人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト

「結託」と言う文字が瞬時に浮かんだ。

こいつら普通じゃない。

率直に言おう。
気持ちが悪い。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20285361.jpg
やりたい放題やってた坊主と、
眼の底に底知れぬ闇が潜む大統領は、
子供をあやすように手を握り合っていた。

誰かが暴走を止めないと、
結局最後に笑うのはトランプだと諫め、
同胞として手を結んだのか。

違うね。

そんな単純なモノじゃない事が、
たとえ切り取られた断片的な画像の中からでも臭う。

臭いのだ。

黄金週間を前にして、
SUBARUも眼前にぶら下がる面倒な問題に、
けじめを付けたかったはずだ。

マスコミがネタに飢えている時なら、
重箱の隅をつつくような話も多いだろうが、
記者も休暇の前倒しで手薄。

そこへもってきて、
鼻糞をほじりたくなるような、
難しい名前のサッカー監督が、
クビになった恨みがましい記者会見を開き、
めんどくさい話を蒸し返される濃度が薄れた。

たまにはこんな幸運も訪れないと、
SUBARUも浮かばれないよな。

このタイミングを狙って発表したなら、
本気でSUBARUに大喝采を送りたい。

嫌味じゃない。
本気で言ってる。

そもそも一連の問題は、
経営スタイルに端を発している。

社長が群馬の工場に足しげく通い、
当たり前に太田にいるような存在だと、
工場の連中もまた違ったかもしれない。

しかし、
元々吉永さんはそんなタイプじゃない。

しかし不正を絶対許す男ではないので、
問題があればズバズバ切るはずだ。

要するに何も知らないのだ。

そこまで食い込むと組織そのものがおかしくなるので、
任せる所を任せられる人に権限委任し、
自分は最高責任者として覚悟を決めた経営をする。

北朝鮮と韓国の様に結託する事を最も嫌う。

単純にそれだけのことだ。

今SUBARUは空前の生産速度で、
しかも異なるプラットフォームを並行して生産する。

そこには様々な苦労があるだろう。
生じる誤差を如何に最小に抑え込むのか。

大量生産品だから誤差があるのは当たり前で、
その後差をどう抑え込み、
安定した品質を実現させるのか。

そこが一番大切な所だ。

それを経営陣が舐めていたわけでは無いが、
見ようとする眼を持たなかったり、
人の言う事に耳を傾けなかったのが今回の原因だろう。

人間は死ぬまで勉強の連続なので、
吉永さんも一連の出来事はホントに良い勉強になったはずだ。

正直に一連の案件は、
「大したことじゃない」と思っている。

昨日も思ったね。
燃費燃費と言うあまりに、
つまらないタイヤが増え過ぎた。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13350796.jpg
標準装着のエコタイヤは、
確かに転がり抵抗も少ないし、
以前のエコピアPZ-Xと比べ騒音も少ない。

但しウエットグリップは決して良いとは思わない。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13352116.jpg
なぜか。
ドライに比べライントレース性能が大きく落ちる。

但し一般的な日本人があまり使わない領域だ。
誤解の無いように言っておく。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13354319.jpg
このタイヤが粗悪だと言ってるのではない。
SUBARUの求める性能を最も具現化したから採用されたはずだ。

ブルーアースのロードインデックスも、
スピードレンジも、
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13355659.jpg
グローバル展開されているコンチクロスコンタクトと同一だ。

一般的に運転が下手糞な日本人に対して、
全く不満を感じさせる事は無い。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13361416.jpg
それではなぜウエットで、
このタイヤに凄く気持ち悪さを覚えるのだろうか。
転がり抵抗は少ないし、
真円性も十分で燃費には良い条件が揃っている。

コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13363101.jpg
奇異をてらわない仕上げで、
トレッドパターンも整っている。
ところが激しい雨の中では、
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13364360.jpg
排水性能にとことんこだわったタイヤに比べ、
圧倒的な差が生じる。

クルマの究極の目的は、
好きな時に好きな場所へ如何に早く到着するか、
それに尽きると思う。

標準装着のブルーアースを外し、
組み換え作業が始まった。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13365717.jpg
山梨から宮下さんがいらっしゃった。
愛機の12か月法定点検を受けるために。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20344443.jpg
社員に栄養ドリンクを戴き、
その上美味しいカステラまで頂いた。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20345863.jpg
ありがとうございました。
最近日本酒を用いたお菓子が目立つ。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20351565.jpg
信玄餅のあの店が作るのなら、
店の名が汚れるような味ではないと秘かに期待した。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20353054.jpg
驚いたのなんのって。
凄く美味しい。

しっとりしていて優しい。
味が良いので何個でも食べられそうだ。

口当たりも香りも良い。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20354602.jpg
タイヤを外したXVを改めて良く見た。
現行フォレスターの知見が十分注ぎ込まれ、
シャシー剛性も上回ったのでタイヤの大系化が可能になった。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20360810.jpg
けれど割り切る事は割り切った。
阿部PGM流の凄い所だ。

決りかけていたPCDを白紙に戻し、
100ピッチを継続した。

その事により大幅なコストダウンが可能になり、
間も無く発売が始まるフォレスターとうまく棲み分けている。

フォレスターまで調子に乗って割り切りすぎたが、
これはきっと阿部さんが、
ドアのインナーグリップ化を諦めた時点で決ったんだろう。

コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_13371733.jpg
2000kmを目前に、
タイヤをクロスコンタクトLXスポーツに交換した。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20371197.jpg
このタイヤのサイドウオールは平凡な形だが、
これがウエット時のコントロール性に大きな影響を与えている。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20372773.jpg
ラウンドシェイプなので、
コーナリング中のライントレース性能が高い。

タイヤのロゴもカッコ良い。

LXが何を意味するのか次に教えてもらおう。

しかし最近珍しいね。
10m走っただけで「美味しい」と思うなんて。

工房出口の段差を超えた瞬間に、
宮下さんにもらったカステラの味を思い出し、
口の中に涎が出てきた。

それぐらい当たりがスムーズで、
エコタイヤの様なゴロゴロ感が無い。


一旦店頭に並べ時間が来たので岐阜へ向かった。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20374300.jpg
この時の燃費は11.1km/lだった。

遠慮なくアクセル踏むけどこのぐらいの数値で安定している。

コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20375905.jpg
トリップメーターをリセットし、
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20381704.jpg
燃費計もリセットされたことを確認した。
コンチネンタルタイヤのContiCrossContakuto LX sportを180kmテスト_f0076731_20383416.jpg
一皮むける迄、
少し丁寧に走る。

高速道路の目地を踏む時の、
タイヤから伝わる感触が実に柔らかい。

かと言って、
ステアリングの応答性が緩慢かと言うと、
決してそんな事は無い。

それよりも高速領域で、
意外なほど静かな事に驚く。

あのトレッドパターンの顔つきだと、
若干騒音は我慢しなくては...と考えていたが、
全くの思い過ごしだった。

真円性を維持するため、
エコタイヤは高速走行時にどうしても共振音を出す。

これはその影響が全くないので、
低速でトレッドの風きり音が少し聞こえるぐらいだ。

なので高速領域では、
それぞれのタイヤの出すノイズ特性が、
ほぼイーブンとなるのだろう。

高速道路の往路で、
LX sporetは実に快適な乗り味だった。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-04-28 22:01 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31