人気ブログランキング | 話題のタグを見る

サブロクの誕生日を祝う

今年は暮れにかけて60周年の特装車がリリースされる。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21463914.jpg
SUBARUの60周年より、
実はSTIの30周年の方が価値が高いと思うが、
周年事業は商魂逞しく悪い事ではない。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21483555.jpg
60周年になると言うが、
今日の今日までさほど気にも留めて無かった。

一昨年はボクサー50周年だの、
割とコマ切れに周年を祝うが、
中島創立100周年は実に冷たい仕打ちだった。

節目は思わぬ出現をする。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21484685.jpg
体の節目も「厄年」と言われるが、
100周年を軽んじた「厄」が、
誰にも想像できない形で現れた。

注目される企業になった事は良いが、
すっぱ抜かれることも多くなった。

SUBARUがプレスリリースを出す前に、
ことごとくニュースがすっぱ抜かれる。

そのため事後対応に目を奪われ、
大事な事が記憶から逸れる。

サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21542452.jpg
代々スバルの社長が無傷で職を全うする事が出来ないのも、
何か無性に縁を感じる。

野生の本能を持つのか、
技術枯渇の遠因を作りながら、
さっさと船から逃げている人間もいる。

そう言う点では、
現在残っている役員は責任感が強い。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21573990.jpg
しかし社長人事を外からすっぱ抜かれ、
慌ただしく記者会見せざるを得ない現在の状況に、
今後の航海の厳しさを感じざるを得ない。

救いは米国の好景気だろう。

SUBARUは米国でも押しも押されぬブランドに成長し、
しかも彼の地は日本の3倍の人口を有する。

人口減少を懸念される日本とは異なり、
色々言われながらも米国は成長が続くとも聞く。

だから儲けが出る所に注力することは当然だ。

その米国で積み重ねた実績を手土産に、
新しい社長が既定路線通りに誕生した。

全く同い年の、
しかもお互いに若い時代を良く知る人物だ。

中村さん、
社長ご就任、
本当におめでとうございます。
心からお祝い申し上げます。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22323110.jpg
今日も洗車で一日が始まり、
第一展示場のクルマをピカピカに整えた。

その後オレンジ色のXVに荷物を載せ替えた。
次の愛機として活躍させる。

そこで出勤に使った車から、
中にある荷物を載せ替えようと整理した。

すると忘れていた紙袋が籠の中から出てきた。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_21584172.jpg
何だろうと袋を開けた。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22053576.jpg
先日見つけたジャンク品のサブロクだった。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22065083.jpg
珍しかったので手に取ると、
エンジンフードが紛失していた。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22102803.jpg
手の込んだ作りだったので、
フードが無くても絵になる。
壊れかけたクルマを整備しているようで、
何となくグッとくる姿だ。

もっともスバル好き以外には、
こんな玩具はゴミそのものだろう。

と思った次の瞬間「ドキン」と心臓が高鳴った。
今日はサブロクの誕生日だった。

そしてある出来事を思い出した。

次の社長になる中村さんと、
全く同世代だ。

昭和57年の入社だから、
初めてSUBARU販売店大会に参加した年と重なる。

柳沢純子が軽トラ娘でスバルのマスコットガールになった年でもある。

その時の社長は佐々木定道氏。
飄々とした人物で、
日産からの天下りだった。

そして「たすき掛け」人事で、
その後を受けたのが、
興銀出身の田島敏弘氏だ。

日産から天下りの佐々木氏に比べ、
田島氏は何から何までエネルギッシュに感じた。

中から見る人と、
外から見る人では当然見え方が違うかもしれないが、
当時はそのように映り閉塞感から脱出できる希望に燃えた。

ジャスティやドミンゴでは、
大人のメーカーにはなれない。

もし田島さんが居なければ、
SOAの発展は無いし、
世界を制覇するインプレッサも生まれなかった。

その田島さんを見て「孤独だな」と感じた時がある。
今から30年前のサブロク誕生日の事だ。

まさに国民車と言っても良い、
誰もが知るサブロクが30歳になった。
すると、
当時のパイクカーのブームもあり、
ダサいイメージからお洒落なイメージに蛻変を始めていた。
サブロクは遅ればせながら、
本当の魅力を理解させ始めた。

テレビのニュースにサブロクが取り上げられた時、
田島社長にインタビューの機会があり、
そこで「再び現在の技術で復活させたい」旨の発言をした。

社長がやると言ったら、
出来ない理由を考えるより、
やれる方法を考えるべきだが・・・・

残念ながらそんな社風は燻蒸していない。

社長は社内で育たない。
そんな事が当たり前の時代だった。

なので権力闘争もすさまじい。

赤字に転落した途端に、
手のひらを反す社員が続出した。

平気で「バンカーに水商売(クルマ産業)が務まるはずが無い」と放言するほどだ。

結局サブロクは世の中に再び蘇る事はなかった。

R1はオマージュだったが、
残念ながらリッターカーを作れなかった。

それが失敗の原因だろう。

縦横比は忠実でも軽自動車の車幅では、
スタイリッシュなクルマには届かない。

田島さんの時代から30年経ち、
遂にプロパーでありながら、
国内営業でどぶ板を渡り、
マーケティング部長として商品に触れた男が社長になる。

その上グローバルも経験し、
欧州の隷属的な関係を熟知した上で、
米国における発展性も正確に把握している。

困難な時期だからこそ、
手腕を振るうことが出来るだろう。
期待している。

そんな事を考えて一日があっという間に過ぎた。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22120189.jpg
安曇野から斎藤さんが、
プチリフレッシュ車検を終えたB4を迎えに来られた。

万全の整備を施しました。
次にお目に掛かれる日を楽しみにしています。

BLEの6速は、
ナイフでバターを切る感触を目指した。

それに対して、
「パチン」とミッションを叩きこむのがGRBだろう。


洗車しながらGRBのロバスト性を振り返った。
デビュー当時はGTに成り下がったのかと危惧したが、
10万キロを超えて真価を出す面白いクルマだと、
10年経過してようやく解った。

だから人気が尽きないのだろう。

そのGRBとR1をこよなく愛するお客様も来訪された。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22333867.jpg
ロイヤル車検からリフレッシュ車検にアップグレードし、
更にSTIのパフォーマンスパーツで足回りを整える。

面白いクルマに仕立て直し、
更に10万キロを目指して戴こう。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22370547.jpg
ステキな袋だ。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22371846.jpg
中には同じデザインでイメージされた箱があった。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22372701.jpg
ソット包みを解くと、
中にあの逸品が詰まっていた。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22373992.jpg
美味しそうなお土産をありがとうございました。
皆で美味しくいただきます。
サブロクの誕生日を祝う_f0076731_22393136.jpg
袋の上からモチモチふわふわ感を楽しんだ。

こんな美味しいクルマにしてお返しします。

どうぞお楽しみに。

Commented by 博多のEZ30乗り at 2018-03-03 23:05 x
いつも拝見しております。
初めてコメントさせていただきます。
ほんとに中島飛行機からの100年、今年は101年目にも全くメーカーとして触れないのがとても残念です。

すでに読まれていると思いますが、この中島とスバルの繋がりがわかるこの記事には感激しました。
https://dime.jp/genre/510392/
もし読まれていない方は是非ご一読を〜

いつも参考になるブログをありがとうございます。
Commented by 排ガス不正は企業風土と言い放つ at 2018-03-04 03:19 x
自画自賛もいいですが、排ガス不正にはノータッチですか?
Commented by Sapporo340 at 2018-03-04 16:06 x
こんにちは。札幌の佐々木です。

きょう気づいたのですが、代田社長のこのブログ、毎日出稿されるようになってからちょうど1年が経ったのですね。いつもありがとうございます!
パソコンで赤鰤六を探していた1年ほど前に中津スバルに出会い、それから拝読し始めたので覚えていました。今も通勤途中などにここをチェックするのが日々の楽しみとなっています。

さて、先日アメリカへ出張する機会があったのですが、現行型アウトバックの6気筒3.6Rがスーパーの駐車場に何台も停まっていて実に羨ましい光景でした(BHアウトバックもいました)
異国の片田舎で見かけるピカピカなSUBARU車はとても誇らしかったです。スバルにはこれからもよりプレミアムなブランドに向かって行ってほしいと思います。

コンチネンタル、まずは父のクルマ(VWパサート)用に購入しました。タイヤ交換が楽しみです!
Commented by いちご味 at 2018-03-04 19:54 x
360をトヨタ博物館などで見たことがありますが、愛嬌のあるデザインが素晴らしいですね。
Commented by b-faction at 2018-03-04 21:14
博多のEZ30乗りさん、これからもよろしく。記事の中で誤りがあります。このブログで何度も指摘していますが、創業時の人員は総勢9名です。情報元のSUBARU自体がクロスオーバー7の紹介で誤用したのが原因でしょう。間違えてはいけませんね。
Commented by b-faction at 2018-03-04 21:22
ブログのどこが自画自賛だろう。IQが低いのか誰に対して何を言ってるのか不可解。時間を持て余す暇な人間に付き合えないので良い機会だから明言する。ふざけた名前のコメントや非論理的な書き込みは今後問答無用で削除する。人の家に土足で入り込む輩に用は無い。
Commented by b-faction at 2018-03-04 21:23
佐々木さん、今晩は。愛読ありがとうございます。タイムリーですね。今度のブログはコンチの分析です。
Commented by b-faction at 2018-03-04 21:25
いちご味さん、今晩は。特にコンバーチブルが素敵でした。スクラップの中に漫画本をため込んで雨の日に潜り込んで読んでました。3年生くらいの時でしたね。当時は10年経ってスクラップが出始めた頃でした。もったいないことしたもんです。
Commented by at 2018-03-04 22:45 x
あのカラーリングでてんとう虫を仕上げたセンスは凄いですね~。素直に欲しいです。
Commented by b-faction at 2018-03-04 22:59
宮さん、見つけた瞬間、握りしめました。壊れてるけど可愛いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-03-03 22:41 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction