人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型ステラの進歩に驚く

タカタ製エアバックのリコールは、
昨年10月現在で約 320 万 台の車両がリコール改修されていない状況だ。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19035212.jpg
そのため国土交通省では、
リコール改修を促進させる。

リコール対象車両の中でも、
特に異常破裂する危険性が高い特定車両を約130万台選別した。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19040395.jpg
その結果今年の5月からエエアバッグのリコール対策が終わらない車両は、
車検を通す事が出来なくなる。

SUBARUではレガシィとインプレッサだけが対象だ。

まだ対策の済んでない方は、
早急にディラーと相談の上、
都合の良い日を調整していただきたい。

お客様の都合だけでは消化しきれない日が続いている。

是非ともご協力をお願いしたい。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19060748.jpg
ひょっこりさんからメールを戴いた。
ミニカーのボデーにサフェーサーが入った。
それにしても素晴らしい治具だ。
日頃から良い仕事をされるのだろう。

ミニカーだと舐めてかからず、
完全にプロの車体整備の技だ。

どんな仕上がりになるのか、
本当にワクワクする。

お知らせをありがとうございました。

情報の共有は大切で、
丁寧に開示を心がければ、
同じように良い情報を与えて戴ける。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19095650.jpg
最新のステラに乗る機会がようやく訪れた。

好きで買ったクルマだ。

なのに、
届いてからもう数か月経つにも関わらず、
まだ一度もステアリングを握ってなかった。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19121243.jpg
お正月に乗るつもりだったのに、
あっという間に2月も3分の1日が過ぎた。

パールホワイトのツートンカラーがお客様に好評で、
いつも貸し出し中になるのも、
簡単に乗れない理由の一つだ。

これまでのモデルには何度も乗った事がある。
ずいぶん良く出来ていると、
その度ごとに感心した。

高速道路も良く走るし、
そして意外に重厚な乗り心地だ。

新しくなっているが、
見た目が優先で性能はさほど変わらないと思っていた。

ところが思わぬ高性能ぶりに驚いた。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19122501.jpg
何気なくドライバーズシートに座った。

それほど性能には期待してなかった。

もうこの辺りで、
基幹性能の向上は限界を迎えたかな、
と考えていたからだ。


スタータースイッチを押して目覚めさせた。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19154516.jpg
他のSUBARUと変わらない。
ビックリしたのはシートヒーターが標準装備されていることだ。

スイッチを見るまで知らなかった。

下級グレードでも4WDに標準で付く。

ひとまとめになっていて分かり易い。
レガシィ顔負けだ。

新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19123765.jpg
こう言っては叱られるかもしれないが、
メーター回りの視認性は兄貴分のインプレッサを上回る。

インプレッサはサブ画面がインパネ中央にあり、
うっとうしく感じる。

ナビ画面とひとまとめにすると良かったと、
ステラに乗ると余計に感じる。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19141989.jpg
空調関係のパネルに続くインパネセンターも優れたクオリティだ。

新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19143099.jpg
ステアリングホイールの左右に、
クラスタースイッチが装備され、
パワーモードの切り替えボタンも組み込まれた。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19151288.jpg
インパネ内の液晶モニターに必要な情報が映し出され、

新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19151938.jpg
パワーモードにすると、
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19154159.jpg
オレンジ色の表示が重なる。
なかなか質の高い演出だ。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19135420.jpg
Aピラーの向こう側も視界が良く、
シフォンの様に切り立っていないので落ち着きがある。

やはりこれくらいがSUBARU車として認める限界に思える。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19160787.jpg
安全運転を心がけドラポジを決めた。

新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19161807.jpg
降りて一番後ろに下げた。
かなり余裕のある足元空間が現れた。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19175188.jpg
女性を意識しているのでスライド量が大きい。
最前に出すとこの位置になる。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19180209.jpg
リヤスタイルも良く、
LEDがふんだんに使われたテールランプがカッコイイ。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19181483.jpg
ゲートを開けると広い荷室が現れた。
積んで運ぶことにかけては、
軽の領域を超えている。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19182509.jpg
お金をかけたヘッドライトだと直ぐわかった。

ここではっと気が付いた。

とんでもない隠し技が注入された。
それは静粛性だ。

走っている時も感じるが、
重厚感だけでなく、
手ごたえも良い。

そのうえNVHが極めて良くなり、
室内が凄く静かだ。

その上、
エンジンがかかっているのに、
これほどボンネットに接近しても、
ほとんどノイズが聞こえない。

これには驚いた。


トヨタはエンジンから出る音を遮断するのが上手い。

そもそも出さないように作るからだ。

クラウンを育てた技術の結晶だろう。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19183534.jpg
エンジンルームを開けると、
驚くほど静かなエンジンが鎮座していた。
お見事です。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19184830.jpg
日本のクルマ環境で、
普通の日本人のために作った愛の結晶だ。
でもクルマとして何かが足りない。
新型ステラの進歩に驚く_f0076731_19190226.jpg
その理由が分かった。
これに乗ったからだ。

次のブログで理由を明かそう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-10 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction