インプレッサクーペを次世代に残す

f0076731_15451850.jpg
横浜から稲村さんが来訪された。
いつも珍しいお土産をありがとうございます。
f0076731_15452950.jpg
箱を見て最初は何かと思つた。
蓋を開けたら、
特別なハーヴァーの詰め合わせだった。
f0076731_15454282.jpg

アイスクリンと、
懐かしい呼び方が郷愁感をそそる。

f0076731_15455139.jpg

可愛いイラストが特徴的だ。

f0076731_15460424.jpg
ミルク抹茶も新登場だ。
どう見てもコアラに見えるが、
コラボレーションなのかな。

アイスクリンは馬車道で、
ミルク抹茶はガーデンネックレス横浜と書いてある。
f0076731_15461574.jpg
チョコバナナもあるし、
f0076731_15463070.jpg
ミルクモンブランもイラストが食欲をそそる。
やっぱりモノには組み合わせがあるね。

横浜は流石だね。

それと対照的なのがうなぎパイだ。
「うなぎ」と聞けば蒲焼を連想する。
そのパイの箱に、
スッポンのイラストを押し込むのは如何なものか。

ちょっと無謀だと思う。

それに対して、
f0076731_15464135.jpg
アイスクリンと聞くと清涼感があり、
とても美味しそうだ。

言葉にも昔懐かしさを覚えるから、
港町ヨコハマと相性が良い。

だからアイスクリンから頬張った。
稲村さん、
ありがとうございました。

また、
血圧の事でご心配を戴き有難うございました。
f0076731_18201973.jpg
相変わらず上がりっぱなしでございます。

木曜日のヨガの後、
いつもと調子が違っていた。

下がるには下がったが、
あまり大差が無かった。
f0076731_18203348.jpg
先日の怒りがまだ解けないからかな。

神奈川と言えば、
歴史あるヨコハマを筆頭に、
日本中に名を馳せている。

その名を汚すような、
酷い振る舞いに目を覆った。

インプレッサWRXの相場を、
悪戯に引き上げるような操作に見えた。
f0076731_22355637.jpg
そんな価値がある訳ないのに、
人心を弄ぶと罰が当たる。

稲村さんをはじめ、
神奈川には熱心なスバリストが沢山いる。
そういう人たちも怒るはずだ。

薬草と言えどもドクダミはうっとおしい。
地下茎が複雑に侵入し、
一旦入り込むと始末が悪い。
f0076731_15480389.jpeg
分母が少ないクルマに対して、
特異な嗅覚を持つ人たちがいる。

凄みのあるプロの世界で生き残るには、
冴えた嗅覚が必要だ。

ドクダミの様にシブトク生きなきゃならない。
しかし凛とした姿勢も重要だ。

しかしSUBARUチームのプロ中のプロには、
凛とした姿勢も重要だ。

それなのに、
まるで相場師まがいの振る舞いだった。

これには本当にあきれたね。

雨で土が緩んだ時に、
f0076731_15483771.jpeg
ドクダミの根っこを引き抜くと、
白けた地下茎がズルズルと出てくる。

真実をズルズルと引っ張り出してやろうか。
インプレッサの持つストーリーは凄いから、
絶対的な価値もある。

それは文化財的価値だが、
貨幣価値を強引に当てはめて、
人心を愚弄するとやがて破綻するはずだ。
f0076731_15252144.jpg
22Bはインプレッサ「リトナ」がベースだ。

リトナはアメリカで求められ、
急遽開発されたコンパクトセダンだ。

その当時、
秘書をしているような女性達に、
コンパクトな2ドアセダンが好まれていた。

だから各社が一斉に発売した。

そんな中、
SUBARUも2ドアセダンを急遽開発した。

それを日本国内でリトナと名付け出してはみたが、
全くと言って良いほど売れなかった。

日本国内における2ドアセダンの市場は、
とっくの昔に消滅していたからだ。

しかし幸運が巡ってきた。
WRカー規定と言うヤツだ。

WRCのトップカテゴリーに参戦するためには、
ある程度の量を作る必要があったので、
リトナベースに4WDターボを押し込んだら、
偶然すごくバランスの良いクルマが出来ちゃった。

発売当時は、
それが良く解らなかったが、
センターピラーの位置と前後重配が程良く合い、
Type-Rと呼ぶに相応しいクルマとなった。

最初はもっと簡単な張りぼての予定だった。
22Bの開発にあたり、
喧々諤々の議論があったに違いない。

四方さんも、
一度中津スバルに行きたいと仰ったようだ。

ぜへお目に掛かりたかった。

でも、
叶わぬ夢になってしまった。
残念で仕方がない。

STIは四方さんを中心に、
とてつもない執念を見せた。

専用の型を興し、
前後ともフェンダーはプレス部品で仕上げられた。

既に実戦で走っていたWRカーは、
ピーター・スティーブンスのデザインだった。

形は良くても競技車だから、
とてもお粗末な作りだ。

とてもではないが、
ロードゴーイングカーとして通用しない。

スバルとSTIが全力で取り組めば、
製造ラインでWRカーを産み出せる。

こうしてファクトリーレベルのクオリティを備えた、
ワークスコンプリートカー22Bが生まれた。

それを一番喜んだのは、
WRカーを見慣れているはずの、
デビッド・ラップワースだった。

WRカーがとてもお粗末で、
普通の乗り物とは言えない事を、
彼が一番よく知っていた。

だから彼は喉から手が出るほど、
WRカーのロードゴーイングバージョンを求めた。。

確かにもう二度と作れない。

今のように捻れた社会構造では、
何かとコンプライアンス、
コンプライアンスだ。

この執念で誕生させたGC8改の、
どこがどのように張りぼてなのか。

具体的に見よう。
フロントフェンダーは、
ボルト締めだから簡単に外れる。

リヤクオーターパネルは緩めて外せない。

だからこのように分解して、
f0076731_15253681.jpg
ラインで溶接された標準パネルを、
丁寧に切り離す。
f0076731_15255095.jpg
次にろう付け溶接で、
幅の広いリヤフェンダーを固定する。

後は幅広ボディに合わせた前後バンパーと、
リヤスポイラーを付けるだけだ。

簡単だろ。
ロアアームを延長しているわけでは無いので、
トレッドの増加分はハブとホイールで辻褄を合わせる。

と言う事なので、
興味のある方はお楽しみに。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29844562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 藤山一郎 at 2018-06-17 22:06 x
まあ、サクラオシ

なんちゃって22作って

引き分けですね
Commented by b-faction at 2018-06-17 22:41
藤山一郎さん、よくご存じで。ただし「なんてっちゃって」ではないんですのよ。
Commented at 2018-06-17 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 中原 at 2018-06-17 23:39 x
 社長こんばんは。

ボクはリトナ好きですよ。

90年代まで、各メーカーは気の効いた手ごろな2ドアクーペを揃えていましたからね。

トヨタ車ですが、そんなクルマを永年乗っていた過去があり、それは事故で失いましたが、先月末にそいつと同一な色、エンジン、トランスミッションの個体が見つかり購入しました。
カミさんからはものすごい怒られましたが、恋愛中に「二人を引き立てるステキなクルマ」だったので理解はしてくれましたが(笑)今月末に届きます。

納車されたらまず清掃しなくては・・・。
Commented by b-faction at 2018-06-18 06:45
ソバのカンちゃん おはようございます。乗ってみたいと思っている人多いはずです。お楽しみに。
Commented by b-faction at 2018-06-18 06:48
中原さん、あれは実質的にセダンです。初代レオーネまで当たり前に2ドアがありました。排気量が100cc刻みでコロコロ変わる不思議な時代でした。なのでレオーネは1400でスタートしましたが1500はとうとうインプレッサまで誕生しませんでした。水平対向と相性が悪い排気量なんでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-06-17 22:00 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction