望桜荘の桜と「半分、青い」

これは何かな?
こんな話は知らなかった。

何となく恥ずかしいなぁ。

浅知恵も甚だしいと思わないかい。

乳製品を活路にして道を究める開田高原でも、
時として油断や欺瞞が味を損なう。

そのような時に、
率直に意見を伝える。

更に中津川で突然ソフトクリームとなると、
いくらなんでも、
これは余りに手っ取り早すぎる。

青くした材料がソーダだと聞き、
余計に寒くなった。

クリームソーダならまだわかるけど、
一番売りやすいソフトクリームを青く塗り、
それで話題作りだとは浅いね。

味も胸を張るほど良いのかな。

こんなにゴリ押ししなくても良いのに。

もっと本筋で勝負し、
一過性のイベントに振り回されてはダメだ。

こういう所がNHKのたかり体質も煽るから、
行政はもっとホンモノを大事にすべきだ。
f0076731_19131172.jpg
火曜日に中津川市商工観光部で、
ポスターをもらってきた矢先のニュースだった。

なので余計に生々しかった。

望桜荘の付近で下水工事が進む。
ヤマザクラの横を掘り起こし、
作業は順調に進んでいた。
f0076731_19134706.jpg
掘った場所にあっと言う間に基礎が出来て、
翌日にはコンクリートで橋脚が出来上がった。
f0076731_19141627.jpg
お見事なものだ。
工事の後、
この部分は原状復帰が基本だと言う。
f0076731_19143945.jpg
柵も付ける予定は無いし、
埋め戻せば終わりだ。
f0076731_19151046.jpg
と言うことは、
ここまでコンクリートで固められるわけだから、
ベンチの周りにコンクリート板を置くのは、
決して適切な事じゃない。
f0076731_19153478.jpg
除けてある石のベンチを戻したら、
土の露出を出来るだけ増やしてあげたい。
f0076731_19161022.jpg
このコンクリート板も、
元々この辺りの建設工事で放置された余剰品だ。
だから、
この際思い切って処分した。

改めて思った。
ここを歩く人が増え、
中山道を楽しむ人が多い。

だから、
由来や案内、
それに休み処にもなればとも思い、
何か良い知恵が無いかと、
中津川市の商工観光部観光課に電話した。
すると、
主事の今井将史さんが、
とても快く応対してくれた。

それで早速クルマに乗って、
中津川駅前の賑わいプラザを訪れた。

ビックリしたね。
平日だと言うのに、
駅前のバスターミナルは賑やかだ。
あちこちに、
沢山の外国人がいるでは無いか。

ここは何処?

増えてはいたけど、
数年前には考えられないほど、
インバウンドが盛んだ。

そう言えば、
たまに望桜荘の山桜の横も、
外人を含め多くの人が歩いている。

今井さんにそのことを告げると、
「ああこの本の影響です」と、
一冊の本のページをめくった。
f0076731_19164077.jpg
目を疑った。
すべて英語で書かれたガイドブックは、
日本で作られたものでは無いようだ。

そのTOP25の行くといい場所の、
何と20位にランクアップされていた。
f0076731_19171732.jpg
それがこの本だ。
ロンリープラネットという。

最近東京でもpopな外国人が沢山いて、
日本文化を肌で楽しんでいる。

普通に親しんでもらうには良い事だ。

そう言えば三年前にやって来たジャンも、
岩村の民泊施設に滞在した。

ただ心残りなのは外国人が求める日本と、
日本の求める将来の姿が乖離し始めている事だ。

中津川市が目指す、
「らしさ」は何か。

今井さんと話していたら、
係長の曽我安土さんも加わって戴けた。

インバウンドに対する、
いくつかの対策も順調に進んでいた。
f0076731_19173765.jpg
始めて見るパンフレットだった。
中津川市を単独の行政区と考えず、
岐阜県東部をリニアを核にひとまとめにする、
それが「東美濃構想」だ。

ご当地ナンバーを作ると言うのもその一環だが、
あまりにも浅知恵で地域住民の同意を得られなかった。

当たり前だろう。
無理に変えようとするからだ。

目指すことは何か。
無理に変えるのではなく、
良い方向に向かいながら壊さず残す事だ。
f0076731_19180581.jpg
馬籠が信州から中津川に編入し、
妻籠の「ついで」ではなく、
個性の際立つ両雄となった。

22Bオーナー達には、
こちらの方がお気に召したほどだ。

何故かと言うと、
駐車場のお金を取らないし、
グループ撮影できる場所もある。
f0076731_19225667.jpg
パンフレットには、
お得意様の経営する宿もあった。
白木屋さんが、
宿泊施設とは知らなかった。
一人4500円なら、
是非宿泊したいと思う人も居るはずだ。

参考にして欲しい。

中津スバルを訪問し、
夜を馬籠で過ごすのも悪くない。
f0076731_19334859.jpg
近藤さんが経営される、
ユースホステルも紹介されている。

恵那市の岩村でロケされたのだと、
すっかり信じていたのだが、
中津川でも撮影されたらしい。
どこで撮影されたのだろう。

実に興味深い。
その場面を楽しみに、
ビデオに録画しておこう。
f0076731_19473352.jpg
観光課を訪れて、
とても良い勉強になった。

さて、
WRCも広域で開催する世界的行事だ。
それがこの地にやってくる。

しかも世界を相手にする放送事業だ。

その時、
中津川市として何ができるのか。
楽しみだな。

ところで、
もしブログの愛読者の皆さんに、
詳しい方がいらっしゃるなら、
是非ともお聞きしたい。

こうした独自の環境改善活動と、
行政の連携が効果を出した、
良い案件が無いだろうか。

面積は少ないけど、
この場所には渋い味がある。

ご存じの方がいらっしゃったら、
良きアドバイスを戴きたい。

望桜荘のヤマザクラを、
際立てながら楽しめる方法が、
きっと何かあるはずだ。

宜しくお願いします。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29731886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スバルなホンダ at 2018-04-21 12:53 x

こんにちは(*´꒳`*)

地域振興は我が地元もアピールが下手で有名な地方自治体ですのでw

ただ、アピールよりも質やサービスで勝負した結果のアピール不足も...

それで廃れないのは本質をみて足を運んでくれる方々がおられるからこそだと理解しております。

過剰に便利な世の中で、ネットで調べて知る事が経験値であると勘違いしがちな現代ですから...

足を運んで確かめて良いと思えばまた訪れるサイクルと、またそれを紹介したいと口コミがネットで広がっていく情報には行政の作為は無いと、その作為のない営業活動こそ魅力なのかなと理解しております。

桜の木 近辺の工事業者様が '心'のある方々で良かったですね!安心しました。

先日のブログで、桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿と仰ってましたが...リアルに庭木の剪定を自分ですれば言葉だけと、ことわざとしての意味も理解できますね。

近頃は頭の中を、桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿と木を見て森を見ず...

この ことわざ がルーティーンしておりますw

お忙しいでしょうが、お仕事 頑張って下さい♪

私は休日を楽しみます。

それではまた♪
Commented by けだまん at 2018-04-21 14:39 x
まったく的外れでしたらすいません。
千葉県のいすみ鉄道は何もないことを売りにして
頑張っておられます。ホームページの社長ブログを
ご覧にになってください。
Commented by b-faction at 2018-04-21 17:32
スバルなホンダさん、良い休日になりましたね。真夏日とは驚きました。一足早い夏を楽しんでください。
Commented by b-faction at 2018-04-21 18:06
けだまんさん、面白い情報ありがとうございました。楽しく拝見しました。気動車に拘るところが良いですね。当地にも明知鉄道と言うローカル線があります。富士重のレールバスが走ってますよ。
Commented by アトラス at 2018-04-23 11:04 x
中山道を歩く人たちのために、
風景にとけ込む望桜荘の東屋のようなトイレはいかがでしょうか?
中部圏愛知の大手メーカーのスポンサー協力で、最新鋭の器材を設置し、日常の管理は行政が担当し、つかの間腰掛けることのできるスペースを用意する。
粋な水場をあしらい、ペットボトルや水筒に汲み出せるようにする。

外国の観光地と比して、日本の誇るべきは、きれいな公衆トイレと水道水に困らないこと。
皆の記憶としていつまでも残るような美しいトイレを設置する。
作ることは容易いかもしれませんが、保ち続けることに日本の文化の素晴らしさが込められているトイレ。
長い目で見て、国際的なニーズにも応えるとすると、屎尿処理や管理清掃には行政を通したプロの力が必要でしょう。

いかがでしょうか?
Commented by b-faction at 2018-04-23 15:40
アトラスさん、素晴らしい提案ですね。トイレのアイディア、温めてみます。
Commented by アトラス at 2018-04-23 20:49 x
イメージが違ったら申し訳ないと思いながらも、
下水道工事と、外国からの観光客と聞いて、風情を楽しみに集まる人たちに、日本の技術と文化を、と、思いました。
日本人に対しても文化の継承として、看板はお手洗い、トイレ、ではなく、「厠」「御不浄」「手水」のような風情ある看板と、それとは別に外国人にも分かる英語とポルトガル語の表記(中国語、韓国語を併記するケースはたくさんありますが、敢えて姉妹都市の言語だけ英語に併記する)とか、行政が取り組む意義も込められてはいかがでしょうか?
Commented by b-faction at 2018-04-23 21:31
アトラスさん、一足先に発注してるものと近いです。実は手押し式の井戸ポンプを災害時に備えてSABの前に設置します。
Commented by ことら at 2018-05-08 22:02 x
初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

本文にあった「独自の環境改善活動と、行政の連携が効果を出した、良い案件」で参考になればと思い書かせていただきます。

北海道の美瑛町にある青い池ですがそれを世界的に有名にしたカメラマン「ケント白石」氏の活動です。
無名だったら池を自治体を協力して環境を改善し近年はライトアップを大成功させました。


ケント白石氏のブログに詳しく書いてあるので観ていただければ幸いです。
Kent Shiraishi Photo Blog https://blog.goo.ne.jp/chimaki-1014


日記は写真撮影がメインなので青い池関係を探すのは大変ですがこれをみればわかりやすいかもしれません。

「青い池のライトアップ」はクリスマスの実施を目指して奮闘中!vol.2
https://blog.goo.ne.jp/chimaki-1014/e/cc6d8c7d201283b7330d27d0ace8ebb4


中津川および周辺でも青い池のような多くの人々に訪れる観光地が出来ることを願ってます。
Commented by b-faction at 2018-05-09 14:34
ことらさん、コメントが埋もれていました。大変失礼いたしました。青い池の情報ありがとうございます。参考にさせていただきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-20 22:00 | Trackback | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction