人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察

朝6時に出勤したら、
ヤマザクラのベンチに奇妙なものが立てかけてあった。


コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13222593.jpg
何だろうと思いながら、
急いでいたのでそのまま事務所に向かった。

そう言えば、
すっかり忘れていた。

ある事を思い出した。

かなり前になるが、
環境改善をしながら気になる事があった。

花壇なのだが、
長年放っておかれたせいか、
花が咲いても長続きしない。

変な場所だった。

車庫の前の三角地だ。

ある時疑問を抱いた。

何となくドブ臭いし、
変な雑草はいくらでも生える。

石の間からデカいムカデが現れたりする。

いわゆる不浄な雰囲気なのだ。

そこで土壌改善に取り組んだ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13223743.jpg
今でこそ、
妻の愛情が行き届き、
凄く活力のある花壇になった。

だが、
手入れを始めた当時の様子は、
そんな「すえた」感じだったのだ。

もともとヤマザクラのベンチも、
あそこに放置された建設資材だ。

改善を始めてすぐわかった。
花壇の中に資材が沢山埋まっていた。

それを掘り出し処分した。

一部は補強材にした。
そんな事を続けて元気な花壇になった。

今ではとても気持ちの良い場所に生まれ変わり、
綺麗な花が社内を飾る。

望桜荘の前庭改善も続いている。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13225258.jpg
繁殖しすぎた玉竜を抜き取り、
敷石をやり直す作業だ。
完全に石を取り除いた後、
玉竜も抜き取った。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13231162.jpg
その後、
水糸を張り傾斜を考えて下地を作った。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13232519.jpg
次に分担を決め、
六地蔵川から石を集めた。
並べる段取りが整った。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13234378.jpg
このあと、
丁寧に大きさを合わせながら、
キチンと敷き詰めていく。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13240285.jpg
9時になったので作業を終えて、
道具を洗っていたら、
梅田組の杉木さんが複雑な顔をして現れた。

あのう~~。

どうしたの。

ご覧になりましたか。

見た見た。あれ掘り出したの。

そうなんですよ。
祟りかなと思って。

へ?

崩れたんですよ。ドサッと。

何が?

綺麗に掘れてたんですけどね、
あれが出てきて取り出した途端に、
左側がドサッと崩れたんですよ。

どうも前日の作業で、
段取り良く行っていたのに手詰まりがあったらしい。

別にけが人も出ないし、
何も被害は無いのだが、
良くこの辺りを掘ると墓石も出てくると話したので、
あれを見て「ギョッ」としたようだ。

でも違いますよね、と杉木さんは言った。

違う違う。あれは違う。
よっしゃ!任せとけ。

お願いしていいですか。

いいよ。


と、
こんなやり取りがあって、
崩れた場所を見に行った。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13241606.jpg
丁度その崩れた土を掘り出していた。

邪魔にならないよう気を付けながら、
反対側に移動した。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13243072.jpg
こちらから見ると良く解る。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_20550353.jpg
矢印のあたりに埋まっていたらしい。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_20544751.jpg
なかなか面白そうなものじゃないか。
うっすら字が見えている所が良いね!

早速洗ってやることにした。
何年埋まっていたか知らないが、
比較的綺麗じゃないか。
こんなものが立ってた覚えは無いので、
相当昔に埋められたのだろう。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13250048.jpg
一輪車に載せたが異常に重たい。
泥が飛び散らないよう中に入れたまま洗った。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13251541.jpg
地下とは面妖な。
自分の居た場所を呪っているのか。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13253389.jpg
隣の面からも、
洗っていくうちに、
何となく怪しげな文字が浮かんできたぞ。

ややや!
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13254782.jpg
赤い文字まで浮き出すとは。
しかもその下の文字から先を辿っていくと、
まるでこの物体が、
排泄物を出しているかの如き付着物がある。

いくらブラシで擦っても取れない。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13260369.jpg
仕方が無いので工房に移動して、
高圧洗浄機で洗うと、
何か嫌々取れるように消えていった。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13261984.jpg
全体を綺麗に洗って、
付着物のあった所を見た。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13263764.jpg
なんとなく嫌な感じだね。
お尻の穴でも開いてるみたいだ。

洗って取れた泥水は、
どう見ても酸性に振っているので、
捨てるのももったいない。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13265417.jpg
ブルーベリーに与えて、
酸性土壌の成分が良い影響を出すか実験だ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13270877.jpg
一時間ほど放っておいたら、
元々の色が現れてきた。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13272119.jpg
こちら側のてっぺんに記号のようなものがある。
矢印だな。

赤いマークは郵便局の記号だ。
その下の文字は縦に読めば簡単に識別できる。
「曲点」と読めた。

変な文字は「逓信省」だ。

逓信省とは古い言葉だ。
明治時代じゃないのか。

今ならかなりヤバい省庁で、
きっと即座に分割の対象になったはずだ。

郵便記号も随分歴史があるんだな。

綺麗に洗って置く場所を考えた。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13273604.jpg
ここが一番似合いそうだ。
祟りは無いから大丈夫だよ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13275464.jpg
プロの皆さんにお願いして、
ちょっと綺麗に立て直してもらう。

そんな事をするうちに、
待っていたモノが届いた。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13281099.jpg
首を長くしていたコンチネンタルの新作だ。
UC6 for SUVだ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13282432.jpg
そしてもう一つのユニークなタイヤが届いた。
遠い国からはるばる船に乗って来た事が良く解る。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13283833.jpg
クロスコンタクトLXスポーツだ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13285080.jpg
グローバルで展開されるコンチネンタルの自信作だが、
日本では非常になじみが薄い。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13290268.jpg
はっきりとマッドアンドスノーだと表示されている。

但しサマーコンパウンドなので、
日本で売るには誤用が怖く、
オールシーズンタイヤと言いにくいのだろう。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13291397.jpg
さすがコンチネンタルだ。
欧州の標準装着タイヤでトップシェアを誇るだけあり、
ヨーロッパだけで7つある工場のラインを巧みに使い分けている。

フランス製に大した意味はない。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13292703.jpg
お洒落なロゴマークだ。
XVにばっちり似合うと見た瞬間に感じた。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13294259.jpg
タイヤの内側はまさしくコンチそのもので、
匂いも柔らかく不快ではない。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13295412.jpg
この顔つきを見て欲しい。

いわゆる「6」テクノロジーは一切入っていない。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13300825.jpg
けれどもブロックエッジを面取りしたり、
排水性をチャネルを作って高めるなど、


コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13302345.jpg
ブロックパターンの魔術師としての、
コンチネンタルの技が随所に光る。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13303402.jpg
中央のリブ3本はいずれも明確な役割分担を担い、

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13304588.jpg
イン側に向かってサイピングを施した。

その絶妙な形状と連携を見るだけで、
速く走りたくてゾクゾクした。

持った感じが重かった。
それはこのタイヤが放つ存在感から、
思わず勘が鈍ったせいだった。

コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13310535.jpg
重さを測ると10.2kgだ。
コンチネンタルタイヤのSUV専用タイヤを具体的に考察_f0076731_13311858.jpg
意外に軽くて驚いた。
ここから先は明日のブログで。

泳ぎに行ってきます。
おやすみなさい。

Commented by 栗東の傭兵 at 2018-04-28 05:38 x

これって私の現行アウトバックに
履ける?
この前仰られてた
待ってて
ってこれですか?!
Commented by b-faction at 2018-04-28 07:07
栗東の傭兵さん、リミテッドには履く事ができません。17インチならUC6を履けます。
Commented by 栗東の傭兵 at 2018-04-29 22:53 x
残念です、安易にインチアップしたくないんですよね。
でもタイヤの良さは理解できました、読みやすく且つ楽しい文章なのでいつも美味しく読ませていただいてます。
ありがとうございます。
Commented by b-faction at 2018-04-30 07:43
栗東の傭兵さん、どういたしまして。現行OBKならインチアップになりません。但しリミテッドは18インチですから、これには設定が無いと言う事です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-04-27 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31