人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察

ミセス大鶴からチョコレートを戴いた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14000127.jpg
リンツ&シュプルングリーはスイスにあるお菓子処だ。

1845年の創業なので、
日本では江戸時代後期、
「遠山の金さん」が活躍していた頃だ。
中津川にある苗木城址と、
この金さんは少なからず縁があるらしい。

かの国のせいで、
「金さん」は随分イメージを落としてしまった。
勿体ないな。

この丸いチョコレートはリンドールと言い、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14001029.jpg
1949年に発売された看板商品だ。
いくつかの味がアソートされとても美味しく戴いた。

桑名の西川まき子さん届いたチョコレートは、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14002159.jpg
神戸にあるモンロワールのチョコレートだ。

レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14003104.jpg
このチョコレートハウスの商品も、
様々な味がアソートされている。
大きい箱には5種の巾着が詰め合わされ、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14004353.jpg
それぞれの色に合わせて、
抹茶、
ミルク、
ダーク、
キャラメル、
グランベリー、
ピスタチオ、
アーモンド、
ブロンド、
バニラ、
オレンジ、
そしてカシスが組み合わされている。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14010293.jpg
ベルギー産のチョコレートしか使わない拘りのお店だ。
小さな箱には4色のチョコレートが入っていた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14035829.jpg
どちらも創意工夫に溢れている。

材料ではなくアイディアで勝負するチョコもある。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14053662.jpg
阿部さんから戴いたペンチの形をしたチョコも美味しかった。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14054411.jpg
後藤さんに頂いた箱と合わせ二つになったので、
何かに活かせないか思案中だ。

トヨタにとってハイブリッドカーは創意工夫の塊だろう。
そのSUVバージョンとして誕生したのがハリアーハイブリッドだ。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14055348.jpg
テールゲートを開ける時に、
手動ではなくリモコンを使うのだと聞き、
早速試してみた。

面倒くさいので取説など読まないから、
この後の説明が間違っていたとしても、
そこはひとつ勘弁してほしい。

離れた所からテールゲートのスイッチを押したが、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14060520.jpg
うんともすんとも言わない。

そこで近くによってドアロックを解除し、
更にテールゲートのスイッチを長押しすると、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14064201.jpg
スルスルとゲートが開いた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14065459.jpg
手で開ければ簡単に開くので、
どちらでも好きな方法で開けるようになっているのだろう。

これはこれでありだと思う。

SUBARUのパワーリヤゲートオープナーは、
付いている事を知らずに引き上げると、
いちいちフリーズするので面倒くさい。

だからハリアーのように手で簡単に開く方が、
実際に使うと好ましい。

レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14070577.jpg
流石に高級SUVだけあり、
トノカバーにガイドレールが付いている。

どんなふうに動くのか。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14071954.jpg
まず外されていた前側のフックを、
ヘッドレストの金具に付けて固定した。

そして本体がしっかり装着されているか確認した後、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14074119.jpg
カバー前端の突起をガイドレールに載せ、
そのまま前方に引き出す。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14075900.jpg
それほど必要性を感じないが、
おそらくトヨタとしては利便性より、
異音発生原因を減らすのが狙いではなかろうか。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14081382.jpg
戻す時は両側にあるボタンを同時に押す。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14083211.jpg
スルスルと引き戻されて、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14094316.jpg
元の位置に収まる。

そのギミックより感心したことがある。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14095554.jpg
やはり国内市場を重視するブランドだけあり、
リヤシートは左右で自由に6対4の分割可倒になっている。

中央の部分を倒すには、
荷室側にあるハンドルを引く。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14100944.jpg
すると座面も前方にスライドしながら、
中央だけが倒れる。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14102422.jpg
この辺りのからくりが上手で、
荷物室のアレンジ能力が高い。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14103983.jpg
これだと左ハンドルでも右ハンドルでも自由に使い易くアレンジできる。

SUBARUもレオーネの時代には、
こうした分割が出来たのに、
最近は何度言っても決して改めようとしなかった。

左が4で右が6に固定されると、
右ハンドル車で幅の広い長尺物を積み込み難い。

最も分かり易いのはサーフボードだろう。

輸出を重視する会社なので、
どうしても国内の製品にしわ寄せが来た。

しかし最近のSUBARUはそこに聞く耳を持ってくれた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14105580.jpg
国内専用に作ったレヴォーグも、
シート構造は他のクルマのキャリーオーバーだったが、
遂に理想の可倒方式に改められた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14110774.jpg
中央には立派なアームレストがある。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14111818.jpg
これまで通りに倒すと、
同じように左が4で右が6の割合になるが、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14113124.jpg
ハリアーのように真ん中だけを倒せるようになったので、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14114371.jpg
それを倒した後で左側を倒せば、
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14115780.jpg
二人乗車の状態で大きな荷物が詰め込める。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14120996.jpg
これならば納得できるカーゴルームだ。
丁度サービスヤードに商品化真っ最中のレヴォーグがあった。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14122472.jpg
バリューで人気のS-styleを覗いてみた。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14123740.jpg
質の高いリヤシートだ。
左側を倒すと60%が残る。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14125514.jpg
指摘する意味がこれで解ったはずだ。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14131682.jpg
このブログで何度も伝え、
商品説明会の場で何度も訴え、
ようやくレヴォーグで実現した。

レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14133097.jpg
他のクルマにも同じ方式が採用されるだろう。
これからに期待したい。

同じようにシートの表皮も期待したい。

やはりもう少しジェントルで、
長く乗っても飽きの来ない内装も欲しい。

あの高級素材のマリオレヴィが不発に終わり、
奇抜な調色のSTIがヒットしたから、
日本人の内装感覚はまだまだ未熟だと言えよう。

パンチングレザーでは高い質感が得られない。

それを証明する格好の素材があった。
下取りに入ってきたBP5の前期型2.0iは、
アイボリーレザーパッケージが選べると同時に、
サンルーフも装着できる洒落たクルマだった。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14134127.jpg
その当時のシート表皮はパンチングレザーだ。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14135328.jpg
平成17年式だから、
まだビッグマイナーチェンジの前だった。
アニバーサリーモデルもアイボリー内装で、
あの当時は大いなる決断だったと、
改めて見て思う。

だがその後に現れた「至宝」に比べると、
物凄く大きな差がある。

果たしてどれくらい違うのか。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14141104.jpg
先日紹介した、
最後の最後に現れた力作だ。
同じように見えても細部が違う。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14142505.jpg
色も微妙に違いハイセンスだが、
素材が大きく異なる。

レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14144041.jpg
やはりパンチングレザーでは出せない味が、
この本格的なレザーから迸る。

現状に置き換えると、
SUBARU製をSTIと聞いただけで、
誰もが飛びつくような手軽さではなく、
スポルヴィータと聞いただけで飛び付かせるような、
気高きブランドになれると良いね。

その辺りはトヨタの方が上手い。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14145385.jpg
そうそう。
ハリアーと比べるなら忘れちゃいけない。

こちらはアウトバックが相応しいだろう。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14150604.jpg
昨年のビッグマイナーチェンジで、
トヨタに負けないヘッドライトになった。

米国で大ヒット中のクルマなので、
まだシートの分割が四分六の固定でも、
そこは致し方ないだろう。

でも大いなる改善が各所に施された。

その一番大きな改善が、
パワーリヤゲートだろう。

このオープナーは、
全く別物に改善された。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14151780.jpg
ガッチリしたゲートなので電動介助があると楽だ。

けれど、
以前はうっかり手で操作すると、
簡単にフリーズしてしまった。

だから、
オーナーにならないと、
この扱いにイライラする事が多かった。
レヴォーグとハリアーのリヤシートを考察_f0076731_14153174.jpg
他にもドイツで使った時に、
不十分な機能だと思った事がある。

閉まる速度が遅い。

その時は真っ暗な所で閉める操作をして、
リヤゲートが動き始めた事を確認し走り出した。

幸いにも100mくらい走り、
ホテルの玄関で止めたので、
スーツケースは落とさずに済んだ。

完全に閉まり切らないうちに走り出したので、
途中で動きも止まったようだった。

リヤゲートが開きっぱなしなので、
カーゴルームに保管していた、
予備の飲料用ペットボトルは、
全て暗闇の中に消えていた。

新型では閉まる速度も速い。

操作も簡単だ。

今度からは力を入れて開いても、
フリーズさせずに電動モードが持続する。

これは良い。

やっぱりフラッグシップは違うねぇ。
こういうSUBARUの姿勢が一番好きだよ。

Commented by さとたく at 2018-02-20 07:15 x
おはようございます。

早速お試しいただきましたね。トノカバーですが、今度は、手前のロックをしない状態トノカバーを設置してゲートを閉め、再度ゲートを解放してみてください。
Commented by b-faction at 2018-02-20 09:40
さとたくさん、企業文化の差が明確に出てますね。レールが生きてるわけですね。これはトヨタの強烈な品質保証部の存在があって成し得る結果です。SUBARUはこの手のギミックよりアイサイトの様なギミックに精力を注入しますね。どちらもレベル的にはおんなじ考え方です。これ言うとスバルの開発者は怒るだろうけど。
Commented by 斎藤 at 2018-02-20 12:40 x
WRX S4 MT スポルヴィータ。外装色は濃紺。車選びの時にあったら大いに迷ったと思いますね。
MT設定がなかったのでSTIにしたところもあります。
BRZのスポルヴィータも似合うと思います。紳士向けスポーツ。
振り返って愛車ですが、手前味噌ですがダークグレーは渋くて格好いい。
DEの経験が活きているのか、とても運転が楽しいですね。
S#の獰猛な加速は公道では手に余りますが(笑)

Commented by b-faction at 2018-02-20 16:08
斎藤さん、輸出仕様には6MTのS4に相当するクルマが選べるので欲しいですよね。ベイビー ドライバーの冒頭に出る鷹の眼GDAもその系譜のクルマです。中古車になるとダークグレーは渋さが増すので当社では比較的売りやすいですね。ホイールの選択が決るとすごくクールです。また暖かくなったら予習復習も含め是非お立ち寄りください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-02-19 21:59 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction