植物の多様性とインプレッサの変遷

f0076731_19525818.jpg
今朝は展示場の大清掃で始まった。
月に二度ある掃除の日だ。

本来なら月初に展示場を清掃し、
後半に工房を整えるのだが雨が降ったので逆転させた。

五月晴れの気持ち良い朝だった。
f0076731_19534005.jpg
ブラッシングの後で高圧洗浄機を使い、
丁寧に濯ぐと作業効率が凄く良い。
やはり内燃機関の道具は違うね。

次にホースで水を流して仕上げた。

このサポートは、
電圧×電流=電力の様な関係だ。

展示場の清掃に先立ち、
f0076731_19535515.jpg
工房との境目にある緑地帯を整えた。

ここには様々な植物が自生している。
f0076731_19540990.jpg
スギナとドクダミが伸びすぎて、
やはりアンバランスな環境を形成しつつあるので、
それらだけ適宜排除した。

ドクダミを毛嫌いするなという意見もあるが、
これほど繁殖力が強いと制限せざるを得ない。
f0076731_19542705.jpg
何か植えたほうが良いのかもしれないが、
少しアイディアがあるので、
その計画が形作られるまでしばらくそのままにしておこう。

何しろ多様な植物の中に、
多様な生き物がいるので、
迂闊に環境を壊すわけにはいかない。

以前スバリストの鳥というタイトルで書いたことがあるので、
覚えている人が居るかもしれないが、
何世代にもわたり展示場で繁殖を繰り返すセキレイが居る。

ハイスペックなエンジンルームや、
後輪ストラットが大好きで、
知らぬ間に卵を産んで子育てする。

近くに人が居るのに良く平気だなと思うが、
鳥類は他の生き物よりまだ人間の方がましだと思っている節がある。
f0076731_19543968.jpg
せっせと給餌しているので、
どこかにいるとは思ったが、
やっぱりスバリストの鳥は今年もちゃっかり繁殖していた。
f0076731_19545084.jpg
4羽いるがその中で1羽だけやたら強そうなやつがいる。
最近ヒトの繁殖力が下がってしまい、
どうしても人口減少に歯止めがかからない。

セキレイは逞しいなぁ。

クルマにも同じような多様性がある。
だから本当に飽きる事が無い。

掃除が終わったので、
ショールームの展示車を出し、
次のクルマに入れ替えた。
f0076731_19561935.jpg
これはとっておきのインプレッサSPORTで、
最後のマニュアルトランスミッション車だ。

石井デザイン部長がビッグマイナーチェンジを担当したので、
最新型とデザインに共通性がある。
f0076731_19565239.jpg
どうしてもレザーインテリアのベネチアンレッドが欲しかったので、
ちょっと趣味本位丸出しだが買っておいた。
f0076731_19570512.jpg
虎の子の一台をシアターの下に納めた。
そして最新型の特別仕様車も届いた。

1.6i-LのS-styleだ。

限りなく2.0I-Sに近い雰囲気を与え、
価格も抑えたボーナス商戦に向けたテンロクの刺客だ。
f0076731_19550283.jpg
澄んだ瞳が素敵だ。
LEDハイ&ロービーム+ステアリング連動ヘッドランプが標準装備され、
LEDターンランプが組み込まれたドアミラーも付く。

サイドシルスポイラーも装備され、
非常に安定感のあるサイドビューを作り出した。
f0076731_19551596.jpg
フロントフェイスは2.0i-Sの様な、
メッキのガーニッシュを持つフォグランプカバーも付く。
f0076731_19553006.jpg
16インチホイールも専用デザインで、
なかなか切削光輝の与え方がうまい。
だから18インチの様な錯覚を覚える。
18インチのデザインモチーフが活きている。
f0076731_19555768.jpg
メーターバイザーも上級車種に準じた仕様だ。
リングがシルバーの加飾で演出され、
本革巻のステアリングホイールと相性が良い。
アルミのスポーツペダルもお洒落だ。

f0076731_19554191.jpg
あらかじめ6スピーカーとクリアビューパックも標準装備し、
シルバーステッチを入れた、
ファヴリックとトリコットを用いたシートも良い。

これだけ充実した装備が付いて、
ベースプライスは200万円を切る195万円だ。
面白い事にセダンのG4も全く同じ値段に設定され、
より買い求めやすいように工夫が凝らされている。
f0076731_19571999.jpg
BRZを奥の商談室に入れ、
新ショールームを全てインプレッサで固めた。
f0076731_19582318.jpg
外の展示場では、
妻がコーヒーカーを綺麗に洗っていた。
これからのシーズン大活躍する。

展示場の気分を変えようと、
最前列に人気のXVを中心にレヴォーグも並べた。
f0076731_19583521.jpg
中古車の一台一台を毎月こうしてしっかり吟味し、
より多く御お客様にSUBARUの良さを知って戴こうと心がけている。
f0076731_20094355.jpg
その後ろに控えているのが、
名車4代目レガシィだ。

しかも6気筒エンジン搭載車を徹底的に揃えた。

こちらも気を抜けない。
得意なWRXだ。
f0076731_20095506.jpg
最新の仕入れで充実させた商品群は、
実に多様性に富んでいる。

特に新しく入ったGDBのA-Lineは、
クルマそのものにとても見応えがある。

際立ってお洒落な印象だ。

f0076731_20361089.jpg
B4の5速マニュアルトランスミッションをはじめ、
可能な限りMTも揃えたので、
彼等をグッと前に出して個性を強調させた。

5代目レガシィもばっちり揃った。
特にB4の面白いクルマを手に入れたので、
現在じっくり熟成中だ。
f0076731_20363175.jpg
全て並べ終えた所で、
西尾君から「準備が整いました」と連絡が来た。
f0076731_20365147.jpg
そこでトリップメーターをリセットし、
一周軽く足を慣らした。
f0076731_21224997.jpg
ライトニングレッドのFWDは、
実に軽快に走る。
f0076731_20370040.jpg
Gパッケージの特徴が見て取れた。
濃色ガラスが赤いボディと綺麗に対比してカッコイイ。

本革巻のステアリングとセレクタレバーに、
オーディオなど装備も充実している。
f0076731_20380160.jpg
良く回るエンジンにスポーツシフトを組み合わせたので、
マニュアルモードで変速を楽しむのも良いだろう。
f0076731_20371424.jpg
メーターの液晶パネルに、
今何速に入っているか表示が出る。

走行距離はまだ6万キロ台なので、
これからまだまだ先は長い。
f0076731_20372558.jpg
色褪せないクルマだ。
インプレッサには本当に面白い多様性を感じる。

いつもいつも冒険して、
スバリスト達の心を放さない。
良いクルマだ。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29802539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hanaemon1234 at 2018-05-21 23:51 x
今晩は。

セキレイは尾羽を上下に振りながら歩く姿が印象的ですね。
庭木や、電線、近所の公園の池にいる鳥の写真を、時々撮影します。
様々な鳥の表情や、鷺が魚をゲットした瞬間等、うまく撮れると楽しいのです。

亡き父の愛車が緑色の初代インプレッサスポーツワゴンの1.6リッターFFのMT車でした。軽快なクルマでした。
ふと、懐かしく思い出しました。
Commented by b-faction at 2018-05-22 07:09
hanaemon1234さん、おはようございます。6時半に出勤して定位置にクルマを置くと親鳥の様子が変でした。巣を見るともぬけの殻で何かに捕獲されてしまったようです。自然の摂理とは言え無常感に襲われました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-05-21 22:00 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction