SUBARUらしさを極めた水平対向6気筒のアウトバック

20Rの話はまだ続く。

しかし、
その前に伝えたい事がある。

先週東京へ出張した時、
ホテルで目覚めてテレビを点けた。

実は初めてNHKの朝ドラを見た。
この地域にとって、
凄い効果らしい。
f0076731_22152129.jpg
岩村の街並みは、
「ふくろう商店街」と名を変えた。

ゴールデンウイーク中も人が溢れ返り、
その時訪れた栗原さんを驚かせたそうだ。

f0076731_11520009.jpg
ちょっとだけ、
街並みに寄ろうとされたらしいが、
恐れ慄いてすぐ帰られたそうだ。

今回の目的は点検で見つかった不具合の修理だ。

それと同時に、
開田高原や岩村の街並みを自由気儘に楽しむためだ。

f0076731_22294372.jpg
お土産をありがとうございました。

f0076731_22295606.jpg
海老煎餅と、
f0076731_22320025.jpg
近頃評判のラスクをいただいた。

ところで、
評判の良い食べ物は、
テレビの力で骨抜きになる事が多い。

テレビで放映されている、
五平餅について触れたい。

もともと五平餅は、
新米が取れた時のお祝いで、
家族揃って焼いて食べた。

味噌、たまり、クルミ、落花生、
それらは全て地産地消だ。

隠し味で蜂の子をすり込んだり、
その家独自の作り方があった。

プロの店も当然たくさんあって、
年がら年中食べていた。

五平餅は丸くて串に刺した、
みたらし団子風の形が本来の姿だ。

これには異論があるかもしれないが、
中山道に沿った、
恵那から中津の五平餅は、
ほとんど全てがこの姿だった。

そこから離れた「僻地」と言われる場所に、
それとは違う五平餅が存在した。

「わらじ五平」と呼ばれるご馳走だ。

初めて食べたのは、
小学生の時で、
「珍しい五平餅があるよ」と連れて行かれた。

上矢作と呼ばれる山間地で、
そのご馳走が出た。

地蜂の産地なので、
ふんだんに擦り込まれていた。

ただ、
その名前を聞くと、
食べずに嫌う人もいるので秘密の場合も多い。

美味しかった。

何しろ、
その暴力性に度肝をぬかれた。

まず、
材料も迷いが無いし、
美味しく食べる工夫も枚挙にいとまが無かった。
串ではなく、
板へぎにご飯をなすりつけたビッグサイズだ。

だから串に刺した五平餅より、
一本当たりの量が多い。

今ではそれが主流になった。
その理由は高速道路の発達だろう。

高速道路の売店では、
加工しやすい「わらじ」の方が効率良く捌ける。

テレビでは、
どちらを流してるのかな。

この辺りが微妙だ。

岩村は山間部だが鉄道が存在し、
一風変わった文化が根付いている。

テレビ効果で歪められない事を期待したい。

急にクローズアップされると、
どうしても浮き足立つ。

残すべき文化を、
しっかり吟味して大切にしよう。

そんな事を考えながら、
栗原さんと出かけようとしたら、
思わぬ珍客に驚いた。

急激に発達した低気圧を、
本能でしっかり感じたのだろう。
f0076731_22322467.jpg
工房の窓ガラスを見て、
ほのぼのとした気持ちになれた。

必死で擬態してるけと、
丸わかりなんだ。

軽く指で突っつき擬態を解く。

f0076731_21343339.jpg
変わった頭の形だ。
だけど、
これが捕食から逃れる切り札なんだ。

進化の素晴らしさを感じる瞬間だね。

f0076731_21350598.jpg
人懐こいので、
優しくするとすぐ手に乗る。
f0076731_21351775.jpg
ここで擬態しても意味ないが、
サービス精神が旺盛なのだ。

f0076731_21352830.jpg
調べたら「ツマキシャチホコ」という名前だった。

工房に入ってると出られなくなるし、
他の意味で危険が迫る。

当社の会長は蛾が死ぬほど嫌いだ。

避難したつもりかもしれないが、
危ないので外に出した。

このような、
滅多に見ない生き物を残す努力が大切だ。

でもそれは難しい。

言う事は簡単だが、
「言う」と「やる」とでは天地の差がある。

教育から変えないとね。

スバルも教育から変えないと、
何も残らなくなる。
f0076731_21391389.jpg
問題の根っこは共通なんだ。

f0076731_21385901.jpg
奇跡的なレガシィアウトバックを連れてきた。

本当に人懐っこいクルマだ。
f0076731_21393497.jpg
シルキースムーズで柔軟。
乗る人にとって優しいクルマだ。

大きさもジャストフィットで、
豊かな動力性能がヒトを幸せにする。

このクルマ、
走行距離はそこそこ延びてるのに、
ヤレタ感じが全くしない。
f0076731_21394989.jpg
ステアリングを見ただけで、
このクルマに与えられた愛情が、
普通とは少し違うことがわかる。

ステアリングが清潔なんだ。
f0076731_21400035.jpg
室内も綺麗だし、
クルマが本当に伸び伸びと走る。

とりあえず受け入れ点検を終えたので、
思いっきり走らせた。

f0076731_21401962.jpg
虫の死骸が、
激しい走りを物語るが、
調教とはそう言うものだ。
f0076731_21403080.jpg
良いクルマに巡り合うと、
晩酌がとても美味い。
f0076731_21404445.jpg
SUBARUと横浜ゴムはジオランダーを育ててきた。
f0076731_21405596.jpg
アウトバックとも相性が良い。
それが一体どうした訳だろう。

エコエコエコで、
国産品につまらないタイヤが多くなった。

ヨコハマは本気で作ったジオランダーを、
もっとSUBARUにアピールすべきだ。

6気筒も消滅するし、
ジオランダーの採用も遂に消滅した。

SUBARUの姿勢、
最近少し悲しいね。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29844727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BL5@tomo at 2018-06-17 00:10 x
はじめまして。ちょくちょく拝見させていただいております。素晴らしい状態のアウトバックですね!私はBL5スペックbに13年乗って17万キロを超えております。それでも飽きることなく乗れるのは当時の開発者の情熱が伝わってくるからだと思ってます。
現在でも古臭くないデザイン、乗り味最高です。
最近色々大変なスバルではありますが、あまり消費者に迎合せず、開発者の最高の情熱をかけたクルマ作りをまた見せて欲しいです!
Commented by hanaemon1234 at 2018-06-17 08:26 x
おはようございます。
朝ドラの五平餅は、代田社長がおっしゃるところの『わらじ』と思われます。我が家では録画して家族で見ています(笑)。
BLの20R、良いのですが、リアシートが前に倒れないのが・・・。
スバルはどうなっていくのか。良い意味で地道に愚直に技術を磨いていって欲しいです。
Commented by b-faction at 2018-06-17 15:16
BL5@tomoさん、プリウスを実力で撃破してカーオブザイヤーを取ったクルマは、そんなに簡単に色褪せません。これからも応援をお願いします。
Commented by b-faction at 2018-06-17 15:19
hanaemon1234さん、どっちが美味しいかは人それぞれの判断ですね。団子型の方が僕は美味しいと思います。シートも同じで利便性か剛性かの判断ですね。
Commented by sige at 2018-06-17 15:49 x
新型フォレスターの試乗お疲れさまでした。インプレッサの時と同じように、思ったことをお書きください。顔認証システムとやらの説明でレクチャーの大半の時間が浪費されていないことを祈ります。自分の担当さんにもこれから聞きに行ってきます。
Commented by パパは山屋さん at 2018-06-17 18:17 x
毎日22時頃を楽しみに、そわそわしながら待っているパパです。
社長の今度のフォレスターの詳しい解説をとても楽しみにしています。

第一弾、二弾と、もしも時間が許せばトコトン細かいとこまでご紹介願います^_^


家族みんなで豪雪地帯の雪道を安全に乗る為に、我が家も予約しました。
Commented by b-faction at 2018-06-17 18:18
sigeさん、時間を有効に使った講習会でした。頑張ってると思いました。言いたい事を言っても良く聞いてくれましたよ。みんな読んでるみたいです。このブログを。
Commented by b-faction at 2018-06-17 18:19
パパは山屋さん、今晩は。コンプライアンスがあるのでしばらくお待ちくださいね。手帳にびっしりメモした内容は無駄にしないつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-06-16 21:52 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー