濃色ガラスに付いて思う事

前の晩に宮城スバルの阿部さんと、
岩手スバルの猿方さんと飲んだ。

愉しく時は過ぎ、
翌日は集中して仕事をこなせた。

良い結果も持ち帰る事が出来た。
f0076731_20055696.jpg
前夜に〆張鶴を振舞った事も有り、
体の負荷を考え連夜の散財を避けた。

のんびり部屋飲みもたまには良い。
ブログを更新しながら、
高タンパクに〆た。

最近のコンビニ食は目をみはるばかりだ。

f0076731_19404454.jpg
部屋に冷蔵庫と電子レンジを完備しているので、
好きなモノを買って帰れば結構満足できる。
f0076731_19410064.jpg
封を開けなくても加熱できるし、
最近は中身の味がとても良い。

同じことがワインにも言える。
値段と品質が決して比例しているわけでは無く、
f0076731_19411485.jpg
このチリワインは好物の一つだ。
赤ワインと、
冷えた炭酸水をチェイサーにして晩酌が進んだ。

価格からは考えられないほど良いクルマが、
このSUBARU XVのベースグレードだ。

帰路は416キロに上り、
トータルで760kmほどの走行距離になった。
f0076731_19412538.jpg
その間に何の不満も感じなかった。

軽いというものの、
1400kg台という全体の重量から見たら大した差ではないが、
イキイキと走る軽量感がステキだった。

都内の渋滞も何のその、
高速道路では思う存分スロットルを踏んだ。

f0076731_19413204.jpg
帰りの区間燃費は下がったけれど、
その性能に見合う燃費だ。

走りを見たらテンロクとは感じないだろう。
f0076731_19414093.jpg
ステアリングの表示ボタンを押すと、
416kmの平均車速が表示される。

カラー液晶ではないが、
表示される内容は十分だ。

いずれ次世代型のLCDが装着されるだろう。

そのような時代になると、
右利きには左ハンドルの方が有利だな。

どのように装着されるのかおおよそ見当がつくので、
フリップ操作やピンチインピンチアウトも、
今より更にやり易くなるだろう。

これはインフラも絡むので、
スバルだけでなく自動車メーカー各社の共通課題だろう。

と言う事で、
このクルマにはナビを付けず、
スマフォとレシーバーで過ごし色々試すつもりだ。

f0076731_19415526.jpg

ホテルで簡単に朝食を食べ、
前夜もコンビニ食だったので、
流石に無性に腹が減った。

そこで昼飯に生姜焼き定食を選び、
ガッツリと腹を満たした。

帰社して午後9時を回りジムの時刻になった。

終礼を終えギリギリに駆け込んだ。
木曜のコアリメイクは欠かす事の出来ないレッスンだ。

インストラクターが交代し、
今月から加藤さんが戻ってきた。

以前のインストラクターも親切だったが、
ちょっと最後に瞑想の時間が長すぎた。

今度のレッスンは今までで一番理にかなっている。
最後は深呼吸で締め、
要所要所で強い緊張をほぐすために、
インターバルを入れる。

その弛緩が心地良さと次の緊張を呼び、
体幹が大いに鍛えられる。

強くストレッチすることで、
肩の痛みを緩和させる術も身に着けた。
レッスンの前に血圧を測った。

遅れないように全開で走り、
超高速で着替えて階段を一気に駆け上った。
f0076731_19420787.jpg
過去最高の血圧だ。
そのまま体重計に乗ると、
不摂生の割に増加が少ない。
f0076731_19422201.jpg
間食しない効果がモロに出ていた。

45分の体感トレーニングを終えた後、
加藤さんに模範姿勢を見せて戴いた。

f0076731_19423627.jpg
「どこが狂っているか指導してほしい」とお願いした。

なぜなら、
肩の痛いときにこの姿勢を取ると、
支えられるには支えられるが猛烈な痛みが右肩を襲う。

「特に何も問題ないですよ」
f0076731_19424700.jpg
加藤さんより胴体がへの字に曲がっているが、
この姿勢なら悪くないらしい。

やはり客観的に見てもらう事は大切だ。

同じように、
自動車の運転で軸の狂いを調べると良い。

ぜひ自らではなく、
客観的に見直した方が良い。

特にハイブリッド車はエンジン音がしないので、
何気なく運転している人が思わぬ事故を起こす。

自分の体力低下に気が付かず、
漫然とクルマを走らせ暴走を招くのだろう。
f0076731_19425963.jpg
トレーニングを終えて同じように血圧を測った。

おおよそいつもの数値に落ち着いていた。
まだ血圧が高い事には違いない。
だから記録を付けながら推移を見守る。

体重はどうか。
f0076731_19431062.jpg
体重は水分を補給した分だけ増えた。
汗をかくが滝が流れるほどではない。

それに着衣と手に持つスマフォも、
この体重の中に含まれている。

最後に風呂に行って体を洗い、
半身浴をしてからサウナに入った。

素早く腹筋を締めて500カウントし、
無理をしない程度で風呂を出た。
f0076731_19432215.jpg
先週の同じ日に65.4kgあった体重が、
僅かながら減っていた。

それにしても内部照明が無いと液晶表示は見難い。

ガラスを透過した時の識別が、
良いと悪いとでかなり運転しやすさに差が出る。

濃色ガラスの無いXVは、
薄暮における後方確認がやり易い。
f0076731_19433692.jpg
高速道路でルームミラーを見た時も、
後方のクルマが何かを識別しやすかった。
f0076731_19434810.jpg
これは結構重要で、
頻繁に後ろを振り返るのでストレスが減る。

昔は安いクルマにグリーンガラスは無かったが、
今は最低でもUVカットの着色ガラスは装備される。
f0076731_19440067.jpg
濃色じゃない方が前から後ろにかけて、
ガラスエリアのまとまりがスッキリと良い。

リヤゲートには色々な記号が刻まれたガラスが付いている。
f0076731_19441015.jpg
何を意味するのか詳しくないが、
紫外線を遮断する機能は高そうだ。

荷物も丸見えと言うほどでもなく、
見えたら困るモノも積まないので問題ない。
f0076731_19442181.jpg
スイッチの空が多いので、
何か面白いものを付けた時にスイッチを付ける場所に困らない。

ハロゲンランプなので、
自動調整機能が無くカーゴルームに重量物を積んだら、
右のダイヤルを使い手動で光軸を調整できるようになっている。

左側はメーターの照度調節だ。

走行中にいつも感心するのは、
f0076731_19484426.jpg
この辺りからの出足感と、
必要に応じてステップ変速する制御の良さだ。

メカニカルなサウンドも良い。
シャーンと時折快音を響かせ、
クルマが前にグッと出る。

あの独特なフィーリングは、
これまでのSUBARU車には一度も感じた事の無いものだ。

スポーツマフラーが欲しくなった。
どこか高性能なマフラーを造ってくれないかな。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29640606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hiotan110 at 2018-03-10 21:54
こんばんは。今夕近くのお店でXV2.0isの試乗とスバル60thプレゼントを頂きました。静かな車内、ボンネットが見える見切りの良さ、太いAピラーなのに見渡し抜群、リアシートからの前方開放感、スタイリッシュな外観とオレンジステッチ映える内装。
インプレッサもXVもいいです。
Commented by b-faction at 2018-03-11 07:27
hiotan110さん、おはようございます。300kmくらい走るともっと好きになれますよ。
Commented by 増井 at 2018-03-11 09:20 x
テンロクの踏んでいける感じ、気持ちがいいですよね。
我が家のGT2もマフラーを物色中でして、まあ家族のクルマなのであまりヤンチャなものを選ぶわけにもいかず、見た目も含めると今のところの候補はHKSの左右出しかなと。
その他にもいくつかやりたい事があり、まだまだ検討中の段階なんですけどね。

転勤で4年間住んだ多治見を離れ4月から千葉県の自宅に戻りますので、その前に一度、ベースグレードのXVを拝見したいですね。
Commented by b-faction at 2018-03-11 14:40
増井さん、こんにちは。本当に何とも言えない気持ち良さがありますね。どうぞお立ち寄りください。お待ちしてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-03-09 22:00 | Trackback | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction