遅咲きの桜とBP型アウトバック

望桜荘の芝桜が綺麗に咲いた。
f0076731_20561996.jpg
SUBARUの軽自動車が勢ぞろいしている。
ステラのツートンカラーはとってもカッコ良いし乗り心地も良い。

最新のサンバーバンも良い出来だ。
これらのクルマも大事に売る。

f0076731_20563157.jpg
朝一番で最新のスバルマガジンが届いた。
先日の取材が取り上げられている。
ぜひメンテナンスの参考にして欲しい

昨晩帰宅する前にプールで泳いだ。
忘れていた大事なことを思い出した。
f0076731_20564178.jpg
ブレスごとに足を揃えた。
その瞬間にスッと姿勢が良くなって、
15秒ほどではあるが結果が良くなった。

こういう時のフィーリングが仕事にも役立つ。

膠着した時は、
何かを忘れていないか振り返ると良い。

気持ち良く泳いで一日を締めることが出来た。
f0076731_20565587.jpg
出社すると昨日頼まれた仕事が残っていた。

レガシィの輝きアップが終わったので、
品質確認の高速テストを依頼されていたのだ。

ブログ書いてたら熱くなり、
テストの時間を喰ってしまった。
f0076731_20570567.jpg
平成16年式のアウトバック2.5iだ。
41,786kmと奇跡的に走行距離が少ない。

こういう掘り出し物が手に入ると、
本当にワクワクする。

f0076731_20571691.jpg
しかも当時オプションだった、
アイボリーレザー内装だ。

このクルマは本物の名車だ。
それはこの部分を見ると良く解る。
f0076731_20572409.jpg
SUBARUは苦難の時期に入りつつある。

こういう時は少し振り返ると良い。

今のアウトバックには全く執念を感じない。
アメリカンなクルマで、
実用的になっている。

それでも沢山売れるし、
SUBARUにとってドル箱の市場だから仕方がない。

けれど把手とグリップが根本的に違うと言う事を、
SUBARUのユトリ世代はあいまいにぼかして手抜きしている。

先のブログで円周率3について触れたが、
あれは悪意はないけど曖昧でご都合主義だ。
執念を感じない。

それと全く同じことが、
ドアのインナーハンドルに現れる。

現在、
グローバルカーとして品性を保つのは、
フォレスターとBRZだけだ。

両車ともスバルにとって、
絶対に成功させるべき執念の塊だった。

すると真面目に造るからBPと同じインナーハンドルになる。

ところがユトリ世代が幅を利かし、
ご都合主義で作ると軽自動車用を分厚く飾り立てただけの把手になる。
f0076731_20573658.jpg
「名車」は後々の評価だ。

4速ATのシフトゲートも悪くない。
f0076731_20574707.jpg
時代を感じさせるのは灰皿の存在だ。

当時から禁煙はほぼ常識となりつつあった。
だからこのクルマの灰皿にも使われた痕跡は無い。

流石にSUBARUはこの頃、
まだ灰皿を捨てる勇気までは無かった。
f0076731_20575850.jpg
キーを入れるとマッキントッシュオーディオに、
SUBARUの文字が現れるのもお洒落だった。
f0076731_20581000.jpg
エアコンもSUBARUの中で一番リッチになる様、
常に考えて設計されていた。
f0076731_20582208.jpg
ブラインドタッチを考えた、
とても優れたデザインだと思う。
f0076731_20583372.jpg
シートは秀逸だ。
同じレザーでも手抜きが無い。

f0076731_20584296.jpg
シートヒーターを当たり前に持ち、
厳冬期の快適さも秀逸だ。

何より凄いのはアウトバックのレザーシートは、
本格的な皮革を使ったとても良いものだ。
f0076731_20585046.jpg
このようにパンチングレザーを用いないので、
びしっと張りがあり上質感に溢れている。

パンチングレザーは通気性が良いとかいうけれど、
手抜きの言い訳だ。

安っぽいからつまらない。

やはり上質なレザーシートに座ると、
味というものに敏感になる。
f0076731_20585999.jpg
SUBARUの中に味の解らないニンゲンが増え過ぎた。
残念だがカッコと現在を比較すると、
悲しいほどに炙り出される。

まだ遅くは無いから、
早くクルマ作りに良い味を加えて欲しい。
f0076731_20590804.jpg
ユトリ世代の大好きな、
電子ギミックの塊ではすぐに飽きられてしまうだろう。

ドアプロテクションモールも常装し、
ケチ臭く無いクルマ作りだ。
f0076731_20591966.jpg
モールをオプションなどにせず当たり前に点けるのが王道だろう。

f0076731_20592936.jpg
ここが不思議だった。
ブルーの瞳はアウトバックには無い「B」のしきたりだと思うが、
記憶違いか、
はたまた前オーナーの拘りか・・・。

いずれにせよ得した気分になる。
中古車の面白い所だ。

飼い慣らされてオーナーの色に染まって、
それが良い面に出ている素晴らしい個体だ。
f0076731_20594048.jpg
2.5リットルと3.0リッターのエンジンに、
一つのグレードだけを用意した考え方は正解だ。

それに加えアウトバックだけのL.L.Beanを選べた。

そのクルマも改めて紹介したい。
f0076731_20595199.jpg
タイヤはジオランダーだ。
まだトレッドに余裕があり十分機能する。
f0076731_21000151.jpg
気持ちの良い朝だった。
高速道路に乗って、
「中津シェライフェ(笑)」に向かった。
途中で素敵な桜にあいさつした。
f0076731_21001943.jpg
通年なら良くて5分咲きのところだろう。
それが今年の典型で、
一気に満開になっていた。
f0076731_21003217.jpg
由緒のある桜の銘木が今年も綺麗にに咲いていた。
BP型のイメージはこの桜のようだ。
いつまでも美しい。
f0076731_21004300.jpg
他のクルマに混じれば混じるほど美しさが際立つ。
シンプルなシルバーのモノトーンで、
しかもアイボリー内装だから、
クルマの品性が極めて高い。

このクルマに乗れたおかげで、
今日一日がとても瑞々しく、
また楽しく過ごせた。

良い一日に感謝したい。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29721060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スバルなホンダ at 2018-04-15 00:37 x

こんばんは☆

お疲れ様です。

政治や経済を主観で語るには長文必至且つ身勝手な押し付けかと思いますので、思う所あれど 敢えて避けますねwww

私は車の車高は性能を犠牲にしない範囲で下げて乗る事が多く、逆の発想は無いのですが...

何故かBPのアウトバックだけは好きなのです。

何故この型のレガシィは高くても低くても美しくのか!

素敵です♪

コンチネンタルはSCを暫く愛用した時期もあり、良さも理解しているつもりなのですが...

適度な補強とフルタップ車高調、ブレーキ強化が必要な乗り方をする自分には横グリップが足りずに 今はディレッツァZ2スタースペックやらネオバAD08Rを履いております。

コンチネンタルではSCがスポーツタイヤのカテゴリーかと思いますが、コンフォート色が強く感じるのです。それでもコントロールし易く 限界も唐突では無いので楽しいのですが...

コンチネンタルで日本で言うハイグリップ スポーツタイヤは存在するのでしょうか?

非常に興味があります。

Commented by 吉岡達哉 at 2018-04-15 06:45 x
automessewebの記事を拝見しました。
どれもスバル愛に溢れていて、最新型が一番素晴らしいとまた思い始めていた思いに喝を入れられた気がしました。車検の税金がが13年で上がるとか考えていた自分が恥ずかしくなりました。
中津で入庫した中古車は幸せだなと思います。
古くても良いものはいいんですね。
Commented by 元BLb乗り at 2018-04-15 09:12 x
 2.0GTにマッキンつけて11年間乗っていました。4代目は良きスバルの集大成というか、理系の車づくりが素晴らしく、見えないところにお金をかけている点がスバルらしくて良かったです。素人ながらも乗るたびにそれは実感出来たものです。
 インナーハンドル一つをとっても共感出来ます。諸事情で手放しましたが、本当はずっと乗っていたかったです。
 北米戦略が奏功し、トヨタとの資本提携もあって経営的にはいいのでしょうが、現行のスバル車には魅力を感じません。見栄えはいいのですが、スバルの本質はそんなところではないはず。もっとエンジン・パワートレーンとかミッションにも力を入れ、技術面のブレイクスルーを遂げて欲しい。
 水平対向ディーゼルも国内導入は幻に終わってしまいました。4代目レガシィを超える車を早く出して欲しいです。
Commented by b-faction at 2018-04-15 10:03
スバルなホンダさん、おはようございます。日々書くことは押し付けではなく主張です。世の中を見る時にケーキをさっくりと縦に切るように捉えます。断層や石が好きなのも多分そこから来てるんでしょうね。人間は鏡ですから、その時に何を思ったかを自覚され、その上で取捨選択して戴ければ存分です。
複雑すぎる社会構造なので簡単に変えることは無理ですね。

それとカーメーカーの組織はよく似てます。

車高を下げて乗るとカッコいいので、昔は僕も好きでしたが、この10年で全く変わりました。特に嵩上げ車高でディーゼル搭載してるのにアウトバーンで200km/hを維持できるXVに感動しました。丁度その大きさがBP型アウトバックで、しかも味が濃密と来てますからやめられません。色々集めて良い所を見比べています。最高の人生ですよ。一度見に来てくださいね。
SC6が一番ぴったりですがあなたのクルマのサイズが無いんですね。
ニュルでタイヤに命を預ける時、
これまで履いたタイヤでミシュランを上回るものは無かったね。今年はBSになるのかミシュランなのか微妙なのですが、僕の予想はミシュランです。フランスは大嫌いだから微妙ですが。
Commented by b-faction at 2018-04-15 10:09
吉岡達哉さん、情報ありがとうございました。検索してこのコラムを知りびっくりしました。
Commented by 元スバル乗り BFBPBHBE at 2018-04-15 12:23 x
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

先日、中津川駅近くで「けいちゃん」を食べました。
とてもジューシーでおいしかったです。
またスバル車購入する機会には、
お店にも参拝したいと思います!

水泳ですが、手を入水するのと同じタイミングで、反対の足を強めにキックすると、胴体がブレず、安定して楽に泳げますよ~。

1ストローク(手) 4ビート(足)だとすると、右手の入水と同時に左足の1ビート目を強く、残り3ビートは弱めでokです。

車も水泳も、シンメトリカル トルクディストリビューションが重要ですね(^^)
Commented by スバルなホンダ at 2018-04-15 13:02 x

(*´꒳`*)カービュー見ましたよ♪

みんカラしておりますので☆
Commented by b-faction at 2018-04-15 14:08
元BLb乗りさん、こんにちは。その通りです。何年も何年も自慢のエンジンが308馬力トルク43キロでは困ります。戦闘能力を軽視するスバルに将来は無いですね。電気のギミックばかりに頼るとダイハツさんのようにトヨタに飲み込まれる日が来ます。
Commented by 44B at 2018-04-15 14:11 x
新型フォレスターをインターネットや販社の資料で確認しました。惜しい💧実に惜しい💧私みたいに手首に故障を抱えてる者や荒れ地を頻繁に走る者に取ってインナーハンドルはグリップを残してもらいたかった。エンジンはターボを存続させて欲しかった。故に、現行型XTを駆け込み購入して現在納車待ちです。現行型は間違いなく名車を名乗るに相応しい車です。新型は危機感を持って熟成させて欲しい。
Commented by b-faction at 2018-04-15 15:52
元スバル乗りBFBPBHBEさん、こんにちは。是非!ご来訪をお待ちしています。
水泳のアドバイス有難うございます。ひょっとしてクロールですよね。ぼく、恥ずかしながらクロール出来ず平泳ぎ一本のおっさんなんです(涙)。クロールでカッコよく余裕で泳げる人、羨ましいです!!
Commented by b-faction at 2018-04-15 15:55
44Bさん、おお!同士ですね。SUBARUを買って下さってありがとうございます。自慢のXTを機会があれば見せて下さいね。外装色はセピアブロンズですか。
Commented by b-faction at 2018-04-15 16:41
スバルなホンダさん、ありがとうございます。
Commented by 44B at 2018-04-15 17:07 x
ボディカラーはダークブルーパールです。今回は手入れの手間がかかる事を無視して、フォレスターが機械として一番格好良く見える色を選びました。スバルは昔からブルーの見せ方が上手い。納車は6月ですが、待ち遠しいです。
Commented by b-faction at 2018-04-15 18:59
44Bさん、その色いいですよ。
丁度昨年の今頃、
その色のフォレスターで木曽から伊那谷を走りました。枝垂桜が満開で綺麗でした。今年のカレンダーになってます。
Commented by 溝上出雲 at 2018-04-16 10:29 x
ご無沙汰しております。
以前乗っていたBP5が非常に懐かしいです。確かA型はみんな青い瞳だったような、、、
今のポケットみたいなドアグリップは、物入れとして使えるように、あのようにされているのでしょうか?
ドイツ車は必ずと言って良いほどハンドルが付いてるので、やはり雰囲気が違う気がします。細やかな配慮が行き届くことができるデザインをするのも日本車の売りにできる部分だと思うので、『まぁいいんじゃない?』で流されないで欲しいです。
現行レガシィも、方向性はすごく好きなのですが、物足りなさを感じます。スバルはやはり、機能美を追求していって欲しいです!
Commented by b-faction at 2018-04-16 14:38
溝上出雲さん、開発費が安上がりだからです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-14 22:00 | Trackback | Comments(16)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction