人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ご時世

奈良県の香芝市に、
大和紅乃屋という名代がある事を初めて知った。
ご時世_f0076731_21290543.jpg
とにかくズッシリ重かった。

大好物の予感がした。

暇なユトリが居るらしく、
関係のないネタをあざとく刷り込む。
なかなか芸が細かい。
ご苦労様。

戴いた袋の中にはステキなミニカーも入っていた。
かつてSVXが誕生した時、
長期在庫をメーカーで定期的に管理し、
期限が切れると、
その都度焼き直しては販売した。

今では絶対に出来ない事だが、
完成検査が切れると、
もう一度検査を取り直して保管し、
根気よく売れるのを待った。

だって、
そうしないと大変じゃないか。

400万円もするクルマが、
SUBARUのカープールにザクザク眠っていた。

完成検査がどのように行われ、
何を意味するのか、
当時から経営者が全てを掌握していたとは言えない。

なぜか。

毎日経営者が製作所に詰めている訳ではないからだ。

職務を分掌し、
それぞれの組織のトップに権限をゆだね、
その上で最終的な責任を負うのが経営者だ。

じゃないとカラダが持たないよね。

但し優秀な経営者は「匂い」を嗅ぎ分ける。

好景気の匂いは嗅ぎ分けられたが、
迫りくる危機の匂いまで嗅ぎ分けられなかった。

足元では感じなくても、
この時代は正に好景気の絶頂にある。

まあ、
これがご時世だ。

あまりヒステリックに騒ぎ立てるもんじゃない。

ご時世_f0076731_21292374.jpg
SVXは本当に良いクルマだ。
混じりけの無い天然のSUBARUだが、
これを周知させる胎盤がかつてのスバルに無かった。

その結果、
大量の不良在庫を出し、
失敗作の烙印を押された。

このクルマと、
最近売れるようになったスバルに数々の類似点がある。

燃料タンクやガラス処理、
サブフレームやスタビライザーの関係を見た時、
混ざり気のない無添加のスバルはやっぱり良いなと思う。

混ざり気のない天然もの、
あるいは体に良い無添加の食品は、
ある意味で売り手にとって都合が悪い。
ご時世_f0076731_21293638.jpg
戴いたよもぎ風の大福餅は大きくて味も良い。

添加物を一切使っていない事は、
一口食べたらすぐわかる。
一日持てば良い方で、
翌日になると硬くなるし季節によっては痛む。

それで添加剤が必要になる。
あるいはがんじがらめのレギュレーションが必要で、
だんだんと本物の味が薄れていく。

昭和のお菓子が美味しかったのは、
味が濃いからだ。

昔はおにぎりも傷みやすかった。
素手で握らざるを得なかった。

暑い日はすぐ糸を引き傷んでしまう。

だが、
掌の常在菌も良い働きをするので、
母親の握ったおにぎりは格別に旨かった。

滅菌減菌消臭除菌抗菌など、
最近の菌類は全て悪者だけど、
果たしてそうなのか。

素手で握ると何故美味いのか、
その真意まで探る者はいない。

素手で握るのが気にならないのは、
1950年代生まれの老害が、
老化現象で匂いに鈍感になったからってか?(笑)

それは少し違う。
若い世代も気の毒だから、
ここで文句を言うのは自由だ。

・・・・が、

本当の味や匂いの無いモノばかりを食べ、
美味いモノを知らないだけじゃないのか。

SUBARUのユトリはクルマの真価を知らない。

なぜか。
美味いクルマを喰った事が無いからだ。

その上で、
このご時世に翻弄されるから大変だ。


何もかもレギュレーション通りにガッチンガッチンで、
ロボットが無菌室で大量生産する様な食い物が、
美味いモノだと勘違いを始める。

クルマも同じで、
クオリティや信頼性の向上が、
国の定めるレギュレーションとリンクするとは限らない。

SUBARUの現場で叩き上げられた職人が、
職人の伝統で伝える事も沢山ある。

それが「味」になる。

その事をユトリはどうも良く理解できないらしい。

真のSUBARU車の味を、
今のSUBARU国内販売に居るユトリ達は絶対に知らない。

じゃなければ、
「走るクルマ」を作るのを例え止めろと言われても、
執念で作って売ろうとするはずだ。

だって・・・・、
「308馬力に43kg・mもあれば、
もうこんなもんで十分だ」と思っているだろう。

違うか???
もしそうじゃないと言い張るなら、
WRXの年代別出力特性とトルク当たり重量の変遷を、
横軸のグラフに書いて提出しなさい。

こういう執念の無い仕事が、
ユトリと言われる所以なんだ。

それに対してSUBARUの経営は、
昔に比べとてもスマートになった。

ブランドステートメントも株価も著しく上昇し、
それ自体は凄く素晴らしい事だった。

その上で変遷を探ろう。

例えば経営者と職人は、
根本的に違う側面を持つ。
だが、
職人の気持ちがわかる経営者も居れば、
経営に徹する経営者も居る。

近年の経営陣の変遷を見ると、
仕事に対するスタンスがかなり変わった。

これは良いとか悪いとかを、
総じて論じている訳では無い。

経営に徹すると、
売れるクルマは作れるが、
本当に美味しいクルマは生まれにくい。

逆に言うと職人気質の経営者だと、
美味しいクルマを創るけど、
会社を不幸な方向に導く事がある。

だから、
あまりにも「作りたいモノ」に傾注する事も危険だ。

あくまでもバランスの良さを考えて優れたクルマを創るが、
時々わざとそのバランスを崩す。

その崩したところが、
お母さんが素手で握ったおにぎりの様に、
何かとっても美味しいんだよな。

そこがスバルの持ち味だったが、
弱ったね。

ただでさえ何かとやりにくいのに、
ご時世が更に難しくしている。

まあ、
これだけは言っておこう。

ユトリと言われてカッとなる奴は、
何かその身に覚えがある。

老害と言われてムキになる奴も同じだ。
何かその身に覚えがある。

鬱陶しいのでそのような書き込みを削除したが、
老害と言われても何とも思わない。

人間にとって、
「いつ生まれ何歳なのか」は大した価値を持たない。

好奇心を持ち続ける事が大切で、
それと若さが比例すると思うからだ。

溢れ出る好奇心を持ち、
執念で生きる姿が好きだね。

だからユトリも老害も、
何年に生まれたのか、
何歳なのかが定義じゃない。

心に信念や執念の無い奴がユトリだ。

実は無責任なくせに責任感を振り回す奴が老害だ。

ここでは、
これが定義だから覚えておこう。
ご時世_f0076731_21295128.jpg
とにかく、
この牡丹餅を喰ったら、
何となく「その定義」を感じるだろう。

作っている所を見た訳ではないので、
「ここだって現代風に作っている」
と言われるかもしれない。

ご時世_f0076731_21300976.jpg
でも、
触れただけで解る。
とても大量生産には思えないのだ。


ご時世_f0076731_21302761.jpg
この塩梅は簡単に出せない。

ある意味一子相伝の味がした。


ご時世_f0076731_21304190.jpg
本当に美味しい逸品を、
兵庫県尼崎市の浅野さんから戴いた。

数々の「気づき」もお土産と一緒に頂戴しました。

無添加のスバルがどういう味なのか、
これからも堪能して欲しい。
ご時世_f0076731_21305666.jpg
浅野さん、
ありがとうございました。

いつか愛機S203を、
生まれたての状態に蘇らせるお手伝いをしたい。

楽しみにお待ちしています。

ところで、
牡丹餅の事を秋に「おはぎ」と呼ぶらしい。

これは今回調べて初めて知った。

どちらも併用していたので、
どちらかと言うと形や雰囲気で自在に使い分けていた。

浅野さんに戴いた逸品は、
どこから見ても触っても食っても、
まさにボタモチだった。

そのボタモチを用いる諺が、
「棚からボタモチ」だ。

これは良い意味に使う。

従って準備ある所にチャンスありだ。
日頃からコツコツ「執念」で続けると、
いつか思いがけないチャンスが舞い込む。

この牡丹餅を入れる容器は何か。

重箱だよな。
それを突っつくとどうなるか。

重箱の隅を突っつくという諺は、
決してポジティブな諺ではない。

ご時世で混乱したSUBARUは、
外部の有識者なる者を内部に招き入れるしか、
危機回避が出来なくなった。

「株価」や昨今のブランドイメージがそうさせたのだが、
そうすると外部の有識者即ち「弁護士など」は何をするか。

内部に入ったからには、
「重箱の隅」を突っつかざるを得ない。

すると塩梅もへったくれも無くなる。

何グラムの塩を使って化学調味料をどれだけ混ぜたのか。
材料は何を用いて、
どんなレシピがあって誰が指示したのか。
それらを、
自分の責も問われないよう暴き続ける。

これがご時世なんだ。

一言で「不適切行為」とくくると、
とんでもない悪事に聞こえるが、
果たしてそうかな。

経営陣は知らなかったでは済まされないので、
キチンとけじめをつけた。

今後はその金の使い方を注視すべきだね。

1500億円は半端な額じゃない。
どこからどう出された予算か知らないが、
味が悪くなることに使われることだけは防いでほしい。

この一連の出来事は、
オトコとオンナで受け取り方に差があるようだ。

女性は「子宮」に悪く響くことを嫌う傾向がある。
男性と女性は根本的に違うからだ。

そこをオトコはもっと深く理解し、
近くにいる女性達へ冷静に伝えるべきだ。

例えば、
この頃おにぎりを握る時、
何故サランラップでご飯を包むのか。

確かに論理的ではあるが、
女性の掌を軽視し過ぎた行為だ。

本当は素手で握って適切に管理し、
早く食べさせて美味しさを伝える。

確かにラップで包むとリスクは減る。

けれど美味しさも損なっている。

クルマもこうした塩梅が結構大切なのだが、
それを否定する方向に向くのは残念だね。

ああ・・・・、
美味しいクルマにもっと乗りたいね。

Commented by 福島 at 2018-09-29 23:00 x
社長様
私は昔、お弁当用のおにぎりを握ろうとラップを用意しようとしていた奥さんに
「そのまま手で握って下さい」とお願いしたことがあります。
奥さんの気遣いは理解したつもりでしたが、
奥さんの「おにぎり」が食べたかったので。

常々感じますが、なんだか拘る方向、間違ってませんか?って。
皆で「首の締め合い」したってお互い息苦しくないですか?って・・・

おはぎとS203、とっても美味しそうですね。
Commented by 中原 at 2018-09-29 23:35 x
社長こんばんは。

休みの日におにぎりを、カミさんがパートに行っている間のお昼にボクは娘に作っているんですよ。

そう!女ってラップに包んで握りたがるんですよね。手が汚れるのがイヤなのと簡単に握れるかららしいですよ。だからあんまり美味くねえ・・・。

ボクはもちろん素手で、塩を手のひらにまぶして握りますよ。塩っ気がたまらなく美味しいんですよね。
娘にも大好評なんです。

ところで、写真のおはぎを見てお彼岸に食べるの忘れたことを思い出しました・・・。
それ、とっても美味そうでうらやましいです。

Commented at 2018-09-30 05:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-09-30 10:57
福島さん、美味しいモノを見せすぎて申し訳ありません。おはぎ美味しいです。そちらからなら近いので買いに行く価値は十分すぎるほどあります。ぜひぜひ。
Commented by b-faction at 2018-09-30 10:58
中原さん、穀物のプロが選んでくれたお土産なので、特別に美味しかったですよ。
Commented by b-faction at 2018-09-30 11:02
曽根さん、おはようございます。「正鵠を射る」とはすばらしい表現ですね。一つ勉強になりました。ありがとうございます。S203が美しい理由は「執念」が込められているからです。全てを知り尽くした男が本気で執念を燃やすと魂のこもったホンモノが生まれます。Sを持てるオトコは幸せだと思います。
Commented by 中川拓也 at 2018-10-01 22:30 x
毎日読ませてもらってます。
無添加のスバル
この言葉が府に落ちました。
ありがとうございます
Commented by b-faction at 2018-10-02 07:22
中川さん、おはようございます。こちらこそ、読んで戴いてありがとうございます。
Commented by うえじま at 2018-10-04 22:43 x
大和紅乃屋さんのおはぎは僕も食べたことがあります。
知ってる限り2店舗しかないので大量生産はしていないと思います。
本店は30年以上前には現在の場所にあり、奈良スバルの香芝店からも200~300mの場所にあります。
Commented by b-faction at 2018-10-07 00:54
しっかり誰かわかるようにしてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-09-29 22:00 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction