事が面白くて仕方がない。
ブログを見て紙媒体の良さも実感していただけるようで、
かわら版の有料購読者が日増しに増えている。

だからワクワクドキドキさせたくて、
日夜創意工夫にいそしめるのだろう。

さてスポーツマフラーの候補を著名な会社から集めた。

その結果、
初めてHKSの製品をチョイスした。

これ以外の会社だと中間パイプ付を頼んだ場合、
かなり納期がかかるからだ。
直ぐ入手できる商品は、
HKSのリーガマックス プレミアムマフラーだけだった。

まず標準の状態で東京を往復し、
総合性能を評価した。

以前のブログで紹介したように、
なかなか面白いクルマで、
随分気に入った。

そして遂に忙しい合間を縫って、
一冊の本_f0076731_17134661.jpg
届いたスポーツマフラーに交換した。
一冊の本_f0076731_17135940.jpg
前から見て、
ここから後ろをステンレス製に変更する。
一冊の本_f0076731_17141778.jpg
Bfore



一冊の本_f0076731_17181536.jpg
After

消音器がコンパクトになり、
排気管の曲がりも緩くなった。

効果抜群だった。

まだ本格的に走っていないが、
通勤の往復で明らかに変化が生じた。

この後、
次の課題に取り組む予定だ。

どのように変わっていくか。
続きを楽しみにしてほしい。

Commented by 斎藤 at 2017-12-20 17:38 x
VABはガナドールとHKSの4本出しで悩みますね。3年後くらいに
お試し?しようかな(笑)。
純正も車外は音がすごいと周りから言われましたけど(笑)。
Commented by b-faction at 2017-12-20 18:11
斎藤さん、STIも良いと思いますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-12-19 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction