テールランプの質感を憂う

山形から大好物が届いた。
f0076731_22123760.jpg
絶妙のタイミングで発送され、
f0076731_22131808.jpg
中には完熟したサクランボがいっぱい詰まっていた。

物凄く甘い。

平方さん、
ありがとうございました。
早速戴きました。
f0076731_22141724.jpg
清涼感溢れる味だ。

クルマにもこのような美味しいものを食べさせたい。

レガシィに飲ませたのは、
ポリエーテルアミンだ。

これは燃焼系の添加剤で、
燃料系統を洗浄しながら、
燃焼室の中でカーボンを破壊する。

クルマにとって美味しいに決まってる。

高速道路を一時間ほど走ると、
エンジンのフィーリングが変わってきた。

図太いトルクがオトコをその気にさせる。

S#モードも多用したが、
3リットルエンジン搭載車の割に燃費は良い。

時折ACCもセットした。
f0076731_20235588.jpg

雨模様の中、
一般路に降りて目的地に向かうと、
前方に黒いプリウスが現れた。
f0076731_16531027.jpg
レーダークルーズを使って、
のんびり走る黒いプリウスに続いた。

トンネルの中に入った。
f0076731_16532060.jpg
デザインの好みは別にして、
点灯時と非点灯時に姿を変えるテールランプが面白い。
トヨタの灯火器は、
SUBARUよりかなり先を走っている。

トンネルを出て黒いプリウスを追い越した。
すると、
またプリウスが現れた。
f0076731_16560083.jpg
面白い事に、
そのすぐ前をレヴォーグが走っていた。

明らかにレヴォーグのそれは見劣る。
f0076731_16570073.jpg
なのにだ!
ビッグマイナーチェンジで手抜きした。

プリウスは白い部分がクッキリと赤く光る。

この時はディモードなので分かり難いが、
トンネルに入るとSUBARUとの差が大きく開く。
f0076731_21060659.jpg
個性的なラインも視認性に効果的だ。

ブレーキを踏むと更に良く分かる。
f0076731_21130630.jpg
新型フォレスターにも欠けている、
SUBARUの安全意識だ。

再三インナートリムにグリップを付ける重要性と、
リヤコンビランプに対する認識の甘さを訴え続けたが、
コストダウンのために手抜きしている。

とは言え、
その理由も解る。

今やアイサイトが標準装備だからな。
いわゆる実質0円というヤツだ。
f0076731_21383936.jpg
中津川では収穫期だが、
開田高原はまだまだ先だ。

だけど豊作に変わりはない。
f0076731_21451163.jpg
これらが完熟を始めたら凄い事になるな。

レガシィも完熟を始めてからが凄かった。

まず極めつけはS402の誕生だろう。

あれを創作できる、
熟しきった味を遂に持った。

エンジンラインの違いから、
バランスドエンジンに組み上げることは出来なかったが、
当時の開発者は「バランスドエンジンと大差ない」と言い切った。

乗れば分かる。
それは嘘では無かった。

スバル本体のエンジン開発者に、
「GRFの不等長エンジンと違いSTIさんが本気で仕上げた」と言わしめた。

もう一つは3リッター車に初のアイサイトを搭載した事だ。

これで四代目が完熟した。

さてさて、
アイサイトの話を続けよう。

まず初代「EyeSight」は、
当時の価格で215000円だった。

ただし、
高額車だけにしか設定されていなかった。

しかし受注生産ではなくなった。

アイサイトのベースはADA(アドバンスド ドライビング アシスト)だ。

その前身の三代目レガシィで、
最終型のDタイプに追加された。

この時も6気筒エンジン搭載車と組み合わされ、
ランカスター6「ADA」として誕生した。

それは四代目レガシィにも引き継がれた。
その当時は注文生産で非常に高額だった。

当社でも新車は1台しか売れていない。
何が決定的な差になっているか分かるかな。

今回のお題はそこだ。

何が違っていくらしたのか。

実はその後すぐに過渡期が訪れ、
f0076731_16155906.jpg
このクルマの誕生と共に、
ADAという名前は消滅した。

それだけでなく、
一旦先進安全装備がすべて姿を消した。

今、
中津スバルには面白いクルマが2つある。
一つはレガシィB4の2.0GT SIクルーズリミテッドだ。

特別仕様車として、
ACCを装備したクルマが特別限定車として追加された。
ベース車の3.0Rに対して210,000円高かった。
でもそれはSI-DRIVEと協調させ、
スバル初のキーレスアクセス&プッシュスタートも装備した。

トヨタ自動車とアライアンスした賜物だった。

そしておおよそ半年後、
このレガシィツーリングワゴン3.0R SIクルーズが生まれた。
f0076731_21511897.jpg
カタログモデルに昇格したのだ。
210,000円なら売れると自信を付けた。
スティールシルバーの端正なボディ。
発表から4年を迎えフルモデルチェンジが近いと噂されたが、
5代目の登場までその後2年かかった。
f0076731_21513292.jpg
2006年のインテリジェント化で、
フロントのランプだけでなく、
テールランプも大きく変わった。

だから手抜きしていない、
と言うと嘘になる。

ぶつからない機能を捨てたからだ。

ところで、
ここはオトナの遊び場だ。

繰り返すが、
ちゃんと手を挙げ、
真面目に名前を述べて発言しよう。

本当に名前なのか、
あるいは「あだ名」なのか紛らわしいと困る。

礼に欠けた「仮名」や「符合」もやめて欲しい。
人間らしい名前で発言しようじゃないか。

その辺りが解ってもらえたら、
次のブログに繋げよう。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29903809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2018-06-29 23:39 x
酔ってますか社長様。
もう書き込みも閲覧も伺うことも致しません。
これもすぐ削除でしょう。
狭量な中津スバル様にはがっかりしました。
でもスバルは永遠に愛します。
さようなら。
Commented by b-faction at 2018-06-30 00:38
宮さん、別に酔っていませんよ。なにかを考え揃えようとしている時に、空気を読んで欲しいだけです。そちら側とこちら側では視点が違うことを理解してください。
Commented by 吉岡達哉 at 2018-06-30 23:03 x
いつも拝見しては、スポーツタイプのWRXが良いか、ツーリングワゴンのレギュラー仕様に乗るかと悩みます。好きに振るか、家計を優先するか悩みます。走りも良くて燃費のいい車はなかなか無いですね。ターボも、NAもどちらも楽しいんでしょうね。0次安全性能で言えば古いほうが剛性たかそうと思ったりするのです。お尻を見たらスバルとわかるテールランプも好きですよ。
Commented by b-faction at 2018-07-01 07:31
吉岡達哉さん、おはようございます。どちらにも魅力がありますね。セダンは荷物を隔絶できるので好きです。
Commented by 金氏 尚久 at 2018-07-01 13:57 x
代田社長こんにちは。土曜日は点検整備でお世話になりました。
今回はご挨拶できて良かったです。お忙しそうでしたので、あまり長話はできませんでしたが、次回はゆっくりお話しがしてみたいです。
点検でブレーキパッド摩耗を指摘して頂いたので、また今度お伺いさせて頂きます。DE Aプランも一緒に受けてみたいと思いますので、宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2018-07-01 14:39
金氏 尚久さん、こんにちは。こちらこそありがとうございました。ご来店お待ちしてます。火曜のお昼から木曜の午前中迄居りませんのでよろしくお願いします。DEの件も承知いたしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-06-29 22:31 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー