VIZIVから自己流と我流を眺める

明確な定義がある訳では無いが、
仕事を考える上で思う事がある。

自己流
・創意工夫を繰り返し自分で作り上げた技
・簡単に誰でも真似できない
・他から見たら凄いと思う

我流
・行き当たりばったりで進めた仕事が身に染み付いた
・誰も真似してはいけない
・他から見たらバカに見える

今日の朝礼で全員に諭した。

我流はダメだと。

人の言う事に耳を貸さず、
思い込みや誤解で突っ走ると、
周りが凄く迷惑するからだ。

どうせなら自己流をトコトン磨きなさい。

その時はスバルから面白いクルマが出たと思った。
2009年の東京モーターショーでの出来事だ。
当時は森郁夫社長がSUBARUを引っ張っていた。
f0076731_20523335.jpg
スバル ハイブリッド ツアラー。
それはまるで降って湧いたように現れたコンセプトカーだった。

この頃のデザインを考えると、
とても褒められたものでは無かった。

今更どうしてガルウイングなのかと、
常識を疑うデザインで、
酷い代物だった。
f0076731_20524584.jpg
とりあえずレガシィを未来風にアレンジしましたと言うだけで、
古臭い面構成ではあったが、
「これを市販化して急場をしのげば」と思ったのも事実だ。

この時スバルにはHEV事業部が誕生し、
その責任者にエクシーガを開発した大雲さんが就任した。

会場でお目に掛かったので、
「こんなモノが出る事を知っていたの」と聞くと、
「今日初めて見ました」と言われた。

モーターショーなので、
突拍子の無いクルマが出ても不思議ではない。

夢を語る場だから。

「大雲さん、
これでいいからカッコ良いワゴンを手っ取り早く作って早く売りましょう」
と言うと、
「良いですね」と大いに盛り上がった。

昨日のように思い出すが、
あれからもう9年目になる。
f0076731_20584532.jpg
背景にはレガシィの不振があった。

クルマは良かった。
大きいクルマだと批判もあったが、
市場を良く分析した売れるクルマだ。

じゃあなぜスタートでつまずいたのか。

エコカー補助金と言う悪魔の施策だった。

この時からメインストリームにプリウスが登り、
せっかく開発したが、
中途半端な社会情勢で電気自動車はお荷物のように扱われた。
f0076731_20591187.jpg
選択と集中の名のもとにNECに売却されると、
待ってましたとゴーンが飛びついた。

その二年後、
取って付けたハイブリッドは消えたが、
アドバンスドツアラーコンセプトの名のもとに、
焼き直されたスポーツツアラーが現れた。
f0076731_21060565.jpg
これも我流のデザインとしては良く出来ているものの、
同時にデビューしたメルセデスの前では、
まるで赤子同然の出来栄えだった。
f0076731_21284287.jpg
豊かな面構成はデザインが何かを勇猛に語る。
f0076731_21055518.jpg
当時は恐ろしくて口に出せなかったが、
完璧に敗北している。
f0076731_21061332.jpg
何しろスバルには昔からデザインの育つ土壌が乏しかった。

造形言語は海外外注だったし、
それもちょっと失敗しただけで徹底的に叩き潰された。

更に困った事に、
SUBARUにはグローバルマーケットという部署が存在し、
2013年のジュネーブショーから新たな提案を始めた。
f0076731_21184596.jpg
それがVIZIVの源流だ。
今見ても寒気がするくらい酷い。

海外の事だから関係ないが、
嘘で固めたポリシーが酷すぎた。

出来もしないのに、
ディーゼルのプラグインハイブリッドを語った。
それに、
何だか変てこりんなデザインだった。

何しろひどすぎた。
その年の秋に東京モーターショーが開催された。
いよいよレヴォーグが姿を現し、
SUBARUは勢いづいた。

だが会場のもう一つのステージに、
ドンと置かれたVIZIVを見た時、
開いた口がふさがらなかった。

これほどひどいでっち上げのクルマは、
「もう存在する価値すら無い」と思った。

なので写真すら撮らなかった事を鮮明に覚えている。

その時の出展車は、
海外から持ち帰ったのかどうかは知らないが、
VIZIV レボリューションと焼き直してあった。

どう見てもそのコンセプトカーは、
ジュネーブショーに登場したVIZIVを、
薄紫から緑がかったシルバーに色替えされたに過ぎなかった。

そしてパワーユニットを、
レヴォーグ用のテンロクDITに置き換えたと嘘ぶく始末だ。

アンベールしたレヴォーグも惑わせるような、
まるででたらめのクルマだった。

ステレオカメラで360度センシングし、
オートパイロットも実現すると書いてあった。

こんな二番煎じをよくやるなあ。
オートサロンじゃあるまいし。
そう思い、
それからVIZIVを心の中から抹殺した。

そして翌年の2014年に、
ジュネーブショーでまたしてもVIZIVが発表された。

どうせ大したことないとたかをくくり、
意識の中に置いていなかった。

ところがである。
翌年の全国販売店大会で腰を抜かした。
f0076731_21185032.jpg
VIZIV2の実物を見て、
物凄く塊感があり、
「すぐにでも欲しい」と思わせるほどの出来栄えだった。
f0076731_21191084.jpg
だから妻と一緒の記念写真を撮ったのだと思う。

どちらも素晴らしく「ダイナミック×ソリッド」だ。

サイドビューを見ると、
今のデザインコンセプトの源流であることが解る。
f0076731_21191075.jpg
しかも驚いたのは、
その頃VIZIV GTコンセプトまで並行してデザインした。

これは仮想空間で走るクルマだが、
本気のデザインであることが良く解る。
f0076731_21194197.jpg
ここからVIZIVを見直した。

「VIZIV」はエクシーガのような「フューチャーモデル」の名ではなく、
本気でスバルデザインのコアを「具現化」している。
その時に真実が読めた。

そしてその翌年に、
思った通りVIZIVフューチャーが炸裂した。
物凄い完成度のデザインだった。
f0076731_21195446.jpg
それに加えもっと素晴らしいのは、
朧気な「張りぼて」ではない事だ。

何に具現化するのか明確に解る。

ようやくSUBARUにデザインの「太い柱」が建った瞬間だ。

これこそまさに究極の自己流だ。

苦労して磨きつづけないと、
凄みのあるデザインはできない。

論理的に裏打ちされた「デザイン方程式」の誕生は、
SUBARUにとって大いなる、
そして明晰な未来図だと言えよう。

そして自己流の柱は、
このコンセプトモデルで確立された。
f0076731_10530286.jpg
人口が減る国内市場では多人数SUVはシュリンクする。
その灯を消さないために、
海外市場に向けてVIZIVを炸裂させた。

米国の余裕あるラインを生かし、
抑揚のある面を強調した。

遂にスバルから本格的な大型車が誕生した。

かつてのGTコンセプトは、
「超合金鰹節」がデザインコンセプトだった。

それがまた思わぬところで炸裂した。

昨年の東京モーターショーで姿を現した、
VIZIVパフォーマンスコンセプトだ。
f0076731_21570506.jpg
GTコンセプトは仮想空間のクルマ、
すなわちグランツーリスモの世界で走った。

そのエッセンスを遂にリアルワールドへ注ぎ込んだ。
二歩人も喜ぶ素晴らしいデザインだ。
f0076731_21571958.jpg
文句なく欲しいクルマだ。
これも誰もが次のクルマが何かを予感できる。

夢のあるデザインだ。

そして2018年のジュネーブショーが開催された。

そこに現れたのは、
VIZIVツアラーコンセプトだった。

f0076731_22000973.jpg
初代のVIZIVは、
まるで軽自動車を膨らませ、
醜悪なグリルを付けた欧州かぶれのデザインだった。

昨年のモーターショーで明らかになったように、
SUBARUの現状は技術的資産の枯渇だ。
f0076731_22064356.jpg
スバリストに誇示できる、
フューチャーテクノロジーがゼロになってしまった。

このブログの愛読者なら、
再三警告してきたことを知っているはずだ。

一旦捨てた電気を再びやろうとしているから、
その内情は誰にも見透かされているはずだ。

そして止めてはいけない6気筒を捨て、
800万円を狙えるクルマの誕生を願うと、
当時の開発責任者から鼻で笑ってあしらわれた。

その結果、
STIに使えるエンジン資源そのものが枯渇し、
世界的な頂点に届きそうだった地位を、
あれよあれよと言う間に失ってしまった。
f0076731_22071030.jpg
更に言えばもっと罪深い。
欧州の力を借りたボクサーディーゼルだから、
これを捨てた事は1000歩譲れるが、
コアな愛用者を抱えるマニュアルトランスミッションまで捨てて良いのか。

リニアトロニックに賭けた姿勢はスバルらしいが、
高性能高出力を捨てたスバルに、
本当に未来があると思っているのだろうか。
f0076731_22073639.jpg
アイサイトと言うギミックに救われ、
基幹性能向上を怠ったツケは大きい。

しかしスバリスト達よ。
安心して良い。

デザインの柱は大きく育った。

デザインも今や重要な基幹性能だ。
外注やヘッドハンティングで賄える時代ではない。

いくら名のある企業でデザインの要職を務めても、
その人間が伝統ある企業で秀逸な仕事をするとは限らない。
外から来るヤツは、
放り出して逃げる足も速い。

SUBARUで育ち、
SUBARUを愛する人たちがデザインする会社に育った。

技術枯渇から立ち直るにはかなりの時間を要すだろう。

だからこそ今のデザインポリシーを死守せよ。
これさえあれば未来は明るい。

新社長が間も無く誕生する。
その若さに期待しよう。

そしてその手腕で、
自己流を我流に換える愚か者から、
純粋なスバルデザインを守って欲しい。

柱は太く一本で良い。

継続こそが力である。
そこを犯さぬことを願いたい。

この素晴らしいVIZIVツアラーコンセプト、
見たところ誕生までにまだ3年は必要かもしれない。

皆で期待して待とうじゃないか。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29645151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2018-03-12 21:32 x
初代VIZIVにはほんとにずっこけました。
あの年からモーターショーには行っておりません。
毎年雑誌で見てワクワクしなくなり、昨年は悲惨の極みでした。
パフォーマンスコンセプトも個人的に全くときめきを覚えず、スバルはどこに行こうとしてるんだ?
そんな気持ちでしたが、先日のコンセプトワゴンに此は今出さずにいつ出す!?
そのくらいワクワクしましたね。
でも直ぐには販売されない現実を思うとちょっと複雑な気持ちです。
Commented by b-faction at 2018-03-13 06:42
宮さん、SGPが全てのクルマに展開されていくので、もうしばらく我慢して期待を膨らませましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-03-11 23:40 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction