サーキットを泳ぐ森の番人

さあ、
真打だ。

色々な質問や意見があるだろう。

ルールを守って「正しい名前」でコメントしよう。

「今までは通用した」
それはもうない。
約束だ。

今も昔も変わらない事がある。
フォレスターはインプレッサをベースに作られることだ。
f0076731_12063714.jpg
二代目インプレッサをベースに、
二代目フォレスターも生まれた。

だから5速マニュアルは勿論、
6速まで無理なく呑み込んだが、
それ以降は事情が変わる。

より本格的なSUVに脱皮して、
徐々にインプレッサと開きが生まれた。

インプレッサもWRXと開きが生じて、
スバルのポートフォリオは「適正化」の道を歩み始めた。

特に四代目のSJ型は大きな変貌をとげ、
世界中で大ヒットした名車だ。

フロアとトゥボードを専用とし、
広い室内空間に、
抜群のインテリアをはめ込んだ。

従来には無い、
優れた運転姿勢も執れた。
本当に目からウロコが落ちるような、
素晴らしい出来だった。

それまでならインプレッサと共用した部分が、
かなり専用品に代わっていた。

二代目フォレスターのドアには、
把手しか付いていなかった。
f0076731_12065338.jpg
このように二代目インプレッサと、
ほとんど差が無い仕立てで、
とても安っぽい。

車格も低いので、
ドアはサイズが小さいから、
この仕組みでも我慢できた。
f0076731_12070728.jpg
【車名】
SUBARU FORESTER XT
【駆動方式】
AWD(全輪駆動)
【型式】
TA-SG5
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4450×1735×1585
ホイールベース(mm):2525
トレッド前/後(mm):1495/1485
最低地上高(㎜):200
車両重量(kg):1390
最小回転半径(m):5.3
乗車定員 5名
【エンジン】
EJ20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブターボ AVCS
内径×行程(mm):92.0×75.0
圧縮比:9.0
最高出力kW(PS):162(220)/5500rpm
最大トルクN・m(kgf・m):309(31.5)/3500rpm
【燃料供給装置】
EGI
【変速機】
5MT
【ステアリングギヤ比】
19~15:1(可変ギヤレシオ)
【燃費】
13.0km/l (10・15モード)
【標準装備】
5速マニュアル センターデフ式フルタイム4WD
リヤビスカスLD 電動インナースライド式大型UVカットガラスサンルーフ
ABS オートAC MOMO製本革巻ステアリング HIDヘッドライト
ヒーテッドドアミラー フォグランプ フロントワイパーディアイサー
リヤフォグランプ アルミホイール

【変速比】
1速 3.454
2速 1.947
3速 1.366
4速 0.972
5速 0.738
減速比 4.444
クルマの剛性も高い。
初代インプレッサに比べ、
格段に剛性の高いボディなった、
二代目インプレッサがベースだから当然だ。

5速マニュアルで、
WRX譲りのスポーティさを持つから、
走りも確かだ。

だから今でも人気が高い。

しかし、
サーキットが似合うクルマだろうか。

決してそうではではない。

STIチューンの6速モデルもあったが、
モデル末期で投入した苦肉の策だ。

ストラットタワーバー等であちこち固めて、
バチバチのサスチューンにしても、
やっぱりWRXのようなわけにはいかなかった。

その後、
三代目になり徐々に立派なドアが付くようになった。

すると、
欧州車の良い所をきちんと学び、
四代目のドアには、
立派なインナーグリップが備わっていた。

新型フォレスターはアメリカ大陸を意識している。

まあ先祖返りしたとも言えるので、
そう思って納得したい。

費用対効果を考え、
出来過ぎた所は凡庸に戻したとも言える。

それでは、
費用対効果を考え、
何か突出して優れているところがあるのか。

ある!
ボディコンだ!!

とにかく基本骨格だけは、
簡単に変わらない。

スバル1000の頃から始まり、
レオーネで完成したボディ構造が、
実はつい最近まで生き永らえてきた。

だから途中でどう取り繕っても、
解消出来ない特性は残った。

特に最近は安全性能を引き上げたボディになり、
その特性を根本から見直し、
国際的にみてもトップクラスに引き上げる必要が生じた。

フォレスターも、
遂に五代目となった。
f0076731_17315681.jpg
簡単に諸元を比較してみた。
数値の後にカッコを付けて増減を示してある。

【車名】
SUBARU FORESTER X-BREAK
【駆動方式】
AWD(全輪駆動)
【型式】
5BA-SK9
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4625(175up)×1815(80up)×1730(145up)
ホイールベース(mm):2670(145up)
トレッド前/後(mm):1565(70up)/1570(85up)
最低地上高(㎜):220(20up)
車両重量(kg):1530(140up)
最小回転半径(m):5.4(0.1up)
乗車定員 5名
【エンジン】
FB25/水平対向4気筒2.5L DOHC16バルブデュアルAVCS直噴
内径×行程(mm):94.0(2up)×90(15up)
圧縮比:12.0(3up)
最高出力kW(PS):136(26down)162(220(36down))/5800(300up)rpm
最大トルクN・m(kgf・m):239(70down)(24.4(7.1down))/3500(900up)rpm
【燃料供給装置】
筒内直接燃料噴射装置
【変速機】
リニアトロニック(マニュアルモード付)
【ステアリングギヤ比】
13.5:1
【燃費】
14.6km/l (JC08モード)
【標準装備】
パドルシフト17インチアルミホイール オールシーズンタイヤ シートヒーター
サイドビューモニター 撥水ファブリック/合成皮革シート
パワーリヤゲート サイドビューモニター ステアリング連動LEDヘッドライト
LEDフロントフォグランプ 撥水カーゴフロアボード 

【変速比(マニュアルモード時)】
1速 3.600
2速 2.323
3速 1.647
4速 1.241
5速 0.979
6速 0.746
7速 0.557
減速比 3.700

サイズは二回り大きくなり、
パワーはかなりダウンしている。

ところがサーキットでは、
まるで水を得た魚のように俊敏な走りを見せるのだ。

SGPを入れた途端に、
物凄くロール剛性が高くなり、
サーキットも似合うんだな。
f0076731_17314569.jpg
こんなに面白いとは思わなかった。



抜群のロードフォールディングで、
サーキットを翔けた。

f0076731_17321129.jpg
客観的に走りを見る機会は少ない。
なので、
気を利かせて妻が撮影した動画は役に立った。




これはとてもありがたい。
f0076731_17322641.jpg
何故なら姿勢変化が良く分かるからだ。

まだ1000kmも走らない新車だから、
ポイントを押さえて走った。

とにかく安心して走れる。

f0076731_17324290.jpg
実はスバルグローバルプラットフォームに適合する、
シャシーパーツは存在しない。

仮にあったとしても、
それは十分効果を発揮しないマヤカシモノだ。

なぜなら、
SGPのボディを解析し、
抜群のシャシーパーツを作るなどそう簡単に出来る事ではない。

その証拠に、
フォレスターは「素」のSUVだが、
物凄くコーナリングが素晴らしい。
f0076731_17325364.jpg
タイヤに頼らず流しているので、
外からの画像はゆっくり走っているように見えるが、

要所要所でボディコンの凄さを味わいながら、
タイヤを傷めないように走った。


f0076731_17330607.jpg
ここは舗装が普通なので、
タイヤに優しいし本当の意味で練習になる。



f0076731_17332248.jpg
直線は結構元気に加速した。

f0076731_17333493.jpg
クリッピングポイントをうまくつかみ、
愉しく走るうちに、
このクルマの凄さが解ってきた。

アウトバックよりも更にトルクが持ち上がり、
凄くスポーティーに走るんだ。
f0076731_17334582.jpg
現行のアウトバックで2度ニュルブルクリンクを走った。

その時に、
「スポーティ」という意味で、
リニアトロニックと相性が一番良いのはFB25だと直感した。
f0076731_17335904.jpg
フォレスターにもど真ん中に刺さった。

現行フォレスターとは格の違いを見せた。
更に、
アウトバックのトルク特性とも段違いになって、
気持ち良いほど高回転まで伸びる。


f0076731_17341254.jpg

f0076731_17342583.jpg

f0076731_17343710.jpg

f0076731_17345446.jpg

f0076731_17350932.jpg


f0076731_17352275.jpg


f0076731_17353614.jpg
パドルシフトも面白いが、
オートマチックモードでも、
「およよよ」と思うくらい小気味よく走る。

f0076731_17354784.jpg
これはリニアトロニックのステップ制御のおかげだ。

走り方によってアダプティブ制御が働くので、
サーキットでも順応性が高い。

何しろ良い汗をかいた。
f0076731_17360216.jpg
あっという間の50分だった。

面白い。


動画でスバルサウンドも堪能して欲しい。

最高気温を更新する中で、

f0076731_17361361.jpg
フォレスターには試練かと思ったが、
全くそんな事は無かった。


f0076731_17362614.jpg
新型フォレスターにはストラットタワーバーが不要だ。

f0076731_17363975.jpg
ボディコンの効果がものすごく解った。

インプレッサと格の差が出た。

これは初めて世に出た「真のボディコン」だな。
f0076731_17364932.jpg
妻のサポートが機敏だ。
早速クーリングのためにボンネットを開けてくれた。

勝田さんの指導の賜物だ。
f0076731_17370038.jpg
のりさん、
ありがとうございます。

タイヤは傷んでいない。
f0076731_17371278.jpg
コース上のデブリを拾い、
融け合ってしまった。

しばらく走って、
良く見るとくっついたデブリは取れていた。
f0076731_17372406.jpg
しかし、
過酷な条件下であることは間違いなかった。
f0076731_17373869.jpg


f0076731_17375129.jpg


f0076731_17380534.jpg
たった一日でオフロードからワインディングロード。
そして高速道路からサーキットへと、
あらゆる道路を走り回った。

オフロードで川を渡ったその足で、
サーキットに持ち込める許容性が凄い。

やってみれば分かるはずだ。

午後からサーキットに行く前に、
大きな石がごろごろする場所に行く勇気があるか。

無いだろう。

オドメーターは627kmとなり、
慣らし運転は完全に終わった。

さあ、
新しいフォレスター準備万端だ。

是非乗って、
深く味わってほしい。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/29942432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 阿部 文昭 at 2018-07-25 16:07 x
代田社長 猛暑をレッドゾーンまで全開で活躍するお姿にしびれっぱなしです。
フォレスター。素晴らしいクルマに仕上がりましたね!数字上のスペックに頼らない、本当のスポーツを具現化していますよね。
しかし、内装のドアパネルのペコペコとした質感とドアハンドルが無くなってしまった事が残念です。以前乗っていたドイツ製のコンパクトSUVは、ドアハンドルをしっかりと握って閉めないと半ドアになる位しっかりしていました。
群馬臭とは、そういうものでしょうか?百瀬イズムを大切な遺産として最新のクルマにも盛り込んで欲しいと切に願うものです。
Commented by 白川拓司(takuji) at 2018-07-25 18:03 x
代田様
友人の新型フォレスタープレミアム7月29日納車に決まりましたので一気に500KMほど走ってXVとの違い堪能してまいります。
楽しみです。
Commented by b-faction at 2018-07-25 20:11
阿部さん、今晩は。あっという間に一週間経っちゃいました。ドアの開発と言うより側面衝突の開発工数が減らせるからだと思うのですが、ふくよかでも安っぽいです。
Commented by b-faction at 2018-07-25 20:13
白川さん、今晩は。XVも軽いので面白いですが、フォレスターは奥が更に深いので沢山走って下さい。良く分かるはずです。数十キロ程度では絶対に解りません。CVTの自動シフトフィーリングを存分にお楽しみ下さい。
Commented by 藤米田 勲(とめ) at 2018-07-28 20:54 x
新型フォレスターは、既に展示車は何度も拝見して良い車だと分かりましたが、乗ってみて、それほど良い車だとは、試乗するのが楽しみですね。
是非、私のXV2.0i-Sとの違いを感じたいですね。
とは言いつつ、昨夏に新車で納車2週間でぶつけられたXVですが、火曜日に一年ぶりに修理と点検が終わり、帰ってきます。
XVも一年乗っていないと印象がぼやけてますから、乗り直しですね。
ところで、SGPでは STIのフレキシブルパーツが要らないとは?
私はXVにタワーバーとローフナーを付けようと思っていましたが、要りませんか?
ついでに、SGPにリアフレキシブルサポートがないのが疑問でした。あれば付けたかったですね。
Commented by b-faction at 2018-07-29 16:12
藤米田さん、おはようございます。ワイファイがなくてコメントが遅くなりました。すみませんでした。エスアイシャシー前提のパーツですからWRXなどに使うパーツです。
Commented by 三木@横浜 at 2018-08-18 12:14 x
お客様感謝デーのくじ引きとBL9のリコール修理日の
日程調整でディーラーに行ってきました。
STiグレードのレヴォーグが展示されていたのですが、
ドアグリップがなくて、この記事の写真と同じくカップ
式で、設置された位置が後ろ過ぎて、右手でドアを引く
のはやりずらいですね。(勢い付けでドアを引いたら、
右手を離さないといけない。)
着座しsて内装が良くなったと思いましたが、グリップ
を見て、買う気が失せました。
スバル製ならまだしも、プレミアムモデルのはずのSTi
がこれではお先真っ暗かもですね。
Commented by b-faction at 2018-08-18 15:11
三木さん、レヴォーグが登場した時に増田上級PGMに直接グリップの話をしました。今はそのクルマの延長線上ですので止むをえません。この質感低下を反省し次のレヴォーグがグリップを取りもどせばお先真っ暗ではありませんが、「暖簾に腕押し」が当たり前の風土を見直さないと仰る通りになりますね。アメリカ重視だとこのように繊細さに欠けてきます。まさに「アメリカン」ですから重厚な欧州の味から遠ざかっていきます。それが良い所もありますので否定するわけではないですが、ドアというものは把手ではなくグリップで開け閉めするものです。SUBARUのユトリ世代のコドモにはそこが解らないのです。
Commented by 三木@横浜 at 2018-08-18 19:09 x
こんばんは。早速のご返事ありがとうございます。
「アメリカン」ですか。デカくなったレガシィへの批判を受けて
日本市場向けに開発したのがレヴォーグでしたよね。
何のために、STiがチューンしたのでしょうね?
シートも高価なレザーシートを標準装備にしたのでしょうね?
個々のパーツの質感は悪くないと思うので、あの「ポケット」は
ガッカリでした。どうせならレッドブル専用サイズの丸形にして、
レッドブルに「翼をさずけ」てもらえば良かったと思います。
アメリカに注力するのはけっこうなことですが、輸入車は欧州車
がほとんどの日本市場向けの車までアメリカナイズしたら、売れ
るものも売れないないと思うのですけどね。
「アメリカンコーヒー」って不味いコーヒーの代名詞ですよね。
もうお笑いですねぇ。

追伸 ユトリ世代と揶揄されていますが、商品企画や設計に当たった
 のはユトリ世代の社員かもしれませんが、商品化の決定をしたのは
 ユトリ世代より2世代上の方々ではないでしょうか。
  その意味でも、もう終わっているかと・・・
Commented by b-faction at 2018-08-18 21:14
三木さん、最近のユトリ、結構幅を利かせてます(笑)。
レヴォーグにSTIの冠が付こうともの商品企画はスバルです。STIには走らせるための開発スキルはあっても、それ以外のスキルが伴いません。STIの暖簾に意味があるのです。
アメリカンは決して不味い珈琲の代名詞ではないですよ。たくさん飲みたい時に好都合です。冷めたらヒートアップと言って継ぎ足したりします。それは文化の違いであって優劣を指すモノでなありません。要約するとヨーロピアンに比べて、より解り易いのがアメリカンですね。以前デカくなったレガシィを批判したのは一部の偏執的な人たちです。売れなかった理由はエコカー補助金ですから勘違いしてはいけません。
追伸の部分ですが別に終わっていないですよ。理由は既に今日アップ予定のブログに書いていますからお楽しみに。その記事を書こうと思っていた矢先に、三木さんの面白いコメントがあったので取り上げました。ドアの把手は出来しまったものですから仕方が無いですが、次をどうするかが重要です。はっきり言いますが、このままだとユトリ世代は本当に日本を駄目にしますよ。味音痴も多いです。ただし、まだ目覚めてないだけなので、これからを期待する意味でハッパかけてるわけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-07-24 22:01 | Trackback | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー