イジメと弱肉強食を考える

f0076731_16141722.jpg
ちょっと目を離したすきに、
アキグミが一斉に開花した。

このあっさりした色も好きだ。
f0076731_16142991.jpg
葉と花の濃淡があいまいで、
上品な黄味がかった色だ。

まさにアースカラーそのものだ。
次の新色ジャスパーグリーンは、
このコンセプトで調色されたはずだ。

環境整備の後、
全員で浅野様の納車式に備えフォレスターをピカピカに磨き上げた。
f0076731_16144319.jpg
マニュアルシフトの美味さを知っているから、
日産ファンからスバリストに鞍替えされたのだろう。

マニュアルを愛する若者が居ることは、
スバルにとって大切な刺激になる。
f0076731_16150264.jpg
一人でも多くの人にクルマの楽しさを伝えたい。

それはレンタカーやカーシェアでは理解できない、
家畜を所有する男の喜びなのだ。
f0076731_16151679.jpg
一週間前にブルーベリーの様子を観察した。

ちょっと弱っていた株も、
新しく枝を出して芽吹いていた。
なかなか強い植物だ。
だから開田高原の様な環境でも強く育つのだろう。
f0076731_16304172.jpg
この株が一番元気で逞しい。
昨年も沢山の実を生らした。

一週間で株の周りは大きく変わった。
f0076731_16310063.jpg
雑草も増えて一瑞々しくなり、
一気に開花が始まっている。

先週の観察ではツボミの状態だった。
f0076731_16312216.jpg
このとき株ごとに見たところ、
生育状況の違いだけでなく、
この株のように蜘蛛の巣が張っているものがあった。

小さな緑色の蜘蛛が綿の様な巣を作っている。

株にとってどんな影響があるのか解らない。
ブルーベリーの若芽を狙う昆虫の天敵かもしれない。

人間が手を加えることで、
生態系のバランスは必ず狂う。

だからと言って放置すると、
人間にとって気分の良い環境ではなくなる。

そこをどうするか、
取捨選択しながら活動を続けるから面白い。

大変なことを面白くすると長く続けられる。
f0076731_16313956.jpg
良く見ていたら、
数本の株に異物が付着していた。

どう見ても木の一部なのだが、
取って付けたイボの様にに変てこりんだ。

むしり取ると柔らかい。
f0076731_16321148.jpg
そう言えば妻が以前、
「沢山ミノムシが付いてる」とべそをかいていたのを思い出した。

ミノムシの中身を想像するだけで、
おどろおどろしくなるらしい。

特にしゃくとり虫が一番嫌いだ

あんなに面白い虫はいないと思うのだが、
農村生まれにしては珍しいオンナだ。

しらみつぶしに探して、
掌に納めると何となくモゾモゾ動く。

忍者みたいな昆虫なのだ。
f0076731_16322481.jpg
机の上に髪を敷き、
一つ一つ抜き出した。

その様子を見た妻は、
青い顔をしてどこかへ逃げた。
f0076731_16345292.jpg
やけにどす黒い幼虫だ。
同じような外観でも、
左側の様に中身を出したら干物状態の奴もいる。
かなり個体差が大きいので、
今年は彼等にとってもキツイ年だったのかもしれない。
f0076731_16352432.jpg
実に不思議な虫だ。
恐らく蛾になるのだろう。
ミノムシの事をあまり詳しく知らない。

綺麗に整えられたブルーベリー畑は、
比較的害虫などから守られ幸せな存在だが、
勝手気ままに増殖できず剪定という名の下に切り刻まれる。

好きなようには生きられない。

ミノムシは勝手気ままに生きられるが、
そこには食物連鎖と言う怖い掟があり、
常に弱肉強食の環境に晒されている。

すぐ脇を流れる六地蔵川にウグイが戻ってきていた。

f0076731_16354099.jpg
下段の溜まりの深い所に、
20cmくらいの魚影を見た。

梅田組の杉木さんにお願いし、
この場所にヤマザクラを移植してもらった。

STI生誕30周年の記念植樹に、
水管橋の敷設で切り取られそうになった幼木を用いた。

f0076731_16355850.jpg
直後にしおれていたので心配したが、
一週間経ち樹勢が戻ってきた。

直後に雨が降ったのもラッキーだった。

f0076731_16361425.jpg
この場所は焚き火を繰り返したので、
桜にとっては比較的良い環境かもしれない。

はなさかじいさんを思い出した。

そんな事を考えていたら、
右の奥にブルーシートが貼られていることに気付いた。

公会堂に行くと綺麗に座布団が並んでいた。
f0076731_16363115.jpg
そうか、
一年に一度の法要の日なのか。

地域の役員の人たちが、
法要の準備に取り掛かっていた。

中仙道は江戸時代の五街道だから、
行きかう人が多かったのだろう。

あちこちにその当時の名残がある。

特にこの辺りは八幡神社もあるし、
今は無いが300年ほど前には大林寺が存在していた。

六地蔵はその参道の名残なので、
この辺り一帯にお墓などが点在していた。


勿論今でも沢山の墓があちこちにある。

そして交通事故で人が亡くなった場所には、
なんともおかしな気配を感じる。

無理に道路を作ったりすると、
絶対に良くない。

お祓いと言うのは、
そう言う事に対するけじめを、
自分自身の中に植えこむことだ。

相撲の話題で最近、
「不浄」という考え方に問題があるとされるが、
古くからの習わしにはそれ相応の理由があるので、
何でも非科学的だと一蹴しない方が良いだろう。

親しかった同級生が、
半経数百メートル以内の場所で、
6~7年の間に二人も自動車にはねられて亡くなった。

この辺りには、
理屈では説明できない環境がある。

そして至る所に馬頭観音や弘法様、
それに庚申様も混在する。

それらに決して罰当たりな事をしないが、
あえてつくづく眺める事も無い。

f0076731_16364482.jpg
生活の一部に過ぎないからだ。

この弘法様は、
もともとヤマザクラの古木と対だった。

むしろ弘法様の隣に植えたと言うのが真実らしい。
今は亡くなったが、
桜の向かい側に住む古老から聞いた。

もしかすると100年近く前に、
今と同じ自然発芽が起きたのかもしれない。

それを誰かが植えたと勘違いしても不思議ではない。

まだ桜の木の近くにあった頃の、
弘法さまを「うろ覚え」している。

もっと小さくて古い社だった。

それを移設時に近所にお住いの岩井さんが、
装い新たに建立された。

移設前には、
左側から二番目の弘法大師だけだった気がする。
もしかすると右端の小さい方もあったかもしれない。

常に赤い前掛けを誰かが交換していた。

ここに移設してから4つに増えた気がするが、
対して気にも留めていなかった。

なぜなら庚申様もあちこちに存在するので、
どこかにあったものを合祀したと勝手に決めていたからだ。

つい先日、
岐阜広告の棚橋さんが来訪され、
桜周辺を散策していたら弘法様をしげしげと見ていた。
f0076731_16365549.jpg
「社長、こんな石仏を見たことがない!」

確かに言われてみればその通りだ。

蓮の葉に乗った庚申様じゃないのかぁ?

とも思ったが、
棚橋さんが言うには全体の姿が余りにも奇妙だと言う。

ふーん。
薄く字が書かれていると聞いて興味を持った。

f0076731_16370881.jpg
それで丁度良い機会なので、
集まっていた役員の方に、
この石仏の出自を訪ねた。

ところが誰も知らないと言う。

引っ越してきた人の方が多いけど、
昔から住んでいる人の子孫もいる。

誰も知らないなら仕方がない。
f0076731_16372028.jpg
持ち上げたりひっくり返す気にはなれない。

小学校の近くには五百羅漢もある。
しょっちゅう野外学習でそこに行ったが、
昭和40年代の姿は酷いモノだった。

沢山ある仏像の頭が、
これでもかと言うほど叩き壊されていた。

当時は悪い子供たちの悪戯かと思っていた。

それはイジメでは無く弱肉強食だ。

石仏が叩き壊された理由は、
権力の移動だ。

当時の小学校の教諭は、
原水爆禁止運動や「べ平連」には積極的だったが、
古い日本の宗教に関してあまり詳しく教えなかった。

ましてや天皇陛下が好きだと言う、
そんな教員を見た事が無かった。

イジメなんて当時からいくらでもあって、
上級生から良くいじめられたものだ。

悪質でねちっこいイジメが多かった。

イジメられないコツは騒ぐことだ。
直ぐ親に言いつければ良い。

学校に対してすぐ文句を言うので、
先生も見逃せない。

イジメた奴を呼び出して叱るから効果があった。

更にイジメられたら逃げるのが一番だ。

学校が嫌ならいかなければ良いので、
それほど難しい事ではない。

良く熱を出す体質だから、
そのついでに学校を休んでしまえば良い。

扁桃腺が弱くてラッキーだった。

最近の世相で実に気味が悪いのは、
良い大人が寄ってたかって、
まるで小学生みたいないじめをする事だ。

隠れて出てこないと、
余計にいじめたくなるらしい。

証人喚問なんて公開いじめの場だな。

どっちがイジメで、
どっちがイジメられてるか、
顔つきを見ると良く解る。

あんな場所に絶対出さないと、
嫁を守り通す安倍首相は偉い。

これは嫌味ではなく本音で、
今の日本人に頭のおかしい奴が増え過ぎた。

まるで英雄気取りで、
人のプライバシーを漁る週刊誌も、
金のためとはいえ程度が悪い。

イジメたい奴らの集まりで、
しかもそれで稼いでるから始末に負えない。

なぜか。

フリーランスのハイエナから記事を買うからだ。
彼等は弱肉強食の世界で体を張って取材している。
だから気合いの入り方が違うんだ。

政治家になるためには、
その辺りに覚悟が必要だ。

新潟県知事も泣くほどのことじゃないのに見苦しい。

そんなに悪いことしたの?
してないなら、
止めずにイジメようとするやつらから逃げればよい。

政治家が弱肉強食のシステムで選ばれているのかは、
ちょっと疑問点が多いが、
政敵と言うのが居る以上、
常に「やるか」「やられるか」の世界に身を置く。

だから相当タフじゃないと務まらない。
簡単に泣くんじゃない。

そして政治家じゃない人間は、
そこまでタフじゃないから泣いても良いし、
いくらでも逃げて良い。

いやむしろ、
最近の厭らしい連中からイジメられそうな時は、
さっさと逃げていた方が利口だろう。

責任逃れだと言われるほど、
大した事でも無いのに、
頭を下げさせることに意味を見出す人間が増えた。

人間の世界を凝縮している場所が、
実は開田高原にあり興味深く見ている。

放牧された木曽馬のメスは、
強烈ないじめをしてヒエラルキーを構築する。

弱肉強食を取り払われ、
100%家畜化された世界ではいじめは当たり前のことだ。

良い大人が家畜化されている。
弱肉強食をわざと抜き取り、
休みをどんどん増やし、
死に物狂いで働くことはブラックだと言う。

そう言う点でスバルチームもおかしくなっている。
f0076731_21585407.jpg
今日岐阜スバルの杉山君が来たので、
申し訳ないけど少し厳しく意見を言った。

既に彼の頭の中はGWモードに入っていた。

いつから休むのかと聞くと、
「全国のスバルがメーカー基準に合わせるので、
25日から休みになります」と言う。

ひ~嘘だろう、
そう思って「何でだ」と聞くと、
5月5日から営業するのでそうなりましたと言う。

ふーんそれなら1日と2日は5日と6日を充当するとして、
26日と27日はなんで休むと聞いた。

「17日に社員大会がありその代休ですね」
じゃあ27日は何だと聞くと、
彼は思わず口を滑らせた。

「ついでに休むんじゃないですか」

これが本来なら脂の乗っているはずの、
働き盛りの嘘偽りのない本音だろう。

これぐらい働くことに対する感覚がマヒしている。

それで座らせてこういった。

ついでに休むとはどういうことだ。

顔色が変わったのですみませんと誤ったが、
このように日本男児を腑抜けにさせる政策が、
陰で秘かに進められているのだ。

休むなと言っているのではない。

毎年祝日が増え、
どんどん働かなくていいように仕向けられて、
今は良くても君らの子供の世代が怖くないのかと聞いた。

なぜこんなに休まなければならないのか、
君らの年になれば言われなくても疑問に思えと叱った。

我々の仕事ははっきり言って底辺を支える仕事だ。

世界から金を集め、
豊かな社会を作るのが日本に課せられた使命だ。

それは欧州が繰り返した搾取ではなく、
世界一優秀なモノを作りそれを売って金に換えることだ。

そのために必要なのは、
死に物狂いで働く事じゃないのか。

開発者や研究者は、
一旦仕事に溺れると寝食を忘れるだろう。

芸術家もそうだ。

仕事のやり方は千差万別なので、
それぞれに差がある。

我々サービス業も同じで、
人の遊んでいる時に稼がないと、
絶対に頭抜けていくことは出来ない。

ふにゃふにゃの頭にされて、
やたら仲間意識で囲い込まれると、
何かの拍子でいじめが始まる。

SUBARUの技術的枯渇も、
こんな世相が端緒なのかもしれない。

何故かと言うとトコトン働けずに期限だけを与えると、
絶対に練り込みが足りなくなる。

「休み返上」など考えた事も無い人が、
とことんまで練り込もうとする意欲を持つ事は無い。

どうしてここまで心配するかと言うと、
絶対に何かが狂ってると思うからだ。

繰り返すが休むなと言うのではない。

死に物狂いと死ぬことは違う。

日本に未来永劫と続く資源があるなら良いが、
今更江戸時代の鎖国には戻れないだろう。

世界で求められる優れたモノを作るから、
世界から金が喜んで支払われるはずだ。

それはとことん練り込まれたもので、
簡単に他の国に真似できないものだ。

それをやらないように世相から変える。
誰にメリットがあるかよく考えるが良い。

今の30代が気付いた頃には、
「時すでに遅し」かもしれないが。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29738097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 阿部 文昭 at 2018-04-23 08:30 x
代田社長

今宵のメインテーマ。
おそらく何方もコメントを寄せないのでは…?
それこそが今の日本の有り体ではありませんか?

自動車とそれらの文化を育み楽しんだり…SUBARUの成長と成熟を共に育む事も出来なくなるような世の中になるかどうかの瀬戸際に来ていますよね?

私は宗教者という立場で聖なる戦いを日々続けています。
その戦いを他の僧侶は見て見ぬフリ。
しかも何がおかしいのかヘラヘラ笑っている。
牙を抜かれ去勢された和顔愛語のニコニコぽっちゃりクソ坊主ばかり。
覚りも目指さず、むしろ覚った者を抹殺する相当臭い宗派です。

スミマセン…SUBARUとクルマの話しでした。

目先の経営戦略や会社組織の空気感でシゴト(クルマ作り)をしていたとしたら…?
かつてのフォードのように欠陥を知りながらもリコールするよりその欠陥による被害者に賠償金を払う方が安上がり…等という人の命をお金で計るような事になってしまうのでは?

今私は48歳。
これからもファンタスティックなスバルの有る生活を楽しむ為…否!
これから産まれる新しい命の為に正しきあり方を自ら発言し実践してまいります。

SUBARUに、そしてスバリストの皆さんに代田社長の今感じている事、発言されている事を理解してくださる方々が少しでもいらっしゃることを願ってやみません。

合掌
Commented by HASEGAWA at 2018-04-23 10:34 x
代田様

初めてコメント記載させて頂きます。毎日、興味深く拝見しております。

昨年夏に恵比寿にてフォレスターXTを購入いたしました。
代田社長のブログを大いに参考にさせて頂きました。
(階段上り下り動画は魅力的でした。)

当方は夫婦(加えて1歳9ヶ月の子供は無理やり?苦笑)で登山を趣味としており、長距離の往復や山道を負担無く走り、本当に購入して良かったと感じております。

車家畜論全くその通りかと感じます。
もちろん車自体の基本性能や出自が前提ですが、所有者/運転者の接し方、思い入れ次第で良くも悪くもなるかと思います。
これからも大切に家族の一員として乗りこなして参ります。

また、いつも本音辛口に思いを書いて頂き、背筋が伸びます。
休日のあり方=働き方、そして、自分たちの生き方=この国の行く末に思いを致す機会をくださり、誠にありがとうございます。

まずは自分自身からしっかりと生きていければと思います。

くれぐれもお身体気をつけてお過ごしください。
Commented by けだまん at 2018-04-23 13:06 x
 メーカーの休業と販売者の休業、どの業種でも必ず発生する問題ですね。量販店はまさに休日に稼ぐためにフル稼働します。一方、メーカーはそこで販売する食品や衣料品の製造、納品を世間の休日が訪れる前に全力で行う。
自動車業界の販社をどの位置づけとされるかわからないのですが、販者として分けて考えるとメーカと休日が連動することもないのか、とも。
作る人々、売る人々、整備する人々それぞれのライフサイクルをとれないとするといろいろおかしくなってしまいそうですね。
高価で数年、十数年に一度しか購入しない自動車と食品などの消費財を比較するのはおかしいかもしれませんが、いかがでしょうか。
Commented by iBib at 2018-04-23 14:53 x
ご無沙汰してます。
ドイツ・スイスでの駐在を志半ばで日本に戻ってはや一年。
月日が立つのは早いものです。

休暇のお話。
有給休暇の消化率が低い日本。
本来なら全員が100%完全消化できるように仕向けるべきだと思います。
それがかなわない? 理由がよくわかりませんが、それ故の祝祭日の増加なのかな?と勘ぐっております。
働くこと・休むことが悪いのではない。
しかし、有給休暇を消化しない・出来ない日本はやっぱり変です。 そして、アンフェアな競争になっています。

日本に戻ってつくづく感じたことは、需給バランスというか兎に角、対価が見合っていないハイレベルな要求と品質で自らの首を絞めているように見えてなりません。
Commented by b-faction at 2018-04-23 15:19
阿部さん、こんにちは。目前に迫った危機感では無く真綿で締められていくような怖さを感じました。
Commented by b-faction at 2018-04-23 15:22
HASEGAWAさん、こんにちは。参考にしていただけて嬉しいです。自分の軸をしっかり持ち続けていきたいと思います。お気遣いありがとうございます。
Commented by b-faction at 2018-04-23 15:33
けだまんさん、自動車会社がほぼ当たり前に長期休暇を取る事に10代で矛盾を感じました。そしてビスタ店の開設より先に日曜営業を始めました。今ではどの会社も当たり前です。30代になり、次に思った事は、われわれの業界は本来なら病院やホテルと同じサービスを要求されるのではないかと言う事でした。僕はメーカーの理論と真逆な事を何十年も続けてるので、普通では見えない事も見えちゃうんではないかと思うんです。
Commented by b-faction at 2018-04-23 15:37
iBibさん、欧米と比較して同じにすべきだとは思いません。それぞれの文化的背景が異なります。非常に高効率で他社にない「儲け技」があれば良いのですが。ドイツには同族企業が多く良い仕事しますよね。有給休暇など関係なく。祝祭日の増加は外圧です。マヒしてはいけませんよ。日本人として。
Commented by SG5@NIIGATA at 2018-04-23 19:11 x
代田様
 いつも楽しみに拝見しております。初めての書き込みです。代田様のブログは文字通り「日本のクルマ文化を成熟化」させる試みであると感じております。自分もマニュアル車が大好きです。雪国・新潟ではマニュアル車のエンブレが日々の安全運転上非常に有効です。そしてスバルAWDの素晴らしい走行安定性。スムースにパワーを生み出す水平対向エンジン。スバル車に惚れ込んだ挙げ句、我が家では2台のSG5が稼働中です。
 今スバルは数値データの書き換え問題に直面しています。燃費基準への過度な配慮からか、優れた技術と思想が有りながら、自らの首を締める事態となっています。働き方と休み方、メーカーの責任とユーザーの役割。多くの課題がありますが、クルマ文化の最前線で奮闘されている代田様と社員の皆さんに敬意を表します。そして全国のスバルファンの一人として、「成熟したクルマ文化」と「豊かで平和な社会」を願って止みません。
 
Commented by b-faction at 2018-04-23 21:30
SG5@NIIGATAさん、コメントありがとうございます。吉永社長はこの件を曖昧にさせる気持ちは無いので時間かけてます。メーカーから何の発表も無いのに恣意的に情報が洩れて気味が悪いですね。出る釘は打たれますが、出過ぎた杭になるところまで行けば打ちたくても打てなくなるでしょう。これからが勝負です。今後とも宜しくお願いします。
Commented by 中原 at 2018-04-23 22:52 x
社長こんばんは。
とてもお忙しそうですが体調にはご自愛してくださいね。
かくいうボクも、先週はガンバりすぎてちょっとカゼ気味なのです。

やはり、マニュアルギアボックスというものはイイですね。
今月に入って、同僚を何人か駅までだったり自宅近辺まで送ったのですが、皆いちおうにしてボクの車がマニュアルであることに驚いていました。

好きで乗っているし、この歳になっても運転スキルは向上させたいですから毎日の通勤路が練習場。ステアリング捌きのトレーニングとシフトワークで脳全体を使えていればイイナと思っています。

イジメといえば、通勤路では軽とホンダのフィットがライバル心剥き出しで抜き去るのに心が折れる・・・。とはいえ、法定速度+α程度に留め、「カンバンを背負って通勤している」と自覚しているので相手にはしたくないですね。
Commented by iBib at 2018-04-24 12:25 x
御返事有難う御座います。

欧米と同じにせよとは言いませんが、同じ土俵である必要はあると感じます。 世界を相手に商売をしているのですから。 違う土俵での勝負はアンフェアと言われ排除されます。
日本のよい点であるのならそれがフェアであることを理解させる必要があります。
ドイツに同族企業が多く良い仕事をしてるのと有給休暇の消化率は何も関連がないです。ドイツの同族企業は社員への還元が高いのも特徴です。 会社を大きくしたりすることに興味がない分、社員や地域社会への還元を再重視する会社も多いです。
働くことを否定しているのではありません。
私も早朝から深夜、土日に祝祭日関係無しで働いてきたくちですから。 それでも、休暇をきちんと取ることは豊かな社会の大切な条件だと思います。 祝日を増やすことには私も反対ですけどね。
Commented by b-faction at 2018-04-24 13:46
iBibさん、こんにちは。戦後教育の悪い部分が出ていませんか。そもそも日本は欧米と同じ条件で同じ土俵に立てません。その辺りは中国の方が遥かに理解してます。中国には資源が豊富にありますが民意の差が激しすぎる。国際社会のトップには立てませんよね。日本が煌くためには働くことを最優先に考える必要がありますね。有給休暇うんぬんより、盆暮れ正月に加え夏休みに金銀連休、そして祝日追加は遺伝子にそぐわないと思うだけです。
Commented by b-faction at 2018-04-24 14:06
中原さん、結構クタクタですが、これぐらいなら忙しい内に入りません。出張も無くかわら版に集中できます。マニュアル車がメインストリームに戻る事は100%無いですね。だからMTに乗れる人は幸せなんです。フィルム式カメラもそうですね。写りは抜群です。でもTTL測光がわかる人は少ないし、勘で絞りとシャッタースピードを決める人も少ないですよね。フィルム交換も面倒でしょう。だからマニュアルを扱える人は幸せなんです。双方ちょっと似てますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-22 22:32 | Trackback | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction