6気筒のレガシィに付けたタイヤのテイスティング

f0076731_19250121.jpg
水曜日に開かれた、
船井総研の会議で出た弁当に、
珍しく味の狂いがあった。
f0076731_19253428.jpg
かなり飢餓状態だったので、
何でも美味しいはずなのだが・・・・。
そもそも漬物の置き方が悪い。

ご飯の上から除けて、
煮物の上に一旦置いた。

その炊き込みご飯の味も、
具材と味のバランスが悪い。

その上にある煮物はまずまずだが、
左側のおかずで、
合格点が付けられるのはどれか。

卵焼きだけだ。
かぼちゃを使ったサラダも中途半端。

おかずの中央にある白いテリーヌ風の食べ物は、
あまりにも匂いがきつすぎた。

珍しい。

こんな事もあるんだね。

見た目はいつもと同じようでも、
感じ方が全く違った。

でもその翌日のテストでは、
想像以上に美味しいものを味わったので良しとしよう。

センターコンソールのカップホルダーに、
珈琲を入れたままだったが、
一滴たりともこぼれていなかった。
f0076731_19260431.jpg
走行テストの後で冷めた珈琲がやけに美味かった。


昨夜は2週間ぶりのヨガだった。
うっかり体重は測り忘れたが、
f0076731_19264992.jpg
開始前の血圧を測り忘れはしなかった。
新しいメニューも加わって、
充実した45分間があっという間に過ぎた。

2週間の勤務で固着しかけたカラダがほぐれたようだ。
f0076731_19270384.jpg
ちゃんと血圧が下がるから不思議だ。
開始前も血圧を上げないようにゆっくり階段を上り、
なるべく条件を均一にしたが変化は明らかだ。

ヨガの味は実に良い。
物凄く過酷な事をするようなイメージがあったけれど、
実は全く違っていた。
最も基礎的な運動の蓄積だ。

リンパドレナージュや、
コアリメイクと言った活性化運動が、
ヨガを原点としていた事にも気が付いた。

で3つの味を比較したら、
ヨガが一番良かったと言う訳だ。

面白いね。
出張疲れも取れたので、
今朝は7時から早朝会議に臨んだ。

会議の席でLXスポーツの良さを全員に説明した。

そして次に出張中の作業進捗を確認した。

すると吉村君からWRXとレガシィの中古車2台を、
無事整備完了したと報告があった。

まず1台目は先日取り上げたGRFだ。

カッコ良い黒い個体で状態も抜群だが、
ハブベアリングの予防的交換をする事になった。




ハブベアリンゴの交換が完了し、
それでもまだ気になるというので話を聞いた。

ベアリングも消耗していたが、
他にも唸り音が出るという。

そのブログの中で触れているが、
ウエット路面におけるライントレース性能が良くない。

装着されていたタイヤは優秀なタイヤだ。
横浜ゴムがニュルブルクで開発したフラッグシップ、
アドバンスポーツだった。

まだ十分使える摩耗状況だが、
タイヤを交換して変化を確認する事にした。
f0076731_19282591.jpg
会議後、
交換が終わったのでテストして欲しいと連絡があった。
f0076731_19485589.jpg
中古だが十分使えるタイヤだ。

銘柄はミシュランのパイロットスポーツだった。
f0076731_19494933.jpg
前回のロードテストとは全く環境が違う。
スタートして直ぐトリップメーターをリセットした。

そうしないと燃費も測れない。

平成22年型のインプレッサWRXSTI
排気量は2.5リットルだ。
オブシディアンブラックパールの外装色を纏うA-Line
高トルク2.5ℓ水平対向4気筒DOHCターボエンジンと、
ダウンシフトブリッピングコントロール付ダイナミック5速ATは相性が良い。
f0076731_19500039.jpg
ここで十分温まったので、
SI-DRIVEをS#に切り替えた。

シャシーから不快な音は一切消えた。
最初のテストで気になった異音は、
舵角を与えると音が変わったので、
ハブベアリングの劣化が原因だろう。

気になっていた音は、
やはりタイヤの影響だった。
f0076731_19505861.jpg
会社に戻った。
走行距離は77kmで、
f0076731_19510736.jpg
S#で飛ばした割には、
けっかはかなり高燃費だった。

問題は全て解決して、
非常に上質なクルマになった。

ホイールはエンケイだ。
こちらも黒いボディに良く合う。

週末に向けて良い中古車が出来上がった。

更にもう一台のテストが続いた。
f0076731_19591877.jpg
こちらもSI-DRIVEを持つ。
f0076731_20002530.jpg
機能上は何も問題が無い事を確認していた。
f0076731_20031427.jpg
平成19年型のレガシィツーリングワゴン4WD
排気量は3リッター
リーガルブルー・パールの外装色を纏う3.0Rのspec.Bだ。
水平対向6気筒DOHCエンジンに、
AVCSとAVLSを組み合わせバルブリフトも可変制御し、
抜群に滑らかでリニアな動力性能を発揮する。
こちらもパドルシフト付E-5ATだが、
WRXと性格が全く違う。
f0076731_20084599.jpg
専用スポーツマフラーの音色も快感だし、
運転席パワーシートの調整具合も良い。
f0076731_20095670.jpg
BOXER6が納まるエンジンベイは、
やはり一段格式が高い雰囲気を醸し出す。
フレキシブルタワーバーも装備している。
前のオーナーはかなりこだわりを持つ人だ。

まず中津川リンクを小手調べに一周した。
f0076731_20100996.jpg
比較対象として面白いクルマを用意した。
 
先代レガシィの直噴ターボ搭載車だ。
このクルマもかなり良い。

十分6気筒エンジンに並ぶプレミアム性を持つ。
f0076731_20102104.jpg
速さでは申し分ないし、
このビッグマイナーチェンジで格が一気に上がった。
但し4気筒と6気筒では根本的な格式がやはり違う。

エンジン搭載位置を見ると、
f0076731_20103393.jpg
上の6気筒エンジン搭載車と、
下の4気筒直噴ターボエンジン搭載車の差の少なさに驚く。

f0076731_20112711.jpg
決して6気筒が長くて重いわけでは無い。
他のメーカーに対して大きなアドバンテージを持つ部分だ。

これがBOXER6の大いなる魅力なのだ。
マフラーも良いね。
抜群のセンスだ。
f0076731_20442155.jpg
カーゴルームも全く年式を感じさせない美しさだ。
f0076731_20445280.jpg
一周走らせて気になった。
アンジュレーションを路面から拾う独特のフィーリングだ。
f0076731_20452237.jpg
これは本当に偶然だが、
こちらもアドバンスポーツを履いていた。
f0076731_20461154.jpg
独特のゴツゴツ感は、
サーキットに適した設定から生まれるのだろうか。

リアルワールドの路面には、
サーキットと異なる複雑なわだちが出来る。

特に国道19号線の様に深夜大型トラックが過積載で走る所では、
見た目以上に複雑なサーフェイスが生まれている。

それを敏感に拾うので、
運転していてナーバスになる。

このテストの後、
吉村君が予防整備に取り組んだ。

スチームを掛けて綺麗にした下回りを防錆処理し、
ATFは勿論の事、
全ての油脂類を交換した。

前後のブレーキをオーバーホールして、
ローターも丁寧に研磨した。

まだ6万キロ以下の奇跡的な上物なので、
悪いところなどそこにもない。

だが彼にとって気に入らない事があった。

最近皆がタイヤに敏感になっている。

コンチを中心に置き、
様々なタイヤを乗り比べるからだ。

出張中に整備が終わったので、
家まで乗り帰ってくれた。

会議の席で、
「ワンダリングが気になり、
ゴツゴツ感も感じるのでタイヤが原因としか考えられません」という。

そこで以前レガシィのレクチャーカーに装着していた、
コンチネンタルのDWS06に付け替えるよう促した。
f0076731_20464225.jpg
内線のベルが鳴った。
「作業完了しました。高速テストをお願いします」

早速コックピットに納まった。
f0076731_20471208.jpg
いい雰囲気だ。
古臭さは少しあるが、
それを超える気高さが良い。
f0076731_20474184.jpg
トリップメーターをリセットした。

ほぼ同じパターンで同じ場所を走った。
f0076731_20481245.jpg
温まって来たのでS#に切り替えた。

f0076731_20484226.jpg
凄かった。
やっぱり6気筒は堪らないね。
f0076731_20492012.jpg
燃費は10kmを少し下回ったが、
走行条件を考えるとターボより驚くほど悪い訳でもない。
f0076731_20495050.jpg
77kmの距離を思いっきり羽を伸ばして走らせた。

DWS06はやはり靴底の厚いスニーカーだ。

このクルマに相性が良いことは間違いない。

乗りにくく感じた問題点は全てタイヤだけで解決した。

米国向けに開発されただけあり、
とても強靭なタイヤだ。
f0076731_20502144.jpg
冬でも履きっぱなしにするアメリカ人特有の性質を考え、
雪も想定して作られたスポーツタイヤだ。
f0076731_20505193.jpg
これには6テクノロジーが入っているけれど、
見える部分に明確な特徴として現れていない。

f0076731_20512270.jpg
けれどDWSと刻んだ刻印や、
意味の良く解らないマークが謎めいていて、

f0076731_20515808.jpg
一つうっすらとしてきたのは、
何を意味しているのだろう。

今度聞いてみよう。
f0076731_20522818.jpg
もう一つ見直したのが、
今では入手不可能なマフラーだ。

STIゲノムは坂本工業の作品だと思うが、
このマフラーの相性がとても良い。

手放せなくなる逸品だった。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29781148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のんのん at 2018-05-12 08:26 x
いつも楽しく拝見させていただいています。

水平対向六気筒を一度味わって見たいと思いました。
一つ質問ですが、整備の中で、防錆処理、とありますが、どのようなものを使用されていますか?シャシーブラック的なものでしょうか?
また、年に一二回スキーに行くくらいで、普段は積雪のない地域でも防錆処理はお薦めしますか?
よければ教えていただけたら、と思います。
Commented by b-faction at 2018-05-12 09:35
のんのんさん、いくつかあります。通常の水性塗装の他に強靭なスリーラスターを用意しています。高速道路で塩水を散布しますので年に一度のスチーム洗浄と車検での防錆処理が望ましいですね。
Commented by のんのん at 2018-05-12 19:51 x
なるほど、ありがとうございます。

うちの車にもすべきかどうか、と思っていましたので…
Commented by b-faction at 2018-05-12 20:52
> のんのんさん
ぜひともお勧めします。
Commented by 片桐 at 2018-05-13 15:25 x
ご無沙汰しております。GW中休みが取れず伺うことができず残念でした。
タイヤの話題、まさに同じ印象です。アドバンスポーツは轍を拾いやすく路面をよく言えば正確に伝えてきます。僕のような腕のない運転手には不安が大きいのですが無理をさせない面がありました。その割にブリジストンの純正タイヤよりしなやかです。また、排水性が高く雨の日安心して走れました。ロアアームブッシュをGRB用に変更したらかなりハンドルをとられることが少なくなりました。あとは経年劣化が早いです。3シーズン目でスタッドレスの方がのり心地がいいと感じるようになりました。
DWS06は唯一雨の日高速合流部での変な車を避けるために急ハンドル急ブレーキ急加速が必要な場面に一瞬接地感が小さくなったのですが、これは日頃大きすぎてそれになれてしまったせいかもしれません。
タイヤは値段だけではわからない典型例と思いました。
Commented by b-faction at 2018-05-13 15:48
片桐さん、こんにちは。しっくりくるか、それとも来ないのか。
その辺りがそれぞれの人で感じ方の違いになって表れるのでしょうね。DWSもそうなんですが、LXスポーツなどまさしくオールシーズン・スポーツラジアルです。僕は好きですね。こういうタイヤが。
Commented by 片桐 at 2018-05-13 15:54 x
はい、はっきり言えることはこんなにいいタイヤがあるなんて!ってことで声を大にして周りに勧めています。
Commented by b-faction at 2018-05-13 19:20
片桐さん、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-05-11 22:00 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー