人気ブログランキング | 話題のタグを見る

リノベーションと御神渡り

例会を前にして、
船井総研の加藤はる美さんにメールを送った。
若いが礼儀正しく頭脳明晰な女性だ。

「加藤さん、おはようございます。

今回の予定をお知らせします。
そろそろ出発しなければなりません。

妻だけの参加にして僕は会場に行きません。

先に神田のホテルにチェックインして、
山手線で御社まで迎えに行きます。

分科会の進行を誰がするのか知りませんが、
彼女に参加者から色々質問してやる様に促してください。

当社だけがいつも例会で特異なことを発表すると、
彼女も解ったようなので、
上手く対応してお話しするはずです。

これから送る写真を基に話しますから、
ファシリテーターによろしくお伝え下さい」

それだけ指示を出し後は任せた。

そして予定通り東京駅に向かった。

久し振りに北口に降りて、
綺麗になった駅舎に感動した。
リノベーションと御神渡り_f0076731_19235740.jpg
素晴らしい首都の玄関口になった。

こんな一等地にある立派なビルで仕事しながら、
最近の船井総研は、
なんだか中堅社員が寝ぼけている。

若手の進歩が著しい割には、
どいつもこいつも雁首揃えて生ぬるい。

まあクルマ好きでも無いのに、
偶然見つけた未使用車ビジネスがツボにはまり、
行列ができるほど繁盛しているから止むを得ない面もある。

軽自動車の未使用車専門店などと言う、
日陰の商売を日の当たる場所に出し、
随分立派なパッケージに飾り付けた。

理念的に変な部分を隠し、
家電業販店のビジネスモデルに基づいたパッケージ化は、
もうほとんど将来性が無いと言って良い。

ところが自動車ビジネスは無くならない。
それどころか有望な未来がある。

と言う事で、
本当に必要とされているのかは定かではないが、
「もう退会してくれ」とは言われない以上、
精魂込めてなるべく役立つ事を話そうじゃないか。


軽の未使用車は、
「専門店」として成り立たせるには、
既に終焉を迎えつつある。

終わりが近い産業分野だと見切ると、
常に客観的に観察することが出来る。

なのでドキリとすることも沢山言う。
だから、
中堅社員はきっと進行を務め難いのだろう。

連続で妻が代理出席することになり、
彼等も気が抜けたようだ。

気が抜けるとまた色々失敗するぞ。

市場を乱して活路を見出すやり方は大好きだ。

しかし他人の褌で相撲ばかり取ると、
そろそろまた痛い目を見る。

新興宗教の御殿の様だ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_19292714.jpg
東京駅はドエライ物に生まれ変わった。

世の中リノベーションばやりだが、
正にその権化が誕生したと言って良い。

東京駅へ久しぶりに足を踏み入れたら、
文化財の保護など突き抜けて、
まるでエイリアンの巣窟の様だった。

2020年に向けてようやく完成が近い。

あちこちにホツレもあるが、
リノベーションと御神渡り_f0076731_19344999.jpg
素材も進歩しているので、
手っ取り早く粗を隠せる。
アルポリックなんて素材を初めて知った。
次から次へ良いものが生まれる。
これは参考にさせてもらうぞ。

建設における分野では物凄く高度な技術開発が進み、
今では作れない物が無いのではないかと驚く事が多い。

だから東京に来ると刺激的で素晴らしい。

道路も昔に比べ素晴らしく良い。
首都高速の進歩も凄くて、
学生時代に青天井の神田川だった所を、
上手く高架を掛けてて道路に仕立てている。

そういう国でありながら、
なぜ自動車文化でこれほど劣るのか。

船井総研がいびつな理由も、
自動車の経営指導をするコンサルタントが、
ほぼクルマ好きではない。

「自分のクルマを持たなくても当たり前だ」と、
ほぼ全員が思っている。

ビジネスとクルマはきちっと区別しているので、
運転免許は持っているが、
自分がどれほど酷い乗り方をしているのか、
恐らく全く気付いて無い。

国も悪い。
免許の更新は税金をふんだくるためにあり、
決して運転を上手にするためのレクチャーではない。

講習する場所も、
余分な人間の受け皿になっていたり、
無理やり教本を買わせる場だ。

あんなものは備え付けで使い回せば良いのに、
なぜか強制的に買わせる。

そして訳の分からない団体に、
潤沢なお金がまんべんなく流れる仕組みが出来ている。

警官自身も思っているに違いない。
スピード違反を取り締まるような仕事は、
本来の正義の味方がする仕事ではないからだ。

それでは全く能がないと自ら感じているはずだ。

覆面パトカーも気の毒だ。
絶対に格好の良い仕事ではない。

子供が憧れるヒーローであるべきなのに、
姑息に空いている道路で前方を塞ぎ、
速そうなクルマが追い付くと道を譲る。

最近は見分けが付き難いように、
ヘルメットもかぶらない。

そしてわざとやり過ごし、
遠くに離れて猟場に追い込む。
確かにこれには感心する。
素晴らしい加速と先読みする力がある。

しかし考えようによっては、
まるで因縁をつけるような行為でもある。

国民の側も側だから、
些細な事で人の上げ足を取りヒステリックに騒ぐ。

そう言う奴らを捕まえるのなら文句はないが・・・。

不十分な知識でいい加減な運転をして、
追い越す気持ちも能力も無いのに、
己の習性に従い無意識に追い越し車線をふさぐ。

更に酷いのは、
プロが全くプロらしい運転をしない。

トラックやバスは追い抜く力も無いのに、
自分の都合だけを考え平気で追い越し車線をふさぐ。

恐ろしいほど急激に車線変更し、
追い越し車線に割り込む。

上り坂だと加速が緩慢なため、
それを身勝手に嫌うだけで、
まるでスキを狙うかの如く割り込む。

物凄く危険なのに解っていない。

最近は特に観光バスのマナーも極めて悪く、
一般路でも追い越し車線をコンボイでふさぐ。

集団を維持するための行為にしか見えないが、
追い越し車線を連なって走るのは良くない。

これらの走行マナーは悪質だと言わざるを得ない。

ところで最近一番の極悪ドライバーは、
サンバートラックに乗った鬼畜だ。

白昼堂々とばあさんのカバンをふんだくって、
その上引きずり回した挙句振り切って逃げた。

あれは殺人未遂だ。

あのサンバーの運転手は、
本当にゴミのような国民だろう。

もっと言ったらあんな日本人が居るのだろうか。

被害者は幸運にも軽症で済んだが、
「死んだもの」と思って捜査すべきだ。

あれこそ国を挙げてとっ捕まえて、
素顔を白日の下に知らしめねばならぬ。

あれだけ証拠があるのに、
捕まらないなんて、
警察の捜査がおかしいんじゃないか。

世の中もリノベーション出来ると良いが、
そう簡単にはいかない。

さて自動車産業は壁にぶち当たっている。
立ちはだかる次のハードルが不透明で、
何をどうしたらよいか解らないのだ。

だからリノベーションはとても便利な開発手法だった。

リノベーションと言う言葉は、
建築で良く用いられる。

詳しく知りたい人は、
ぜひ調べると良い。

なかなか便利な言葉だ。

だけど実はこの「リノベーション」という言葉が大嫌いなので、
軽々しく使う人と絶対に深く付き合わない。

最近の自動車開発は、
本来のディベロップメントから外れ、
リノベーションになりがちだ。

「あまりお金をかけず」と言ったら語弊が多いが、
どこのメーカーにも要領よく作ったクルマが増えた。

自動車産業ほど奥の深いモノは無い。
金をつぎ込めばいくらでもつぎ込める。

特にスバルは奥が深いので、
昔から作る人達自身も大のクルマ好きが多かった。

最近その人たちに、
本当にやりたい仕事をさせたのか。

「No」のはずだ。
一度ここで振り返ると良いだろう。

とにかくスバルが好きで堪らないので、
老婆心が疼くと心配性が顔を覗かせる。

水曜日には重要な仕入れと会議が重なり、
妻と二人で分担して参加した。

夜ご飯を食べに行き、
偶然出会ったのがこの二人だった。

前日にSUBARUの吉永社長が東北を歴訪した。
なので、
二人ともテンションが高かった。

最近の吉永さんは、
自分の時間を全て犠牲にして、
全国行脚の真っ最中だ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_19412314.jpg
岩手スバルの猿方さんは、
吉永さんと前夜夕食を共にしたそうだ。

そして震え上がるほど感動したそうだ。
そのため吉永さんの話が、
まるで雲をつかむようでさっぱり解らなかったという。

それはスケールが大きいから仕方がない。
宮城スバルの阿部さんも、
レベルが高すぎて理解が難しいとおしゃった。

そこで分かり易く吉永さんのお立場で、
噛み砕いてフォローした。

ようやく「なるほど解った」と喜んでいただけたので、
ここで彼らと出会ったのも、
正に「神の思し召し」だと感じた。

翌日の仕入れは大成功だった。
そろそろ市場にレヴォーグが潤沢に行き渡り、
これまでより買いやすい環境が整いつつある。

欲しいなと言う若者にも、
手の届く良質車を手に入れることが出来た。
充実感に溢れながら順調につぎのホテルへと移動した。

もう一つの常宿にチェックインすると、
何と見た事もない部屋があてがわれた。

丁度その前にホテルのフロントマンと、
偶然エレベーターで一緒になった。

東京の宿泊事情を聴くと、
2020年に向けて予断を許さないと言う。

実はあてがわれた部屋は、
1月の終わりに予約しようとした時には無かった。

なのに、
突然ネット上に一部屋だけ売りに出た。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20050101.jpg
扉を開けて驚いた。
まさにリノベーションだ。

大都会のど真ん中に、
お布団が二つ敷いてある。

どう見ても敷きなれた様子には見えない(笑)
ベッドメーキングとは勝手が違うから仕方がないが、
これはこれでフレッシュだった。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12140083.jpg
和風の畳の部屋だが、
柔道場のようなヘリの無い面白い構造をしている。
テレビも壁掛けでスピーカーもコンテンポラリーだ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12143688.jpg
最近のユニットバスは凄い。
大きなバスタブが豪華だし、
水栓も最新式で老人にも優しい。

照明の配置がうまい。
立体的に演出するだけでなく、
勝手に点く。
消し忘れが無いから省エネになるはずだ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12153609.jpg

トイレも最新のTOTO製だから、
飛行機のようにフラッシュする。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12160750.jpg
スイッチが無くても電灯がセンサーで働き、
色温度も自在に変えられる。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20052362.jpg
和紙風のクロスと白木風のリノリュームを、
ホンモノの木材と融合させる。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12182211.jpg
リノベーションの町「東京」を、
まざまざと感じた。
本当なら宿泊施設を新規で作りたいが、
そんな危険なことはできない。
リノベーションと御神渡り_f0076731_12183714.jpg
だからリノベーションなのだ。

文化財を残すのとはちょっと訳が違う、
面白い革新的手法がリノベーションなのだ。

こうして東京に来ると、
東京に本社を構えるスバルの現状も良く解る。

このブログは様々な人に読まれているから、
スバルで働く人たちも見ていてくれるだろう。

警察官がやりたい仕事をやれないように、
SUBARU人もやりたくてもやれない開発者が多いに違いない。


彼等も本来ならデベロップメントがしたいはずだ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20112039.jpg
ところがリノベーションの方が上手くいく。
それでリーマン以降の苦境を乗り切って来た。

でも本来ならばディベロップメントしたかったろう。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20214462.jpg
その典型がBP系の開発だった。

6気筒を積んだアイボリー内装のアウトバックには、
当時最新鋭のアイサイトも装着した。

この惚れ惚れする様なクルマを、
SUBARUはもう2度と作れなくなった。

だからこれからも、
リノベーションするしか手は無いだろう。

だからリノベーションの対象にならない物は、
捨てるしかない。
価格競争で勝てない、
あるいは開発投資が割に合わないと、
やっぱり捨てざるを得ない。

SUBARUはプレミアムメーカーではないので、
米国で分かり易くバリューなクルマをリリースしないと生き残れない。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20231746.jpg
ツーリングワゴンの5速マニュアルを手に入れて、
このクルマを捨てる理由も解る。

クルマ業界を支援するコンサルタント会社で、
最前線に立つ戦士たちにとってさえ、
5速マニュアルなど死語に過ぎない。

だから捨てて当然なのだ。
これはもっともな話で悪い事ではないのだが、
リノベーションだけで綱渡りすると先が無い。

だから常に見ていることが一つだけある。

今年の年初から株式が大暴落して、
SUBARUにとって幸運だった。

皆下がれば怖くない。

今スバルの経営陣は、
「いろいろご心配ご迷惑をおかけしております」と口をそろえる。
が、
スバルのために今後どう精進するのかが良く見えない。

と言うか、
まだはっきり言うことが出来ない。
なので注目していることは一つだ。

「敵前逃亡」は許されないよと言う事だ。

このところ注目しているのは、
誰が都合よく役員を退任するか。

そこに尽きる。

そういう人は、
全て敵前逃亡だと思っている。

今回の一連の出来事は全ての自動車メーカーに当てはまり、
これからの荒波を誰でも簡単に乗り切れる訳ではない。

これは吉永さんにとっても宿命であり、
彼だからこそ何とか出来ると期待している。

すると、
モーターショーやオートサロンで感じた技術的枯渇をも、
全てのSUBARUに関わる人が一丸となって乗り越えねばならない。

ここを体良く離脱する人を見れば、
誰が戦犯か炙り出されるはずだ。

あえてこれを書く理由は、
スバルチーム全体に本気で危機意識を持ってもらわないと、
沈む時、船は一気に沈む。

真のSUBARUマンを数多く知っているが、
中にはそうでない人も居る。

だからこの「一大事」の前後に、
誰が逃げ出すのかを常に見ている訳だ。

だから油断しないで欲しい。

ここまで舵を切った人たちは、
次の回復基調を見据えるまでは船から逃げてはいけない。

韓国のフェリーを沈めたセヲル号の船長の様な、
卑屈な国民は日本には居ない。

景気が良くなるように、
神田大明神にお参りした。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20392493.jpg
ここはやっぱり夜が良い。

スッキリと目覚めたので妻と珍しくモーニングを食べに出かけた。

久し振りに純喫茶(死語)に入ると、
リノベーションと御神渡り_f0076731_20405191.jpg
美味しそうなフレンチトーストが選べた。
久し振りだ。
食べ終えて東京を後にした。

東京の変化も刺激的だが、
ちょっと寄りたい場所があった。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20421998.jpg
中津川を出た時、
諏訪湖で湖面を見ながら、
どこに御神渡りがあるのか聞いた。

ここからは見えないらしい。

話には聞いたことがあるけれど、
実際に見た事は無い。

諏訪湖にちょくちょく通うようになったきっかけは、
昨年の正月だった。

その時は凍るどころか、
船にも乗れる勢いだった。

高速道路の眼下に見える場所に着くと、
リノベーションと御神渡り_f0076731_20430699.jpg
「あるやん」と妻が言った。

いや待て、
これは認定されて無いそうだ。

そう言うと妻は「なんでや」と言う。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20433616.jpg
つまり横切っているだけで、
向こう岸に向かっていない。

あの対岸には秋宮と春宮がある。

4つあるお宮に、
それぞれの神が渡り合うなんてロマンチックじゃないか。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20482118.jpg
これは横切っていないから、
御神渡りではない。

向こう岸まで続く場所があるはずだ。

近くのファミリーマートで聞くと、
親切に教えてくれた。

新聞の切り抜き場所まで用意した、
素晴らしいコンビニだった。

ありがとうございました。

そのまま真っ直ぐ行くと直ぐわかる。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20435282.jpg
何と無料駐車場が現れた。
きっと土日は混むのだろう。

リノベーションと御神渡り_f0076731_20483758.jpg
地域の人たちが伝統を大切にする姿が垣間見えた。
琵琶湖らしさを守る。
そんな力が溢れていた。
今回現れるまで何年も見る事が無かったのに、
この辺りにはこうした習慣がきちんと残っている。
WRXを置かせてもらって、
御神渡りの場所を求めた。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20552222.jpg
道路には渋滞が出来ていた。
でもみんな親切で横断しようとすると待ってくれる。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20555114.jpg
おお!
何となく向こう岸への道が出来ているじゃないか。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20560651.jpg
まさしく認定済みの御神渡りだった。

ここにはリノベーションもへったくれも無い。

自然現象は、
在るか無いかの世界だ。

でも観た時に感じる、
何かいいようもないパワー、
それこそがまさに「気」なのだろう。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20562099.jpg
良いタイミングだった。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20584227.jpg
妻に乗るんじゃないと叱られながら、
ちょっとだけ乗ってみた。

先週散々氷の上を走り回り、
氷に対する警戒感が抜けるので用心しないといけない。

ここは高い山の上では無いし、
気温も上がる。

リノベーションと御神渡り_f0076731_20585596.jpg
必ず守ろう。

でも凄いとこだな。

アチことで温泉が湧きあがってると、
当たり前のように書いてある。

パワースポットなんだ。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20590056.jpg
今年はなんか凄い年になりそうだな。
リノベーションと御神渡り_f0076731_20590587.jpg
頑張らなくっちゃ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-08 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31