新型フォレスターのアースカラーを考察

f0076731_21103357.jpg
おかげさまで中津スバルの新しいCMは大好評で、
「とても素敵です」とジムでいつも一緒になる女性から褒められた。
f0076731_21122727.jpg
こうしてみると、
XVにはソリッドカラーが本当に良く似合う。
f0076731_21124056.jpg
この後はゴールデンウイークに向けて仕込みを始める。
楽しみに待っていて欲しい。

インプレッサハウスにミニカーを移動したので、
若干淋しくなったが、
デスクサイドには相変わらず7台のミニカーが居る。
f0076731_21125025.jpg
100均ショップで購入した箱は本当に重宝していて、
ミニカーを出し入れするとき、
立体駐車場のように仕切り版をスライドさせて使っている。
f0076731_21130153.jpg
下から順に黒いデゴイチ、
カーキのラヴ、
そしてモスグリーンのサンダーバード2号、
その上にチャールサイトイエローのGC8を納めた。
f0076731_21131664.jpg
てっぺんにオートサロンで購入したGDBを載せ、
見えないけれどその上に赤いプラスチックのサブロクが居る。

ふと思った。

グリーンが久しぶりにトレンドラインに乗る予感がする。
久しくグリーンは脚光を浴びていない。

グリーンが一番冴え渡ったのは、
BF5型レガシィツーリングワゴンが、
初のビッグマイナーチェンジを迎えた時だった。

不人気だったルビーレッドを下げて、
その代わりに深く澄んだメタリックグリーンと、
深いクリムソンレッドをブライトンという聞きなれないグレード共に設定した。

そこからグリーンの進撃が始まり、
ビストロのビンテージグリーンがヒットすると、
何と軽自動車専用色を、
レガシィ特装車のブライトンゴールドにまで与えてしまった。

メチャクチャなんてもんじゃないカラー戦略だったが、
とっても勢いがあったので誰もそんなことを気にしなかった。

そしてホワイトが沈降し、
BG5にピュアホワイトが出るまで浮かび上がる事は無かった。


その時代を知らない人には信じられないだろう。

だから最近ホワイトに魅力を全く感じない。

ソリッドのパリッとしたホワイトなら新鮮だが、
乳白色のパールでは気持ちが盛り上がらない。

そんな時に、
アウトバック専用色のワイルドネスグリーンを見て、
これがとても気に入った。

アメリカ専用の色だったが、
ビッグマイナーチェンジで国内に投入され、
モーターショーで見てびっくりした。

なかなか渋くて良い色だ。

それに対してフォレスターはどうかというと、
これも面白い変遷を遂げた。

最初に用意されたボディカラーで、
バーニッシュドブロンズと呼ばれる色があった。

メチャクチャ気持ちの悪い色だったので、
それがトラウマになって、
良い色なのにアウトバックのタングステンが怖かった。

そのショックが癒えたのは、
次にセピアブロンズが登場したからだ。

この色は良かったので、
何度も購入してお客様にもお勧めしている。

バーニッシュブロンズが出た時に、
同じグローバル向けの調色で、
ジャスミングリーンが誕生した。

良い色だけど、
「欲しい」と思わせるもう一押しが無かった。

なぜか。

この色にもトラウマがある。

インプレッサSTIヴァージョン22Bのベースとなった、
「リトナ」というクルマがあった。

これは米国向けの派生車で、
日本ではそれほど本気で売る気の無いクルマだった。

後で付けたしたクルマなので、
基本設計もそれほど工夫したわけでは無かった。

そのクルマに設定されたスプラッシュグリーンは、
まさしくグローバル系の中間色で、
良いとはお世辞にも言えない「寒い」色だった。

それを軽自動車にまで塗ったが、
ヴィヴィオがその色を纏うと、
あまりにも安っぽくて悲しくなった。

それがトラウマになり、
薄いグリーンにはめったに手を出さなくなった。


ただその系統のボディカラーは、
脈々と続いているので、
中には面白い色もあった。
f0076731_22224185.jpg
SG5のエバーグリーンもその一つだ。

ちなみにL.L.Beanには、
アウトバック用の濃いグリーンもあり、
流石にアース系カラーを上手く使い分けていると、
今になって感心させられる。
f0076731_22311708.jpg

そんな事が走馬灯のように頭の中を駆け抜けた。

そこで面白い事が起きた。

新型フォレスターでは、
売れ筋色は全てキャリーオーバーされている。

そしてグローバル系のカラーが刷新された。

90%近くが輸出のフォレスターらしい特徴だ。

その中でアースカラー系のセピアブロンズは、
非常に評判が良いのでキャリーオーバーされている。

そして良いけど欲しいと思わなかったジャスミングリーンが、
ジャスパーグリーンに刷新された。

この色が実にエバーグリーンに近くて、
とても優しい感じの良い色なんだ。

次のフォレスターは、
試乗車をじっくり選ぼうと思っている。

恐らくベースグレードになることは間違いない。
そしてトレンドラインに戻るかもしれない、
ジャスパーグリーンにスポットを当てるのも、
良いのではないかと思っている。

今日も忙しく一日が終わるとしている。
f0076731_21134038.jpg
長野から深沢さんがいらっしゃった。
愛機のスイフトでドライブエクスペリエのAプランを体験された。
f0076731_21135244.jpg
ステキなお土産をありがとうございました。

なかなかお目に掛かれない美味しいお菓子だ。
f0076731_21140554.jpg
どっしり重い。

あんばたとは何かと思ったが、
多分餡とバターの略なのだろう。

f0076731_21141719.jpg
日持ちのしないまさに正当生菓子だった。

生菓子にしかない味の良さを、
存分に楽しませていただいた。
f0076731_21142889.jpg
これがもし密封されて、
脱酸素剤が入っていたら、
この風味を絶対に出せないだろう。
f0076731_21143740.jpg
顔の見える付き合いだからこそ、
お互いに通じ合える嬉しい事がいっぱいある。
f0076731_21144716.jpg
美味しく皆で頂きました。
ありがとうございました。

深澤さんは、
とにかくニュルで一度走ってみたいと言われた。

お力になりますので、
是非しっかり復習して腕を磨いてほしい。

深澤さんとニュルの話をした時、
初めてニュルをレクチャーカー以外のクルマで走った時の事を思い出した。
f0076731_21183840.jpg
そのクルマはスイフトだった。
驚いたことに、
この日の日付は2011年4月17日だ。

2日など誤差みたいなものだから、
ほぼ丸7年前の事だ。

う~~ん・・・血が騒ぐのか、
何とも奇妙な偶然だ。

この時のスイフトは一つ古い型だけど、
このクルマがとても面白かったので、
スズキの作る小型車を見直すきっかけになった。

オトコは夢を追ってはいけない。
追うのは「野望」だ。

「ニュルを走る」と言う野望を、
ぜひ実現させて欲しい。
力になろう。
次はBプランで待っている。
f0076731_22211721.jpg


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29723463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ssmkns at 2018-04-15 23:59 x
逆です。
アースカラーブームを背景にレガシィで大ヒットした「フォレスト・グリーンマイカ」をヴィヴィオM300やビストロに与えた、が正解です。
色コード「43」。当時手書きだった注文書に何度も書きましたから間違いありません。
Commented by 中原 at 2018-04-16 08:33 x
社長おはようございます。

やっぱりそう思います?ボクもパールには飽き飽きしていて、白はソリッドに限ると思っています。

ただパールは手入れが楽なんですよね。

Commented by b-faction at 2018-04-16 10:33
ssmknsさん、既存色43番の刷新版がビンテージグリーンですね。当時は特装車で綱渡りの大変厳しい時代でした。アウトバックを米国で出したのも日月専務のウルトラCで、向こうではスプルスと呼ばれていたグリーンもありました。混沌とした時代ですね。
Commented by b-faction at 2018-04-16 10:36
中原さん、おはようございます。今の色彩感覚だと、調色したホワイトをラインに流すのが大変なんでしょうね。
Commented by 現行フォレ乗り at 2018-04-16 14:36 x
現行フォレスター(S-limited乗りの一読者です。初めてコメントします。

新フォレスターにつき、外観が代わり映えしないこと、内装がインプレッサのほぼ横展なのはスバルの企業規模やコスト抑制を考慮して100歩譲って呑み込みますが、
グリップできるドアハンドルや前後に動かないセンターコンソールがないことは非常に残念です。
現行のチープな内装の中で、あのドアハンドルはデザイン面でもフォレスターらしさが十分に出ていたと思いますし、右手の置き場として非常に楽でした。
センターコンソールについても、前後移動できるだけで、ドライブ中に左手持て余したときに相当楽でした。

実際にマーケティングを綿密にやった結果なら仕方ないですが、オレンジの差し色や、ステッチ、軟質樹脂の素材とかより大事なものが個人的にはあると思います。
残念でなりません。
Commented by b-faction at 2018-04-16 15:05
現行フォレ乗りさん、おっしゃる通りです。やらせてもらえなかったんでしょうね。インプレッサ開発の初期段階で阿部PGMはそこを考えたそうですが断念しています。それを現行SJ系に当てはめてみましょう。インプとはかなりの部分が異なります。たかがドアハンドルではないんですね。ホンダ並みの低レベルな商品企画ですね。残念です。
Commented by 深沢直登 at 2018-04-16 20:48 x
昨日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
とても充実した時間だったので、つい長居してしまいました。

DEでは沢山の事を気づかせてもらったので、ひとつひとつしっかり身に付けてBプラン申し込みたいと思います。

オトコとして成長するため、野望を実現するため、今後ともご指導よろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2018-04-16 21:02
深沢直登さん、こちらこそ美味しいお菓子を沢山戴き有難うございました。ともに野望を実現しましょう。またお目に掛かれる日を楽しみにしています。
Commented by いちご味 at 2018-04-17 08:24 x
丸目インプぐらいの世代のスバル車の白と、今のスバル車の白では見ためが違いますよね。前者はお手入れが大変そうに見えますが、よりかっこいいのではと思います。
Commented by b-faction at 2018-04-18 12:34
いちご味さん、ソリッドカラーが必要ですね。今のパールには飽きてしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-15 22:32 | Trackback | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction