人気ブログランキング | 話題のタグを見る

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車

日増しに春の気配が強くなってきた。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17570853.jpg
望桜荘の池に張った氷もすっかり解けて、
積もっていた雪も綺麗になくなった。

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17572345.jpg
冬の厳しさが環境に様々な働きかけをして、
その結果、
壊れるものもあれば強固になるものもある。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17574495.jpg
敷き詰めた石がまた強くなっていた。
近くで観察すると実に面白い。

その場所にある素材で作るからこそ、
ホンモノの味が日増しに現れてくるのだろう。

工房の斜面でも草の芽が一気に息吹いた。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18580050.jpg
気温の変化をこんなに敏感に感じ取るんだ。

ちょっと俯瞰したくなった。
花壇でも色々な変化があるんじゃないかな。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17575783.jpg
斜面の芝はまるで動物の毛皮のように見えて、
暖かく地表を覆っている。

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17581215.jpg
12年前に樫の木を移植した。
徐々に芝桜を植えたり、
紫陽花やラベンダーも植えてみた。

しばらく定点観測して変化を楽しもう。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18531651.jpg
昨年妻が植えた宿根草の一種だ。
何かわからないが今年も綺麗な花を咲かせて欲しい。

良く見ると根が露出し、
全体に持ち上げられている。

霜柱の力だろう。
デトックスも担うが、
中途半端な植物も排除される。

これも自然の摂理だ。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19045574.jpg
背後にも花壇がある。
舗装工事で一部削り取られたが、
昨年も綺麗に芝桜が咲いた。
近くに寄って観察すると、
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18574120.jpg
土の中から砕石が山ほど表れていた。
昨年の秋に表面上の異物はすべて取り除いたが、
霜柱の力で土中から排除されている。

これを徐々に整えるのも楽しい活動だ。

望桜荘の正面に回ると、
SABの前で工事が始まっていた。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17583889.jpg
樹勢が落ちて枝が折れたり、
周囲で下水道工事が進められ根の周りを掘られたり、
最近も山桜も試練が続く。

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19101733.jpg
いよいよ掘削が始まった。
カッターでアスファルトを切り、
上手にユンボで掘り起こし、
バイパスしていた水道管を撤去した。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17591371.jpg
丁度良い機会なので、
桜ベンチの周りに敷いたコンクリート板を、
GLまで埋め込めないか頼んでみた。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17585860.jpg
夕方になり工事が綺麗に終わっていた。
見に行くとお願いした意味が通じなかったのか、
コンクリート板はそのままで、
何の変化も無かった。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19163354.jpg
中山道を歩く人のために、
ちょっとした憩いの場を設けてあるので、
もう一度お願いして上手く敷いてもらおう。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19165370.jpg
しかしプロの仕事は凄いね。
正確に掘って正確に埋める。

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19200989.jpg
バルブの位置を見ると何度も掘られたことが良く解る。
この辺りも生活排水の浄化が進むので、
益々河川の環境は改善され綺麗な水が流れるはずだ。

改善作業は念入りにやらないと適切な効果が出ない。

クルマも同じで、
せっかく良い子が来ても中途半端な仕事では、
元々持つ優れた能力を蘇らせられない。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_17594732.jpg
F型のBPEと聞いたら、
解る人にはピンと来るはずだ。

フルモデルチェンジを控え、
次期モデルのエッセンスをふんだんに吸収した。

元々の設計コンセプトがプレミアムカーなので、
巨額の開発費が注ぎ込まれている。

そのプレミアムカーが最後の年度改良を受けたので、
それはそれは凄いレベルに熟成されている。

だからインテリアに使われたマテリアルも質が高く、
とても本物志向のクルマになっていた。

念願の平成20年式、
F型の6気筒を手に入れた。

もう10年も前のクルマなのに、
全くそんな印象を受けない。

特にアイボリーレザー内装が秀逸だ。

セダンのB4、
ツーリングワゴン、
そしてアウトバックにもオプション設定されていた。

特にサテンホワイト・パールのボディカラーと組み合わせ、
水平対向6気筒エンジンとセットになったクルマは「至宝」である。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18000129.jpg
全て分解して洗えるものは綺麗に洗った。
洗えない物をスチームクリーナーで徹底清掃した。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19341222.jpg
ステアリングなど一番触れる部分を、
薄めた洗剤で綺麗に拭いた後、
更に固形せっけんで手垢を取り除き、
最後に綺麗に拭き上げて仕上げる。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_19345204.jpg
そして内装が仕上がったら、
ボディの鉄粉を落としコーティングで仕上げる。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18001692.jpg
一番初めに下回りやエンジンルームを洗浄してあるので、
最後に綺麗に磨いて整える。

整備士による保安基準の適応状態も確認済みなので、
最後に試運転して商品になる。

それにしても素晴らしい。
運転席も助手席も座るだけで充実感を覚える。

【車名】
SUBARU LEGACY OUTBACK 3.0R EyeSight
【駆動方式】
AWD・スポーツシフトE-5AT
【型式】
BPE

アウトバックがデビューしたのは二代目だが、
三代目でかなり大きく花開いた。
四代目としてデビューしたレガシィも、
徐々にツーリングワゴンとアウトバックの差を広げていった。

特にこの最終モデルは基幹性能だけでなく、
エクステリアもインテリアも抜群に磨かれている。

だから更に異なる雰囲気を持つ。

アウトバックだけは、
六気筒3リットルの3.0R EyeSightも、
4気筒2.5リットルの2.5i SI-Cruiseも、
2.5iのベース車に至るまで、
4WDのデバイスは全て不等トルク配分のVTDが奢られている。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18004912.jpg
運転席(シートポジションメモリー機能付)/助手席8WEYパワーシート、
アイボリーレザー、
ピアノブラックセンターパネル、
木目調パネルサイド、
ソフトフラットシートと名付けられた、
くつろぎを生むシートになっている。
ヘッドレストを外してリヤシートと連結できるので、
足を思いっきり延ばして休むことも可能だ。

キーレスアクセス&プッシュスタート、
パドルシフト、
エレクトロルミネセントメーターと、
既に今とほとんど変わらない装備だ。  
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18010939.jpg
【変速機】
5速オートマチック
アダプティブ制御付で電子制御の5速にダウンシフトブリッピングコントロールも付く。

【ステアリングギヤ比】
16.5:1
【燃費】
11.0km/l (10・15モード)

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18012354.jpg
アイボリーインテリアは茶木目調、
ブラックインテリアは黒木目調と使い分けられ、
実に細部まで手の混んだカラーコーディネートだった。

既にEyeSightのロゴもペットマークも決まっていて、
基本性能は今のシステムとほぼ変わらない所まで完成していた。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18013568.jpg
プリクラッシュブレーキ
全車速追従機能付オートクルーズ
AT誤発進抑制制御などなど、
10年前の完成度の高さが今になって良く解った。、
これに裏打ちされているので、
その後も全車種に拡大が容易だったのだ。

完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18014518.jpg
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4730×1770×1545
ホイールベース(mm):2670
トレッド前/後(mm):1495/1485
最低地上高(㎜):200
車両重量(kg):1540
最小回転半径(m):5.4
乗車定員 5名


【エンジン】
EZ30/水平対向6気筒3.0L DOHC24バルブ AVCS+ダイレクト可変バルブリフト
内径×行程(mm):89.9×80.0
圧縮比:10.7
最高出力kW(PS):184(250)/6600rpm
最大トルクN・m(kgf・m):304(31.0)/4200rpm
【燃料供給装置】
EGI

それにしても素晴らしいエンジンだ。
シュンと回るしサウンドも濡れたみたいに瑞々しい。

カーゴソケット(DC12V/120W)&カーゴファンを備えた明るいラゲッジ。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18020277.jpg
バラバラにして掃除するので、
まるで新車の時と変わらない美しさに蘇る。

【税抜車両本体価格】
3,355,000円
ボディカラー:サテンホワイト・パール(30,000円高)

バイキセノンヘッドランプ(ポップアップ式ウオッシャー付)が標準装備で、
このライティングシステムは非常に明るい。
完熟の水平対向六気筒エンジン搭載車_f0076731_18002935.jpg
215/55R17タイヤに、
ハイラスター処理塗装のアルミホイール。

VTD式の不等トルク配分型AWDだから回頭性能が良い。
SI-DRIVEのS#スイッチがステアリングホイールにあるので、
6発の瞬発力をここ一番で活かせるスポーティカーだ。

セルフレベライザー機能付リヤサスペンションに、
当たり前のようにVDCとEBD付ABSを装備していた。

ボディは誕生したばかりの頃のBP5と比べると、
長さも幅も高さも一回り大きいサイズになった。

そこがアウトバックの存在感として光るところだ。

さて、
それにしても淋しいじゃないか。

確かにSUBARUはビジネスを成功させた。

でもこの10年は一体何だったのか。

このアウトバックを超えるクルマが出ていない。

これらのクルマを知らない人が多いから救われているが、
知る人間から見ると、
ビジネス上手だけど魂を売り払ったように見える。

だからよーっくSUBARUの事を見てるんだ。

くれぐれも勝手な勝ち逃げはやめて下さいね。
今の苦しい踏ん張りどころで命を懸けて頑張ってもらいたい。

これから先の航海が、
とても安定したと言えるまでは、
船を捨てて逃げちゃだめだよ。

解るかなぁ。
解んねえだろうなぁ。

Commented by at 2018-02-17 22:14 x
6気筒の素晴らしさは言わずもがなですが、インテリアの雰囲気は現存するどのスバル車より質感が高いと思います。
取り分け、インナードアグリップの大きな存在感は何故これを無くしたんだろうと思うけど、コストなんでしょう残念ながら。

お家の事情でCVTやエンジンなどの搭載ユニットを共用するスバルって積極的に選ぶメーカーから盲目的に選択するメーカーになりつつあるような気がします。少なくとも私は。
Commented by なかた at 2018-02-18 00:40 x
カミングアウトすると、2年前、カメリアレッドのF型BP5をを買い替えようと考えたのは、当時、それと同じアウトバックを見つけたからでした。カメリアレッドで内装がホワイトレザー。センス最高でした。距離も少なく脚はしっかりしてるし、欲しかったパワーも満たされるしでコレは良いと。
それがうちの嫁には理解不能だったようで「なんで同じ赤いレガシィを買い替える必要があるの!?」って。嫁サンもあのBP5の赤はお気に入りでしたからね。
そんなこんなで時間経つうち良いものは売れてしまい、クロスオーバー7が殊のほか良かったものだから落ち着いた次第。
BOXER6は憧れです。
BH系は当時あまり好きではなかったけど、ブリッツェン6なんて最高だなって今更に感じてます。
Commented by b-faction at 2018-02-18 07:22
宮さん、おはようございます。このクルマ、本当に凄いです。この10年、納得して我慢しましたが、この後が大変な時に逃げ出すヤツを本当に許せないと思ってます。出ない事を祈りますし、そこを見ていないと当たり前になります。下手すると本当に船が沈みます。
Commented by b-faction at 2018-02-18 07:24
なかたさん、オトコはそんなイキモノですよね。6気筒の良さを本当に分かるオンナは少ないです。
Commented by 溝上出雲 at 2018-02-18 08:38 x
ご無沙汰しております。
写真を見て思わず興奮してしまいました笑
今のGVBの前がBP5の2.0GTに乗っておりました。アウトバックではなかったですが、今でも色褪せない内装はすごく好きで、今でもまたBPへ戻ってみたいのが本音です。
6MTへの憧れが強かったですがBPの5MTは今思えば、すごく気持ちよく、丁度良かったなぁと思います。
6気筒は憧れです。助手席にしか乗ったことないですが、あの音は忘れられないですね。これから出てこないことが寂しいですが、中古を探せばまだありますもんね!そして6気筒車の内装はホワイトレザーに限ると思います。6気筒車を中古市場で探すのは難しいんでしょうか。
Commented by b-faction at 2018-02-18 10:19
溝上出雲さん、おはようございます。当社に6気筒搭載車がたくさんありますので、セカンドカー需要はお任せください(笑)。
5速も軽いのでメリット多いですね。
Commented by 後藤 啓太 at 2018-02-18 14:08 x
1枚目のドアを開いた状態の写真だけ見ても、インナードアグリップが高品質な雰囲気を醸し出してますね。同世代の国産車とは一線を画するデザインセンスだなと思います。それにこの6気筒エンジン!絶対に4気筒では真似できない緻密でウェッティな回転フィールは垂涎ものです。こんな素晴らしい財産を本当に捨ててしまうのでしょうか。SUBARUだからこそ、この宝を磨き続けて、舌の肥えたドライバーに訴求することができると思うのですが。このまま大きな流れに身を任せているだけでは個性は薄れ、最悪の場合存在意義そのものが失われてしまうのではないかと心配しています。SUBARUにはクルマを単なるビジネスではなく、「文化」と捉えて、海外の強豪と再び張り合ってほしいですね。そうでなければ、社名をSUBARUと改めた意味がないし、中島知久平や百瀬晋六が浮かばれません。
Commented by takechan at 2018-02-18 14:26 x
このモデルとB4 3.0R SI-クルーズリミテッドと迷い
当時の私はB4を購入しましたが未だにアウトバックの
アイボリー内装に惹かれるものがありますね。
6気筒のシルキーな吹き上がりが懐かしいく
もう一度乗りたいですね。
Commented by b-faction at 2018-02-18 14:49
後藤さん、こんにちは。ヨーロッパ市場を捨てている所に全て表れています。社屋の移転、社名の変更より動力性能開発を優先すべきでした。
Commented by b-faction at 2018-02-18 14:51
takechanさん、今になって見直すと新たに解る事が沢山あるので、振り返りが止められません。
Commented by T2 at 2018-02-19 08:47 x
またまた罪なものを見せられてしまいました。かつてBHE(GT30)を飼っていた人間としては、目の前に極上の牛肉を差し出されたごとく涎を垂らすしかありません。
飼っていたのに、なぜ手放したかって? 当時はすんげぇー儲かっていたので、3年リースで入れ替えていたからです。今から思えば、残価で買い取っておけばと悔やまれてなりません。
その後の地方経済は不況の一方。リースにうつつを抜かすなんてことは不可能になりました。
しまった! 責任を他に擦り付けてはいけませんね。経営計画をミスった自分の責任です。
H6は、とにかく至宝であり至高のエンジンです。これを失うことは、日本の自動車文化の大きな損失です。TOYOTAさん、BRZのアッパーモデルとしてH6を積んだ、TOYOTA3000GT、SUBARUブランドではBRZ3000を作りませんかあ。
そういえば、TOYOTA博物館の協力の下、2000GTをオマージュ&リスペクトした『真夜中のスーパーカー』というドラマが、近々NHKのBSで放送されるはずでは。
Commented by toru0911 at 2018-02-19 10:33
本当に良い車ですね~!!

六連星エンブレムに統一された事、アウトバックという名称に統一された事が嬉しかった。
そして憧れの水平対向六気筒。

現在の愛機BP5B 2.0Rもアイボリーセレクション。
妻もこの内装に一目惚れでした。
1.4tを切る2.0Rは今も非常に魅力的なのですが、このアウトバックも二人のお気に入り。
ルーフレールがワゴンのデザインには欠かせません。
社長がよくおっしゃっておられるように、重くなってもサンルーフが欲しくなります。
小山のように大きくなった現行型のデザインもとても気に入っていますが、この6気筒のBP型アウトバックはとても欲しい1台です。

御社の丁寧な手仕事で設えられた車なら、博打ではなく安心と納得、大きな満足が得られるなぁといつも楽しく拝見しています。

娘の大学4年間が終わるまで手も足も出ないので、せめて今の愛機をしっかり世話してやろうと思っています。

コンチへの履き替えと予防整備。
また改めてご相談させて下さい。
Commented by b-faction at 2018-02-19 11:03
T2さん、こんにちは。実はBHEもワゴンを秘かに持ってるんですよ。少し余裕が出来たら復活させます。先日GC8のラリーカー用にブレーキ流用できないか引っ張り出して見たんですが、その時に足回りを見てスクラップにしなくてよかったと思いました。但し、この魂だけは純血で守りたいですよ。武士は食わねど高楊枝だったのに、SUBARUは本当に普通の会社になっちゃいましたね。
Commented by b-faction at 2018-02-19 11:07
toru0911さん、こんにちは。2.0Rのアイボリー内装も初期型から美しいですよね。SUBARUに刺激を与えるため一台レンタカーにしてお客様に良さを知って戴こうと思ってます。口だけじゃあSUBARUに刺激を与えられませんから。BP系は至宝の素質を持ちますからお互い大切にしましょう(笑)。ご来訪を楽しみにしています。
Commented by T2 at 2018-02-19 13:02 x
早速にレス、ありがとうございます。六気筒となると、すぐに食いつくT2です。
H6のエンジンの素晴らしさは、以前にも書いた通り、某市の元警察署長や、名古屋芸大の友人なども驚嘆していました。
もちろん男性だけでなく、少数ですが女性にも、その違いをかぎ分けた人がいます。
後輩の家を訪問した時、細君が「エンジンの音が違う」と即座に指摘しました。さすがに音楽をたしなむ人だけあって、音の違いを感じとったようです。エンジン音が「澄んで」「美しい」のだそうです。
後輩宅のアウトランダーだったか?三菱V6は「がさつでうるさい」いわば調和のとれていない音だという評価。

ピストンがシリンダー内をきれいなサインカーブを描くがごとく動く、水平対向6気筒は理想的な完全バランスエンジンといわれています。やはり感性の鋭い人は、この違いを即座に感じ取ります。(自分も実は超聴覚をもっているのですが)
アメリカ人は概して大味ですから、繊細さに乏しい。この辺を突き詰めだすと、JBLのスピーカー論に行き着くので止めますが、ターボというギミックをもてはやしたことを残念に思います。
Commented by b-faction at 2018-02-19 19:31
T2さん、今晩は。音に詳しいなんて素敵ですね。音楽のお仕事ですか。どの6気筒にも独特のサウンドがありますが、僕はSVXの毒気が好きです(笑)
Commented by な~ at 2018-02-27 10:51 x
私も3年前に運良くこれを手に入れることができ6気筒を堪能させてもらっています。
今年はタイヤ交換を予定しているのでコンチネンタルも候補なのですがこのサイズのバリエーションが少ないように思います。アウトバックのような車にはどれがおすすめですかね。
Commented by b-faction at 2018-02-27 23:14
コンチならDWS06を履くと良いですよ。ウルトラコンタクト6も合いそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-17 22:00 | Comments(18)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction