人気ブログランキング | 話題のタグを見る

正しいレシピ

正しいレシピ_f0076731_19575837.jpg
ようやく正式な露天風呂に入ってもらった。
仮設風呂に入ってもらってから13か月が過ぎた。

しっかり作られた信楽薬の風呂桶は、
実に入り心地が良かったらしい。

良く見たら正当なタオルを頭に載せている。
インプレッサハウスの流儀にのっとた素晴らしいマナーだ。
正しいレシピ_f0076731_20090071.jpg
寒さもひと段落し、
随分過ごしやすくなった。

ビールで乾杯して宴会が始まった。
正しいレシピ_f0076731_20091284.jpg
翌朝台所を見たら、
娘のメモが落ちていた。

しっかりレシピを用意して、
大好物を中心にしたメニューを考えていてくれた。

刺身好きなのでめにゅーから欠かせない。
その事は娘も良く解っている。

正しいレシピ_f0076731_20093069.jpg
でも今回は、
マリオも食べやすいようにカルパッチョになっていた。

野菜系も欠かせないので、
茄子が好きな事も良く知っている。
正しいレシピ_f0076731_20094230.jpg
どんな酒にも合うので嬉しい。

メインディッシュはいくつかの肉を候補に挙げたようだが、
肩ロースを選んで最初に弱火で焼き始めたようだ。
正しいレシピ_f0076731_20095510.jpg
生クリームを最後に振って、
まろやかな味に仕上がっていた。

豆腐好きなので、
宴会の内容を予測してサラダにしたようだ。

正しいレシピ_f0076731_20100632.jpg
スターターとして、
コーン缶をバター炒めした小鉢も用意されていた。

何が飲みたいかと聞くと、
煮込んだ肉にはワインが合いそうだと言う。

そこでビールの後で赤ワインを楽しんだ。

ペロリと一本空にしたので、
以前から考えていた壮大な計画を打ち明けた。

それは純米酒しか頑なに造らなかったある酒蔵が、
年に一度だけ生絞りで瓶詰めするめでたい酒だ。

以前から毎年それを楽しんでいるが、
インプレッサハウスの構想を思い浮かべてから、
大きな冷蔵庫の中で寝かせ始めた。

その最初の年が平成26年だ。
正しいレシピ_f0076731_20102065.jpg
それを二人で開けて飲み、
味がどのように熟成されるのか体を張って試した。

プロの蔵人でも心配する。

その理由は酵母には寿命があり、
徐々に死滅してひね香を放つからだ。

純米無濾過の生原酒は保存に限界がある。

ましてや管理を怠ると、
あっという間に瓶の中は積乱雲のような澱が湧き上がる。

例えば酒屋の冷蔵所のように、
しょっちゅう開け閉めする場所だと、
瓶の中が嵐のようになってしまう。

このように大型冷蔵庫の中で保管されると、
4年経っても澱など全く現れない。
正しいレシピ_f0076731_20103624.jpg
しかし一抹の不安もあった。
何しろ未体験ゾーンに突入するわけだから、
期待と不安が入り混じる。
正しいレシピ_f0076731_20104825.jpg
栓を開けるとポンと言ったが、
ガス感はまったくない。

酒が若いと僅かだがガスを出す。
正しいレシピ_f0076731_20110421.jpg
一流ホテルで働いていただけの事はある。
テイスティングの前に香りを楽しんでいる。

いよいよ一流のモータージャーナリストへの階段を上り始めているようだ。
「味の分かるオトコ、
それがマリオ高野だ!」

そう言われる日が着実に近づいている。
正しいレシピ_f0076731_20111766.jpg
僅かに琥珀色を漂わせている。

実に香しく一口飲むのが惜しいほどだ。

早速口に含んだ。
正しいレシピ_f0076731_20113076.jpg
この笑顔を見れば、
どれくらい美味いかわかるだろう。

物凄く深みがあるのにスッキリ爽やかで、
コクのある甘みが口中に広がると、
どーっと生唾が押し寄せる。

滅茶苦茶旨かった。

日本酒の飲めない妻も、
一口飲んで目を見張った。

上質な醸造酒を、
デリケートに扱って長期熟成させると、
とんでもない化け物の様な味を見せる。

ここでしか楽しめない物がまた一つ増えた。

旨い日本酒はチーズを求める。
正しいレシピ_f0076731_20114384.jpg
これは本当の話で、
この酒も飲むごとにチーズを求めた。

ワインのために用意したチーズは、
ごく普通の6Pチーズだが、
この味と良くマッチする。

翌日に備え日付が変わる前に就寝する。
ベッドルームが組み立てられた。
正しいレシピ_f0076731_20115937.jpg
こうして長い一日が終わった。
正しいレシピ_f0076731_20122049.jpg
テーブルには今月いっぱいで閉店するピエニュのパンを用意した。
翌朝のために。

その翌日、
ひょっこりさんからメールが届いた。

ミニカーが全車完成し写真が添えられていた。
正しいレシピ_f0076731_20492485.jpg
ポルシェ917似の車と、
試作した2代目から初代に改造したインプレッサのレシピも添えられていた。

リアカウルが無いフェラーリF40は、
何とリフトに乗って整備中になっていた。
正しいレシピ_f0076731_20592565.jpg
とても面白い発想だ。
ルノーエキスプレスのタイヤをランチャストラトスに転用し、
ご自身がスペアパーツで持っていたトミカのタイヤに変更してあるらしい。

凄いな。
どれもピッカピカだ。

ポルシェ917のモデルは、
この写真らしい。
正しいレシピ_f0076731_20494800.jpg
これをベースにすると、
赤い四角とまるで囲ってある部分の形状がほぼ一致するそうだ。
正しいレシピ_f0076731_20590100.jpg
917は製作した時期や、
その時のレース仕様で細部が異なり、
ひと括りでは特定できない証拠だ。

これがフロントフェンダーだ。
正しいレシピ_f0076731_20591193.jpg
現状ではホイールアーチが前後に長く、
似ても似つかない形状のため、
板金製作したものをボデーに貼り付けパテで全体を成形してある。
正しいレシピ_f0076731_20495732.jpg
そしてシャシーも合わせてパテで成形された。

続いてインプレッサのレシピが続いた。

インプレッサのトミカは2代目しかなく、
初代が作られたことは一度も無い。

正しいレシピ_f0076731_20595094.jpg

GDBとGC8を比較すると、
フロントとリアは大きく異なるが、
側面はよく似ている。

そこでフロントとリアだけ改造加工したところ、
上手く製作が進んだそうだ。
正しいレシピ_f0076731_20593754.jpg
二代目のリアはストンと切り落とされたような形だが、
初代は丸みを帯びているので、
パテで整形して見事な形になった。

フロント周りは肉厚があったので、
パテを使わずに削り込んで成形してある。

グリルを更に追加で製作した。
これがその写真だ。


正しいレシピ_f0076731_21001349.jpg
ボディに貼り付けると、
このようになった。
正しいレシピ_f0076731_21000224.jpg
こうして二代目をベースに、
ステキなチャールサイトイエローのGC8が誕生した。

ちなみにフロントバンパー、
ルーフ、
ドア4枚とトランク上面、
それにリアスポイラーには全く手が加えられていない。

灯火類はカッティングシート仕上げだ。
正しいレシピ_f0076731_21002215.jpg
素晴らしい。
それにレシピも凄い。

ひょっこりさん、
ありがとうございました。

Commented by ひょっこり at 2018-03-12 23:15 x
社長、そしてスバリストの皆さんこんばんは。

初代にしたインプレッサはいかがでしょうか?
全体のシルエット、雰囲気が似通っていればそれに見える。そう見えてしまう。あくまでも視覚の問題で、細かい所を突き詰めるとキリが無いし、技量的にはムリですから、大まかな特徴だけを絞って製作してみました。

この、1/64という縮尺、寸法では7センチの世界では凝りすぎると却ってチグハグに見えてしまい、市販のものでもよくあります。ですからボクの尺度で「そう見える?見えない?」という次元ですから不満に思えるかもしれません、ご了承ください。

ところで、F40は整備中のひとコマにしてしまえばリアカウルが無くても成立すると思ったのです。なのでリフトを自作してみました。

そんなこんなで全車完成しましたが、楽しかったあ~。

Commented by 福島 at 2018-03-13 02:26 x
ひょっこりさん
初めまして m(_ _)m
この子達は以前、中津スバルさんに伺った際に、
ウチの息子も遊ばせて頂いたミニカー達でした。
その子達が、活躍していた時代に戻ったような美しい姿に!
GC8や伊太利屋カラー、F40を整備中にされるセンスは最高です!!
また社長のところに伺った時に実物を拝見させて頂きます。
Commented by b-faction at 2018-03-13 06:44
ひょっこりさん、おはようございます。リフトネタがまた増えて嬉しいです。ありがとうございました。
Commented by 吉岡 at 2018-03-13 07:07 x
とっても楽しそうな宴会の様子が羨ましく感じました。
ロイヤル車検楽しそう。あ~スバルのマニュアル車が欲しくなりました。
Commented by at 2018-03-13 08:00 x
私も昔は2輪のプラモデルでかなりディテールまで詰めたつもりですが、それは1/24スケールでのこと。
ひょっこりさんの作品にはホンマ脱帽物です。
いずれ見に行きます。
Commented by b-faction at 2018-03-13 10:54
吉岡さん、こんにちは。いくらでもマニュアル車を揃えて居ますので、いつでもご相談ください。喜んでお力になります。
Commented by b-faction at 2018-03-13 10:55
宮さん、お待ちしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-03-12 22:06 | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31