人気ブログランキング |

美味しいオイル

f0076731_16554279.jpg
獲れたてのイナゴが売りに出ていた。
買って帰ったらド叱られる。
妻は昆虫を食べるのが苦手だ。

下処理がそれほど難しいわけではない。
しばらく生きたまま放置して糞を出し切らせて、
その後で甘く煮込む。
f0076731_16560257.jpg
買って帰っても喜ばれないが、
一旦覚えると病みつきになる味だ。

流石に家でイナゴの甘露煮を作った事は無いが、
蜂の子を煮るのは何度か手伝った。
通称「ヘボ」といって、
やたらと刺したりしないおとなしい蜂だ。

地中に巣を作るので、
丸ごと掘り出して食料にする。

巣から白い幼虫をピンセットでつまみ出す。
同級生の男の子など、
生で食べちゃう強者も居た。

流石にそんな真似は出来なかったが、
出来上がった佃煮の醸し出す、
独特の深い香ばしさが郷愁をそそる。

それを使って釜飯を炊くと、
凄く美味しいので驚くだろう。

この動画には、
更に凄い奴が登場する。

これは別の食べ方なので、
そうそううお目に掛かれない。

親は素揚げにして食べると美味い。
幼虫は内臓を抜いて串焼きにする。

とっ捕まってるのに、
けなげに幼虫の世話をしているところが、
なにか物悲しい気持ちを誘った。
f0076731_16562425.jpg
今年は長雨の影響でマツタケが豊作だ。

久し振りの光景だ。
決してここが際立って安いわけではない。

御使い物の場合はそこそこの金額だ。

だが空気が読めればよい買い物ができる。

そもそも虫を嫌うような人が、
キノコをムシャムシャ食うのは筋違いだ。

で、
よくキノコを見て欲しい。

細かい虫がいっぱいついている。

鮮度が下がると、
直ぐカビてしまうし、
細かい虫がいっぱい出てくるので時間との勝負だ。

大サービスのマツタケも、
いつもある訳ではなくチャンスは突然来る。
f0076731_16564229.jpg
奇跡のようなお値段だが、
こんなチャンスがザクザク転がるところが、
田舎に住む醍醐味だと言える。

今日中に食べてしまわないと美味しくない。
すき焼き、
ホイル焼き、
土瓶蒸しくらいは楽勝だな。

残ったら炊き込みご飯が良い。

田舎には田舎の良さがある。
なるべく変わらない方が良いねぇ。
f0076731_20164123.jpg
出張から戻って再びインプレッサとの付き合いが始まる。
変わらない味の5速マニュアルはやっぱり素敵だ。

f0076731_17083584.jpg
やっと1000kmを超えた。
距離を乗らなくてもオイルは激しく劣化する。
f0076731_20165506.jpg
特にちょっと動かしては止めるを繰り返すと、
エンジンオイルに水分が溜まり、
不完全燃焼したガスで黒く汚れる。

なので塩梅を見ながら交換した。
1000kmが丁度良い頃合いだ。

念のためにサンプリングして、
f0076731_20170632.jpg
汚れたオイルの状態を確認した。
f0076731_20171785.jpg
取り出したオイルを近くで見ると、
しっかりと汚れている。
粘性自体にはさほど問題は何さそうだが、
f0076731_17153928.jpg
早めに交換して気持ち良く走らせる方が良い。
蓋を開けると、
本当に嫌な臭いがした。
f0076731_17163979.jpg
オイルの機能は、
大きく6つに分ける事が出来る。
まず一番大切な潤滑機能。
次に密封機能、
そして応力分散機能がある。
忘れてはいけないのが冷却機能だ。
そして最後に清浄機能と防錆機能が続く。

だからエンジンオイルと一口に行っても色々あるので、
やっぱり水平対向エンジンには純正オイルの使用が望ましい。
f0076731_20173338.jpg
オイルエレメントも交換し、
新油の機能を大きく高める。


f0076731_20174628.jpg
忘れてはいけないのが、
ドレンガスケットの交換だ。

ドレンプラグを舐めてはいけない。
f0076731_20180723.jpg
これも軽量化の対象であり、
年式や性能に応じて使い分けられる。
ドレンプラグのガスケットも、
それに応じて改良が加えられた。
単なるガスケットでは無く、
なかなか良く考えられた構造になっている。

これもオイル交換時に替えると良い。

美味しそうなオイルを飲ませることにした。
f0076731_20255416.jpg
ターボなどに使う硬めのオイルだが、
どうしても愛機に入れたくなった。

f0076731_20273525.jpg
中津スバルの社内では、
「黒ラベル」という愛称が付いた高性能オイルだ。
f0076731_20274345.jpg
オイルの匂いもなかなか香ばしくて、
きっと良い働きをするんだろうなと想像させる。

タイヤはちょっとショボい。
f0076731_20275403.jpg
様々な角度から検討したうえで選ばれているので、
これが悪いタイヤであるはずは無いのだが、
食べると美味しくない。
f0076731_20280414.jpg
燃費もそんなに悪くないし、
音が特別煩いわけでもないし、
1000km走ったくらいでは表情も変えない頑強なタイヤだ。
きっと長持ちするに違いない。

ただ粘り気が無く、
ちょっとボヨンボヨンした印象の味気ないタイヤだ。

195/65R15と言うサイズだと、
コンチネンタルから5種類も用意されている。
もし交換するなら、
ウルトラコンタクト6あたりが愉しそうだ。
あるいはコンチコンフォートコンタクト6あたりを、
徹底的に乗り倒すのも良いかもしれない。

予算が許すならプレミアムコンタクト5という選択肢もある。

そろそろ交換時期の訪れたオーナーは、
これを参考にしてタイヤを選ぶと良いだろう。

さあ、
どんな性能に変わるのか。
旬の味が楽しみだ。

by b-faction | 2018-10-04 22:00

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31