ヤマザクラの古木を美しく保つ

f0076731_17115044.jpg
あきらさん、
阿部さん、
宮さん、
2165さん、
ご名答です。

GG2さん、
とめさん、
宮下さん、
そう見えて当然ですから、
これは惜しいです。

三太郎さん、
なかなか渋いですよ。
確かにエクシーガのブルーメーターを、
ふっと思い浮かべる可能性がある。
f0076731_21111813.jpg
このようにエクシーガには常自発光式で、
ブルーが鮮やかなメーターが装備だ。
但し電源を落としても、
エクシーガブルーが文字盤に残る。
f0076731_21134063.jpg
これがエクシーガのメーターだ。

SUBARUはこの当時から、
メーターの使い回しにいわゆる「節操」がない。

組み合わせれば何でも良いと思っているので、
ブランドを最も感じない部分でもある。

何しろフォレスターのようなクルマさえ、
水温計を外して燃費計付けると言う、
トンマことまで平気でやった。

さてこのフォレスターは平成20年式だ。
f0076731_21170143.jpg
3つあるうちの中間グレード2.0XSだ。

あの頃、とにかくメーカーオプションが複雑すぎた。

これはアドバンスドパックで、
ルーフレールが付いていない。

だから走りがやっぱり違う。

オンロードの高速領域で、
道が撓るとそれをいなす。

何を隠そう、
今のS-Lmitedの源流に当たる、
のが2.0XSアドバンスドパックという希少車だ。

プラチナセレクションなら知ってる人も多いだろう。

アドバンスドパックとは、
16インチのホイールとタイヤを、
17インチにアップして、
さらにタイヤ幅も215からを225にサイズアップ。
f0076731_10125272.jpg
メーターもブルー三連ではなく、
スポーツルミネセントメーター(ウエルカム&グッドバイ照明付き)を採用した。
f0076731_21143641.jpg
いわゆる「ターボルック」と言うヤツさ。
その二つを組み合わせ、
アドバンスドパックと呼んでいた。

このフォレスターは大衆にしっかりと支持され、
空前の大ヒット作となった。

最低地上高215ミリの余裕ある走破性。
ランプブレークオーバーアングルを稼ぎ、
アプローチアングルと、
デパーチャーアングルも十分確保した。

VDCと電子制御AWD「M-PT」を組み合わせ、
X-MODE並みの悪路走破力は当時から確保していた。

見かけの派手さには欠けるが、
柔軟性抜群の水平対向DOHC16バルブAVCSエンジンは、
最高出力148馬力を6000rpmで発生させ、
19.5kg・mの最大トルクを3200rpmで発揮する。

メーカーオプションのポップアップウオッシャーを装備したHID、
キーレスアクセス&プッシュスタートには、
国土交通省が認可したイモビライザーが組み合わされている。

今に始まった事ではなく、
この当時から歩行者保護にも手抜かりは無い。
カウルパネルとフロントパネルに衝撃吸収構造を採用。

フェンダー丈夫にも衝撃吸収構造を採用。

だから最初観た時に「がばがば」な感じがした。
衝撃を均等に分散するフロントフード骨格を採用。
フロントフード前端に衝撃吸収スペースを確保。
フロントバンパー前面に衝撃吸収材を内蔵。

今ほど安全をくどいほど前面に出さなくても、
当たり前のようにやっていた頃のSUBARUの事を、
「お客様を裏切らない」と言う事だと、
SUBARUの役員は自覚する必要があるだろう。

f0076731_10123970.jpg
メーカーオプションのリヤスポイラーを装備し、
ルーフレールの無い姿も素晴らしい。
f0076731_10130827.jpg
フォレスター系にオレンジステッチを採用したのも、
もうこの頃からのしきたりだ。
ジェットブラック・ファブリックの撥水シートに、
キリリとオレンジステッチが映える。
f0076731_10325126.jpg
助手席側を見ると、
犬の足跡の様なマークがタグに刻まれている。

ただし今もそれが通用するかと言うと、
すっかり時代遅れになっている。

オレンジの差し色は気持ちが悪いと、
STI tSの頃から進言するが、
余程好きなのに違いない。

三菱が喜んでやるようなことの、
二番煎じは面白くないな。

イエローグリーンをアウトバックから捥ぎ取る方が、
企画としては面白かったと思う。
f0076731_10361724.jpg
このクルマは贅沢な事に、
メーカーオプションが満載だ。

面白い組み合わせで8wayパワーシートが装着されている。
助手席を見ると、
f0076731_10405371.jpg
こちら側も同様にパワー化され、
しかも4段階温度調節が可能な、
f0076731_10383425.jpg
シートヒーターも付いている。
面白い。

ちょっと暫く付き合ってみて、
フォレスターの面白さを振り返ってみよう。
最新型の良さが「炙る出される」はずだ。

4月前半を振り返ると出張の連続だった。
f0076731_17120441.jpg
いつもの居酒屋で一息ついた。

生ビールが美味い。
540円。

f0076731_17121978.jpg
旨い鰹にあり付いた。
740円。

チェーン店に行くことはまずない。

それくらいならスーパーマーケットで、
店内に並ぶ自店製の総菜を買う。

コンビにもなるべく出張時の晩酌には使わない。
ココロが淋しくなる。

だから多少割高でも、
チェーン店ではないホンモノの居酒屋を探す。
f0076731_17123057.jpg
アスパラガスを茹でただけだが、
素材がしっかりしていて美味い。
470円だ。
f0076731_17124792.jpg
魚の良い店は焼き魚が美味い。
特に「かま」は狙い目だ。
この店はサイズごとに値段が違う。
あらかじめそれを聞いて選ぶ。
890円だが美味しくて割安だ。

出張に出ると、
このようなメニューが無性に食べたい。

美味しいものと言えば、
お菓子も沢山戴いた。

ありがとうございます。
f0076731_17125835.jpg
まとめて振り返る。
中瀬さんに頂いた和菓子も美味しかった。
f0076731_17130940.jpg
塩漬けの桜の花がステキだった。
f0076731_17132091.jpg
程良い甘さで、
とにかく体に優しい。
f0076731_17133232.jpg
この最中も美味しい。
何時食べても新鮮な気持ちになれる。

お酒も頂いた。
f0076731_17134348.jpg
丸川さんからもらった江戸前の純米酒だ。
f0076731_17135517.jpg
書いてある通りの、
スッキリとした飲み口だった。

f0076731_17140650.jpg
一晩で完飲いたしました。
とても美味しゅうございました。
f0076731_17142071.jpg
後藤さんから戴いた、
大福もちも凄かった。
f0076731_17143283.jpg
まずきな粉餅から食べた。
有り余るきな粉をこぼさぬようにして、
f0076731_17151017.jpg
食べる度に付けていく。
f0076731_17152424.jpg
贅沢な味だ。
こんなに美味しいと止まらない。
f0076731_21484953.jpg
我慢できずに豆大福も頬張った。
f0076731_21493501.jpg
うまい!

熊谷さんから戴いた、
名古屋の味も嬉しかった。
f0076731_17153539.jpg
久し振りにしるこサンドを食べた。
変わらぬ香ばしさが嬉しかった。
f0076731_17154695.jpg
この生しるこサンドも、
想像以上に甘さ控えめでフレッシュな味だった。

皆さんありがとございました。

いよいよ工事が始まった。
f0076731_17161474.jpg
中津川方面から来ると、
既にこの位置から入ることが出来ない。
センターラインの右側を掘削している。
その先は走行できるが、
橋の手前を左折できない。
f0076731_17172518.jpg
13名ものお客様が見学にいらっしゃる。

名古屋スバル自動車部御一行様だ。

心より歓迎するので、
道中気を付けてお越しください。

社員駐車場が工事現場の手前にあるので、
安心してお使いいただきたい。

お待ちしています。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29727325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-17 22:22 | Trackback | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction