SVXの独創性を振り返る

整備を入念に終えたSVXを、
遂にテストする日が来た。
木村さん、
大変長らくお待たせいたしました。
f0076731_14025708.jpg
ナイター試乗会も今日で終わる。

この連休中に各所から沢山のお客様が来訪された。

上越市から小関さんがいらっしゃった。
f0076731_13541821.jpg
愛機フォレスターを昨年購入されたばかり。
アンケートにも丁寧な回答がしたためてあった。
お土産を戴いた。
f0076731_13544634.jpg
ステキな数々を、
楽しませて戴きました。

f0076731_13545822.jpg
飲みきりサイズの新潟の酒は、
やっぱり他で感じる味と随分違う。
f0076731_13550860.jpg
普通なんだけど、
普通じゃない。
あっさりした吟醸酒より、

f0076731_13552658.jpg
アル添した普通酒の方が良い味だったり、

f0076731_13575605.jpg
飲みきりサイズだからこそできる楽しみだ。

フォレスターの比較試乗で、
同じような感覚になる。

確かに2.5リットルも良いけど、
新しいハイブリッドの磨き込みも凄い。

丁度酒米を磨く様なイメージで、
どんどん磨いていくと、
だんだん味が希薄になる。

直噴化で磨き込み、
わざとエンジンをスカスカにする。
その上でモーターを仕込むと味が濃い。

重い方が優遇されるので、
おもてなしも凄いし、
サンルーフを付けると諸費用が減るから支払総額が安くなる。
f0076731_13581610.jpg
しばらく乗ると、
以前より頻繁にエンジンが止まる事も解ってきた。

現代のクルマに要求される、
エネルギーの回生に不可欠なシステムだ。
f0076731_13582859.jpg
お菓子も美味しく戴きました。
f0076731_13583933.jpg
中にクリームが詰まっていて、
ちょっと予想外の面白い味だった。

小関さん、
ありがとうございました。

eーBOXER搭載車だけ顔認証を入れたり、
タンカラーのレザーインテリアにした理由も解ってきた。

車格が完全に二つくらい上になっているが、
露骨に違うクルマにもできないし、
かと言って単なるマイルドハイブリッドだと言われたくもない。

考えあぐねて選んだ結論だれう。

これが南米だとどうなるか。

基本的にタンカラーは輸出向けではないのか。
南米やオセアニアでもフォレスターの評価は高い。

この質感なら、
絶対に日本でつけているような安い価格ではないはずだ。

良い評価が得られ、
ブランドイメージも高い海外に、
本気で勝負を掛けている。

けれど日本では外国ほどの高評価を与える人は少ない。
なので、
こちら向けにアッレンジしたX-BREAKや、
ADVANCEになったのだろう。

プレミアムも悪くないけど、
ヒエラルキーの頂点を電動化に置くため、
その存在意義が少し弱い。

日本では電動化の花盛りだから、
やっぱり止むを得ないね。
f0076731_21310559.jpg
本当にCO2が全ての悪なのか。

本当に化石燃料はもう古いのか。

ヒョウロンカの意見に左右されやすい、
SUBARUのユトリはどんな風に考えているのかな。

スバルビルも新品になって、
社名も刷新され、
作るクルマも洗練されていく。

その端境期に居ると、
ついつい文化性を口にしたくなる。

不易と流行を語れるためには、
強靭な文化性が足元に存在せねばならぬ。



SUBARUはユトリになって、
そこを少し軽んじてるな。


f0076731_20562642.jpg
25万キロが当たり前のように思える所が、
SVXと言うクルマの凄い所だ。
f0076731_20573979.jpg
デビューした時はとやかく言われたインパネだが、
30年近くなっても強靭な耐久性を持つ。
エクセーヌは若干色褪せても、
ささくれ立つことなくしなやかさを保つ。

プラスチッキーと揶揄されたオーディオカバーだが、
新車の頃と大して変わらぬ顔をしている。

BP/BL系の加水分解するインパネに比べ、
流石に「舐められない」プレミアムカーを目指しただけのことはある。

こういう比較も、
クルマ文化の醸成に不可欠だ。

現在と未来を結ぶのに、
過去は必要不可欠な一本の線なのだ。

25万キロが当たり前に思える理由は、
中津スバルに強烈なベンチマークがあるからだ。

このクルマがここに来たのも、
明らかに何かの因縁だな。

動画を見て欲しい。

強烈な個体だ。

さて、
木村さんのクルマをしっかり試そう。

少しSVXを念入りに振り返るか。
それでは行ってきます。
f0076731_21303233.jpg



トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30054994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 360-1000-wrx at 2018-09-19 00:42
いつも楽しく拝見させていただいております。動画を見ましたが、これで34万㎞とは!とてつもないロバスト性ですね!
先日、お世話になっているディーラーで6気筒の話題になったのですが、
「6気筒をなくすべきではないし、それを積んだ車を造ってくれたら真っ先に買う」
「電動化で補おうが、4気筒の熟成が進もうが、似ているだけでそれは6気筒ではないよ」
「800万~900万してもいいから、とにかく出してくれれば」などと、言われることが多々あると話していました。
景気がいいとはとても言えない北海道の田舎でもSUBARUの6気筒存続を望むオーナーが一定数いるということに驚きました。
新型の6気筒搭載プレミアムカー、台数限定でもいいので見てみたいものです。
長文失礼いたしました。

後藤 啓太
Commented by b-faction at 2018-09-19 08:47
後藤さん、おはようございます。いつか復活する日が来ます。それを信じて待ちましょう。
Commented by gda6985_z83 at 2018-09-19 13:54
代田社長 ナイター営業ご活躍様でした。以前乗っていたBPEアウトバックの3.0の6気筒のエンジンフィールが忘れられません。現行型のアウトバックでは6気筒が選べない事で心を乱し、メルセデスベンツの直4が載るSUVを購入しました。しかし後悔し車検前にレヴォーグに乗り換えた闇過去があります。もし6気筒が載った真のプレミアムセグメントのクルマが有ったなら、そんな浮気をせずに済んだのに…と言い訳を自らの心にしています。SUBARUそしてSTIを信じて6気筒プレミアムスポーツを待ちたいと思います。群馬県 阿部文昭
Commented by b-faction at 2018-09-19 17:24
阿部さん、こんにちは。そういう事情があったんですね。まあ、気長に待ちましょう。新しい小さなエンジンが出来たらそれをベースに作れば良いですね。
Commented by stella-pleiades at 2018-09-19 18:37
B9トライベッカの3L6気筒も最高でした。トレーラーボート引いたときの燃費は最悪でしたが。
おっしゃる通り新型小型エンジンベースの6気筒って素晴らしいアイデアですね。

飯塚
Commented by SJ5E_sk90 at 2018-09-19 21:12
代田社長 新潟の小関です。先日はありがとうございました。
非常に貴重なお車の数々を拝見でき、非常に楽しませていただきました。
その後は苗木城跡や宿場町の面影残す街並みを訪れ、中津川の良さをお店と共に感じた一日でした。
いずれ機会を見つけて、改めてお邪魔したいと思います。
Commented by b-faction at 2018-09-20 07:05
飯塚さん、それは夢ではなく野望だと思います。
Commented by b-faction at 2018-09-20 07:05
小関さん、おはようございます。楽しんで戴けて嬉しいです。またぜひお出かけください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-09-18 22:00 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31