人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レガシィツーリングワゴンと葡萄

レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_13160016.jpg
田原町から浅田さんが来訪され、
ステキなお土産を戴いた。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_13161190.jpg
珍しいお菓子をありがとうございました。

蓋を開けると、
一手間かけられた最中が現れる。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_13163998.jpg
自分で作る最中だ。

このやり方だと、
香ばしくて美味しい。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_13165668.jpg
最中の餡に特徴があり、
うぐいす餡とでもいうのだろうか、
甘いけれど嫌味ではなく、
ほのかでは無く強い。

四代目レガシィBP5は軽くてパンチがあった。

特に2.0GT specーBは、
WRX STIに通じる味を持っていた。
その動力性能は、
甘いけれど嫌味では無く、
ほのかでは無く強かった。

それに対して、
五代目は大きく方向性を変えた。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15395272.jpg
レパートリーの住み分けを、
よりはっきりさせた。

そのために、
まずレガシィの包容力を高めた。

特に最終的に加えられた、
BRG型レガシィツーリングワゴンは顕著だ。

直下ターボの直噴エンジンは、
4代目のチタンターボとまるで性格が異なる。
新たなコンセプトに合わせ、
効率の良い電動パワステを選択した。

後のspec-Bの誕生を前に、
2.0GT DITは、
隅から隅までGT一本槍で造り込まれた。

林道をズバズバ攻めるようなクルマでは無く、
余裕ある動力性能でストレスなく駆けるクルマだ。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15400500.jpg
とは言うものの、
このような高い場所に駆け上る時は、
なかなか俊敏な走りを見せる。

そしてSやS#を選ばずとも、
インテリジェントモードで楽しく走れる。

優しく踏み込めば良い。

ただそれだけで、
スポーツ性能を重視するリニアトロニックが、
一番適切な出力を引き出す。

それでも十分走るが、
s#だと8速のステップ変速になるので、
結構本気で攻められる。

言い換えれば「毒」も充分持つ。

正面に見える南アルプスがこの場所の高度を示す。

それに雲が、
「これだけ高いんだ」と誇示する。
登ってくる途中に雲があるので、
霧の中から光が差し込むような景色になる。

そんな場所を、
余裕でスイスイ走る。

全く苦労が無いから、
かえって包容力の高さを実感できない。

まさにそれがこのクルマの良さだ。

男にとって、
クルマは家畜そのものなのだ。

リニアトロニックは、
日本の道路環境下で、
やはり一番優れている。

激しい渋滞からシビアな山道、
そして狭い市街地の道路まで、
苦手な場所はどこにも無い。

日本の高速道路は速度領域が低いけど、
本気で走ればけっこう飛ばせる。

この辺りは行間を読んで欲しいが、
飛ばしても、
普通に走っても、
リニアトロニックはスムーズだし燃費が良い。
やはり一番理想的なトランスミッションだ。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15401545.jpg
反対側には中央アルプスが見える。
逆三角形のカールが氷河時代の存在を証明する。

これは260万年前に始まり、
今も氷河時代が続いている、
地質学的な証拠だ。

凄く雄大だ。
この山のおかげで、
麓にはきれいな水が淡々と流れる。

そして水流が増し佐久間ダムへ繋がる。

見ているうちに駒ケ岳に行ってみたくなった。
来た道を駆け下りた。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15402893.jpg
雲の中に入ったせいかもしれない。
正しい道を見失った。

しばらく走ると雲の中なら抜け出た。
そして広い道が現れた。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15404424.jpg
軽くブレーキを掛ける。
タイヤがグイッと路面を掴む。

その印象は「硬い」が、
けれどもグリップは良い。
前日に梅雨が始まり、
じめじめした悪天候だったけれど、
とても安全に高速道路を走れた。

B(ブレーキ)
T(ターン)
A(アペックス)
E(イグジット)
4つのリズムに合わせて乗ろう。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15410615.jpg
もうこの辺りから減速だ。

B:なるべくそっとブレーキペタルを踏み込む。

T:頂点を狙ってゆっくり操舵する。
この手応えは油圧アシストにまだ負ける。
クレードル構造と電動アシストの組み合わせは、
理論的に最も効率がよく万全なのだが、
リアルに使うと味が少し大雑把だ。

A:コーナー頂点(エイペックス)をかすめる走行ラインを作る。

E:ステアリングを戻すと同時にアクセルオン。

こうして楽しく走りながら、
中央アルプス側の山麓に差し掛かると、
偶然面白い場所に巡り合った。

アスファルトが新しく敷かれ、
両側に整然と畑が並んでいる。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15412125.jpg
左の奥に農作業をしている人が見える。

横を通り過ぎる時に、
その人が手にした赤い液体が目に留まった。

まるでアキグミの果汁の様に美味しそうな液体だ。

多分一つ一つ、
葡萄の「赤ちゃん」を世話しているのだろう。

中身はジベレリンだと思ったので、
クルマを停めて周辺の景色を眺めた。

左右には広大な畑が広がり、
所々に農夫の姿が見える。

ブドウと言うと、
子供の頃を思い出す。
時々ブドウ狩りに連れて行ってもらった。

採ってもそれほど食べられないし、
薄暗い葡萄棚の下に入って切るのは面倒くさい。

だから、
そんなに好きな場所では無かった。

ところがドイツに行って葡萄畑のイメージが一変した。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15115887.jpg
モーゼル川沿いの葡萄畑には、
これが本来の葡萄なのかなと思わせる景色があった。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15114255.jpg
斜面には一本ずつ独立して葡萄が立ち並び、
太陽の光を燦々と浴びていた。

ここにも独立した葡萄の木が立ち並んでいた。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_15413679.jpg
丁寧な仕事で葡萄を作ってるな。
凄く気に入ったけれど、
作業の邪魔になるかもしれないのでそっと立ち去った。

中津川でも最近美味しい葡萄を作るようになったが、
やっぱり本場は違うな。

この農園も楽しそうだ。
また良い場所を一つ見つけた。
荒れるといけないから、
知ってる人も内緒にしてね。

だからドライブを止められない。

日本人が1959年に見つけたジベレリンによって、
種なし葡萄の育成が可能になり、
さらに大粒で甘い葡萄も作れるようになった。

天然由来の植物ホルモンだ。
このおかげで葡萄の世界が変わった。

SUBARUが1981年に作り出した、
油圧田版クラッチと、
トルコン式オートマチックトランスミッションの組み合わせは、
四輪駆動乗用車の常識を覆した。

このレガシィが持つ縦置きクレードル構造の直噴ターボは、
やはりまだ誰にも真似できない、
300馬力対応のハイトルクリニアトロニックと組み合わされている。

出た当時のインプレッションも参考にして欲しい。




その心臓部に搭載されるのは、
まさにジベレリンの様な、
自然に機能する素晴らしいシステムだ。

SUBARUと言うよりも、
日本人って凄いね!
そう思わないか。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_14251576.jpg
ドイツ人も凄い。
勤勉だし頭が良くてゼロから作り出す能力にたけている。

モーゼル川沿いの小さな町で、
葡萄の木がユニークに用いられている。

軒先を飾るのは全て本物の葡萄だ。

それも一本や二本では無く、
まるで街路灯が電線で繋がる様に、
隣の家へと伸びていく。

まさに「街づくり」なのだ。
葡萄に誘われて小径を下る。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_14255203.jpg
行き着いた所にレストランがあり、
向かって左に葡萄の木が見える。

その葡萄の木ばかりじゃなく、
あちこちから気取られないように生えている。

一体どこからどこに繋がるのか、
実に謎めいていて面白い。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_14261073.jpg
この葡萄もワインになるのかな。

ドイツで葡萄を食べている所、
実はあまり見た事が無い。

ここは、
家族経営の美味しいレストランだ。
レガシィツーリングワゴンと葡萄_f0076731_14552050.jpg
ドイツって素敵だよ。
何度行っても飽きないね。

終わり

Commented by 福島 at 2018-06-11 22:37 x
社長様
先日のコメントは社長の意図を読み違えていました。
そういえば、DITデビューの時に北海道まで往復自走されて、じっくりと吟味されていましたね。
正にGT。空飛ぶ(俊敏な)絨毯でした。
シャーシーのキャパとサスストローク。4代目目線の味と5代目の味は同じレガシィでも異なっているのを忘れていました。
ドイツの写真を見ていると、この景色の中を果てしなく走ってみたくなります。
そんな時はBRGですか?
Commented by エクシーガ乗り at 2018-06-12 00:31 x
代田社長様 
葡萄の素敵な写真をありがとうございます。下手の横好きで、昨年までわが家でも庭に地植えの黒葡萄、品種はキャンベルが1本ありました。収穫期にはとても美味しく、年寄りも喜んで食べていました。棚を大きくして庭が暗くなってしまったことと手入れが面倒になったため、切ってしまいました。手入れは虫との戦いで、冬に樹皮を剥いで虫が卵を産み付けないようにすることと、剪定でした。未だに葡萄の木への未練があり、2鉢育てていますが、地植えはせず思案中です。プロのご意見を私も伺いたいところです。失礼しました。
Commented by b-faction at 2018-06-12 07:14
> 福島さん
美しい国ですね、ドイツは。
Commented by b-faction at 2018-06-12 07:20
> エクシーガ乗りさん
やはり虫との戦いですか。簡単にはいきそうにないですね。
Commented by at 2018-06-12 21:59 x
あの東を受け入れたんだから凄い国です。
旧西ドイツ下で生まれ育った車達が今も輝きを増してるのか理解出来ようと言うものですね。
トラバントに夢中になった人々はどうしたんでしょう。
まさかですが、スバルがトラバントにならぬ事を祈っております。
Commented by b-faction at 2018-06-13 10:31
> 宮さん
古い時代のドイツを知りません。今は毎年行くぐらい好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-06-11 22:02 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31