人気ブログランキング | 話題のタグを見る

羽田国際空港の隆盛を実感


羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11385300.jpg
久し振りに、
江戸前のちらし寿司で腹を満たし鋭気を養った。

江戸は海と切っても切れない文化を形成した。

今では面影も無いが、
毎月訪れる葛西では、
海苔漁が盛んに営まれたらしい。

また、
羽田も秀逸な漁場として多くの人々の生活を支えた。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11521570.jpg
一夜明け、
真夏の朝が待っていた。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07130335.jpg
WRXも覚醒した。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07132123.jpg
この表情にはやる気が満ちていた。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07140367.jpg
往路ですっかり新しい主に体が馴染み、
数々の素晴らしい性能を蘇らせ始めた。

羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07141300.jpg
やる気の顔が伺える。
イケメンだね。

このあと力を余すところなく発揮し、
大活躍だった。

S206の機能は万全で、
驚くほど良い状態を保っている。

状態を確認するために、
気合いを入れて走らせた。
往復700キロを超える距離を走りながら、
S206の真実を探り当てた。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_23372571.jpeg
東京ゲートブリッジから、
羽田空港まで走った。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11533800.jpg
ちょっと驚いたね。

まるで映画の様だった。
続々と飛行機が羽田に向って来る。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11534894.jpg
飛び立つ旅客機より着陸する航空機の姿が目立った。
脚を出して着陸態勢に移ると、
ふんわりと静かに風景の中へ飲み込まれていく。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11541294.jpg
「ああ、飛び立ちたいな」
飛行機を見て、
空を飛ぶ衝動にかられた。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11571480.jpg
気になっていた、
あの「鳥居」を見つけることができた。
傍らにクルマを停め、
じっくりとお詣りした。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_23384665.jpeg
紺碧の空に、
真っ赤な鳥居が映えた。

30年以上前に、
柳原滋さんに聞いた話を思い出しながら、
真っ赤な鳥居を見ると、
なんだかスーっと気持ちが落ち着いた。

柳原さんの愛機は二式水上戦闘機だった。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11590364.jpg
洋上からこの鳥居が良く目立ったと聞いた。
きっとこのような形で建っていたのだろう。

柳原さんが、
日航機羽田沖墜落事故が起きた時に、
ご自分の経験をもとにこの鳥居の存在を教えて下さった。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11595736.jpg
ふとした事がきっかけで、
その話を断片的に思い出し、
ここを訪れたい気持ちが高まった。

48時間で3千人もの人が追い出されたとは知らなかった。

敗戦は限りない悲劇を生んだが、
ここにもそんな秘話が眠っていた。

羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07194824.jpg
今回の行動を共にしたS206は、
延べ773km走行した。

中津川に戻り、
次に体力を定点観測した。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_23310746.jpeg
ヨガの時間に間に合ったので、
まず血圧を測った。

若干高いが全力でS206を走らせた直後だ。
高くても不思議ではない。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_11003451.jpg
血圧計の傍らに、
参考資料が張り付けてあった。

次に体の可動領域を確認した。
8月も三週目に入ったと言う事で、
講師の古田さんが月末に向けて、
ポーズの最終的な下地作りを始めると言う。

なかなか厳しい三日月のポーズなどを、
相当な汗をかきながら続けた。

最後に弛緩したのが効いたようだ。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_23315481.jpeg
とても良い数値になった。
これで体調も万全だ。

週末に向かって、
臨戦態勢で挑む。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_07142361.jpg
よし!
まず目標を切った。

次の重量目標に向かおう!!

土曜からスバリスト向けの、
24時間生放送も計画されている。

家で晩酌すると気持ちがほぐれる。
羽田国際空港の隆盛を実感_f0076731_23460623.jpeg
長田屋の豆腐と油揚げが美味かった。

さあ、
次ぎはいよいよS206を探求しよう。
お楽しみに。

Commented by gda6985_z83 at 2018-08-24 14:22
代田社長 S206を駆っての出張おつかれさまでした。大戦で一式戦闘機に乗ったという祖父が、「富士重工なら空飛ぶ車をつくれるぞ❗」と、自慢気に話していた事を社長のブログを読んで思い出しました。『R205』、『tS』の流れ…創業100周年記念出版の資料と社長のコトバを照らし合わせると良く理解出来ました。『S206』のリポートを楽しみにしております。群馬県 阿部文昭
Commented by b-faction at 2018-08-24 19:03
阿部さん、今晩は。凄いですね。おじいさんはパイロットだったんですか。SUBARU愛が深い理由が良く分かりました。辰己さんとR205について語り合った頃が懐かしいです。
Commented by Hj2888557 at 2018-08-24 20:30
(はつ)斎藤
代田社長、ご無沙汰しております。灼熱の東京にいらしてたのですね!S206!グラマラスなボディ、西部警察的な出動のシチュエーション。S206、R205僕は個人的にかなり好きです。油揚げ、美味しそうです。
Commented by b-faction at 2018-08-25 00:04
斉藤さん、こんばんは。暑かった。でも有意義でした。引き続きよろしく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-08-23 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction