最新のB4と新型フォレスターを比べる

f0076731_16351054.jpg
魚住さんの納車式が始まり、
工房にあるギャラリーで車両の取り扱い説明が進んだ。

古くからの大切なお客様で、
真のスバリストでもある。
f0076731_16352907.jpg
G4からB4に乗り換えられた。
アウトバックとB4は全く別のクルマだ。

やはりレガシィはフラッグシップだ。
f0076731_16354091.jpg
助手席からインテリアを見ると、
実にスッキリした素晴らしい仕上がりだ。
正直な事を言うと、
今更マルチファンクションディスプレイなど、
典型的な時代遅れだと思っている。

大阪から日比さんが来訪され、
レヴォーグSTIの点検と同時に、
ドライブエクスペリエを受けられた。
f0076731_16355816.jpg
安定した操舵技術を身に着けることで、
ロングドライブがますます楽しくなるはずだ。

この時、
最新のレヴォーグを久しぶりに操ったが、
相変わらず高出力の虜にさせる、
実に魅惑的なクルマだ。

ご家族で一泊二日で来店され、
中津川も探訪された。
f0076731_16361660.jpg
得意先コードも開設したので、
いつでも気軽に来訪して欲しい。

中津川は奥が深い。
f0076731_16363155.jpg

お土産をありがとうございました。

日比さんは前泊されたので、
夕食に相応しい場所を紹介した。

チキンハウスだ。
米国であのドキュメンタリーが完成した。

16分40秒の辺りから紹介が始まり、
最後にチキンハウスで乾杯のシーンが出る。


ジャンの心に強く残ったのだろう。
日比さんも、
「チキンハウスの恵那鶏は最高に美味しかった」と喜んでくれた。

この映像を見れば、
SUBARUの米国に於ける人気ぶりが良く解る。

SUBARUファンのスケールもデカいから、
米国寄りの開発になるのも仕方がないだろう。

日頃文句を言いたがる人も、
これを見たら少しは納得できるだろう。

日比さんも、
「チキンハウスの恵那鶏は最高に美味しかった」と喜んでくれた。

レヴォーグは日本人のために開発された。
ようやくリヤシートも使いやすくなった。

だがグローバルで売れるクルマは、
どうしても米国寄りの開発になる。

それは仕方のない事だが、
車種ごとにブツ切りの開発になっても少し困る。

SUBARUとして一本の線がキッチリ通った、
軸のぶれない開発をして欲しい。
f0076731_16364997.jpg
月に二度ある掃除の日を迎え、
ギャラリーからクルマを出した。

軽自動車より、
1300Gのスーパーツーリングを注目して欲しい。
やはりスバルにとって最も過激な、
そして官能的なクルマだ。

クルマの他にも、
山と積まれたパーツを移動した。
f0076731_16370999.jpg
立て続けにどこの会社もリコールを出す。

一昔前の感覚だと、
リコールは「悪」だと思われがちだ。

f0076731_16374725.jpg
リコールで自動車ディラーに赴くことを、
被害者意識的に捉える人も稀にいる。

ぜひ考えを改めて欲しい。
リコールによってさらにクルマが良くなると、
f0076731_16381348.jpg
前向きに捉えようじゃないか。
人間でも個体ごとに特性がある。

何が完璧で何が劣るかなど、
いちいち考えていたらきりがない。

いくら大量生産品でも、
確実に個性があるし、
その後の扱いでクルマの状態は大きく左右される。
f0076731_16383248.jpg
こうして綺麗に整えて、
お客様をお迎えする。

行きたくなる場所にすると、
お客様もリコールで訪れることに潤いを感じてくれるだろう。
f0076731_16390741.jpg
アメリカのスバルディーラーも、
最近ではスバルの文化性を尊ぶ所が増えたようだ。

そうでなければ、
あのようなドキュメンタリーを製作するはずがない。
f0076731_16392374.jpg
大事な文化財を元に戻し、
予約されたお客様の来訪を待った。

千葉県の旭市から、
増田さんがいらっしゃった。
f0076731_16394454.jpg
一度SUBARUに乗ってみたいと相談を受け、
SVXの購入を打診された。

ご希望に沿いたいところだが、
現在の愛機が最新のロードスターだ。

それに飽きてしまったようなので、
再考を促した。

新車の方が良いだろう。

何の知識も無く何となく乗ってみるクルマではない。
所有すると一旦覚悟を決めたら、
添い遂げる思いが必要だ。

動物を飼うくらいの愛情を持たないと、
せっかくの名機も輝きを放たない。

新車のXVを乗り倒し、
道という道を走り回ると良い。

SUBARUとは何かが、
現在のラインナップの中で一番掴めるはずだ。
f0076731_16395903.jpg
千葉の名産品をお土産に頂いた。

増田さんのお仕事は養鶉だ。
f0076731_16401426.jpg
日頃何気なくウズラの卵を見ていたが、
改めて見ると凄い個性の塊だ。
f0076731_16403387.jpg
鶏卵は真っ白で見た目の変化が少ないのに対して、
f0076731_16435782.jpg
ウズラの卵は物凄く芸術的な様相だ。

タップリ戴いたので、
f0076731_16441234.jpg
娘に料理を頼んだ。
味が良い。
凄く甘みを感じた。

もう一個お替りを追加投入したほどだ。

娘はハンバーグの中心にウズラの卵を入れて、
f0076731_16442949.jpg
凄く美味しい創作料理を作った。

増田さん、
ありがとうございました。

f0076731_16452635.jpg
一位の大将に戴いた酒をあおり、
f0076731_16455442.jpg
天桂寺の阿部さんに戴いた水沢うどんで締めた。
皆さん、
ありがとうございました。

いよいよ新型フォレスターが正式に発表された。

一本の線がしっかり通って、
軸もぶれていない。

f0076731_16460898.jpg
可児市にある、
広和自動車の奥村専務の運転で、
まず現行フォレスターの後席を確かめた。

前を走るのはハイブリッドのアドバンスだ。

奥村専務も相当なクルマ好きなので、
もしかしたらこのブログを見ているのかもしれない。
写真を撮った時に何となく感じた。

なぜ急にeーBOXERなどと命名したのか、
はっきり言って良く解らない。

電池が置き換わっただけで、
前のモデルに設定されたXVハイブリットと機構的に大差ない。

だがスバルの説明は少し異なる。

「e-BOXERはモーターをより積極的に動力側に使い、
S#のような加速感や、
雪道のような低μでの発進性等の向上を図っています」

なるほど。
そう言われれば確かにそうだった。

「また2.5L NA DiはFORESTERに合わせたトルクカーブにより、
非常に使い易い車に仕上がったと思っています」

これには全く異論はない。

「このようにパワーユニット単体の魅力と言うより、
車トータルの魅力として仕上げたと考えています」

なるほど。
納得できた。

但しこうして現行モデルに乗ると、
こちらの完成度の高さも良く解る。

その辺りも聞いてみた。
「4代目の開発で感じた事があります。
それはお客さまの中で’FORESTER’という車のイメージがバラバラということでした」

確かに初代はスポーツビークルを名乗り、当時のSUVとは一線を画した。

「これは初代がワゴンタイプでターボで始まり、
途中でロウダウンしてSTIモデルを投入するなど、
サイズ感、パッケージもバラバラだったことに起因していると思いました」

たしかにそうだった。
STIも加わるとやんちゃなクルマになっていった。

「そこで数あるSUVを分析し、
そのセグメントのど真ん中にポジショニングできる4代目を開発しました。
おかげさまで4代目はグローバルで好評になり販売台数を増やせました」

これも全く異論がない。
SH5は重厚感が足りなかったがそこをキッチリ埋めていた。

「ここで’FORESTER'のイメージをしっかり作らないと、
商品としてのブランドが固まらないと考えて、
連続性のある5代目を意図しました」

なるほど。
良い話を聞くことができた。

その上で新型を冷静に眺めた。

一番凄いと感じたのは、
近接騒音のレベルが素晴らしく良くなった事だ。

昔はクラウンの近くに行くと、
SUBARUの近接騒音の高さが気になり、
遅れてれるなと感じた。

新型はライバルに対して(特にディーゼル)圧倒的に優位だ。

現行型から新型に乗り換えると、
広い室内空間は最大の魅力だと解る。
アウトバックの存在感が霞むほどだ。

サスペンショントラベルが明らかに増え、
走りも練り込まれた。

これはSGPが入ったので当然だが、
ハンドルをいっぱいに切って、
タイヤを外向きにすると良い。

スタビリンクを見るだけで解るだろう。

XVよりもさらに逞しい。
ダンパーストロークの量が、
どれだけ増えたか明記した方が良い。

オートドアロック/アンロックの機能性向上は素晴らしい。
レヴォーグには既についているらしいがカスタマイズしたことが無い。
今後は周知徹底が必要だ。

ドアロックはデフォルトで走行開始と共に作動する。

これを切る事も出来るし、
車速20km/hで動作に変更できる。
セレクトレバーを操作した時に合わせることも可能だ。

ドライバーが乗った瞬間に、
強盗に遇う事もあるアメリカでは必需品だろう。

降車時はドアを開けると開錠するが、
セレクタレバーをPレンジに入れた時や、
エンジンを切った瞬間に変更する事が出来る。

リチウムバッテリーを使用したエンジンにe-BOXERの愛称を付け、
基本的にNAは2.5リットルエンジンに一本化した。
これでスポーティ化かつ上級車移行に成功し、
新型XVと完全に住み分けが出来た。

問題はデザインだ。
と言っても、
決してデザイナーが悪いのではない。

素晴らしく存在感のあるフロントフェイスは、
スバルのSUVに共通した意匠だ。
それに抑揚感のあるサイドビュー、
そして颯爽としたリヤビューが特徴だ。

しかし言い換えると、
代わり映えしない割に前後がチグハグになったとも言える。

コンセプトカーの優れたデザインを、
製品として具現化する時に齟齬が出る。

モデラーの能力に製造設備が付いて行けないのかもしれない。
エクステリアでは、
特にフロントのディティールでブレイクスルー出来ていない。

ゼロ次安全も重要だが、
今では様々なギミックもあるので、
「美しいスタイル」も優先すべきだ。

ガラスエリアが広すぎて、
その周囲に段差による表面の凹凸も目立つ。
なのでスタイルに悪影響が出ている。

デザインも重要な「解り易い」性能なので、
もう少し「垢抜け感」が欲しかった。
f0076731_16462471.jpg
一番の問題点はフロントドアのインナートリムから、
ドアグリップが省略されたことだ。

軽自動車と同じになってしまったので、
もうホンダを揶揄する事が出来なくなってしまった。

悔しいけど最大の改悪ポイントだ。

ドアを最大に解放した時、
インナーグリップが無いため閉める力点が取り難い。

二番目の問題はテールランプだ。

相変わらず灯火器に対して感性が低いままだ。
フロントランプもインプレッサ程の斬新さが無いので、
代り映えしない理由の一つだが、
テールランプは他の理由で好きになれない。

まずブレーキランプの点灯位置が不適切だ。

もっと大きくドンと光らせる方が安心だ。

安全に拘るスバルらしからぬ部分だ。
ティザー画像やプレカタログイメージと、
実物を走らせた時に最も差が大きかったのが灯火器だ。

奇妙な造形で樹脂パネルとの組み合わせで逃げているが、
レヴォーグの様式でコの字をワイドに回り込ませる方が、
SUBARUとして考えた時にデザインに統一感が生まれる。

難癖をつけたようだが、
鉄は熱いうちに打てと言う。

フォレスターは、
クルマの質そのものが非常に高い。

久し振りにプローバの吉田さんと会う事が出来た。

社長になって益々ご活躍だ。

彼の運転に続いて、
サーキットで思いっきり走らせた。

これは良い体験だった。

レヴォーグで先導するから、
相当な勢いで走ったわけだが、
クルマの挙動は安定していた。

ビックリするほど操縦性が良いし、
サーキットにおけるコーナリングの限界性能も高い。

さらにX-MODEを改良されたので、
XVを遥かに超える悪路走破性を身に着けた。

スタート価格260万円は、
この手のクルマとしてバーゲンプライスだと言う外ない。
とても気分良く走る事が出来た。

このクルマの走破性能を活かすには、
常にアクティブな自分を作り続ける努力も必要だ。

出張続きで美味しいものを食べ過ぎた体を、
一度元に戻す必要を感じた。

一週間ぶりに泳ぐと、
タイムは良くなっていた。
f0076731_16470778.jpg
30秒台が目標だったが、
僅かに上回ってしまった。

体重は微増を繰り返し65.4kgになった。
何事も継続が大切だ。

翌日もプールに行ってカラダを引き締めた。

誰でもそうだが、
棚上げや先延ばしの原因は、
「やれない理由」を見つけ出す事だ。

プールに入って10往復目に、
やれない理由が耳元で囁き始めた。

蹴散らすつもりで
11回目のターンだ。

蹴散らすと、
終わった後の爽快感が倍増する。
f0076731_16472108.jpg
連日30分以下に収まるのは、
「継続は力」の賜物だと前向きに捉えよう。

ドキュメンタリーの取材時、
カラダは今より引き締まっていた。

やはり客観的な姿を見ることは大切だ。

二日連続で泳いだら、
体重は64kg台まで下がってきた。

良し!
63kg台を目標に頑張ろう。

週末から二日間、
いよいよお客様感謝ディだ。

エネルギー蓄えて頑張るぞ!

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29887795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by カストリ at 2018-06-22 02:44 x
私もSKのテール周りのデザインには全く納得出来ません。バーゲンプライスだから、とスバルやディーラーは言いますが、ユーザーに取っては安くない額を払う、唯一無二の愛車なのです。どれ程の意識で造ったのかは、デザインを見ればすぐ分かります。カスタマーを甘く見すぎですね。
Commented by b-faction at 2018-06-22 06:59
カストリさん、今後、正確な名を名乗り投稿して下さい。
Commented by 増田 at 2018-06-22 23:24 x
先日はお世話になりました。
面白いお話しをたくさんしていただき、楽しかったです。
また、雨の中SVXを出していただきまして、ありがとうございました。
考えてみれば持参した物、どちらも殻付きでした。
いろいろアドバイスいただきまして、自分の殻が破れた気もします(笑)

帰路はそれほど降られず、普段は絶対に見れない景色を楽しみながらのドライブになりました。
またお邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。

Commented by b-faction at 2018-06-23 12:10
増田さん、こちらこそありがとうございました。ウズラの卵の虜になりました。いつでもお越しください。お待ちしております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-06-21 22:00 | Trackback | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction