人気ブログランキング | 話題のタグを見る

究極のXVを選択する

究極のXVを選択する_f0076731_12094376.jpg
思わぬ贈り物を戴き、
マグロの赤身が引き立った。

やはりお刺身と酒の相性は抜群だ。
究極のXVを選択する_f0076731_12192671.jpg
初めて耳にする名の日本酒は、
スバルと同じ群馬の名産品だった。
究極のXVを選択する_f0076731_12193877.jpg
袋の中には二本のお酒が入っていた。

どちらからもオーラが出ている。
究極のXVを選択する_f0076731_12194888.jpg
プラチナの刻印が意味する味が、
見ただけで想像できる。

究極のXVを選択する_f0076731_12195828.jpg
酒米を徹底的に磨いて創り出す大吟醸は、
時には澄んでいるが故に頼りなく感じる時がある。

そこをどう克服したのか、
果てしなく興味が湧いた。

もう一本も素敵なお酒だ。
究極のXVを選択する_f0076731_12201147.jpg
精米歩合を下げたとはいえ、
吟醸酒のレベルのまま、
純米無濾過の生原酒として瓶詰めされた逸品だ。
究極のXVを選択する_f0076731_12202334.jpg
しかも山廃仕込みとある。

山廃仕込みだと醸造に時間がかかるから、
一般的な作り方より手間がかかるが、
その代わりに出来上がった酒は濃厚な味を持つ。

大好きな酒だ。

更に面白い日本酒を戴いた。
究極のXVを選択する_f0076731_12203761.jpg
これなどは食前酒にぴったりだろう。
究極のXVを選択する_f0076731_12204761.jpg
日本酒の苦手な妻も飛びつきそうなお酒だ。
究極のXVを選択する_f0076731_12210095.jpg
他にも妻の大好物があった。

究極のXVを選択する_f0076731_12211100.jpg
妻は昔から大の焼きまんじゅうファンだ。
究極のXVを選択する_f0076731_12212139.jpg
群馬に親せきが居て、
いつもお土産に頂いたからだと言う。
究極のXVを選択する_f0076731_12213278.jpg
群馬県の片品村から、
渡部さん御夫妻が来訪された。

そして飛びっきりの名車をご契約いただいた。
究極のXVを選択する_f0076731_12214421.jpg
渡部さん、
お心遣いの数々、
本当に有難うございました。

渡部さんは土田酒造で蔵人を務められている。
その魂がきっと溢れ出るだろう。
実に楽しみだ。

しっかり泳いでエネルギーを消費し、
家に帰って晩酌を楽しんだ。
究極のXVを選択する_f0076731_12220487.jpg
まず純米大吟醸から味わう。
究極のXVを選択する_f0076731_12221905.jpg
何と見事な酒だろう。

味はまさに芳醇。
口に含むだけで舌先から旨味が喉の奥に沁み込むようだ。

妻にも一口進めると、
苦手なことなど忘れゴクリと飲んだ。

「まるでジュースみたい」と言う。

苦手なのは嫌いなのでは無く、
日本酒は効き過ぎるからだ。

何しろ付き合う前は勿論、
結婚するまで酒を飲むことが出来なかった。

今の呑み助が想像できないほど、
誠に初心なオンナだった。

それはさておき、
もう一本の純米無濾過の生原酒に何を感じたか。

大吟醸を飲み干し、
早速次の山廃仕込みに舌鼓を打った。

うーん、
美味い。

更に濃厚で旨味が深い。

純米無濾過に共通する喉越しに加え、
絶妙な酸味と「旨味」成分が舌の上で盆踊りを始めたように賑やかだ。

こんな美味しいお酒は久し振りだった。

ありがとうございました。

こうして夜が更けぐっすり眠った。

今日はインプレッサを取材したいと言う約束もあった。

いつものより早く目が覚め、
まだ暗いうちに起きた。
出社して活力朝礼で清掃しながら、
先日手に入れた極上車の仕上げ状況を確認しようと、
そのクルマのキーを探した。
究極のXVを選択する_f0076731_19062421.jpg
何と一度も使った事の無いであろう、
真っ新なスペアキーが付いていた。

当然の如く電池切れだが、
余程几帳面な人が所有していたのだろう。
究極のXVを選択する_f0076731_15055090.jpg
1.6のFWDはこのクルマがデビューした時に真っ先に乗った。
出来の良さに感動した。
それとほぼ同じクルマを入手できた。

タイヤも15インチなので良く走る。
究極のXVを選択する_f0076731_15060408.jpg
シンプルな内装は、
必要十分な装備を持つ。
究極のXVを選択する_f0076731_15061713.jpg
視認性の良いメーターに、
究極のXVを選択する_f0076731_15062819.jpg
マルチファンクションディスプレイを持つ。
究極のXVを選択する_f0076731_15063868.jpg
シートもセンスが良かった。
究極のXVを選択する_f0076731_15065484.jpg
今見てもシンプルで美しいリヤビュー。
究極のXVを選択する_f0076731_15073075.jpg
このクルマが大ヒットした理由が、
改めて見直すと良く解った。

最近新型車に冷たくしているので、
何となくSUBARUに申し訳が無い。

究極のXVを選択する_f0076731_15074833.jpg
XVのテンロクは凄く良かった。
特にこの個体が好きだ。

改めてもう一度岐阜スバルから借りて、
雪山を中心に走り回りたくなった。
究極のXVを選択する_f0076731_15080290.jpg
そこで以前借りた白い個体をもう一度乗る事にして、
スタッドレスタイヤを装着した。
以前フォレスターにも使用したピレリ製のスタッドレスだ。

完全に一クラス上のクルマと同等の質感になった。

惜しいのはインテリアに色気が無い事かな。
究極のXVを選択する_f0076731_15081556.jpg
インプレッサらしさと言えばそれまでだが、
メーターも韻を踏んだデザインだ。
究極のXVを選択する_f0076731_15083239.jpg
決して悪くないが、
これがうるさく感じる。
究極のXVを選択する_f0076731_15084730.jpg
前から言うように、
これらのデザインは過渡期であると自ら認めるつくり方だ。

一旦型を起こすと変更が難しいが、
ベーシックカーだと割り切ればこうなるのかもしれない。

究極のXVを選択する_f0076731_15091070.jpg
シートも見た目は特に大きな特徴は無く、
可も不可も無い。
究極のXVを選択する_f0076731_15092442.jpg
リヤビューはこの角度だと旧型がプレーンで良いが、
もう少し横から見て近ずくと、
特に新型XVの存在感は旧型だけでなく、
新型のSPORTさえ圧倒する。

そこで旧型のXVも比較した。
究極のXVを選択する_f0076731_15094664.jpg
存在感のあるホイールは相変わらず良い。
新型もリデザインされ18インチにはアイコンを感じるが、
最初のホイールが持つインパクトには欠ける。
究極のXVを選択する_f0076731_15095990.jpg
テンロクは17インチだが、
このホイールのイメージよりフォレスターの18インチに近い。

面白い戦略だが、
ちょっと斬新さに欠ける。

ホイールの存在感は全体のイメージを決めるので、
もっと骨太でも良いと思う。

究極のXVを選択する_f0076731_15101151.jpg
SPORTよりPOPになったインテリアは、
オレンジボディとの相性が良かった。


メーターは特に変化無く、
究極のXVを選択する_f0076731_15102445.jpg
SPORT同様に視認性が良い。

確かに便利だがこの頃になると少し飽きた。
究極のXVを選択する_f0076731_15103462.jpg
シートは見た目は普通だが、
座るとキチンと体をフォールドし、
非常に疲れにくいシートだ。

最終型になって購入したクルマと、
最新型のシートを比べると、
ショールームでは新型が良いけどロングドライブでは、
旧型が遥かに良かった。
究極のXVを選択する_f0076731_15105122.jpg
リヤビューの美しさはオレンジと相まって旧型のシンプルさの勝ちかな。
究極のXVを選択する_f0076731_15110435.jpg
となると、
磨かれたテンロクの良さをもう一度味わいたくなった。

基本に帰る。

元々ベース車を徹底的に乗り倒す主義だ。

先代もそこからスタートした。



選ぶクルマを間違えていた。

と言う訳で、
最新の愛馬をこれに決めた。
究極のXVを選択する_f0076731_15111824.jpg
ボディカラーはソリッドのオレンジを選択した。

これも原点回帰。

さあ、
雪上でテストだ。

次のブログをお楽しみに。

Commented by 渡部 at 2018-01-23 23:20 x
こんばんは、渡部です。
お酒、ブログに取り上げて頂きありがとうございます。
社長の的確なコメント、作り手としましては本当に嬉しいかぎりです。
これからも、歴代のスバルの名車のようなオーラを醸し出すお酒を作れるように、努力していきたいと思います。
ブリッツェン、実車を見てその格好良さにまだクラクラしています。
Commented by b-faction at 2018-01-24 07:55
渡部さん、確かな酒造りに感動しました。大好きなブリッツェンも大切にしていただける主に渡って幸せだと思います。今後とも宜しくお願いします。
Commented by タナベ at 2018-01-24 20:28 x
昨日価格表の画像を見て特約店への発注だろうなと思っていました。私も同じ様な事をしますので。
確かに社長はGHもGPも最もベーシックな物をとことん乗っておられましたね。GCもそうしたと書かれていた記憶があります。なるほどXVもですね!
ところで私のBRZ昨日届いておりました。忙しくて全く乗れてないのですが合間に軽量ホイールだけはなんとか装着しました。
危うく美味しいBRZを見逃す所でした。アドバイス、心より感謝申し上げます。
長く付き合える良い愛馬を手にできました。
当面はXV2.0I-Sと2台体制です。
Commented by b-faction at 2018-01-24 20:57
タナベさん、RAレーシングを購入されたんですね。おめでとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-01-23 22:04 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction