尿酸と発汗

何も語る必要ないよね。
f0076731_17281023.jpg
流麗なフロントビュー
f0076731_17283299.jpg
上品なリヤビュー
f0076731_17290704.jpg
実に安定したサイドビュー
足元を見たら、
f0076731_17292378.jpg
綺麗な蝶もA-Lineに見とれてた。

というより、
逃げる気力もないほど弱ってしまっていた。

何とも綺麗な蝶だ。
最初はアゲハの類かと思ったが、
違うようだ。

名が思い浮かばなかった。

連日の大雨と、
それに続く蒸し暑さでエネルギーを使い果たしたのか。

そっと指に乗せ踏まれないように移動しようとしたら、
バタバタもがくように羽を煽る。

余計なエネルギーを使わせないように、
そっとその場を後にした。
f0076731_17334390.jpg
高速道路に乗ると、
前方にかなり獰猛な家畜の気配。

バリヤで追い抜きざまに車種を確認。
f0076731_17335681.jpg
そうかな。
f0076731_17341182.jpg
そうだな。
f0076731_17343884.jpg
おお!やっぱりフェラーリだ。
何年式の何かまでは解らなかったが、
凄くオーラを出していた。
最新型より遥かに邪気があって良いじゃないか。

クルマは無邪気じゃダメなんだ。
男を狂わす邪気も時には必要だ。

WRXの持つ、
6速MTと強烈なターボの組み合わせは、
かなりの邪気を含み、
違った類の友も呼び寄せる。
f0076731_17453682.jpg
疲れたので締めた。
時にはイタリアンも良い。

新鮮な野菜を食べてWRXもお色直しだ。
f0076731_17345644.jpg
虫だらけの顔を洗ってやりたくなった。

雨と高速道路の虫から洗礼を受け、
表面を整えたヘッドライトはどのように変わったか。
f0076731_17350890.jpg
洗車機だけでは落ち切らない。
その後で丁寧に拭き上げると、
ヘッドライトコーティングの結果が良く分かる。
f0076731_17522617.jpg
綺麗なコクピットだ。
オトコをやる気にさせる。

このステアリングを9時15分の位置で握り、
肘の角度は直角、
掌でしっかり押さえつけ背中とシートの摩擦力で操舵する。

これで高速道路を走ると、
物凄く楽しく疲れない。

邪気を持つクルマを支配する喜びを、
早くもっと多くの人に知らせたい。

でも、
皆さんどうしてそれを知ろうとしないのか。

22日の講習会の反応は想像した通り低調だ。

DEの参加者はブログやHPで紹介し、
相当知名度も高まったので、
遠方から来場される人の方が多い。

好きな日を選べるので調整も可能だ。

これで儲けようと考えて無いので、
参加された方の満足度も高い。

それに対して、
ダイレクトメールは分母が少ない。
それにピンポイントの開催なので、
どうしてもスケジュール上の優先順位が下がる。

現在申し込まれた人に、
マンツーマンでレクチャーできるので、
きっとその人は喜ばれるだろう。

でも実技指導が無いだけで、
かなり実践上役立つポイントをアドバイスできる。

日曜の午前中はドラポジの大切さ、
午後からはモータースポーツの楽しさを、
是非知る機会にして欲しい。
f0076731_18052210.jpg
午前11時から始めて簡単な乗り降りのコツを伝える。
難しい話より、
普段気になる事も一時間の時間枠で可能な限り答える。

だからドライビングポジションの大切さを、
まず根本から是非知って欲しい。

まだ十分席は用意できるので、
せっかくの機会を活かそうじゃないか。
f0076731_18064966.jpg
洗車機から出て、
AーLineを綺麗に拭いて整えた。
f0076731_18065979.jpg
強靭な皮膜で保護したので、
ムシ程度ではビクともしない。

一般的なガラスコーティング剤は、
劣化速度が速く、
数か月で再び黄色くなるものも多い。

変な話だが、
抜群に良いとリピートしなくなるから、
本気で作って無い様な気もする。

今後どれくらい長持ちするのか、
経過観察が楽しみだ。
f0076731_18071297.jpg
タイヤのコスパは抜群だ。
気温が高くなりグリップ力もより発揮できる。

気持ち良いライントレースが楽しめ、
ウエットグリップも良く音も静かだ。

効能に間違いはない。

ターマックからダートに入ると、
物凄い勢いで小石が絡みつきインナーフェンダーを叩く。

クルマを止めてタイヤの正面に触ると、
ねっとりとした独特のサーフェイスを感じる。

だから柔らかすぎて削れるかというと、
決してそうでもないのだ。

ファンデルワールス力を引き出し、
ナノレベルの吸着性も持つと胸を張るだけあり、
トレッドゴムの優秀性はかなりのものだ。
f0076731_18091119.jpg
往復した距離の割にトレッドの摩耗が少なく、
まだ新品の状態とほとんど変わりがない。
f0076731_18113586.jpg
663km走った。
f0076731_18093510.jpg
エンジンは快調そのもの。
補器類についても何ひとつ問題ない。

クラッチはカバーもディスクもレリーズベアリングも交換済みだ。
当然タイミングベルト新しくしたし、
プラグも交換してある。

強靭なEJ20は衰えを知らない。
f0076731_18142160.jpg
会社に戻るとリフト上に2台のクルマがあった。
リフレッシュメンテナンスでお預かりした、
SVXとサンバーが各担当者の手により着々と蘇る。

その横で、
吉村さんにお買い上げいただいたS4も、
装備品の取り付けが粛々と進んでいた。

高性能車にオプションが装着される様子は、
クルマ好きにはたまらないシーンだろう。
f0076731_18260323.jpg
萌えるなあ。
すると、
「なーに見てんだよ」とS4から凄味を感じた。
これこそ高性能車だけが放つオーラなのだ。

正しいスキルでクルマを支配すると、
凄みを持つクルマは本当に喜ぶ。

良く親が子に、
「あまり飛ばすんじゃないぞ」と言って聞かせるシーンに出会う。
WRXを買いに来て何を言ってるんだ?

そんな時には野暮だが、
「このクルマで飛ばすなと言っても無理です。
もっと踏めと言ってやる方が良いです。
その前に正しい運転とは何かを知った上でという条件が付きますが」
と必ず言う。

面白い!と好きになってくれる親も居るが、
そうでない人の方が多い。

なまじ親が「やんちゃ」で、
ちょっとクルマの運転に自信がありそうなヒトほど、
その言葉を聞くと中津スバルでは買わずに他所で探す。

なまじ「知ったつもり」でいるので、
で過去に染み付いた怖い体験が脳裏に浮かぶ。

それは運転な下手のせいなのに、
それを無意識で棚に上げ、
アンダーステアの「せい」にしちゃうんだな。

そんはヒトも居るから、
この一言は実に両刃の剣なのだが、
嘘や綺麗ごとでお茶を濁すのは嫌だね。

カラダの軸が狂っているヒトは、
意外にその事を実感できない。

週に一度の時間が来た。
行ってきたぞ!

股関節と大腿四頭筋が悲鳴を上げたね!!!
f0076731_18282208.jpg
まずヨガで軸の狂いを正す前に、
恒例の血圧測定だ。

稲村さんのおかげで少し血圧に詳しくなった。
上が130で下が85くらいに抑え込めると良い。

ヨガの良さはゆっくりと可動部分を増やせることだ。

右の股関節と大腿四頭筋が左に比べて不自由で、
毎回痛い思いをする。

ところが終わった後の爽快さは、
ニュルブルクリンクで死に物狂いで走った後、
帰国してクルマに乗った瞬間に得る快感に近い。

終了後に血圧を測った。
f0076731_18343430.jpg
この測定器にも癖があるようだ。
念のために左側の測定器を使ってみた。

塩分を摂りすぎると良くないので、
一日の摂取量を10gに抑えると良いとも習った。
f0076731_18391017.jpg
あらら下は下がって上は上がった。
でも概ね合格かな。

出張中は日本酒を一切のまず、
ビールも減らし蒸留酒を飲んだ。
f0076731_18413868.jpg
かなり大食いしたが体重も増え過ぎなかった。
66kg位になってないかと心配したが、
何とか首の皮一枚で繋がった。

家に帰ると健康的な晩酌が待っていた。

f0076731_18432945.jpg
実に旨そうだ。
戴きます。

すると珍しく、
娘が二人分のラーメンを作って持ってきた。
自分も食べた買ったのと、
せっかく戴いたラーメンの賞味期限が迫っていたからだ。
f0076731_18452273.jpg
我慢した後は、
震えるほど美味いね。

元気の良いクルマに乗った後は、
やっぱり濃い味が欲しくなる。

この帳尻は泳いで付けることにしよう。

おっと!
いけない。
大事なことを忘れていた。

汗をかいたら喉の渇きを覚える前に給水だ。
発汗すると尿酸値が高まる。

薬で抑えても出る時は出る。
だから排尿が大切だ。

クルマも同じで、
尿酸が溜まるような使い方じゃいけない。

良いものをたっぷり飲ませ元気良く走らせ、
その後丁寧に洗って、
オイルなどの消耗品を確実に交換する。

それがクルマの健康に一番良い秘訣さ。

AーLineの身体能力は高い。
硬い脚だが馴染めば楽しい。

カスタムオーダーで調整もできる。
思いっきり走らせたので、
ダンパーの可動領域が蘇った。

逞しさが増し柔軟性も備わった。
機会があれば是非愛でて欲しい。
そして22日ならば、
乗り降りのルーティンを正す機会もある。

「DEまでは」と尻込みするヒトも、
簡単な座学と質疑応答なら、
そこから一歩踏み出せるはずだ。

良い「きっかけづくり」となる様に、
この機会を活かして欲しい。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29931062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 片桐 at 2018-07-13 22:51 x
いつも大変お世話になっております。22日午前中の講習に参加させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
Commented at 2018-07-13 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-07-14 07:43
中原さん、塗料を工夫してます。
Commented by b-faction at 2018-07-14 07:43
片桐さん、ご予約承りました。お待ちしております。
Commented by 増井 at 2018-07-14 11:09 x
写真のフェラーリは308ですね。ピニンファリーナに在籍してデザインを担当していたフィオラバンティ自らが最高傑作だと言っています。現代のクルマには無いエッジの効いたディテールは色褪せないですね。
デザインと言えばA-Lineもクールです。個人的には控え目なリアスポに艶消し黒の細いガーニーフラップを付けたらカッコイイかななどと妄想してしまいます。
Commented by b-faction at 2018-07-14 14:19
増井さん、こんにちは。さすがですね。見た瞬間にフェラーリだと解るように、スバルもちらりと見ただけで、概ね何か分かるところが好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-07-13 22:00 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー