人気ブログランキング | 話題のタグを見る

REX コンビ Viki

REX コンビ Viki_f0076731_20021064.jpg
この画像を見ると結構ドキッとする。
クルマの右奥に荒れ果てた斜面が見える。

今ではかなり自然に紛れたが、
ある日突然樹木が切り倒され、
山肌がむき出しになった。

結局修復されることなく、
その開発は失敗に終わりモトクロスバイクの練習場になった。

並んでいるのは二代目REXだ。

REXと言うクルマは、
最後まで時代の荒波にもまれるクルマで、
大成することなく生涯を閉じた。

初代は着せ替え人形で、
視界が悪く強烈に乗り難かった。

SUBARUは最近盛んに0次安全と言うが、
全く考え無いクルマも作っていたので、
あまり大きなことは言えない。

ボディ拡幅と二度にわたる排気量変更を経て、
アルトの対抗馬としてファミリーREXを投入したが、
お世辞にも良いクルマとは言えなかった。

そして最初のフルモデルチェンジを昭和56年に迎えた。

FFレックスとしてRR方式から革新的に生まれ変わった時、
かなりのヒット作になった。

でも他社を寄せ付けない魅力を持っていた割に、
ライバル達も強靭だったので、
物凄く有利に販売戦略を構築できたわけでは無かった。

そのクルマをベースにジャスティを作り、
3気筒エンジンを搭載したので、
こちらのクルマもどっちつかずで魅力に乏しかった。

提携先の日産自動車と、
棲み分ける覚書を交わしていたので、
水平対向6気筒エンジンの開発計画は叩き潰されたが、
リッターカーの開発は順調に進んだ。

スバリスト達はリッターカーに飢えていたので、
そこそこスタイリッシュに仕上がったジャスティも好調に売れた。

こうして初代から二代目に引き継がれたレックスは、
満を持してフルモデルチェンジを迎えた。

この頃のSUBARUは、
深刻な危機を迎えていた。

ある意味で現状のSUBARUと良く似ている。

社運をかけて投入するはずのレオーネが、
型式指定のために作った生産試作車を重量操作し、
発表も発売もできない窮地に追い込まれた。

世界初のCVT搭載でデビューするはずのジャスティは、
ダイムラーの反発を買って量産につまずいた。

アルシオーネが華々しくデビューしたが、
ブランドの位置づけが追い付かず全く売れなかった。

歯車が狂うと元に戻るのに相当な時間がかかる。

その坩堝からデビューした三代目REXは、
やはり発売直後から大不振に陥った。

理由は動力性能とスタイルだった。

エンジン開発が全く追い付かず、
軽では当時取り残された2気筒のまま悶えていた。

同じ2気筒なら二代目のエンジンがまだましだと思えるほど、
デビューした時の内容はお粗末だった。

その上CMが酷かった。

量販グレードのVikiを使い、
ジェットコースターにゴリラのぬいぐるみを乗せて、
「キャーキャー」騒がせる演出は、
まさにSUBARUのはまったスパイラルを象徴していた。

オマケに直前に販売したREX コンビ NaNaの売れ行きが良すぎた。

CMキャラクターが岡安久美子で、
クールな印象が良かったのと、
エアコンが付いて60.5万円と言う破格値がウケた。

そんな訳で三代目REXの導入は大失敗に終わった。

その時の様子は五代目レガシィの導入失敗に次ぐ、
SUBARUの歴史上の汚点だろう。

すぐ対策が始まり、
NaNaの成功を踏まえた特装車が誕生した。
REX コンビ Viki_f0076731_20021806.jpg
それがエアコン付きのVickyだ。
ベッキーじゃないぞ。
ヴィッキーだ。

当時からSUBARUの特装車チームは、
何とも計り知れない実力の持ち主だった。

リメイクやリデザイン、
突拍子もないネーミングかと思えば、
緻密な戦略とSUBARUの危機を何度も救った。

軍用メーカーの底力だろう。
だからいつも危機が訪れる度に強くなる。
REX コンビ Viki_f0076731_20022899.jpg
このVickyが実に良く売れた。
そして勢いづく。

後の軽自動車撤退に繋がる誤算を演じた。

それが軽自動車エンジンの4気筒化だ。
REX コンビ Viki_f0076731_22034895.jpg
このマレッサも危機の中から生まれた特装車だ。
550ccの排気量でマルチシリンダー化され、
圧倒的にトルク不足(涙)。

松田聖子が自らCMキャラクターに名乗り出るほどだと、
SUBARU自身は語ったが、
直後に排気量が660ccにスケールアップされるなど、
まるで先見性の無い開発で大損を出した。

めげずにオープントップを発売したが、
大量の売れ残りを出した。
REX コンビ Viki_f0076731_22035894.jpg
中央スバルが手を焼いていたクルマを、
買い取って愛車にしていた。

多摩ナンバーを中津川で揚々と乗り回し、
愉しい思い出が沢山できた。

良く走り愉快だが、
屋根を開口して車体強度が低いので、
あちこち補剛した結果、
ダンパーの動きがぎこちなくなった最悪のクルマだった。

そんな失敗作が三代目REXだったけれど、
ゴリラのぬいぐるみは愛嬌があって好きだった。
REX コンビ Viki_f0076731_22041031.jpg
今まで残っていたのは奇跡的だ。
娘と息子の遊び相手だったVikiを、
スバル1300Gの後部座席に座らせたまま、
タイムカプセルのように時が流れた。

着ていた洋服を洗濯して着せようとしたら、
娘が心配そうに体を点検し始めた。
REX コンビ Viki_f0076731_22042442.jpg
診断が出たようだ。
瀕死の状態だったらしい。
REX コンビ Viki_f0076731_22043831.jpg
娘が瀕死のVikiを寝かせて、
まるで手術を施すかのように、
毎日コツコツ時間のある時に修繕した。
REX コンビ Viki_f0076731_22050283.jpg
何とも愛嬌がある。
腕が取れそうだと娘が言った。
REX コンビ Viki_f0076731_22074462.jpg
「Vikiのことを頼む」と言うと、
解ったと言って手入れを続けた。

そんな時に痛風の薬が切れそうになった。

REX コンビ Viki_f0076731_22075609.jpg
ギリギリのところで病院に行き、
最近また左足が疼くと相談した。

すると、
尿酸値は抑え込んでるはずですから大丈夫!と頼もしい。
REX コンビ Viki_f0076731_22080633.jpg
薬をもらって念のために採血した。

真っ赤な血液がギューッと抜き取られるのを見て、
何となく嫌な予感がした。

その前日、
左手の親指の根元を怪我して、
なかなか血が止まらなかったのだ。

その翌日の事だ。
朝早く出勤すると、
自分の他にはだれもいなかったはずなのに、
椅子の横に血痕があった。

自分ではない。
絆創膏を貼って血は出ていなかった。

綺麗に拭いたが、
何度拭いても血痕が浮き出る。
REX コンビ Viki_f0076731_22082027.jpg
娘が嬉しそうに言った。
「お父さん、絶対何かに憑りつかれてるよ、ひひひ・・・嬉しい」
憎まれ口を叩きやがる。

ひょっとしたら、
可哀そうに・・・・。
放置されたVikiが、
夜中に歩き回ったのかもしれない。

哀愁のある尻を見ていると、
とても愛おしくなる。

なぜかって・・・・・。

REX コンビ Viki_f0076731_22083221.jpg
そっくりなお尻があるからだ。


三度目の正直で、
それ以降に血を見る事は無くなった。

親指の傷も治り、
検査結果も抜群だった。

尿酸値は5.4と安定し、
肝機能やコレステロールも問題ない。

中性脂肪が199と高めなので、
それを抑え込めばよい。

レックスコンビVikiは失敗に終わったが、
VIVIOは良く出来たクルマだった。
REX コンビ Viki_f0076731_22085555.jpg
やっぱり失敗は成功の素なんだね。

元の居場所に戻ったVikiが、
とても嬉しそうに微笑んだ。

Commented by 中原 at 2018-04-01 01:33 x
 社長こんばんは。

娘さん上手く直しましたね、お見事です。

そういえば日々の通勤でDEの復習は続けています。
ステアリングワークを見直すと、シートポジションが1ないし2ノッチ前方になりましたよ。
Commented by b-faction at 2018-04-01 10:58
中原さん、こんにちは。多分これまでより運転が一層楽しくなったと思います。また遊びに来てくださいね。
Commented by sige at 2018-04-01 15:51 x
社長様お久しぶりです。社長が5代目レガシィを導入失敗と言い切るなんて、最近のスバルは悪く言われない方だと思っていたので意外でした。5代目については、乗る以前に、あのダッシュボードを触った瞬間に「ああこれはアメ車だ」と感じたのを思い出します。
Commented by b-faction at 2018-04-01 17:35
sigeさん、クルマの良し悪しとは別です。市場変化を読み切れていなかったのと隙間を作ったマーケ上の話です。巨額なCM制作費も元が取れてないんじゃないかな。でも海外で成功したので、今の基盤を作りました。失敗もあれば成功もある実に切ないクルマです。僕はこのレガシィも大好きですよ。
Commented by さとたく at 2018-04-01 21:02 x
レックス、懐かしいですね。最終モデルのフェリアⅡがうちにありましたが、スピードメーターに3速までの限界速度位置が表記があったのが、印象的です。しかし、社長がおっしゃるように、私も小学生ながら、メーターとは裏腹に、クルマ全体の印象は、悪かったのです。しかし20数年経ち、今や(中津)スバルの大ファンになるとは、思いもしませんでした。
Commented by 大村 at 2018-04-01 21:48 x
三代目レックスは初期の二気筒エンジンとデザインがネックでしたね?
その三代目が660になった最終モデルの3ドア最上級グレードを弟が乗っていたのでよく覚えているのが造りの悪さです。
リアハッチ開口部は鉄板剥き出しだったのでよく目についたのですが、寸法が合わないものを無理やり溶接した感じで、4気筒エンジンも回さないと走らず、リアの独立懸架もそれほどのものとは思えない乗り心地でした。
バイクの免許を持っているので、クラッチミートにそれほど苦痛は感じませんでしたが、ギアが合っていないわけでもないのによくエンジンからカリカリとノッキングの様な音がしていたのが気になりました。
結局弟は二年ほど乗ってオカマを掘られヴィヴィオRX-Rに乗り換えましたが、ヴィヴィオの余りの進化には驚いたものです。
Commented by b-faction at 2018-04-01 22:29
さとたくさん、ありがとうございます。他の軽自動車もレベル低いので比較すると良い点も多かったのですが、とにかく基本が古すぎました。基幹性能にお金を掛けられない苦労が滲み出ていて、知恵と工夫だけでかろうじて成り立たせてました。とにかく、その中でもファミリーレックスは酷すぎました。
Commented by b-faction at 2018-04-01 22:32
大村さん、二代目レックスコンビのエンジンは、2気筒らしさが爆発的に気持ち良いのに、FFレックスは鈍重でその差が謎でした。4WDが出来て次に三代目になり、ツインビスコが出たりすると、これまた混沌として鈍重なクルマになっていった。ある意味で膿を何度も出しながら660迄生き永らえたド根性のクルマとも言えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-03-31 23:41 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31