レーダークルーズの実態を紐解く

梅雨が明けちゃった。
f0076731_13573463.jpg
雨が降って草が育ち、
ぼさぼさになっていた。

SABの前にある花壇を手入れした。

f0076731_15390154.jpg
その反対側にある、
入り口誘導の花壇も荒れていた。
f0076731_13575741.jpg
芝桜が埋もれていたので分担して草を取り、
綺麗に整えた。
f0076731_15391528.jpg
すると、
やけに砕石が目立つようになった。
f0076731_15551901.jpg
これも濾過して取り除かなくては。
f0076731_15553720.jpg
更に上段の花壇でも雑草取りが進んでいた。
f0076731_15555114.jpg
手前から奥に向かって毎日進めた。
f0076731_15560283.jpg
小さな改善を着実に進める。

小さな一歩がやがて大きな一歩に繋がる。
f0076731_15535135.jpg
八女市の川﨑さんから小包が届いた。
f0076731_15541386.jpg
包みを解くと、
星野茶園の新茶が入っていた。
f0076731_15542113.jpg
早速玉露を戴いた。
新鮮な玉露を一つまみ口に運んで食べた。
f0076731_15543114.jpg
噛み締める度に甘味が広がる。

本当に美味しい。
いつもお心遣いを戴き有難うございます。

タップリ楽しませていただきます。

大阪府吹田市の井上さんが、
DEの受講に来訪された。
f0076731_15544483.jpg
美味しいお土産をありがとうございました。
f0076731_16084531.jpg
食い倒れの大阪と言われるだけあり、
見事などらやきだ。
f0076731_16085866.jpg
半端ないボリュームのどらやきでした。
ありがとうございました。
f0076731_15545829.jpg
率直な感想を戴いた。
お役に立てて嬉しい。

DEはBプランまで進めてこそ価値がある。
またいつでもお越しください。

それまで独学で復習して欲しい。

これが商売ならこんな価格ではできないけれど、
他の支えがあるので可能になる。

DEを極めると、
タイヤの性能に対しても、
感性が研ぎ澄まされる。
f0076731_15383752.jpg
スバルマガジンを読んで戴けただろうか。

モータージャーナリストの山本シンヤさんと、
楽しいひと時を過ごす事が出来た。

テストにテストを重ねたクルマには、
上級装備が満載だった。

f0076731_19263104.jpg
3.0R SIクルーズは、
まさしく過渡期のクルマだ。

けれどもエンジン以上に大幅な能力向上を遂げた、
とても大切な基幹性能があった。

今日のお題はそこにある。
SIクルーズ採用と共に大きく伸びた基幹性能は何か、
どれくらいの人がわかるだろうか。

f0076731_22055399.jpg
スバル初のプッシュスタートシステムで目覚めさせる。

f0076731_22062389.jpg
プッシュすると指針がスイープし、
エンジンの鼓動が始まる。

f0076731_22155685.jpg
低速トルクが厚いので、
ヒステリシスを全く感じない走りを楽しめる。

こんな感じだ。


マニュアルモードで走行するのが、
このクルマの大いなる楽しみの一つだ。
f0076731_22163550.jpg
このようなシチュエーションには、
5速のパドル走行がとても楽しい。

そして高速道路ではACCを活かして、
ストレスフリーの走りを楽しむ。
f0076731_22182225.jpg
操作系はSUBARUに乗り慣れた人なら、
見ないで手探りで解る。

左上が車間調整でその下がメインスイッチだ。
右側は上が速度調整で押すと速度設定が上がる。
長押しすると加速するので便利だ。

好きな数値になったら右下のボタンを押す。
設定車速を下げる働きも持ち、
長押しすると減速を始める。

ひときわ大きな一番下のスイッチは、
設定を一旦キャンセルするスイッチだ。

クルーズスイッチを押さない限り、
メモリーされているので、
好きな時に復帰させられる。

左上に車間距離を長中短と切り替えるスイッチがある。
これにも隠し技がある。

長押しでレーダーのON/OFFが可能なので、
ACCではないオートクルーズも可能だ。

f0076731_22170383.jpg
設定されるとコンビネーションメーターに表示が出る。

緑色の矢印は、
上が先行車で下が自車だ。

プリクラッシュブレーキが無いだけで、
基本的な意匠はADAとほとんど変わらない。

SIクルーズの目玉は、
SIドライブと強調したACCの他に、
プッシュスタートシステムを組み合わせた事だ。

それに運転席にはメモリー付の8wayパワーシートを付け、
助手席側も8wayのパワーシートに換装した。

当時最先端に見えた技術を、
開発費を抑えながらうまく取り込んだ。
f0076731_16161038.jpg
ADAの機能を絞り込み、
追従機能だけに絞り込むことで、
高価なミリ波レーダーをレーザーレーダーに置き換えた。

それによって、
ナビも常装するADAの価格から、
一気に49万円も価格を引き下げた。

顧客の求めるプッシュスタートと組み合わせた上に、
ターボ車も選べるようにしたのでプレミアム感が一気に上がった。

予防安全にどれくらいならお金を使うか、
メーカーとしてリサーチする目的もあったはずだ。

群馬の技術本部は、
元々センサー系で先進安全装置を開発し、
スバル研究所の開発したアイサイトに負けた経緯がある。

だから一度は世に出したいシステムだったのかもしれない。

仕組みは簡単で、
パルス化されたレーザーを先行車に照射し、
反射したパルスの往復時間で距離を算出する。

かなりのコーナーでも追従するし、
今になって耐久性も実証され、
優れたシステムだと言える。

投光装置はレーザーダイオードで、
赤外光の反射を使う。

測距原理はアクチェーターを振動させ、
レーザー光を水平垂直の2次元でスキャンする。

範囲はレーザー能力限界の内側に抑えられ、
水平方向25°、垂直方向8°となっている。

全ての表示をメーター内に出す。

初期のマルチインフォメーションディスプレイながら、
なかなか憎い演出を持つ。

全面表示と分割表示を使い分ける。

ADAとは違って、
ぶつかる事が前提のシステムなので、
これもシンプルで面白い。

お客様感謝ディで、
ぶつからない最新アイサイトを手玉に取り続けた。

なので、
このシステムも内容を理解して走らせれば、
かなり面白く使えることが分かった。

なぜかって。

それは皆が一番好きな、
燃費をとても良くするからだ。

ぶつかりそうになると、
いち早く警報を出しブレーキの踏み増しを要求される。
f0076731_19264206.jpg
グリーンの矢印の間に、
オレンジ色のギザギザが現れ、
車間距離の警報を出し、
液晶表示で「BRAKE!」と表示される。
f0076731_22200564.jpg
この時はブレーキを踏んで止めた。

先行車発進お知らせ機能もある。
ブザーが鳴りMIDにアイコンと「先行車発進」の文字が出る。

レーダーが機能しない条件下で、
「レーダー一時停止」も表示される。
f0076731_22205290.jpg
これがMIDの分割表示だ。
上に、
全車速追従機能付き車間距離制御クルーズコントロールの表示が出る。
下に出ているのがオドとトリップメーターだ。

さて、
インテリジェントレガシィの最大かつ有利な機能は、
3in1エンジンの登場だった。

そのSI-DRIVEと協調制御させると、
群馬の技本が本気で取り組んだ価値は確かに認められる。

初めて3つの走行モードに応じた、
追従特性の変更が可能になったのだ。

「i」の場合、
車間距離維持特性を弱めて穏やかに追従させる。
だから燃費が良くなる。

「s」の場合、
先行車にキッチリ反応し通常のドライバー並みに加速させる。

「s#」の場合、
先行車の車速、車間距離に対して低めのギヤ選択を優先して走らせる。

実際に切り替えながら使うと、
確かに走りが変わった。

アップダウンの多い場所なので「s#」にセットしたが、
それでも燃費はどんどん良くなる。

レーダークルーズを使った方が、
使わないより燃費が良い。
f0076731_22212439.jpg
結局燃費は二桁になった。

使う前はどんなに気を使っても9km/L台の後半だったが、
レーダークルーズを使う事で改善した。

その秘密が今日のお題だ。
SIレーダークルーズコントロールが、
常に熟練ドライバーのより高燃費を叩き出すのか、
その理由を当てて欲しい。

誤解のない名前でね。


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29904209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 藤山一郎 at 2018-07-01 19:55 x
都合の悪い スバル評 は削除なら
Commented by 水野 at 2018-07-01 19:58 x
SIレーダーを使用すると、車間距離を保つ事で無駄なブレーキやアクセルの使用頻度が減り、エンジン回転数の上下が少なくなり加速が安定して、燃費が向上する。でしょうか?
Commented by 二木健一 at 2018-07-01 20:38 x
昨日は、父のBP5の点検ありがとうございました。
問題点を的確に指摘をしていただき、
さすがだと思いました。
車検後は本来のBP5の性能を楽しみにしています。
DEも機会があれば、受講したいです。
コンチネンタルのタイヤの件など
八代社長の話をもう少し
ゆっくりとお聞きしたかったです。
また車検の時はよろしくお願いいたします。
Commented by b-faction at 2018-07-01 21:04
藤山一郎さん、都合の悪い×→失礼で気分の悪い ですね。
Commented by b-faction at 2018-07-01 21:05
水野さん、その通りです。これはこれで面白いですよ。
Commented by b-faction at 2018-07-01 21:06
二木健一さん、今晩は。はい、是非体験して下さい。タイヤの違いも良く分かるはずです。お待ちしてますね。
Commented by 庄司 at 2018-07-03 19:10 x
二つ思い浮かびまさした。

加速に必要な適切なスロットル開度を使えるから。

定速走行時などでスロットル開度を一定にする
精度が高いきら。人だとどうしても踏み込み、緩め、が出てしまい。

さて?
Commented by b-faction at 2018-07-04 07:04
庄司さん、おはようございます。新型のオートマチックトランスミッションを開発したからです。それが最も大きな理由です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-06-30 22:00 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー