サブロクの還暦と楽しい来訪者たち

望桜荘の花梨が綺麗に花を咲かせた、
f0076731_19042487.jpg
儚いピンクが新緑と青空に映え、
とても爽やかで美しい。

f0076731_19043895.jpg
とても爽やかな人たちがやって来た。
名古屋スバルの自動車部御一行様だ。

この仕事に就いた昭和50年代から、
名古屋スバルにそのような組織がある事を知っていた。

きっかけは中津川にある黒井沢と言う場所で、
4WDジャンボリーが開かれたからだ。

そこにSUBARUレオーネエステートバン4WDを駆る、
一風変わった人たちが参加した。

嵩上げ車高の4WDバンが、
ジープやジムニーを相手に不整地を駆け回っていた。

当時はSTIなど正規のモータースポーツ関連部署は無く、
宣伝課の一部が群馬の太田にある実験部隊と組んで、
準ワークス活動をしていた。

他に「チームスバル」というモータースポーツ組織もあって、
ラリーやダートラに挑戦していた時代だ。

その頃の名古屋スバル自動車部も、
チームスバルと関わりがあったようで、
親しくなったメンバーの一人が、
普通では知り得ない不思議な情報を沢山教えてくれた。

普段なら店を閉める水曜日だが、
同じSUBARU仲間だから、
この日しか集まれない事は良く解っている。

それで朝からシャッターを開けて来訪を待つと、
聞きなれたスバルサウンドが遠くから響いてきた。

おおよそ漏れ無く、
クルマが好きな連中の行動は同じだ。

まず工房の奥のギャラリーから動けなくなる。

上へどうぞと言っても、
砂糖を見つけた蟻のようにあちこちで塊を作る。

f0076731_19044963.jpg

呼び集めてB-factionを案内し、
f0076731_19050214.jpg
次にSABを案内した。

ここにはアルシオーネのホワイトボディがあるので、
スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とは何を意味し、
それがボディコンへどのように棚がってゆくのかを、
旧世代のボディの細部を見せて説明した。

いよいよSGP第二弾がまもなくデビューするから、
せっかく来た機会にもう一度復習してもらった。

f0076731_19051583.jpg
芝桜が綺麗に咲いた望桜荘に案内し、
少し「まったり」してもらった後に、
冒頭の記念写真を撮影した。
f0076731_19053030.jpg
過去のSUBARUが何を意味し、
これからのSUBARUに何を期待すべきなのか、
まずきちんと予習して戴いた。

そして次の目的地に移動した。

自動車部のリーダー磯貝さんの乾杯で、
バーベキューがスタートした。
f0076731_19055988.jpg
真夏のような陽射しなので、
ノンアルコールビールが旨い。

妻と娘で仕込んだサラダやマリネ、
炊き込みご飯のおにぎりが飛ぶように胃袋に収まった。
f0076731_19061559.jpg
いいねぇ。
若い人たちには勢いがある。
最近バーベキューなどやった事が無いので、
皆さんの来訪が良いきっかけになり楽しい時間を過ごせた。
f0076731_19063866.jpg
せっかく名古屋から来訪されたので、
ご当地の名産品も揃えた。
f0076731_19071079.jpg
骨付きソーセージも地元の熊崎畜産で購入した逸品だ。

これは凄く美味しいので、
中津川に来たらお土産にされると良いだろう。
中津スバルから1kmほどの場所にあり、
金曜と土曜だけ店を開く。

お腹が満ちた所で、
それぞれの自己紹介が始まった。
f0076731_19072360.jpg
全て紹介したいところだが、
時間の都合で省略させていただく。
磯貝部長以下、
中川区の加藤さん、
岡崎市の葉賀さん、
守山区の柴田さん、
東海市の寺田さん、
天白区の伊藤さん、
小牧市の稲熊さん、
西尾氏の浅岡さん、
春日井市の小島さん、
豊田市の根石さん、
千種区の足立さん、
f0076731_19083349.jpg
とても楽しいお話をありがとうございました。

そしていよいよ〆の時間になり、
飛び切りのB級グルメを用意した。
f0076731_19084521.jpg
とてもバーベキューに向いた「ケイちゃんやきそば」だ。
新しい中津川名物なので、
このパッケージも覚えておいて欲しい。

日持ちしないので中津川に来たら買って帰ろう。
f0076731_19090342.jpg
ステキなお土産を戴いた。
ずっしり重い袋から上等な箱に入った包みが現れた。
f0076731_19092291.jpg
これは初めて見るブランドだ。
仏蘭西焼菓子調進所と書かれている。

洒落た店の名は足立音衛門。
f0076731_19093339.jpg
ほう。
ロールケーキじゃないか。
f0076731_19094594.jpg
皆揃ったら包みを開く。
切って食べる時がとても楽しみだ。

f0076731_19095856.jpg
皆さん有難うございました。
どうぞご遠慮なくまたお越しください。

皆さんに見て戴いたクルマたちは、
黄砂の影響を受けて真っ黄色になっていた。

手の届く範囲なら拭けるけど、
全体的に少し汚れた状態だったので、
一斉に中から出して掃除した。
f0076731_19101028.jpg
還暦を迎えたようなクルマは、
なるべく濡らさない方が良いので、
ボディ全体をタオルで優しく拭いてやる。

サブロクの後に1000シリーズを綺麗に整えた。

月に一度掃除することはとても大切で、
f0076731_19102212.jpg
劣化の状態も把握できるし、
展示中の変化も掌握しやすい。

良く見たらスバル1000の説明看板がなくなっていた。
f0076731_19103642.jpg
移動する内に付け忘れたのだろう。
後席に転がっていた。

もう一台のスバル1000には、
ちゃんと看板が乗っている。
f0076731_19104971.jpg
けれども、
これはまだまだお見せできる状態ではない。
f0076731_19110595.jpg
室内は綺麗になり、
メッキパーツも完成した。

内装の貼り換えも終わっているが、
走れるのはまだまだ先だ。

何しろ「復活」させる作業は当分難しいのが実情だ。

このクルマのように形に何の問題も無く、
f0076731_19112132.jpg
しっかり走れるものを整えるのは比較的容易だが、
その他の作業はすべて凍結せざるを得ない。

理由は簡単で、
大きな作業をスケジュールに組む余裕が無い。
f0076731_19113522.jpg
維持管理をすることも大変な苦労が伴う。

このクルマも正面装備となった以上、
常に100%の能力発揮を必要とされる。

久し振りに1kmほど走らせて、
このクルマの「怪音」を楽しんだ。
f0076731_19114731.jpg
運転席で聞くより、
通過騒音を聞く方が愉しいなんて、
まさしくこれこそ、
スバリストが泣いて喜ぶクルマだろう。
f0076731_19120031.jpg
テストを終えて杉本君の手に託した。
メカニックの愛情が古いクルマには欠かせない。
f0076731_19121040.jpg
久し振りに、
ワークスチューンの完全バランスエンジンと、
ナイフでバターを切る手応えを味わった。

f0076731_19122184.jpg
こうしてお化けのGC8は、
久し振りに大きく深呼吸してギャラリーに戻った。

お化けと聞くと酷いと思うかもしれないが、
本当にゾンビみたいなやつなんだ。
f0076731_19123518.jpg
こうして並ぶと、
お化け同士、
お互いに気が合うように見えないか。

スバル1000も、
真っ新のカバーに交換されて再び眠る。
f0076731_19124932.jpg
一部のガラスを外したままなので、
埃だらけにならないようカバーする。
f0076731_19130260.jpg
最後にR1を納めて、
作業は無事完了した。
f0076731_19131631.jpg
基本的に本館の展示車はこの13台だ。
他にもその時の状況に合わせて展示が増える。
f0076731_19132944.jpg
来訪者の皆さんにお願いしたいのは、
絶対に手を触れないで頂きたいと言う、
非常に簡単なルールだけだ。

元々展示が目的ではないので、
車体の間にほとんど隙間が無い。

クルマが揃ってる雰囲気を楽しんで欲しい。



ところで、
最近非常に困った事がある。

いきなり電話で「整備士に換われ」と言われるケースだ。

先日も偶々電話に出て、
その様な事を言われたので「出来ない」旨を伝えた。

理由は忙しいからに決まっている。

すると「古いサンバーのリヤハブを分解する方法を教えろ」という。

決してお願いではない。
命令口調だ。

中には「電話を折り返しよこせ」と言う人もいる。

断ったら罵詈雑言を浴びせ掛けられた。

こういうことは、
まずお得意様となり人間関係を構築してからだろう。

人にモノを頼む礼儀を知らない。
「スバルなのに答えられんのか」

「はい、お客様相談室に聞いて下さい」

「あんなとこにかけたって背広着た奴が適当に答えるだけだ」

「そんな事はありません。お客様相談室は立派な人たちの集団です。
逆に私たちが彼等にとっても超問題児なんです」

「お前誰だ、名前を言え」

「社長の代田です」

「××凸凹+/-~=+*・・・・・」

良くここまで言うよなぁ。

妻の場合は女性なので、
もっと「きつく」言われたらしい。
どちらのケースも電話の声は先輩にあたる年齢に感じた。

まだまだ修行が足りないようだ。
「解脱」できていないので、
ついムカムカする(笑)。

これは嫌味ではなく、
良い「歳を重ねる」ための、
反面教師とさせて戴きました。

だから罵詈雑言も有難く拝聴できる。

もしメールを送って戴けたら、
やれる時間を見つけて直ぐわかる事なら書く。

それが頭の中の引き出しを開けるきっかけにもなるので、
問い合わせを否定しているわけでは無い。

簡単に解らない事は、
解らないとお答えする。

それがもし調べたいと言う執念に変われば別だ。

その事がきっかけで、
徹底的に調べたりする。

もし自分のクルマのことで気になる事があるのなら、
まず点検整備に入れて欲しい。

電話で調べて貰おうとしても無理だ。

まず電話で予約だけして欲しい。
あとは点検に来て戴くしかない。

お互い忙しいはずだ。
その辺りに阿吽の呼吸が欲しいなぁ。

ネットで得られる只の情報が蔓延する中、
絶対に解らない情報も多い。

そう言う事を、
自分の都合で手っ取り早く聞こうとするのは、
相手の事を考えない迷惑な電話だ。

まあ世の中には色々な人が居る。

こんな事を書くと余計な刺激をするかもしれないが、
もっとムカムカする事も多よなぁ。

最近の政治を見ていると酷いね。

野党のオツム、
程度が低すぎないか。

メディアもつまらない事をことさら煽りすぎだし、
新聞社も放送局もスタンスがおかしい。

つまらない事の上げ足を揃って取るくせに、
本当の大事なことを執念を掛けて見せ無い。

つまり自分の体張って、
裏の裏まで見せようとしていない。

政治家も嘘八百で飾り立てるから、
なおさら始末が悪い。

「良識」とは何か。

セクハラ、パワハラとヒステリックに騒ぐことは良いけど、
そんな事ばかりやってるとまたスキを突かれるぞ。

働き方が厳しいと言うけど、
一人で働いたらもっと厳しいぞ。

日本の政治を子供じみた野党が滞留させ、
それを派閥の反主流派が後押しする。

日本の働き方がブラックだと、
メディア全体が取り上げるうちに、
メディアの力が週刊誌より下がった。

公休日だらけの日本にして、
競争力を付けないように付けないようにそぎ落とされ、
最後に笑うのは本当に今の若い世代なのだろうか。

サブロクの還暦を祝う気になれないね。

今の日本にはもちろんの事、
スバルにも恐ろしいほどの執念を持つ人たちが少ないからだ。

サブロクを祝っても何の効果も無い。

祝うべきはサブロクを作ってから、
スバル1000を開発した「恐るべき執念」だ。

その頃の日本に帰る日はいつになるのだろう。

「不良老人だけにはならないぞ!」
そう心に固く誓ったのでした。

チャンチャン。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29736250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 中原 at 2018-04-22 09:21 x
 社長おはようございます。

なんだか、とんでもないヤツの電話でしたね。

おっしゃるように年配のようですし、だとしたら定年になってヒマこいている輩でしょうね。家の中いると、その母ちゃんにイヤミ言われるから表で何かをしているしかできないのでしょうね。

ご承知かとは思われますが、そういったことは絶対に教えない方がいいです。何かが発生した場合に責任問題を問われますからね。
Commented by b-faction at 2018-04-22 11:10
中原さん、大きく時代が変わりました。その中で変わり切れない物が捻じれ過ぎてます。そのストレスがイジメに向くのは閉じ込められた生物の宿命ですね。解き放たれた野生の世界なら弱肉強食で強いモノしか残れません。
Commented by 5515daisukebe at 2018-04-22 17:16
先日はお忙しい中、ありがとうございました!
名古屋スバルの葉賀です。
サラダやお肉本当に美味しかったです。また、
事前のご準備ならびに当日の完璧な段取り等に
感謝いたします。
スバルの歴史や運転するまでのルーティン、
ステアリング操作など興味津々でお話を
伺うことができとても楽しい時間を過ごす
ことができました!
本当にありがとうございます(^^)
Commented by b-faction at 2018-04-22 17:42
5515daisukebeさん、こんにちは。僕も楽しく過ごさせていただきました。バーベキューは大勢いないと面白くないですから、また機会を作って遊びに来てくださいね。お待ちしています。
Commented by スバルなホンダ at 2018-04-22 20:45 x

(*´꒳`*)お疲れ様です♪

関東は今日も夏日でした💦

とても失礼な電話を受けてしまったのですねw

ノウハウを電話で簡単に得ようとは...

トホホですよね。

私はDIYにて簡単な整備はするのですが、ネットで得た情報だけで何とかなることは先ずないです。

スタビリンクを交換するだけでノウハウがあるし、BL5のリヤサス周りの整備やブレーキキャリパーを外すだけでも工具の組み合わせやサービスホールの通し方すらノウハウありますものw

時にSSTが欲しいなぁ...

なんて思う程です。

物売りさんあっての造り手さんで、また逆もですよね。

鈍感力で頑張って下さいねw

Commented by b-faction at 2018-04-22 21:33
スバルなホンダさん、それ得意です。社員にも多いです。
Commented by いちご味 at 2018-04-26 12:43 x
クリーム色の360がブログに出てくると、とても癒されますね。
Commented by b-faction at 2018-04-26 13:17
いちご味さん、ありがとうございます。拘りの調色なので、そう仰っていただけると大変うれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-21 22:09 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction