血圧上昇と関節痛

f0076731_20351090.jpg
続々と電動パーキングブレーキのアクチェーターが届く。

中には「またリコールか」と思う人も居るだろう。
f0076731_12544793.jpg
そんな風に考えず、
「自分のクルマを良くしてもらえる」
そう考えると随分気持ちが変わるはずだ。
f0076731_12551264.jpg
今回の作業はEPBの交換だ。
リヤブレーキを外してパーキングブレーキのリモートケーブルを抜き取る。
f0076731_12553185.jpg
ご覧の様にスバルのリヤブレーキには、
ドラム式のパーキングブレーキが内蔵されている。

f0076731_12555954.jpg
これをダイレクトに機械式で操作するのではなく、
電気的に遠隔操作し、
バネ下重量を増やさず便利にしたシステムだ。
f0076731_12563570.jpg
最新型は指を指した部分にモーターがあり、
ダイレクトドライブでブレーキを掛ける。

ドラムブレーキの廃止とバーターして、
軽量化と高性能化を図った。

f0076731_12570491.jpg
リフトアップしアクチェーターを外しにかかった。
アンダーカバーを外すと、
f0076731_12574324.jpg
ユニット本体が現れる。
f0076731_12580797.jpg
取り外して周辺を点検し、
f0076731_12583974.jpg
新しいモノを取り付ける前に、
丸まって届いた新品の様子を点検して、
カバー等の狂いがあれば修正する。

ドイツの製品だが壊れる時には壊れる。
f0076731_12593330.jpg
人間の足腰にある靱帯も、
こんなに簡単に取り換えられると良いのだが・・・と、
スルスル変わる様子を見て思った。

新品を取り付けたらセットアップして完了だ。
f0076731_13001129.jpg
長距離テストに使う前に、
タイヤをコンチネンタルに交換した。
f0076731_13004860.jpg
MC5も充分な能力を持つ。
まだまだ現役のタイヤだ。
f0076731_13063980.jpg
これで長距離走行も安心だ。
f0076731_19591266.jpeg
久しぶりにアウトバックと旅に出た。
しっかり整備を施しオイルを全て交換した。
交換履歴の無かったリニアトロニックオイルも交換すると、
走るほどにまろやかさを増した。
f0076731_20032351.jpeg
往路は全てオートマチックモードで走り、
時折全車速追従走行モードを併用した。
時速100キロでも低回転を維持するので、
燃費も伸びた。

ただし、
低速域における、
微妙なスロットルワークに対して、
繊細な加速をするとは言い難い。

軽くアクセルを踏んでも、
グワっとスロットルが開くアメリカンな設定だ。

こういう味が好きな所は、
アメリカ人が少し幼稚な所かもしれない。

水平対向エンジンの、
短所を補うのには、
とても解り易い設定だが少し雑だな。
f0076731_20173629.jpeg
それはさておき、
やっぱり自然吸気の2.5リットルエンジンは、
とってもスポーティだ。

これは長い距離を走らせないと解らない事実だ。

いつまでも走っていたくなる、
スバル伝統の味がするね。

帰りのドライブは、
少し走り方を変えてみよう。

また違う側面を確かめるつもりだ。

f0076731_20240608.jpeg
J-waveを聴きながら目的地に着いた。
飛ばした割に燃費が伸びた。
f0076731_20263874.jpeg
これはe-BOXERを試した時と、
あまり大差が無い結果だ。

市街地でゴー&ストップを繰り返すと、
モーターアシストは驚くほどの効果を出す。

その代わり質量は増えるので、
高速道路ではあまり恩恵が無いのだろう。

単純な構造の大柄なアウトバックが、
なかなか面白い結果を残した。
f0076731_20342545.jpeg
予定よりかなり早く東京に着いた。

おかげさまでリコールを粛々と進めながら、
10月も気持ち良くスタートする事が出来た。

だが相変わらず血圧が上がるような、
やってはいけない事をやる奴がいる。
f0076731_20373039.jpg
ブチ切れそうになったが、
すぐに気を引き締めた。

いかんいかん、
そういう心では老害と言われる。

これを良い方向に向けなければ。
f0076731_20374280.jpg
怒りかけたのは、
こんな骸骨の様になった状態なのに、
トラックだとすぐ荷台にモノを積む。

望桜荘のサンバーも、
本館に展示中はよくこういう目にあった。
軽トラの宿命と言えば宿命だが、
手っ取り早く置けるところに置いた、
後先を考えない行為だ。

頭を切り替えた。
キャビンは随分前に鈑金依頼をしたが、
ひょっとすると10年くらい経つ。

そこでこの風景を見せて修復を前に進めようと考えた。

まず鈑金担当に現状を見せ、
忙しい中で無理なのは理解するが、
最低でも飾れる状態に整えてもらうよう催促した。

「無理だ」と言ったが、
動かそうと思っている訳ではないので、
飾る事さえできればよい。

そう頼んだ。

職人気質なので「うん」と言うと、
駒が回り始める。

「うん」と言わせるモチベーションを、
この光景を見てジワリと蘇らせた。

結局「うん」と言ってくれたので、
近い将来展示できるだろう。

f0076731_20375543.jpg
そんな事があったせいか
ヨガの前に血圧を測ると、
とんでもない数値だった。
f0076731_20380784.jpg
終わってもいつものように下がらない。

こりゃ血圧計が壊れているに違いない。

体重は変らず64.8kgだ。

娘から「歩き方がおかしい」と指摘された。
ヨガで稼働領域が広がったけれど、
昔痛めた右足の靱帯は元に戻らない。

筋がグギグギ動く様子は異様だが、
何か解決策がある訳でもない。

EPBの様に外して交換できれば良いのだが、
人体にはそんな適応性は無い。

ヨガの翌朝から右足の膝から股関節に掛けて、
軽い痛みが続いた。

無理したつもりはないが、
いつも組めない脚が組めて嬉しかったので、
そこに負担がかかったのだろう。

翌日、
念のためプールに行って平泳ぎで1000m泳いだ。

ジムをさぼるとロクなことが無い。
せっかく良い習慣になったので続けることが大切だ。

泳ぎ始めると右足の痛い所が、
グリグリ元に戻る実感があった。

500mを超えると、
ほとんど痛みを感じなくなった。

タイムも良いじゃないか。
f0076731_20381795.jpg
あと5秒で一年前の状態に戻れる。

体重も、
あと少しで65kgを切れそうだ。

f0076731_20591717.jpg
どっちが早く蘇るか。
こいつは面白い競争になった。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30080534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2018-10-06 23:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-10-07 00:49
中川さん、今晩は。世の中にはその時々の都合に合わせて、嬉しかったり、不愉快だったり色々な事があります。その時に大切な事は、本当のことをわかりやすく伝える力だと思います。逆に考えると、誤解されそうな事はオブラートに包む事が肝要です。それが苦手なのでこまるんですよね。分かりますか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-10-03 22:00 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31