人気ブログランキング |

新型フォレスターのe-BOXERを試す

ショールームにある、
ジャスパーグリーンのフォレスターが冴える。
f0076731_19574092.jpg
やはりアースカラーを選んで正解だった。
いよいよ第二幕が始まる。
もう一台注文していた、
セピアブロンズが届くからだ。

満を持してDMを送った。
f0076731_20063648.jpg
ちょっと遊び心を加えたが、
受取っていただけたかな。
f0076731_20064667.jpg
DMにも一味加えたので、
是非楽しんで戴きたい。

久し振りにナイター展示会を開催する。

前回はBRZが生まれた時だから、
本当に久しぶりだ。

あの時もショールームに人が絶えない、
そんな日を良く送った。

あの時、
ナイター展示会に来た一人のお客様は、
BRZよりWRXのコンプリートに、
物凄く深いため息をついていた。

そんな事を思い出しながら準備していたら、
当のご本人がいらっしゃった。
f0076731_19580119.jpg
豊田市の板倉さんから、
ステキなお土産を戴いた。
f0076731_20001805.jpg
包みを解くとブルボンのアソートが現れた。
f0076731_19581620.jpg
軽い歯応えで、
味も良いから人気が高い。

板倉さんありがとうございました。
彼はBRZでは無く、
最新型のSTIを入手された。

やはりターボ好きとって、
WRXのSTIは至福の選択だ。

次は愛機と是非一緒に記念撮影しましょう。
お見送りできず申し訳ありませんでした。

このナイター展示会にも、
ぜひお出かけください。
f0076731_20130551.jpg
車種選択に拘った。
待たねばならぬと忠告されたが、
待っただけのことはあり、
届いたe-BOXERは、
とてもプレミアムな雰囲気を漂わせていた。

セピアブロンズは他の色に比べ、
タンカラー内装と相性が良い。
f0076731_20131567.jpg
布目PGMが言っていた「ふくよかさ」は、
このクルマからしっかり感じ取れる。

夏から秋に季節も移ろい、
人々の嗜好にも変化が生まれている。

そんなタイミングでアドバンスをリリースするとは、
彼もなかなかの策士だ。

早速乗ってみた。

第一印象はこれまでより重いね。

と言うよりも、
フォレスターであってフォレスターではない。

完全に上級車へ移行した。
f0076731_20132601.jpg
早速燃料を入れ慣らし運転に向かった。

クルマが重いのは事実だからしょうがないが、
それが無駄に重いのかと言うとそうでもなく、
これまでスバルに無かった風格を感じさせる。

とにかく重厚感がある。
f0076731_20134041.jpg
早速サンルーフを全開にした。

気分爽快だ。
紅葉のシーズンが待ち遠しくてたまらない。

完全にアウトバックより質が高い。
その上、
税制面でも優遇されている。

これでSUBARUのユトリ世代が、
アウトバックを粗末に扱う理由が分かった。

だから、
アウトバックに格下の名前を付けても平気な訳だ。

X-BREAK、
これは格下のクルマに与えた、
格下のライバルを蹴散らす意味を込めて作られた名だ。

その名を付けて、
SUBARU誕生60周年の限定車を作った。

阿保ばっかり揃ってるから、
これからしばらくSUBARUは大変だな。
f0076731_20135448.jpg
届いた直後なので電池はスッカラカンだ。
普通に走るだけで、
割と早く充電する。
f0076731_20140784.jpg
たった3分で半分まで溜まった。
色々試す事が多いので、
結構レポートには時間がかかりそうだ。

昨年までラインナップにあった、
XVハイブリッドを想像して購入すると、
とんでもない勘違いになる。

新型のシステムは、
これまでよりエンジンが頻繁に止まり、
エネルギーの有効活用が出来ていることは間違いない。

けれども大きいクルマに合わせてコーディネートしても、
モーターの大きさと電池にはあまり差が無い事も覚えておこう。

あ!
だからハイブリッドって呼ばせないんだ。

陳腐な電池マークに、
どこかで聞いたようなe-BOXERを組み合わせた。

変な名前だなと思ったが、
凄くお求めしやすいモーターアシストだと思えばよい。


ハイブリッドシステムがダウンしても、
走行性能に問題は余りないので信頼性も高い。

電池の価格も朝得られるから、
将来バッテリーの性能がダウンしても、
オーナーに過度な出費を強要しない。

ハイブリッドを買う以上、
燃料タンクと違って、
遅かれ早かれ電池の寿命が来る。
f0076731_20141880.jpg
それを忘れてはいけない。

だからメーターの中に、
EVなんて下手に表示させない方が良いね。
かなり丁寧に発進しても、
少し傾斜があったらモーターでは足りない。

重量増加に対して、
ほぼキャリーオーバーのシステムでは、
モーター走行を快活にすることは出来ない。
だからモーターでジワリと走らせる楽しみは減った。

だけど上手いアシストなので、
燃費には効果大だ。

最近は電池好きの人が多いので、
そういう人たちにはピッタリだ。

サーキットでアドバンスを初めて走らせたが、
このクルマの狙いを上手く掴めなかったし、
新たな効果を体感する事も出来なかった。

いわゆるサーキットで試乗するクルマでは無いからだ。
今後実際に使いこなす事で、
本当の狙いや良さがわかってくるだろう。

7月にX-BREAKを降ろした瞬間に、
新型の面白さに目覚め、
川を渡りサーキットに向かった。

アドバンスは、
自分の金を使ってまでサーキットに行くクルマではない。
正に都会で使うSUVだな。

野山を駆け巡るより、
高速道路をどっしり走るクルマだ。

ここまでが新型ハイブリッドの短観だ。

3リッター並みのトルク感があるけれど、
昴的要素は薄くなった。

なぜかって。
やっぱりマルチシリンダーとは性質が違う。

分かりやすく言おう。

いつも美味しいモノを食べてるから、
化学調味料を使った手軽な味は苦手なんだ。
f0076731_20044354.jpg
現在SVXの整備が順番待ちで、
お客様に申し訳ないと思うが、
全力で進めているのでご理解いただきたい。

今後は入庫履歴の無いクルマは、
整備の内容によって、
お断りせざるを得ない状況になってきた。

メチャクチャな乗り方をして、
ろくなメンテナンスを受けていないと、
「ジフテリア」の症状を示す故障が起きる。

なるべく元気にしてやりたいが、
病巣の範囲が広範囲に渡り、
病変部位を分離する事が困難だ。

死に至るような病気ではないが、
快適な環境で走らせることが難しくなる。

この緑色の凄い鯨は、
良い健康状態を保っていた。

老化するので壊れる度に修理は必要だが、
ジフテリアのような感染症に罹患していないのと、
当社で長年大事に育てた個体なので、
その心臓が強烈に強い。

こういうクルマに乗ってしまうと、
やっぱり電動化でマルチシリンダーを凌駕するのは無理だね、
と思ってしまう。
f0076731_20045505.jpg
中根さん、
お元気になられて本当に良かったです。
f0076731_20050613.jpg
これからも精一杯、
この緑鯨をメンテナンスいたします。
f0076731_20052045.jpg
またお目に掛かりましょう。

by b-faction | 2018-09-13 22:00

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction