人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチネンタルから最新情報が届く

良い苔が育った。
本当に心が落ち着く。

思わず欲しくなった素晴らしいタイヤが生まれたので、
もう少し書き足した。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16414236.jpg
ひさしぶりの雨が降り、
夜間の気温も下がった。

活力朝礼で池の中を掃除して、
生物を傷めないように注意しながら、
剪定枝の残骸などを集めた。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16421107.jpg
何も居ないように見えるだけで、
恐らく微生物や昆虫がてんこ盛りだろう。

出した堆積物をそのまま堆肥の中に入れた。

少しの雨では、
効果が無かった。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16423962.jpg
移植した芝は枯れてしまった。
雑草だけ抜いて朝礼は終わった。

妻の膝が痛んでしまったので、
しゃがむ作業が出来なくなり、
彼女はずっと剪定を続けている。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16425881.jpg
お茶からタラの木、
そして梅の木の幼木をさっぱりと刈ってくれた。

梅にはアブラムシがたくさん着く。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16433246.jpg
そのせいで葉がしおれたようになるが、
何とかこれまで枯れることなく育った。

土と葉緑素のアースカラーが素敵だ。

松の新緑も力強い。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16435009.jpg
クールグレーカーキのアースカラーと好対照だ。

ひと汗かいて朝礼が終わり、
10時のお茶で和菓子を食べた。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_16440522.jpg
片桐さんに戴いた和菓子は、
どちらも素敵なアースカラーだ。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17352751.jpg
しそ巻の塩梅の良い塩味が良い。
汗をかいた後なので、
餡の甘味も引き立てながらミネラルを体に送る。

どら焼きも美味い。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17360504.jpg
良い味の和菓子を作るなぁ。
亀の甲羅が印象的だ。

そんな紋様を彷彿させる。

コンチネンタル・タイヤジャパン株式会社から、
最新のニュースが届いた。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17362083.jpg
世界初公開の「7」テクノロジーを秘め、
2018年の冬に向けた最新作がデビューした。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18494579.jpg
コンチ・ヴァイキング・コンタクト7の誕生を、
心からお祝いしたい。

凄いと直感したのは、
インテリジェント・パターンデザインだ。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18524655.jpg
エフィシエント・グルーブ・ネットワーク
亀の甲羅を彷彿とさせる、
左右対称のトレッドパターンだ。

最近の常識を覆した7テクノロジーに期待したい。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18493601.jpg
S-I ジョイント・コンポーネント
黄色部分:ソリッド・リンケージ
青色部分:インターロック・ブリッジ

あえて左右非対称と言う、
最近のトレンドに逆らい、
トレッドパターンの魔術師が牙をむいたのか。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18530861.jpg
バリアス・3Dサイプ


コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18525794.jpg
エフェクティブ・アイスエッジ


そして、
もう一つの驚きは、
凄いアースコンセプトが盛り込まれたことだ。
ノルディック・コンパウンドと名付けられた、
低温下に強いコンパウンドの誕生だ。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_18304840.jpg
初めて娘と二人でドイツを訪れた時、
菜の花畑の美しさに感動した。

行けども行けども黄色い絨毯が景色を飾る。

豊かな大地から、
菜種油が大量に産出される。

最新のアースコンセプトは、
菜種オイル・コンポジションとなり、
「7」テクノロジーの構築に繋がった。

スバルからも、
最新のアースコンセプトが届いた。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17470441.jpg
フォレスターを代表する新色の中で、
これが最も素敵なアースカラーだ。

定番のクリスタルホワイトパールも良いが、
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17471842.jpg
やっぱり新型車には新色が似合う。
ジャスパーグリーンのツーリングが、
当初の予定より大幅に早く届いた。

とは言え、
もしX-BREAKを注文しなければ、
かわら版の発行に間に合わなかったし、
オレンジの意外な良さもPR出来なかっただろう。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17572921.jpg
昨晩11時過ぎまで掛けて原稿を考えた。

このブログの愛読者なら、
動画へのリンクは珍しくないだろう。

けれど新聞折込では説明できない所を、
何とか動画で補いより正確にフォレスターの良さを伝えたい。

そこで今回は取材に手間暇をかけ、
1日で全く対照的な場所を走り、
真の実力を引き出した。

それを紙媒体にまとめるのは、
けっこう簡単なようで簡単じゃなかった。

出来上がりを楽しみにして欲しい。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17473092.jpg
届いたジャスパーグリーンは、
やはり思った通り良い色だ。

柔らかく色味があり、
光に合わせて光沢も変える。

テールガーニッシュの雰囲気が、
SPORT、おっとX-BREAKと随分違う。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17474300.jpg
挟み状にせず、
左右にきちんと平行に伸びたら、
さぞかし素晴らしいリヤビューになったのに、
製造上の限界があったに違いない。

だから、
この部分は次を期待しよう。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17552537.jpg
ごく普通のブラックインテリアで、
可も不可もない落ち着いた印象だ。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17554009.jpg
こちらとは対照的で、
おとなしく感じた。

コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17555874.jpg
ステアリングにステッチもあり、
決して安っぽくはないが、


コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17561093.jpg
馴れというものは恐ろしい。
一週間でオレンジレッドにすっかり馴染んでしまった。

機能面では全く同じだが、
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17562337.jpg
印象がここまで違うので、
後はオーナーの好み次第だろう。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17563674.jpg
刺激的な色になれると、
やはりギヤ感はこちらの方が上だ。

そしてボディカラーが、
オーナーの肌とどれくらい馴染むのかも、
クルマ選びでは重要なポイントだ。
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17564928.jpg
主観だけで選ぶと損する事もある。

客観的に見て、
どちらが似合うとお思いだろうか。

自由闊達な意見を、
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17570104.jpg
ルールを守って聞かせて欲しい。

もう一つ大事なのは、
コンチネンタルから最新情報が届く_f0076731_17571427.jpg
やっぱりキーの存在だ。

もう一度、
あの上質な内側にギザギザのある、
ポケットに優しいキーへ戻さないか。

XVと同じでは痛い。
それだけがちょっと残念だ。

こうして2台並べると、
SUBARUの狙いが良く解った。

フォレスターにも明確なヒエラルキーを持たせない、
独特のグレード構成が与えられている。

260万円のベースグレードも、
決して悪くなさそうだ。

どの色がお好みかな。
是非意見を聞きたいものだ。

Commented by 藤米田 勲(とめ) at 2018-07-28 22:03 x
今回の新型フォレスター。
装備だけ見てみると、ベーシックなツーリングでも満足できる内容ですが、やはりアウトドアギアとしてのフォレスターを考えるならば、オールシーズンタイヤのXブレイクに惹かれるものがありますね。
ただ、Xブレイクの外観や内装のオレンジは少々演出がやり過ぎで、しかもこの演出のせいか?他のグレードに比べてボディカラーの選択肢が少ないのが惜しいと思います。
先代みたいにXブレイクは、内外装のカラーが大人しい通常仕様とオレンジのアクセントが効いたカラーアクセント仕様で選べると良かったと思います。
個人的にはジャスパーグリーンのXブレイクが一番好みがもしれません。
ついでに、内外装のカラーがオーダーメイドで選べるオプションが国産車でもできるとなお良いですが、いかがでしょうか?
Commented by b-faction at 2018-07-29 17:29
藤米田さん、おはようございます。今、あらゆる点で納期の短縮が課題です。嬉しい悲鳴ですが苦労も絶えません。絞り込みの精度を高める必要があるのでしょうね。
Commented by 佐藤拓也 at 2018-07-29 18:43 x
こんにちは。
クリスタルホワイトとジャスパーグリーン。どちらもそれぞれの味があり、甲乙つけがたいかんじがしますが、社長の表情から見ると、おススメは言わずもがなというところでしょうか。
また、8月中旬に家族全員で伺います。その時にじっくりと見せてください。
Commented by b-faction at 2018-07-29 20:30
佐藤さん、こんにちは。
お待ちしてますね。
水曜日以外休みません。お気軽にどうぞ。
Commented by Case-K_NAKANISHI at 2018-08-07 15:32
>どちらが似合うか・・
グリーンですねw。先日、家近くのディーラで新しいフォレスターを試乗させていただきましたが、現行アウトバックを越えた静粛性とライントレース性に驚きました。この様子であれば(先日取り付けたばかりの)フレキシブルドロータワーバーの必要性は感じずに済みそうです。とはいえ、私のアウトバックはC型なので現行アウトバックを語れないのかもしれませんが・・・。ドイツでのお話をお聞かせいただけるのを楽しみにしています。
Commented by Case-K_NAKANISHI at 2018-08-07 15:33
名前が表示されませんでしたね、失礼いたしました。Case-K_NAKANISHIは中西啓介です。
Commented by b-faction at 2018-08-07 15:52
中西さん、こんにちは。ありがとうございます。やっぱりグリーンですね。とはいうものの、展示車が足りなくて乗せてもらえなくなりました。夏祭りでショールームを飾るクルマとなります。ソフトクリームを用意してご来訪をお待ちしてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-07-26 22:00 | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction