人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察

LX sportのテストから戻り、
望桜荘の前庭を確認した。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20033356.jpg
お願いした通り正確に起立していた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20044661.jpg
てっぺんの矢印を北に向けて立てた。
特に意味を知ってるわけでは無いが、
そうすると納まりが良いように感じた。

一晩そのままにして、
翌朝もう一度良く見て周囲に水をまいた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20050158.jpg
地表に浮いた砂を洗い流し、
水の力で隙間も埋めることで安定させた。

何となく寂しそうなので、
散った桜の花弁と共に、
砕石の間に積もった苔を集めて周りを覆った。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20051649.jpg
何でもそうだが、
凛と起立すると良いね。

人間も姿勢が大事だ。
それと呼吸ももちろん重要だ。

毎朝水を被る時に、
長ーく息を吐きながら左足から始める。

息を止めると良くない気がして、
最初からそのようにやっていた。

それが正しいらしい。

クルマの運転でも、
力が入る場面では息が止まる。

だから止めないように走るのが肝心だと言われた。

皆止まるらしく、
緑地獄無呼吸症候群と言うらしい。

ニュルでの話だ。

木曜日の夜、
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20332383.jpg
札幌の安藤さんに戴いた資料を持って、
毎週楽しみにしているヨガに参加した。

時間を捻出し、
今月の4回に皆勤できた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20291401.jpg
レッスンを始める前に血圧を測った。
以前より安定している。

そもそも以前より悪くないが、
終わった後に計ると、
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20292941.jpg
前より穏やかな下がり方をするようになった。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20294117.jpg
体重増加も歯止めがかかり、
何とか以前の状態に戻せそうだ。

そんな訳で翌日もジムを休まず、
執念で泳いだ。

金曜日と言う事もあり、
泳ぎ終わると誰一人いない。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20300878.jpg
やってやったぜ。
30分以上かかって危機的状況だったタイムも、
何とか元に戻ってきた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20302840.jpg
29分30秒を切るのが、
またしばらく目標になりそうだ。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20342674.jpg
運動効果は抜群で、
もう少しで64キロを切れそうだ。

カラダに敏感でないとタイヤの味を掴めない。
何事もそうだが、
信頼性の高いレポートを書くためには、
カラダを張って確かめることが必要だ。

クロスコンタクトの話に戻ろう。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20384857.jpg
中央自動車道から名神高速に向かった。
同じXVが追い抜いて行った。

しばらく後に続くと、
GP系のスポーツワゴンが現れた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20390934.jpg
こうしてみると新型XVの存在感が良く解る。

似ているようだが、
まるで別物だ。

新型はフォレスターと同じサイズのタイヤを、
当たり前のように履ける。

これは相当大きな変化で、
シャシーのポテンシャルが数段あがったと言える。

だから18インチを付けてもクルマが負ける事は無い。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20393316.jpg
入れ物がより余裕あるモノに変わる事は、
やはり最も大きな性能向上を産むのだ。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20395251.jpg
ここまでの80kmで、
一リットル当たり13.6kmの燃費だった。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20400994.jpg
さて岐阜まで来た目的も果たせたので、
違うコースを通って中津川を目指す。

一皮むけたので、
高速道路におけるLX sportの本性を引き出す。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20402771.jpg
XVのリニアトロニックは、
恐らく現在のスバルが持つラインナップの中で、
最もスポーティーなトランスミッションだ。

その理由は、
まずレシオカバレッジが広くなり、
上下の変速差に余裕が生まれた。

そして変速制御を大胆に行い、
きわめて俊敏にステップ制御する。

それが音に現れるくらいスピーディーだ。

シュバンって聞こえる時がある。
そういう時にゾクッとするほど気持ち良い。

そのスポーツ性能に、
SUV向けのスポーツタイヤがドンピシャの性能で答える。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20404730.jpg
印刷物の塊は重い。
全て助手席の足元に載せた。

重量配分が良くなり、
往路より気持ち良く走る。

前を行くレボーグが道を譲ってくれた。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20410149.jpg
気持ち良く飛ばす。

何しろ舵に対する応答性が凄く良いので、
ステアリングをジワリと切るとクルマがすぐに向きを変える。

舵をゆっくり与えると、
摩擦に余裕が生まれるからコーナリングが気持ち良い。

コンチネンタルは誤用を恐れると、
商品展開が消極的になる。

このタイヤの顔つきを見たら、
詳しくない人は第一印象でタイヤを判断する。

オールシーズンと言うにはコンパウンドが夏向きだし、
スポーツタイヤと言うにはトレッドパターンが粗い。

だから売り方を模索しているのだろう。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20412143.jpg
このタイヤは間違いなく素晴らしい性能を持っている。

サマータイヤとして高速道路を何の問題も無く駆け抜ける。

17インチが最下限のタイヤだから、
実際には相当なプレミアムタイヤのはずだ。

これくらいの距離を走らないと、
やはり真実は解らないな。

しかもアウトバーンで十分通用する性能だ。

ウエットグリップも相当高いだろう。

現行フォレスター乗りにとって、
涎の出るようなタイヤだ。

太鼓判を押そう。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20413680.jpg
帰路はかなり飛ばした。
その上で15kmほど郊外の県道を流した。

アップダウンの激しい道だ。

そう言う道路でも実に快適で、
路面に貼り付いたように快適だった。

燃費はリッターあたり12kmを上回った。

トータルで181km走行し、
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20415539.jpg
タイヤのサーフイェスを観察した。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20420765.jpg
ビクともしない強靭なトレッドだ。

思わず撫でてやりたくなる出来栄えだ。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20422075.jpg
「6」のコンパウンドテクノロジーは正式には入っていない。

だが、
このタイヤに注がれた技術はかなりのものだと思う。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20423291.jpg
タイヤに触れて表面のダストが手に残っても、
少しも嫌な感じがしない。

タイヤの知識は、
相当真剣に学ばないと覚えられない。

これはこの日に出された社員の報告。
一皮剥けたコンチ・クロス・コンタクト・LX スポーツを考察_f0076731_20424834.jpg
社員全員でSUV専用タイヤを学んで、
それぞれ個性的なレポを毎日書く。

文章の苦手な者は、
イラストで学んだことを報告する。

これが実に面白い。

ただLXにはあまりに謎の部分が多い。

それに対してUC6は、
その最新テクノロジーを明らかにしている。

次はそのレポートをお届けしたい。


お楽しみに。



Commented by 中原 at 2018-04-30 06:23 x
 社長おはようございます。

家族用のもう一台がタイヤ交換時期になっているのですが、まあ家計のこともあるしどの銘柄にするかを考え中なんです。

その中で見つけたのはコンチネンタルタイアのセカンドブランドで「バイキングタイア」かヨコハマタイア。が気になる存在です。前者はリーズナブルでありながらしっかりコンチネンタルが監修していること。後者は普段の使用状況には最適だと思うことと、神奈川県民ですから「横浜」にこだわる・・・。

安易にアジアンタイアにはしたくないですし、家族用のクルマですからコスパだけで選んで、あとで不安がつきまとっては困りますからね。

しかも愛知県出身のカミさん、サイフのヒモは超固い・・・。
Commented by b-faction at 2018-04-30 07:44
中原さん、ヨコハマタイヤ、、、。正直、良く解りません。
Commented by 中原 at 2018-04-30 15:08 x
 ボクは国産タイアメーカーのやっていること自体よく分かりません。どこの社も大して変わり映えしないエコタイヤばかり何種類もラインアップしているのは意味があるのかな?と思いますね。

ちょっと使いの多い家族用ですし、25年近くミシュランばかり履き続けていたのでたまには違う銘柄を考えているのです。
Commented by b-faction at 2018-04-30 19:19
中原さん、今日はコンチのCC6をテストするので、宜しければ参考にして下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-04-29 21:08 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction