新型フォレスターとリニアトロニックのCVTフルード

新型フォレスターについて質問したところ、
布目PGMから早速真摯な答えが返ってきた。

彼はドアパネルの設計に携わっていたので、
ドアに関しては完全なオーソリティだった。

だからドアのインナーグリップについて、
納得いく説明を得た。

何故グリップを選択しなかったのか。
その理由がしっかりと書かれていた。
f0076731_16183269.jpg
2つにまとめてあった。

① コンセプト
新型フォレスターをブレなく開発するために、
はっきり解りやすく定義した。

・オーナーの冒険を後押しすること
・大切なヒトを快適に乗せる思いやり

開発の重きをまずここに置いた。

だからインテリアを開発するにあたり、
まず「快適な空間」を表現する事を重視した。

その具現化策として、
空間の広さを「ラウンド感」で表現するよう意識した。

だからインナーグリップの有無より、
「ふくよかさ」を表すドアの内貼り等の採用で、
快適な空間を感じさせるデザインを優先した。

グリップはSUVを作る上で、
その逞しさを示す有効なアイテムになると理解するが、
それ以上に目指したいコンセプトがあった。

それを実現するためのインテリア選択だった。

② 機能性
立派なドアグリップは魅力的でも、
ドアヒンジを中心に開閉する場合、
ヒンジ中心からグリップまで距離が必要になる。

そこは実に重要なポイントで、
「手をかける」という、
人間工学的なアプローチから眺めても、
自然な態勢がとれなくてはならない。

布目PGMが仰るには、
「これらの視点で新型のレイアウトを見て欲しい」
と言う事だった。

確かに開閉しやすくなっていた。

その部分は普段でも使用する頻度が高い。

だから顧客の好みを分析した上で、
長く使う事を前提に「そこ」をまとめた。

SUVとしての機能感、
そして逞しさを優先すると現行型の思考もありだが、
布目PGMは自分の考えたコンセプトに沿って具現化した。

なるほど。
良く分かった。

この件は一件落着としよう。

なぜか。

ろくに乗りもせずに、
今から判断できることじゃない。

何しろ十数キロしか走らせてないからね。

新型フォレスターは、
グローバルでも変速機をリニアトロニック一本に絞った。

これは物凄い自信の表れだ。
f0076731_11433150.jpg
それにしても、
最近リニアトロニックの性能向上には驚くばかりだ。

先日も300馬力のリニアトロニックを操ったが、
びくともしないどころか、
数千メートルの高さまで一気に登っても平気だ。

戻って吉村整備士により作業も終わった。

予防整備の観点で、
商品化する前にもう一つだけ試しい事があった。
それは「あるもの」の交換だった
f0076731_11442043.jpg
その結果がここに在る。

定期的にCVTFを交換する方が、
絶対にクルマにとって良い効果をもたらす。

ところが意識が甘い。

最近は無交換でも良いとされるが、
交換後のフィーリングが確実に良くなる。

実際に4万キロで交換する人はほとんど居ない。

吉村整備士も、
まだ4万キロなので、
今すぐに交換の必要は無いと感じたようだ。

走行中も不具合など感じなかったし、
燃費だって悪くなかった。

しかし、
あえて交換してサンプルを出してもらった。
f0076731_11445022.jpg
交換後のCVTFは真黒だが、
「抜いている時に流れ落ちる姿には透明感があったので、
それほどひどい状態ではありません」

客観的に評価させるため、
あえて作業者をスイッチし、
交換を杉本整備士に担当させた。
f0076731_11451992.jpg
そして出張で実証試験した。

明らかにクルマのフィーリングが良くなった。

無段変速機はギヤの噛み込みではなく、
基本的に摩擦力で走る。

そこにはとても過酷な世界があるはずだ。

これは積極的に換えるべきオイルだ。

往路を気分良く飛ばして出張先に到着すると、
名古屋スバル自動車部のメンバーに再開した。

そして先日来訪予定が中止になり、
残念だと思っていた人とも会う事が出来た。

f0076731_16464887.jpg
名古屋スバル総務部の今枝課長だ。
これからもよろしくお願いします。

また是非集会の場所にお選びください。

予定のスケジュールをこなして、
DITに飛び乗った。

復路も快調に飛ばしながら、
オイルの働きを体で感じた。

人間で言えば血流だから、
各種オイルの定期的な予防交換を絶対にやるべきだ。

木曜はヨガの日だ。

9時15分に会社を出て、
ジムに滑り込み血圧を測った。
f0076731_11455033.jpg
まあ相変わらずだ。

今日のプログラムは結構ハードだった。
しかし終わった後の爽快感が半端ない。
f0076731_11462123.jpg
やっぱり下がった。
計り方に注意しているが、
血圧の状態を素人が判断するのは難しい。

体重は増えた。
これははっきりしている。
f0076731_12023144.jpg
少しダイエットが必要だ。
でも多分そんな必要は無い。

明日から過酷な日を過ごす。
f0076731_12030532.jpg
今朝出勤すると竜舌蘭が満開になっていた。
今年の花はとても白くて美しい。
黄ばみが少なく晴れやかだ。
f0076731_12243368.jpg
背後のブルーベリーも完熟実を付けるようになった。
試しに一粒食べてみた。
f0076731_12254752.jpg
凄く甘くて美味しい。
明日は雨の予報だが日曜は晴れるだろう。
是非食べてみて欲しい。
f0076731_12260412.jpg
会場設営も順調に進む。
ここで様々なイベントを繰り広げる。

参加チケットを忘れずにご持参ください。

軽自動車にも自動ブレーキの搭載が進んだので、
感謝ディの機会を利用しプリクラを体験していただく。

中古車の展示が減るが、
安全の啓蒙を優先する。
f0076731_12285517.jpg
バレンティ展示コーナーを壁面に移動し、
より見やすくすると同時に、
貴重なマニュアルトランスミッション搭載車をシアターの下に飾った。
f0076731_12280255.jpg
やはり一番盛り上がるのは大抽選会だ。
今回はダイソンの扇風機を奮発し、
フルーツの盛り合わせも用意した。
f0076731_12302137.jpg
そして今年も大沼さんの指導で、
天体望遠鏡の使い方を覚えて戴く。
f0076731_12311519.jpg
二日間常時開催なので、
まだ使い慣れていない人は是非参加して欲しい。

大沼さん薦めの天体望遠鏡を、
二日間限りで展示即売する予定もある。
f0076731_21502561.jpeg
さあ、
いよいよ始まる。
頑張るぞ!


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29887872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2018-06-22 13:00 x
私もXVの新車6ヶ月点検に合わせてリニアトロニックのフルードとデフオイル、エンジンオイルをすべて交換してもらいました。(長く大事に乗りたい車では必ず実施しています。)速度管理がしやすくなって大満足です。本当は一つずつ替えるとどれを交換するとどう変わるのかはっきり分かっていいのかもしれませんが。
Commented by b-faction at 2018-06-22 16:35
あ さん、昔はそれが常識でしたね。一気に換えて損はないですよ。
Commented by at 2018-06-22 20:56 x
こんばんは。
恵比寿で実車を見てきました。
スバルの言うデザインフィロソフィーは残念ながら私には分かりにくいです。
多分普通の方々にも理解しにくいと思います。
ドアグリップに関心ない方には今風のデザインに映るのかな……。
BFからBPまで続くレガシィのドアグリップは決してデザインに破綻をきたしてるとも思えないし、極めて機能的でスバルらしいデザインにも感じます。
私はドアグリップ付きの車に乗るとあのグリップに手を添えてるだけで安心感が得られます。
また、ダイナミック&ソリッドと謳うエクステリアも前後でちぐはぐな感じを持ちました。

ぐだぐだと不満ばかり言いましたが魅力的なところもたくさん有りましたね。
非常に洗練された感は先代を一気に置いてきぼり、は大袈裟ですが、装備や機能などアウトバックを超えた中々の力作と思います。
ただCX-5に動いたユーザーを振り向かせる魅力が新型フォレスターにどれだけあるかがとても興味の湧くところです。
Commented by b-faction at 2018-06-22 22:26
宮さん、3台も注文した僕が気に入らないはずないですよね。川を渡って階段登ってクルマを極めます。
Commented at 2018-06-22 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-06-23 12:08
GG2さん、これからもよろしくお願いします。コメントお待ちしてますね。僕は少しメーカーの姿勢を疑ってます。なぜかと言うとトヨタは封印までしてますが、それは幼稚なメカが誤交換するから、そのリスクの方が大きいと思っているのではないでしょうか。
Commented by あかいあくま at 2018-06-23 13:14 x
いつも楽しく拝見しております。

>リニアトロニックのCVTF
確かシビアコンディションで44,000km交換推奨でしたでしょうか?

CVTF交換の重要性は私も認識しています。
一方でCVTFの交換にあたっては温度管理がとてもシビアと聞いており、安易な交換は非常に危険でディーラーできちんと対応いただくのが最善とも考えております。

そのあたりの見解を代田社長の方からもご説明いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
Commented by b-faction at 2018-06-23 14:05
あかいあくまさん、人と環境が一番大切です。いくら注意しても人間は失敗します。想像力を働かせるような環境教育と徹底的に清掃を習慣づけることが大切だと思います。
Commented at 2018-06-24 20:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-06-24 21:31
PROUDさん、こんばんは。交換した方が良いですね。CVTFの性能が上がってますが、理屈から考えても交換のメリット大きいですね。
Commented by たいが at 2018-06-27 03:59 x
いつも楽しく拝見しております^^
以前指摘されていた新型フォレスターのブレーキランプについてはお聞きにならなかったのでしょうか?
私ももっと大きくドンと光らせる方が安心だと思うのですが。。
Commented by b-faction at 2018-06-27 17:35
たいがさん、法規対応とのことでした。ブレーキランプをリヤゲート側だけに装着できないそうです。ならば別の方法があるとも思うのですが、詳しく聞いていません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-06-22 19:29 | Trackback | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー