人気ブログランキング | 話題のタグを見る

物事の節目

今から15年前の富士重工業株式会社は、
「プレミアムメーカーになるのだ」と、
そのように目標を定めていた。
物事の節目_f0076731_11442511.jpg
その時の新中期経営計画には、
将来の航空事業の在り方が明確に記されていた。

そのどれもが、
今も脈々と続いている。

特に防衛に関しては、
SUBARUが成り立つルーツでもある。

もし国家の一大事に至った際に、
丸腰にならない配慮が欠かせない。

だからスバルは航空機事業を絶対に手放せない。

そこはとてもデリケートな分野でもある。

AH-64Dことアパッチロングボウは、
そのデリケートな産業を象徴するヘリコプターだった。

スバルは戦後、
固定翼から回転翼に手を拡げ、
遂に最先端の戦闘ヘリコプターをも完成させた。

その時は「飛行実験に成功した」と、
自らプレスリリースを流したほどだ。

SUBARUにとって歴史的な出来事だった。

ところが様々な事情が交錯し、
13機しか作られないと言う、
まさに悲劇の主人公となってしまった。

シン・ゴジラは、
陸上自衛隊の全面協力のもとに製作された。

このアパッチロングボウのみならず、
ヒューイコブラも登場したので、
航空機マニアのスバリストには嬉しい場面が続いた。

覚えている人も多いだろう。
その僅かな13機から、
まことに残念なことに1機失う事となった。

初めての事故だ。

ベテランなら失敗しないかと言うと、
絶対にそんなことは無い。

何事にもヒューマンエラーはつきものだ。

物事には節目がある。

それを感じたら一度原点に返ると良い。

モノマガジンの取材時に、
「なぜこんなことをするのですか」と、
副編集長の上岡さんから問われた。

好きだから、
と答えたが原点回帰のツールなのかもしれない。
物事の節目_f0076731_11444272.jpg
SUBARUの作った初めての量産エンジンを、
分解して磨く行為は実に無駄な作業だ。

こんなことをして何の役に立つのか。
立たないと言った方が良い。

ところが無心にやると言う事は、
はっきりした理由は無いが、
誰かが不幸にならずむしろ幸福になる仕事だと感じるからだろう。

杉本君の磨くパーツには、
何故だかフィンが付いている。

オルタネーターのプーリーだ。

発電機に付いたプーリーにも細かな細工があり、
物事の節目_f0076731_11445717.jpg
SUBARUが飛行機から舞い降りた事を象徴する。

吉村君は最も汚れたパーツの清掃に着手した。
泥が固まって固着しているので、
外に出して作業を進めていた。
物事の節目_f0076731_11451363.jpg
空冷のシリンダーヘッドに冷気を導く冷却カバーだ。

零戦のエンジンは空冷で、
初期のSUBARUもみな空冷エンジンだった。
物事の節目_f0076731_11452911.jpg
こうしたユニークなメーカーが、
世界に何社も現存している。

面白いね。

ヒューマンエラーを招かぬように、
時にはこうした原点を振り返る。

これこそが「余裕」なのだろう。

SUBARUも節目を迎えた。
ここで捨てて良いものと、
いけないものを再考すべきだと思う。

これまで順調だとしても、
この後が大変だと思うからだ。

原点を振り返ろう。

Commented by 美のつぼです at 2018-02-08 16:19 x
ラビットハイスーパーのファンもみがいて クリア吹きました フィンの泥も
洗ったり 細い物で油のしみた泥落としましたよ ラビットハウスから購入しました
Commented by b-faction at 2018-02-08 16:54
美のつぼさん、ラビットか。懐かしいですね。危ないので座った事しかないです。
Commented by 後藤 啓太 at 2018-02-10 01:19 x
旧きSUBARUを今あえて磨き続けることは、社長の仰るように何の利益にもならないことだといえるでしょう。しかし、それは「余裕」を持たなければ続けられないことですしメカニックの方々が自らSUBARUのヘリテイジと向き合うことなのだと思っています。意地でも続けるという執念とヘリテイジへの尊敬の念が垣間見えますね!応援しています!
Commented by b-faction at 2018-02-10 10:05
後藤さん、応援ありがとうございます。利益追求があってこそ成し遂げられることですし、またそれらを両立させることで継続が可能だと考えています。余裕を何に注ぎ込むか、まさしくそこに執念が必要だと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-07 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction