環境改善の効果と下水道工事の工程

シンプル イズ ベスト

庭の手入れはその一言に尽きる。
f0076731_14422062.jpg
望桜荘の環境改善を開始した。
雑草を取り除き苔を繁殖させる。

いつの間にか緑の絨毯が広がっている。
f0076731_14433017.jpg
そこに見慣れた植物を見つけた。
以前に川べりの石垣で採取した植物を移植した。

じっと静かに生きていたが、
ある年から一気に増え始めたので、
ちょっと抑制しながら様子を見ている。

日陰の環境が好きなようで、
f0076731_14434562.jpg
眼を放すとジワジワと繁殖する。

ただしドクダミの様な強烈な地下茎ではないので、
比較的抑制が容易だ。

以前ブログの愛読者の方に名前を教えてもらったが、
ちょっと失念してしまった。
f0076731_14435946.jpg
抜き取ると独特の揮発性芳香を放つ。

決して不快ではないので、
恐らく薬効成分を含むのだろう。
それとも違うのかな。
自然に触れて敏感になると、
肌で有益か害か何となくわかる時がある。
f0076731_14440917.jpg
苔も元気よく増えていて、
結構貪欲な生き物だと感じるようになった。
f0076731_14442319.jpg
落下した枯葉や虫の死骸は、
旺盛な食欲で吸収されていく。
f0076731_14443675.jpg
枯葉が邪魔ではなく乗り越えながら養分と化す。
f0076731_14444998.jpg
結構見応えのあるドラマだな。
砂地の上をグングン張っていく姿に逞しさを覚えた。

f0076731_14450181.jpg
先ほど抜いた植物は、
草の様で草ではなく、
苔でもなければ菌類でもない。

何となくジェル状の構造を感じる不思議なものだ。

自然界にも不思議なモノは多いが、
普段あまり目にすることの無いない物にも、
不思議なモノが多い。

下水道工事は、
見ていて飽きる事が無い。
採取した場所に下水管の敷設が始まっていた。

こちらと反対側はクルマが通過するため、
左右にシェルターを設けて頑丈に防護している。
f0076731_14451399.jpg
鉄板を敷いて作業する向こうに、
見慣れぬパイプが置いてあった。
f0076731_14452674.jpg
これが下水管だ。
思った以上に細くて驚いた。
f0076731_14453982.jpg
頭の中のイメージは、
アメリカ映画に出てくる、
人が通れるような太い管だった。
f0076731_14455211.jpg
ぜんぜんイメージが違う。
こんな細い中をトイレから出た汚物などが通るのか。

詰まらないのだろうか。
想像したら申し訳ないけど、
ちょっと気持ち悪くなった。

杉木さんに聞くと、
圧力を掛けて送るので詰まることなど無いと言う。

f0076731_14460934.jpg
なるほど。
技術革新なのだ。
並行して作業が進む。
道路中央のマンホール埋設に向けて掘削が始まった。
f0076731_14462714.jpg
ここも掘ったらシェルターを入れて、
中央にマンホールを設置する。
やはりこちらも技術革新で、
f0076731_14463933.jpg
丈夫な樹脂製になっていた。
レジンと言うと歯科医を想像するが、
マンホールまで作れるようになったのか。
f0076731_14470913.jpg
非常に高機能な重機で腕が水平に左右に動く。
綺麗に掘削された中を見ると、
時代がすっぽり埋まっていた。
f0076731_14472234.jpg
何百年にも渡り往来した場所だが、
橋が掛かってから百年も満たない。
f0076731_14474746.jpg
良く見ると右側には掘られた様子があり、
古い水道管が埋まったままになっていた。
f0076731_14480107.jpg
シェルターを降ろしていると、
大型クレーンが到着した。
f0076731_14481587.jpg
忙しいので吊り上げて降ろすまで、
見る時間は無かったが、
作業を如何にうまく段取りするのか、
その要領がとても勉強になった。

夕方になった。
f0076731_14482852.jpg
下水管が鎮座していた。

随分シンプルだね。
美しさも感じる。

反対から見ると奇妙なエリマキが目立つ。
f0076731_14484166.jpg
動物や植物の横断を防ぐためだろう。

既に道路中央のマンホールも埋められて、
仮舗装が始まっていた。
f0076731_14485609.jpg
お見事なお点前です。
速やかに転圧しながら、
翌日に備えていた。
f0076731_14491102.jpg
それにしても、
杉木さんは良く働く。
f0076731_14492241.jpg
作業者全体が明るく感じが良いので、
とても作業に交換を持っているが、
地域住民の中には突然怒り出す人もいるようだ。

ご苦労様。

f0076731_14493565.jpg
桜の新緑が美しい。


f0076731_14495068.jpg
杉木さんがコンクリートをはがしてくれたので、
次は土質の改善に取り組もう。
f0076731_14500430.jpg
早速生き物が群がってる。
自然の摂理に反しないように応援してやろう。
f0076731_14504435.jpg
若葉のあちこちに食べられた跡がある。
f0076731_14505346.jpg
すっかり布団を仕立てあげ、
蛹変を目指す虫たちに季節の移ろいを感じた。

自然な姿が一番だね。
f0076731_14510380.jpg
本当にシンプルだね。

同じサクラでも丸まってるのは黒いし、
上から落ちてくる元気な幼虫は綺麗な緑だ。

蛹になる日が近づくと色が変わるのだろうか。

かわら版の校正を待ちながら、
このブログを書いている。

今日は次のテスト車が完成した。
f0076731_17073472.jpg
GP2型インプレッサスポーツの、
25年式1.6iーLだ。

このクルマも好きだ。
何しろ4代目がデビューした時、
最初に選んだ相棒だ。
色は黒だった。
f0076731_17080917.jpg
FWDなのでシャシー構成がシンプルだ。
最初から4WDありきで作られているシャシーは、
実に合理的でシンプルだ。
f0076731_17082330.jpg
重量のあるトランスミッションが中央にあり、
同じFWDでも、
他社の横置きより遥かにバランスが良い事が一目瞭然だ。

FWDなのでAWD用のエクステンションケースが無く、
シンプルだからトランスアクスルそのものが軽い。

後ろに続くプロペラシャフトが無い分、
シンプルで音も静かで加速が良い。
f0076731_17143611.jpg
58000km走行しているが、
見ての通りとても綺麗なクルマだ。

しかし手抜きはいけないので、
消耗品をオイル中心に徹底的に交換させた。

その上でブレーキを完全にオーバーホールして、
ピストンの動きを良くするように頼んだ。

何故かと言うと、
峠道で完璧なブレーキ性能を引き出す整備を、
「一発で完成させる」ように命じたからだ。

手抜きをしないつもりでも、
58000kmだと舐めてかかると、
痺れるような走りにはならない。
f0076731_17172538.jpg
ローターも念のために研磨させた。

下り坂でブレーキを多用すると、
熱の発生と共にローターが熱でゆがむ。

その時に表面の精度が低いと、
ブレーキジャダを発生させる。

お粗末な整備にならぬよう、
丁寧に整備を進めてもらった。

あれこれ色々乗るうちに、
どれがどれだかわからなくなる。

なので明日のかわら版の受け取りに、
GH3の5速マニュアルを使う事にする。

今朝、一通の封筒が届いた。

f0076731_15025238.jpg
札幌市にお住いの安藤さんからだった。

f0076731_15030210.jpg
中にお手紙と共にヨガの資料が入っていた。
今夜で4回目となるヨガは、
想像以上に体に合う。
f0076731_15031129.jpg
それが何故かを裏付けるための資料だった。

しっかり読ませていただきます。

実際にやってみる迄、
ヨガの事実を全く理解していなかった。

本当にシンプルなんだ。
だから体に良いのだろう。

血圧が下がった事実は、
その全てを物語る。

今月から始める事が出来て、
これはまさに幸運でだった。

これからも続けられるようにするための、
応援歌を戴いたように感じた。

安藤さん、
ありがとうございました。

今後とも宜しくお願いいたします。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29747174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-04-26 22:00 | Trackback | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー