遂にS402発進!

東亜工業の飯塚社長から、
f0076731_12044533.jpg
ステキな贈り物が届いた。
サーキットへ行かれた帰りに、
素敵な品々を見つけられて、
早速送って下さった。
f0076731_12052918.jpg
うをををを!

ありがとうございます。

見ただけで、
涎が込み上げてきた。

出張から戻るまで、
どうやって我慢しようか。

f0076731_12080049.jpg
平成20年式のレガシィB4だ。
歴史に名を残したSTIコンプリートは、
2.5リットルエンジンを積んだMT車。

開発者自身が、
当時一番美しいと勧めた色が、
このミッドナイトブルーだった。

そのクルマの名を、
S402と呼ぶ。

ミセス大鶴が徹底的に清掃して、
丁寧に室内を仕上げた。
f0076731_12112471.jpg
と言うのも、
このレガシィは「S」シリーズの中でも、
特に希少種のレガシィバージョンだ。

今後は作れる見込みが全くないから、
最後の「4」だと言っても過言ではない。

しかもその走行距離は、
今の段階でまだ22,800kmと、
3万キロに満たない奇跡のクルマだ。


STIが独自に開発した、
この秀逸なBOXER4は、
オリジナルの排気系で高性能な等長等爆に調律され、
専用マフラーで飛び切り澄んだサウンドを奏でる。
f0076731_12092384.jpg
綺麗なトランクの奥には、
専用のシャシーパーツが組み込まれ、
正にしなやかそのものの大人のクルマに仕上がっている。
f0076731_12150708.jpg
このエンジンはスバル本体が開発した、
STI「AーLine」用とは根本的に違う。
f0076731_12083412.jpg
専用に座面を作り直したスポーツシートを持ち、
室内に使う素材も選び直された。
f0076731_12081574.jpg
ワイドフェンダーに収まる、
特別製の限定BBSに、
抜群のグリップが光るワイドタイヤを装着。
モノブロック6PODブレンボも採用し、
ストッピングパワーも万全だ。

中津川を発ったのは、
午後3時過ぎだった。

結果論から明らかにする。

このクルマで、
東京に向かって助かった。

やはり、
究極の場面では、
そのクルマのポテンシャルが露出する。

まるで全てのリスクから、
隔絶されたように走ることができた。

f0076731_19453954.jpeg
その頃、
中津川は大変なことになっていた事を、
その夜の報告で知った。

逃げたみたいで、
申し訳なかったが、
途中で経験したことの無い豪雨に遭遇したので、
過酷なことに変わりは無かった。

f0076731_20084437.jpeg
東京に着いたら、
何と別世界じゃないか。
f0076731_20102818.jpeg
チェックインして、
飲みに出かけて、
また面白いところを見つけた。
f0076731_20131624.jpeg
また、
じっくり拝みに来よう。
f0076731_20141376.jpeg
カウンターに滑り込んだ。

先月偶然この店を見つけた。

二度目に来たが、
夜も居心地が良い。
f0076731_20153842.jpeg
昼間とは、
また異なる下町情緒を感じた。
これで千円とは。

不思議な街だ。
飲み終えて、
歩いていたら、
突然唄おうと誘われた。
f0076731_20171103.jpeg
今日初めて会ったとは思えない。

なぜなの?
この楽しさは、
引き寄せられたからなのか?

古き良き時代のカラオケスナックだ。
基本料金二千円、
飲み物一杯五百年の明朗会計。

ワタシモノンデイイ、
などと、
野暮なことは言わない。
面白かった。
歩いてホテルまで戻ったら、
猛烈に腹が減った。
f0076731_20191021.jpeg
いけないと思いつつ、
また食べちゃった。

食べてたら、
また知らない人に、
いきなり声をかけられた。

下町の夜は長いね。

やっぱり、
凄くオーラの出てるクルマで、
極限を乗り越えた後には、
何か独特な雰囲気が漂うのかもね。

まだまだ中継点だ。
この後もお楽しみに。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30029315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 小暮 at 2018-09-06 03:00 x
ついに402が出てきましたね
お伺いした時に見させてもらいましたが
皮の窶れも無く、孫の代まで残したい
車でした!
買えるなら是非我が家でと思ってますが
もっと大人になってシャンと乗るのが
カッコいいとかなと見て思えたのが辛い
ところですね・・
あと、ご丁寧にお礼状ありがとうございます
Commented by papaiya07 at 2018-09-06 08:59
買うことができるのならば、心から欲しいと思ったs402ついに動き始めたんですね。
青空駐車の我が家ではきれいな状態を保存できるとは思えず・・・。それでも乗ってみたい車です。
いいですね~by吉岡
Commented by a616907534 at 2018-09-06 13:52
いつもブログでは、たくさんの事を教えていただいております。
楽しみに拝見しています。
この車の記事を楽しみにしておりました。
S402は、乗る度に運転するということを教えて(考えさせられる)くれる車だと思っています。
きっと、世の中には良い車が沢山あるのだと思いますが、こういう車は少ないのではないかと感じます。辰巳さんやSTIの方々はすごいですね。
博学、経験豊富な社長様のインプレッションがすごく楽しみです。
体に気を付けてください。
Commented by b-faction at 2018-09-07 06:57
> 小暮さん、おはようございます。乗ってみて改めて良さを実感しました。
Commented by b-faction at 2018-09-07 06:58
> 吉岡さん、外装は消耗品ですね。補修すれば済みます。
Commented by 小平 at 2018-09-08 09:04 x
GRFこと小平と申します。伊那から群馬へ引っ越していますがいつも陰ながら見させて頂いています。初めてお伺いした時はまだパールホワイトのS402が置いてありS402のミニカーも購入したのが懐かしいです。GRFとでは比べ物にならないとは思いますが一度は必ず所有したい一台です。
Commented by b-faction at 2018-09-08 10:40
小平さん、おはようございます。いつもご覧いただき有難うございます。パールのS402ですか!懐かしいです。あれ以来、久しぶりに運転しました。やっぱり素晴らしいですね。良さを再認識しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-09-05 22:00 | Trackback | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction