レガシィと野性味

火曜日に出発した時、
30分ほどで猛烈な睡魔に襲われた。

昼に出発したので、
朝から何も食べて無かった。
だから血糖値も下がったのだろう。
f0076731_20575993.jpg
食べたら食べたで眠くなる事があるし、
その判断は結構微妙だ。

諏訪湖まで走って、
スタバに寄ろうかと思っていたが、
直ぐPAで仮眠をとった。

眠ったら楽になったので、
目の前の食堂でかけそばを食べた。

お世辞にも美味しくない。
でもカロリー補給が功を奏したようで、
そのままノンストップで東京まで走り切り、
その日の仕事も順調に終えた。
出張時に間食できない。
従ってカロリー総量は減るようだ。

f0076731_20581187.jpg
ばっちりビールを飲んで、
f0076731_20582249.jpg
今年初のあゆを食べた。

カラダにプリン体が充満していくが、
薬を飲んでるから大丈夫だ。
f0076731_20583313.jpg
旨そうな天婦羅があったので、
頼んでみた。

サバフグと書いてあったような気がするけど、
そんな魚いるのかな。

食べてビックリ玉手箱。
f0076731_20584364.jpg
滅茶苦茶美味しいじゃないか。
数百円の味じゃないぞ。

白子にも芳醇なプリン体が含まれている。

カラダにいけない物が、
本当に美味しいね!!!

で、
思いっきり歌って「オッさんずラヴ」
f0076731_20585873.jpg
〆のラーメンが美味いこと美味いこと。

f0076731_20591167.jpg
出張した時は晩酌に養分摂取の全てを掛ける。

飢えていた方が勘が鋭くなる。

ラーメン喰った翌朝、
サンドイッチをほおばりながら山道を卦け巡った。

リニアトロニックと直噴エンジンは相性が良い。

林道でもそれほど大きいと感じない。
このクルマは米国生産車と国内生産車のサイドパネルを作り分けたので、
スタイルを見慣れれば実用上は良く考えられていて好感が持てる。

家畜性が非常に高いクルマだ。

それにしても野生動物がやけに寄ってくる。
目の前をバンビが横切っていった。

少し置くだけで、
レガシィにおびただしい数の虫もたかる。

黒いボディに昆虫の眼が釘付けになるのか。

走り始めると、
今度は2頭の鹿が道路の右側から現れた。

つがいなのだろうか。
反対側の斜面に駆け上った。
f0076731_20593015.jpg
この辺りで鹿に出会う事がある。
彼等は他の動物の様に逃げない。

ゆったり動くし、
離れた所から興味深そうにこっち見る。

この鹿もそうだった。

上の写真はおおよそ狙いを付けてシャッターを押し撮影した。

しっかり真ん中に収まっていた。

中央を切り取って見よう。
f0076731_20594352.jpg
鹿の好奇心の強さが良く解る。

この後は熊が出そうな気がしたので、
ずっと手の届く場所にカメラを置いていた。

こいつは、
野生動物以上に始末が悪い。

またしても不良老人が、
こちらを目掛けてやって来た。
f0076731_20595487.jpg
再三警告のパッシングをしても、
お構いなしだった。

戻るつもりは全く無く、
堂々と信号から反対車線に横入りしていった。
f0076731_21000895.jpg
ヘラヘラ笑いながら、
とんでもないババアだ。

横にもババアが乗っていたが、
危険な状態を認識しておらず、
にこやかな顔をしていた。

どういうロジックで運転するのだろうか。

色々な事があった出張だったが、
f0076731_21001905.jpg
無事戻ることが出来た。

総行程で854km走って、
平均燃費も上々だった。

f0076731_21014777.jpg
普通に走れば15km/lくらい行くはずだ。
包容力があって燃費も良くて、
優れたクルマだと思った。

WRX STIで群馬迄行った後だと、
直噴エンジンの必要性が理解できる。

STIの平川社長がEJ20に見切りをつけたのも仕方がない。

しかし同じEJ20でも、
f0076731_21003015.jpg
こいつの意味合いはまた違う。

結局SUBARUのエンジニア達に、
とても大事な部分が欠落していた。

ターボなら積み上げた資産があるので何とかできる。

ところがNAにはそれが出来ない。

いくら良い自然吸気エンジンを持っていても、
それを扱えるチューニストが、
STIも含めて一人も居なかった。
f0076731_21004750.jpg
これは良いクルマだ。
ところがこの延長線上に、
いまは何もない。

しいて言えばBRZだが、
こちらの直噴技術は丸ごとトヨタだ。

その辺りをきちんとすると、
またレガシィツーリングワゴンの出番が来る。

自然吸気でカシミヤの雰囲気を持つべきだね。

乗換えたレガシィでヨガに向かった。
f0076731_21020594.jpg
慌てたせいか、
物凄い血圧だ。

ギリギリセーフで、
スタジオに飛び込んだ。

ヨガを堪能したあとで再度計測した。

f0076731_21021741.jpg
うーん不思議だ。
けっこうキツイポーズだったけど、
カラダは爽快。

流石にサウナを控えたけどね。

f0076731_21023092.jpg
それでも出張前に比べ数百グラムの増量だった。

f0076731_21031319.jpg
気分よく帰り、
宮崎さんの野菜をたっぷりいただいた。
f0076731_21032684.jpg
茄子とズッキーニを焼いたものだ。

f0076731_21033737.jpg
ズッキーニってこんなに美味しいの?
ビックリしちゃった。


f0076731_21035196.jpg
噛み応えがあって、
食べ過ぎを防止できる。

ありがとうございました。

目覚め良く出勤すると、
f0076731_21040556.jpg
テスト後のBRGがリフトで休んでいた。
既に一度整備が終わっているが、
綺麗に洗ってもう一度ギヤオイルなどの消耗品を交換し、
店頭にデビューする。
f0076731_21042085.jpg
見つめる先に、
偶然初代のレガシィが居た。
f0076731_21043461.jpg
狙ったわけでは無く全くの偶然だ。

定期整備を施す予定なので、
工房の前に置かれていた。

f0076731_21044851.jpg
これを見ると胸がキュンとなる。

レガシィは常に戦闘力を要求された。

そして記録にもチャレンジを繰り返した。
f0076731_21050140.jpg
だから野性味があるフラッグシップだった。

野性味をカシミヤで包み込む、
そんな姿が次のレガシィには必要だな。

今日は1km泳ぐぞ。

おやすみなさい。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29840360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hanaemon1234 at 2018-06-09 09:58 x
おはようございます。
ご存知のように私はNA車に乗っておりますが、世間がイメージするスバル車はターボ車なんですよね。私もターボ車は大好きですが、良いNA車が有ってターボ車と両立してこそどちらも活きると思います。
今のスバルはたくさんの、一般人のお客さまを取り込みたいのでしょうし、理解はできるのですが、今の時代は少量多品種的な品揃えが求められる気がします。メーカーとしては大変ですが。単純な比較は出来ませんが、BMWは日本市場だけでもたくさんの、こんなにいる?と思う位のラインナップがありますよね。どう思われますか。
Commented by b-faction at 2018-06-09 14:55
> hanaemon1234さん
BP5の20Rは本当に良いクルマです。でもハイオクで設計したので失敗しちゃいました。BMWの事はあまりよく知りません。ただ最近ボルボが成功してますね。理由は4気筒の同一エンジンを加給方式の差だけで、しっかりヒエラルキーを創造したからでしょうね。そこは客観的に認めないといけないですね。SUBARUとBMWでは雲泥の差があります。
Commented by WRX at 2018-06-09 18:02 x
EJ20に見切りをつけたって事は20B STIはEJ20以外って事ですか?
Commented by b-faction at 2018-06-09 18:21
WRXさん、生産はまだ続きますよ。
Commented by at 2018-06-09 19:32 x
シックスライトウィンドウにサッシュレスドア、ブラックアウトのピラーがジェントルかつスポーティーですね。
ギャランVR4というライバルもスバルには刺激だったように思いました。
Commented by b-faction at 2018-06-09 20:20
宮さん、今晩は。サッシュレスのレオーネから続く伝統でしたね。今見ても良いですよね。ただし乗降性には劣るんですね。VR4もカッコ良かったですね。当時シルバーのボディは、上から光を当てて展示すると、もの凄く良かったんですね。昨日の様に思い出されます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-06-08 22:01 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction