執念とロビー活動

内閣の支持率や、
籠池や加計の問題をうんぬんする前に、
現在の政治で焦点になっている事を俯瞰する。

勝手な想像だが、
安倍総理は比較的中高年の女性に人気があるはずだ。

「しんちゃんの苦労も知らずにあの嫁は勝手な仔ね」

と言うようなノリで、
安倍晋三を気の毒に思う人は意外にいるはずだ。

もっと見方を変えると、
盛んに証人喚問に引き出そうされる、
噂のファーストレディはどうか。

居酒屋をやったり、
彼女はなかなか型破りな女性だ。

ロビーストとしての活動が、
今は自らを辛い立場に追い込んでるが、
彼女は見たところ下手な野党の女党首や、
国会対策委員長よりも品性が高い。

育ちから生まれる雰囲気というものは、
絶対に終生付きまとう。

だから彼女のロビーストとしての活躍は、
安倍晋三にとっても有意義であったはずだ。

お二人にお目に掛かったことなど一度もないが、
そう言う雰囲気を確実に持っている。

はっきり言える事がある。

それは今の与党にも、
そしてもちろん野党にも、
安倍晋三夫妻の代わりになれる看板政治家はいない。

顔も大事だし、
品性も大事だ。

これは悲観せざるを得ない事実だ。

中途半端なノリの「団塊世代」は、
民主党に政権を任せると言う時期尚早な過ちを犯した。

さらに遡れば、
戦争で徴兵を逃れ、
その後の成功体験しか知らない昭和一桁世代は、
国の金庫を外国に開け拡げるという、
まさに国賊的行為を許した。

それが小泉政権の誕生であり、
下手をすると現在の韓国のようになっていたかもしれない。

リーマンショックでひっくり返ったので、
何事も終わり良ければ全て良しで片付いた。

富士重工の大株主も随分入れ替わったよな。

そもそもロビー活動で、
それが違法でないのなら、
そろそろ優先順位を考えよう。

東京では日々様々なことが進んでいる。
f0076731_18363654.jpg
目的地に向かう時、
品川で奇妙な乗り物を見た。
動力源のある人力車のように見えるが、
パーキングエリアに駐車している所を見ると、
合法的な乗り物なのだろう。

知っている人が居たら、
これが何か教えて欲しい。

引き続き走っていたら、
今度はたまに見かける元気なクルマに出会った。
f0076731_18365513.jpg
髭を付け顔を隠すとさらに大胆になるのだろう。
信号などお構いなしだ。

あるいは信号機のない国から来た外国人かもしれない。

国際免許証の有無だけで運転できるらしい。
f0076731_18370690.jpg
このバイクと同じ扱いなのか。
それにしてもバイクにさえ義務付けられている、
ヘルメット装着が必要ないとは論理的に不整合だ。

余程のロビー活動が繰り広げられたのだろうか。

こんな子供じみた危ない真似を、
特に外国人にさせてはいけない。

怖いじゃないか。

なぜか。
運転軸の狂った走る凶器がわんさかといる町だ。

静かなプリウスが近づいていて、
こいつらを呑みこんだらどうなるか。
死人が出てからでは遅い。
国際問題になるぞ。

但し断わっておくが、
何でもかんでも反対する気など毛頭無くて、
もっとやった方が良いと思う。

こんな遊園地の乗り物で街を走らせるくらいなら、
F-1やタクマのインディをモデファイして、
東京の街を走らせるのだ。

ぜひインディアナを見習うと良い。

SIAを見学した時に、
アメリカで愉しい乗り物を見た。
f0076731_19000488.jpg
最初は展示しているだけかと思った。
所が良く見たらナンバーが付いていた。
f0076731_19003419.jpg
実際に街中を走るクルマはタンデムだった。
f0076731_19010448.jpg
遊園地のおもちゃと言えば、
これもそうかもしれないが、
子供じみていない。

練り込みの足りない企画を、
最近あまりにも不用意に進める。

執念とは何か。

諦めずやり遂げる心を指す。

執着心とは違う。

物事を進歩させる方向に向ける力だ。

ブログを毎日書くのは大変ですねと良くお気遣いを戴く。

確かに続けることは大変だが、
書着続けないと見えないとも多い。

止めてしまうのは簡単だが、
止めざるを得ない状況に「ならないため」の知恵でもある。

他にも執念で続けていることがある。
例えば毎日の仕事に段取表のやり取りだ。

そこにタイヤの学習結果を、
毎日毎日繰り返して書いてもらう。

妻が手抜きをしたわけでは無いが、
的を外れた事を書いたので、
良く出来た学習結果を書き写させてもらうように指示した。

北原課長の学習結果が理想的だった。

それは何度も何度もくどいほど赤ペンで修正され、
言う事を聞かないとボーナス査定まで減点されると言う、
最大の脅しの結果成し得た結論だった。

それを書き写させてもらいながら、
オツムの痛い間違いを書く。
f0076731_18371762.jpg
叱られてまた繰り返す。
そもそも労働と教育に強制無くして成果なしだ。

最近の世相もそうした観点から憂う。
過去に間違った大人達が教育方法まで誤った結果、
執念の欠如したユトリ世代が街中に潜んでいる。

それは彼らの責任ではなく、
そうさせた大人の責任だ。

ところが政治で責任を取ろうとしない。

挙句の果てに働き方改革などという、
訳の分からない事でお茶を濁し、
人材派遣会社のロビーストたちに、
旨い汁を飲ませようとしている。

ユトリ時代の政権は、
何を残したのか。

それを思い出すと怖い。

なぜか。
壊すだけ壊してそのまんま。
結局誰も責任を取っていない気がする。

忘れたころに執行猶予を受けた犯罪者も復権できる。
素晴らしいと言えば素晴らしい。

政策逮捕に負けない、
タフな政治家や評論家も必要だからな。

タフな人間になるためには、
カラダをしっかり整え、
ココロも常に鮮度を高めておく必要がある。

だからコンチネンタルに向かった。

タイヤ三本柱のうち、
どうしても非対称リブ・アングルと、
ステイブル・リブ構造が具体的に分かりにくい。

また「ファンデルワールス」力(りょく)と言う、
まったく不可思議な作用も見える化できていない。

これがBSやDLなら、
若干眉唾物の理屈でも模型で真実化してしまう。

そう言う悪知恵を見習った方が良いと思って、
ちょっとおせっかいだったがアドバイスに行ってきた。

天王洲にあるシーフォートスクエアセンタービルは、
何度行っても解り難い建物だ。
f0076731_18372983.jpg
迷路のような建物の中を彷徨いつつ、
ようやく目的のフロアーにたどり着いた。
f0076731_18343647.jpeg
上記の課題を解消する事と、
5月のゴールデンウイークフェアおけるイベントを前に、
これも重要なロビー活動の一環だ。
f0076731_18374170.jpg
コンチネンタルタイヤの才女、
宮川直子さんだ。

頭脳明晰で明朗な女性なので、
いつも疑問に対して回答が早い。

日本に於けるコンチのキーパーソンの一人である。

コンチネンタルから、
SUBARUのSUVにドはまりのタイヤが4種現れた。

それを今後どのように料理するか、
その方向性を決めたかった。

この後作る招待状を楽しみにして欲しい。

宮川さん、
貴重な時間を割いていただきありがとうございました。

会談を終えて次の目的地に向かった。
f0076731_18375219.jpg
まるで夏の様な異様な暑さだ。
空気が乾いているので助かったが、
この調子だと今年の夏は厳しくなるな。
f0076731_18380545.jpg
XVは都会の道にも強い。
非常に安定性が高い。

それは東京のように平らなようで荒れた場所が多い、
意外に厳しいアスファルト路面で余裕があるからだ。

f0076731_18381963.jpg
戦利品が並ぶショーケースの前で、
STIの輝かしい勝利の数々に見とれた。
f0076731_18383261.jpg
そう言えばこれも息の長い商品だ。
よく考えたら色々あるけど、
ほとんど在庫として残っていない。

インプレッサハウス用に、
買い揃えておけばよかったと後悔した。

STIは30周年を迎えた。
創立時より深く関わって来たので、
誰よりも感慨深いと思っている。

何をどう祝ったら良いのか判断に迷った。

何しろSUBARU100周年の翌年だから、
かなりのインパクトが必要だ。

親分の顔色をうかがって来た。

その眼力を信じて、
次の戦略に王手をかけた。
f0076731_18384493.jpg
物凄く期待して欲しい。

今年はたかがサブロクが還暦を迎えたぐらいで、
何を大騒ぎするのだろう。

それほど、
SUBARU本体には大したネタが無い。

良くある「特装車」でお茶を濁す事しかできないだろう。

中期計画で予定されている新型フォレスターは、
サブロクの還暦祝いの「象徴」にはなれない。

そもそも、
SUBARU生誕100周年をまともに祝えなかった会社が、
取って付けたような「サブロク還暦祝い」などやる資格は無い。

結局のところ、
子供じみた大人しか残っていない国内営業本部に、
今は何を望んでも無駄なのかもしれない。

なぜか。

「としまわり」と言うヤツだ。

たとえば円周率は「3」どと曖昧に捉え、
学習のスタンスが大きく変わった。

オンナの政治家が、
社会に向かって「無理に一位にならなくても二位で十分なのよ」、
そんな風に甘やかした時代があった。

ユトリ世代と言われる彼等が悪いのではなく、
先に述べたように環境が悪い。

その結果がSUBARUの現況にはっきりと出ている。

何しろ、
ふざけた政治家達が、
ろくに執念も無く活動した頃の遺品が、
あちこちに散らばって収拾がつかなくなっている。

そんな時に人に頼っても無駄だ。

幸いにして、
執念のあるオトナも沢山いる。
日本は決して捨てたもんじゃない。

執念と言えば、
文字を書くことに全く抵抗が無いので、
ブログの更新も13か月を超えた。

文字を書くことも好きなので、
執念を持って続けている。

ただ他の人が思うほど難しくない。
何しろ、
たくさんの文字が毎日毎日会社中に溢れている。

例えば正しい商品知識を付けるため、
毎朝ロールプレイを続けている。

このシナリオには型があるようで型が無い。
f0076731_18385611.jpg
出張から戻ると、
妻と部長から最新の更新台本が同時に提出された。
左が部長、右が妻の台本だ。

この校正は面倒だけれど、
文章力を付けるのには効果があるので止めない。

任せて聞くだけなら、
これほど手間はかからないが、
間違った理念や習慣は文字に現れる。
f0076731_18390709.jpg
だからその意識レベルを揃えるために、
シナリオを磨き続けるのだ。

だから型があるようで型が無く、
永遠に終わりが無い。

お互いに成長し続けるからだ。

このように磨きぬくと感性も高くなる。

今朝は次のイベント企画を皆で磨いた。
お正月に続いてGWフェアを開催する。
f0076731_18392047.jpg
8時から会議室でそれぞれの案を発表し、
意見を交換した。
f0076731_18393248.jpg
課長が言った。
「本物のビールを出そう!」
それは確かにそうだ。

コストは下がるがホンモノ感が薄れる。
f0076731_18394435.jpg
売っていない特別なものもプレゼントしたい。
スバリストにとって星のマークは大切な紋章だ。
f0076731_18395953.jpg
総務の企画が次々と練り上げられ、
タイヤはコンチネンタルから持ち帰った資料で方向性が決った。

さあ、
販売企画をどうするのか。

大宮君が中部3県で統一開催する企画を持ってきた。
新型フォレスターで用意された、
早期受注キャンペーンだ。
f0076731_20511263.jpg
しかし、
それを見てびっくりした。

あまりにも練り込みが足りない。

これを見て簡単に書く人が何人いるのだろうか。
同じ危機意識を待ったらしく、
大宮案として2つほど改善を加えていたが、
そんなものは全く役に立たない。

ユトリ世代ほどではないが、
当社のレベルも似たようなものだった。

そこでまずタイトルを改めさせた。

書いたら予約と早とちりされないように、
「先行情報発信キャンペーン」とタイトルそのものを変更した。

そして書きたくなるプレゼントを、
GW期間中に限りその場で渡す。
f0076731_18402035.jpg
ちょっと意地悪だが、
ここまでしか見せない。

このSUBARUグッズがもらえるなら、
誰でも書きたくなるだろう。


そのうえ先行情報が届けば、
クルマ好きのスバリストにとって悪い話ではない。

更に、
仮に買う気になったならば、
後からついてこない10000円分の特典が手に入る。

このような企画は、
ちょっとした練り込みで当たり外れが大きく変わる。

実際に大きな焦りも感じている。

現行型が偉大過ぎるからだ。

開発陣にユトリがあったからだろう。
「インナハンドル」の話に対して、
あれだけ言っても、
ここまで徹底的に効く耳を持たぬばかりか、
今のユーザーを裏切るような真似をしている。
f0076731_18401031.jpg
現行型の価格表の横に、
キャンペーンシートを並べて貼った。

まさしくキープコンセプトだ。
キープコンセプトがいけないとは言わない。

スタイルも練り込みが効いてる。
じっくり見ていれば違いが分かるし魅力も深まる。

けど、
売れるだろうか。
色が同じでは新鮮味に乏しい。

テールランプが見えないと、
このクルマが新型だと誰も気が付かないだろう。

PGMに会うのが楽しみだな。
武者震いしてきた。

どんな正論で納得させてくれるのだろうか。

しかしPGMが悪いんじゃない。
こういうクルマ作りしか認めず、
徹底的な性能深化をさせなかった逃亡犯が居る。

結果は全てを物語るなぁ。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29718774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 青のYA5と黄色のR1乗り at 2018-04-14 07:32 x
初めまして。いつもブログ楽しみにしています。
1枚目の写真にある乗り物ですが、車椅子の方が運転されるバイク「ホイールチェアビークル」だと思います。
Commented by b-faction at 2018-04-14 14:11
YAとR1乗りさん、こんにちは。始めて見るユニークな形でした。合体ロボみたいな発想で面白いですね。教えて戴き有難うございました。
Commented at 2018-04-14 16:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-04-14 18:22
S4にV105を取り付け予定さん、情報ありがとうございます。なるほど、教える場ではそうだったんですね。自分の子供を見ても変な「ゆとり」があるなと感じてましたが、それはあくまで遺伝なのかなぁ。
Commented by 栗東の傭兵 at 2018-04-14 18:40 x
こんにちは
読むほどにコンチネンタルの魅力に引かれますが
うちのタイヤサイズは無いらしく
対応を待ちわびる日々です
Commented by b-faction at 2018-04-14 20:55
栗東の傭兵さん、今晩は。楽しみに待っていてくださいね。
Commented by 増井 at 2018-04-14 21:38 x
日本でも以前、当時のトップフォーミュラだったF3000に灯火類などの装備を付けてナンバーを取得した方がおりました(笑)
あと、グループCのポルシェ962Cを公道仕様にしたものもあり、これは一度走っているのを見ました。
こういう本格的なものは見ていて楽しいものですね。
ただあのカートの集団だけは・・・
とりあえず見掛けたらなるべく離れるようにしています。
Commented by フォレオ at 2018-04-15 00:10 x
逃亡犯は誰だ!

これだけワクワクしないスバルはない。
つまらないメーカーになってます。
現行フォレスターに乗っているだけに悔しい。
情け無い
Commented by MT人間 at 2018-04-15 09:34 x
はじめまして。いつも興味深く拝読させていただいております。

逃亡犯は、高みの見物をしながら裏で人形を操るのでしょうか。

新型フォレスターが発表されましたが、米国はともかく日本で、はたしてこの見た目で消費者にアピールできるのか、これからの5、6年を乗り切っていけるのか心配になりました。

自分はスバル車をBG・SF・GG・BHと乗り継ぎ、今はミラOEMのプレオが愛車です。FMCや年改の度にディーラーを訪れますが、名前の通りMT車好きなので、担当の営業さんが「お薦めできる車がなくて」と申し訳なさそうにお相手をしてくださり、会話の最後はお互いに溜息をつくのが最近は恒例となっています。

需要の多寡は別として、ポルシェで例えれば911のようにイメージリーダーとなる車を持つ。また、台数が出なくても、良い車をグレードのラインナップに入れておくのがメーカーの良心だと思うのですが、これはもう時代錯誤な考えなのでしょうか。

愚痴をこぼして申し訳ありません。駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

最後になりましたが、貴社の益々のご隆盛と代田社長様はじめ社員皆様の御健勝を心よりお祈り申し上げます。
Commented by b-faction at 2018-04-15 09:43
増井さん、こんにちは。WRカーにナンバー付けて中津川まで来る人も居ますから世の中に強者は多いです。その人もいわば命懸けでそのクルマに乗ってますが、強靭な精神力で維持してますね。そういう世界と違って手軽にゴーカート感覚で公道を走らせる事業者には悪い因果を感じざるを得ません。野放しと言う事はロビー活動が効いているのでしょう。あくまでも想像ですが。
Commented by b-faction at 2018-04-15 09:45
フォレオさん、一番大きな売り上げを稼げるところを優先するのは当たり前なので良いのですが、手抜きはいけませんね。そういう方向に振る人を重用したツケがこれから徐々に出てきます。新車としてまとまりが良いのでクルマは売れるでしょう。
Commented by b-faction at 2018-04-15 09:49
MT人間さん、こんにちは。まだSTIが踏ん張ってるから大丈夫です。最悪の事態はここにも逃亡犯の手が及ぶことですが今は大丈夫です。トヨタのGRMNヴィッツを申し込む寸前で30周年であることを自覚しました。一緒に申し込みましょう。お金貯めておいてください。ところでミラでも5MTは面白いですよ。特に乗り比べたらミラバンがとってもいいです。質素ですがボディ剛性が化石的に高いせいだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-13 22:00 | Trackback | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction