人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BMWとSUBARUの圧倒的な差は

朝起きて珈琲を飲んだ。

テーブルには、
前の晩に補給した燃料の抜け殻がある。
ホテルへの到着が遅れそうだったので、
効果的な燃料補給を考えた。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13325794.jpg
ロードサイドにある西友を見つけた。
コンビニでも色々購入できるが、
スーパーのリアルな総菜が食べたかった。
運よく野菜の煮物を詰め合わせた総菜があった。
赤魚の煮付もあったので、
それと共にビールとワインを買った。

最近安いチリ産でも、
中には美味いワインが潜んでいる。

この時もうまく見つけて、
一本一人で飲み切った。

スターターは黒ラベルのロング缶だった。

とにかく温泉に素早く入り、
湯上りのビールを口に運ぶと渋滞と圧雪を走ったストレスが抜けた。

酔い覚めも良かった。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13314722.jpg
女神湖に着くと、
まず車体を綺麗に洗って、
塩分を全て落とさねばならない。

氷が解けたら大変だ。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13320450.jpg
何しろこんなに哀れな姿だから、
洗う人も気の毒に思うのだろう。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13422000.jpg
とても丁寧に雪を落としていただいた。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13424248.jpg
綺麗になったら凍結した湖の上に入る。
氷に乗ったら車両の間を10m以上空ける。

GH8の重量は1360kgだ。
ビッグマイナーチェンジで、
呼称がS-GTから2.0GTになり、
車体重量が20kg増えた理由を分析した。

結果は電動シートの採用だった。
よりGTらしさを増したのではあるが、
はっきり言って不要だと、
このような場面で特に思った。

まず参加者全員で顔を合わせ、
次に女神湖の状態がどのようになっているか説明を受けた。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13472759.jpg
ホワイトボードの図を見ると、
右側にハンドリング路があることが解る。
ストレートはかなり長くスピードが乗る。
後半はテクニカルコースで、
後輪駆動ベースだと大胆なドリフトも楽しめる。

中央に氷でできたスキッドパッドが四面あり、
そこで定常旋回の練習ができる。

それはまた後日紹介しよう。

説明の後、
一度全員で走りコースを覚えた。

各自のクルマの他に、
BMW ジャパンから320Xドライブツーリング、
ボルボ カー ジャパンからV90クロスカントリーと、
XC60が試乗車として提供された。

そしてSUBARUからも、
XV 2.0iーSと、
WRX S4が届いていた。

参加者は合計で15名居るし、
スタッフの皆さんまで入れると、
とりあえず乗っておかないと乗りそびれてしまう。

と言う事で、
真っ先にBMW320i Xドライブツーリングのステアリングを握った。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13475352.jpg
氷上を走るのは3年ぶりくらいになるので、
少しおっかビックリで走らせている。

片手でカメラを持ち、
片手でステアリング操作するので、
そう言う事が嫌いな人は始めから見ない事をお勧めする。





BMWのNVHはすさまじく良い。
このレベルにSUBARUが達するのも夢ではないが、
価格が倍以上する市場を相手にしていることを忘れてはならない。

金をかけたクルマは確かに素晴らしいが、
スタート価格たったの198万円で、
しかも安全面までフル装備のスバルXVを誇らしく思った。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13480665.jpg
だからBMWを降りた後で、
直ぐにXVのステアリングを握った。


XVの動画は21時半現在アップ中だ。
でも日付が変わる頃までには、
多分見ることが出来るようになる。

ニュル仲間の猪原さんにも久しぶりに会えた。

彼は以前からXVを随分気に入ってくれている。
BMWとSUBARUの圧倒的な差は_f0076731_13481707.jpg
愛機はポルシェと、
もう一台は雪上に持ち込んだアルピナだ。

彼はクルマの味にうるさい。
その舌は最新のXVを大いに好んだ。

やはりその乗り易さがお気に召したらしい。

スバルのAWDが持つ、
圧倒的なコストパフォーマンスに驚いていた。

動画は助手席に人が乗っていることを想像し、
カメラを手に持って話しかけている。

リアルだとは思うが少々見難いし聞き取り辛い。

しかし時間を有効活用する上で、
この撮影が手っ取り早い。

だから無理も無いと甘受してほしい。

また最近ユーチューブにあげた動画を見て、
的外れなコメントをもらった。

どうも自分自身の知り得る、
とても古臭いドライブスキルを、
当たり前だと思っている人らしい。

そんな人が意外に多い。

忘れてはいけない事は、
昔はパワステが無かったと言う事だ。

堂々と間違った操作で乗る人が、
的外れなコメントを書いているので、
この場で念を押そう。

正しいステアリングの位置は、
9時15分で親指をしっかりとステアリングに巻きつける。

そしてステアリングホイールを押し付けるように持ち、
腕にできる角度を90度に保つ。

ステアリングを「押し」「引き」して切る。

そう考える人がまだ居るようだが、
それも大きな間違いだ。

それでは正しいスキルで運転できない。

ステアリングを切る時は「押す」のが基本で、
引いてはいけない。

ステアリングインフォメーションを感じ難くなるからだ。

パワステの無かった時代のドライブスキルは、
現在の進歩した運転環境で役に立たない事を肝に銘じて欲しい。

この日の「滑る条件」は最高だった。

言い換えると最悪のグリップだ。
皆最高のスキルアップが出来ただろう。

一人でも多くのスバリストに体験して欲しい。

Commented by 阿部 文昭 at 2018-02-04 11:25 x
代田社長様

女神湖での氷上ドライビングにお誘いいただきまして誠に有り難うございました。

無邪気な子供のように、氷上スピンターンを修するお姿に沢山の気付きを頂きました。

いつも思う事、気づいた事をそのまま発信される、代田社長。
その言葉通りの生き方をされている貴方を尊敬し慕っている方が沢山いらっしゃるのを感じています。
さて…摩擦の低い氷上での初めてのドライビング!
エンジンのチカラをタイヤとブレーキとハンドルでどう伝えるか…。

ドライビングにおける正しいフィロソフィと正しいテクニック…。

スバルとBMW。
全くプライスの違うクルマがその味わいをわかる人が乗れば、共に深くて豊かなドライビングを楽しめる。

社長、本当に有意義な時間をありがとうございました。

帰路の雪道が全く違う道に感じ、家で待っていてくれた妻の笑顔もより美しく感じられました。

人生をも変える!
氷上ドライビングの体験でした。

感謝
Commented by b-faction at 2018-02-04 13:44
阿部さん、お疲れさまでした。バックスピンターンは一度覚えてもすぐ忘れるので難しいです。
スキッドパッドも何とか最後に攻略できました。SUBARUとBMWに共通点は多いです。楽しかったですね。また一緒に行きましょう。
Commented by GRF at 2018-02-04 20:50 x
こんばんは。
GH8の車両重量の違いが分かりすっきりしました。
ありがとうございました。電動シートだとは驚きです。
Commented by naka at 2018-02-04 22:05 x
こんばんは。
XVのラリーカー。賛成です。
来年のウィメンズラリーで是非リリースしてください!
スタイルも絶対に似合うと思いますよ。
(と無責任なお願いですみません)

先日私のXVにてスタッドレスへの交換で18インチ→17インチとインチダウンしましたが、予想以上にイメージが変わり、雪道、オフロードに似合うスタイルになりました。
Commented by 後藤 啓太 at 2018-02-04 23:25 x
雪上のクールグレイカーキは映えますね!
スバルのカラーラインナップはカタログやショールームよりもリアルワールドで美しく見えるように考えられていると最近思います。
素晴らしい色で自分も好きなのですが、BRZとS208にこのカラーを流用したのは間違いだったと感じます。
SUBARUのXVだけの、もしくはSUVカテゴリーだけの個性にするべきだったと思います。
Commented by b-faction at 2018-02-05 11:45
GRFさん、どういたしまして。僕は基本的に電動シート拒否派なのでGH8のS-GTと相性が良いんです。
Commented by b-faction at 2018-02-05 11:47
nakaさん、今年のウィメンズラリーはGC8を活躍させます。実は最初の構想はXVだったんですよ。インチダウンすると良く走りますよね。面白いクルマです。
Commented by b-faction at 2018-02-05 11:54
後藤 啓太さん、ハイパーブルーの方が良かったですね。濁った色はBRZに似合わないので。氷上だとS4のアイスシルバーも青みがかかって綺麗でした。ところで真横から見たGH8ですがBMWのスタイルよりカッコいいと思いませんか。
Commented by 後藤 啓太 at 2018-02-06 00:12 x
アイスシルバーの冷たい質感がよく出ていますね。
こうして様々なシチュエーションでいろいろな車種の写真を載せていただけると、実際にどのように外から見えているのか参考になります!
GH8のスタイルについては同感です。バランスが良くてスタイリッシュですね!特にハッチバックはラリーのイメージが強くヨーロピアンな雰囲気です。
BMWのワゴンは構造上フロントのオーバーハングが短いせいか、GH8と見比べるとリヤが重たく見えます。
Commented by b-faction at 2018-02-06 07:06
後藤 啓太さん、おはようございます。GH系は値もこなれてきたし今後も人気を保つと思いました。穴場のクルマですね。デビュー当時から好きなスタイルです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-03 22:00 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction