22B間も無く復活

出張から戻ったら、
初物が置いてあった。
f0076731_14062758.jpg
早いものだ。
もう「栗きんとん」の季節が来た。

中津川の栗きんとんは、
とてもシンプルだが濃い味が特徴だ。

同じ味を、
中津川以外の近隣にある「栗きんとん」は出せるか。

それが出せるようで出せないのだ。

そこが面白いんだ。

なぜかと言うと、
そこには中津川独特の文化性があるからだ。

良い意味でも、
もっと言えば悪い方の意味の多い
中津川古来の文化性だ。

それに揉まれると、
とてつもなく強くなる。

中津スバルも例外じゃない。

同じような名前を纏った、
ロードサイド展開の分家風和菓子屋もあるが、
そもそも洋菓子と並行して、
上手い和菓子が創れる訳が無い。

最新の経営分析に基づいた、
ドミナント展開も一見派手で見事だが、
菓子の味には真実が宿る。

インプレッサもシンプルだが濃い味がある。
f0076731_14064362.jpg
面白いもので、
ドミナント展開の急速に伸びた和菓子屋が、
本家の名を付けるも本家のような味が出せないように、
クルマ業界にも同じ事が言える。

希薄なのだ。

SUBARUも同じで、
全国にドミナント展開するディーラーで、
ガンと売れるようになると、
「本家」中島の血統を強く持つ頃程の、
濃い味は出せなくなった。

それを振り返るには、
22Bのようなクルマに乗ると良く分かる。

たまに間違った方向にカスタマイズする人も居るけれど、
本来このクルマはGT的なしなやかさが魅力だ。

図太いトルクを持つエンジンには、
しなやかな脚が必須だろう。

出張中に良く分かった。
f0076731_21030271.jpg
この高性能さが22Bと見事にダブル。

エンジンに火が入り、
遂に安全な動作確認もできた。

それで次に、
サスペンションをリフレッシュさせる工程に移った。
f0076731_14084483.jpg
この際、
徹底的にリフレッシュして、
本来の持ち味を取り戻す。

可能な限り、
現在新品を調達できる部品に関しては、
必要な数が揃うか、
事前に確認してから交換する。

f0076731_14071989.jpg
ダンパーも、
完全な状態に戻した。
オーバーホールが終わり新品同様だ。
f0076731_14081285.jpg
勿論、
当初の設定だ。

ブレーキもオーバーホールして、
完全に終われば後はテストだ。

さあ。
いよいよ最終コーナーだ。
出張から帰ったら、
駒ヶ根の山本さんから大きな包みが届いていた。
嬉しいお土産をありがとうございました。
f0076731_21041846.jpg
これは楽しみだ。
f0076731_21053064.jpg
皆で頂きます。
またお目に掛かれる日が楽しみです。





トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30029487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KATs at 2018-09-08 19:06 x


ちょっとビックリなんですが、この写真の分厚いスペーサーは純正品なんでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-09-06 22:00 | Trackback | Comments(1)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction