人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する

コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21274410.jpg
昨夜の食卓だ。
野菜の甘みを楽しめる絶好の献立だった。

コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21281060.jpg
メインディッシュは娘の作ったラタトゥイユ。
野菜とチキンのトマトスープによる寄せ鍋だ。

スパイシーで美味しかった。
アボガドのサラダも美味しいし、
長田屋の作った淡い緑色の寄せ豆腐も絶品。

必ず一品魚も欲しい。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21283356.jpg
妻だけが納豆嫌いだが、
幸いなことに娘は大好物。

彼女はキムチと和えていた。
納豆と葱と卵黄と烏賊は、
まるでアンドロメダ星雲の様な複雑で美しい味を口中に拡げる。

バラエティに富んだ食卓だが、
一本「野菜の甘み」で筋を通している。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21284782.jpg
一本筋の通った男が東京から来た。

S402の車検をありがとうございました。
渋谷にある放送関係に勤務されているので、
かなり忙しい日々を東京で送っている。

大切にされているS401を、
丁寧に整えさせていただいた。

次にお目に掛かれる日が楽しみだ。
L1ラリーを取り上げたニュースの映像、
どうもありがとうございました。

3月最初の土日らしく、
おかげさまで忙しかった。

大勢のお客様が来店され、
愉しい時間を過ごすことが出来た。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21285910.jpg
そして遂にコンチネンタルタイヤの新作が届いた。

スペックBにドはまりのサイズが加わったので、
スバリストにとって、
より選択の幅が増えた。

第一号は尾張旭にお住いの若尾さんだ。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21291034.jpg
装着をお楽しみに。
このコンチマックスコンタクト6は、
単なる5のフルモデルチェンジではなく、
スポーツコンタクト5をも統合した、
全く新しいスポーツタイヤの誕生だった。

ちなみに隣にあったMC5を見てみよう。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21292260.jpg
センターリブに特徴があり、
とてもコスパの高いタイヤだった。
両者の違いはセンターリブだけにとどまらず、
全くの別物になった。

恒例の儀式だ。
タイヤの内側に頭を突っ込んで匂いを嗅いだ。、
全く嫌なにおいを感じない。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21293558.jpg
まるで毛細血管の様な文様が美しかった。

MC5の匂いも似たようなものだが、
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21294754.jpg
内側の文様は似て非なるものだった。

あらゆる点で従来の製品を凌ぐと言う。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21295859.jpg
もともと商品説明が苦手なのは、
外資系だから仕方がない。

またドイツらしい理詰めのタイヤなので、
日本人に分かり易く噛み砕くのが難義だ。

なので社員に、
まず商品概要を箇条書きにして勉強するよう促した。

そんな指導をしながら
商品を改めて良く見ると実に分かり易い。

このタイヤは3本の柱で成り立っている。

まず第一の柱はトレッドに対する新テクノロジーだ。

彼等はマルチファンクショナル トレッドと呼んでいる。
3つの柱の中で最も見える、
とても分かり易い部分だ。
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21300943.jpg
その中に6つの要素がある。
①スタビライザーバー
・約50個ある
・それが外側のブロックと周方向のリブを結ぶ
・独特の形状でコーナリングとハンドリングに効果を出す

②非対称リブアングル
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21302665.jpg
・赤い部分を左右非対称にしてトレッドパターンの剛性を向上
・激しく操作してもたわまない
・コーナリング時のライントレース性が高まる

③チャンファードエッジ
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21303797.jpg
・周方向のリブの角を面取りする。
・横方向に傾きにくくなる。
・コーナリング時に設置する面積を可能な限り大きく取れる。

④シェブロングリップエレメント
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21304964.jpg
・インサイドのトレッドに笑っているような独特のパターンを持つ
・ウエット路面でこのパターンが効果を出す。
・コーナーリング時に内側接地面の圧力を均一に広げる
・グリップ力を高め制動性と操舵性の両方を高める

⑤ステイブルリブ構造

コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21310444.jpg
・白く数字の書かれた辺りを指しMC5と比較して広く逞しい。
・どっしりと構え縦方向のトレッド変形を抑制する。
・ドライターマックにおける加速減速でグリップを得やすい。

⑥ノイズブレーカー2.0
コンチネンタルタイヤのニューフェイスを凝視する_f0076731_21311539.jpg
・エコ・スタンダード系のCC6が持つゼロデシベルイーターより緻密な構造をもつ。
・空気の波を分散する新機構。
・縦溝に起きやすい気柱間共鳴音を抑制。

この見える柱に続き、
第二の柱はコンパウンドに対する新テクノロジーだ。
彼等はそれをアダプティブコンパウンドと呼ぶ。

コンパウンドとはトレッド面を形成するゴム化合物を指す。
これには3つの要素がある。
①マクロレベルの作用
・トレッドパターンの柔軟な密着が可能。
②ミクロレベルの作用
・路面にある微小な凸凹にコンパウンドに含まれた微小な成分が密着する。
③ナノレベルの作用
・コンパウンドの物質を分子構造から小さくして転動部分の分子間に働くファンデルワールス力を増やす。

これであらゆる路面におけるグリップ性能を強化した。

そして第三の柱はカーカスコードに対する新テクノロジーだ。
彼等はそれをエクストリームフォース コンストラクションと呼ぶ。
大きく分けて2つの要素がある。

①高速時におけるカーカス材の機能
・従来より高速走行時のサイドウオール剛性を高めた。
・タイヤ全体のたわみを抑制し思い通りにクルマが曲がる。
②低速時におけるカーカス材の機能
・タイヤ全体を形成するカーカス材は従来より柔軟性を保つ。
・路面からの衝撃を吸収し快適に走行できる。

三本の柱を持つシュージェネレーションを、
皆さん、是非期待して欲しい。

今日も一日ありがとうございました。

Commented by hiotan110 at 2018-03-05 11:43
確か、タイヤはハガキ1枚分の計4枚分で車体を支えてると教わりました。今は、トランパスMPZを履かせていますが、横揺れの少ない剛性感の強さが際立つ良いタイヤだと感じています。
やはり、大切な命を預けてるものには、良いものが必要だと思いました。
Commented by b-faction at 2018-03-05 15:40
hiotan110さん、その通りですね。5分山を過ぎたら交換しましょう。タイヤのグリップを信頼して走りたいですね。スリップサインはあくまでもドライの限界です。
Commented by 後藤 啓太 at 2018-03-06 01:18 x
こんばんは、いつも楽しく読ませていただいています。コンチネンタルのタイヤは履いたことがないのですが、独自のブラックチリコンパウンドが特徴的と以前読みましたが、タイヤの匂いが違うというのも、成分が違うからなのでしょうか?非常に興味がそそられます。社長の評論は使用後のタイヤの画像も多く、非常にわかりやすく参考になります。お忙しいとは思いますが、ダンロップやミシュランなどの、コンチ以外のトレッドやコンパウンドに関する評論も見てみたいと思っております。
Commented by 新潟のサイクリスト at 2018-03-06 09:50 x
2012年春にG4を地元のスバルに注文し、数カ月待ちのあいだ、貴ブログを毎日のように拝読し初めて乗るスバル車への気持ちを高めておりました。一方的にお世話になっておりました。自転車もまだ初心者レベルですが、社長のコンチネンタルの紹介に影響を受けまして新しいホイールにはブラックチリコンパウンドのタイヤを組んでみました。組んだ後で雨天続きでまだテストすらできていないのでこれから乗るのが楽しみです。

G4も5歳半、そろそろ買い替えもなどと考えてはいるのですが、御社に伺ってコンチのタイヤに履き替えてもうしばらくつきあってみようかなとも思っております。
Commented by b-faction at 2018-04-09 10:01
後藤 啓太さん、コメントが埋もれておりました。申し訳ありません。はい、確かにダンロップやミシュランなども良いタイヤを作ります。ミシュランは昨年ドイツでM4に乗り凄いタイヤだと実感してます。ダンロップは最近使う機会が減ってしまったので残念!
Commented by b-faction at 2018-04-09 10:03
新潟のサイクリストさん、申し訳ありません。コメントが埋もれてました。コンチを履く企画も検討してますので是非遊びにいらっしゃってください。お待ちしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-03-04 23:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction